また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3075318 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

賑わう十石山(乗鞍)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年04月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口付近のスペース:
3台分ほど(下山時には7台駐車あり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間44分
合計
7時間40分
S十石山登山口03:1303:21スーパー林道方面道標03:24十石山方面分岐03:2504:25湯沢ノ平04:3606:05十石東尾根07:14十石山07:4107:44十石峠避難小屋08:3709:08十石東尾根09:0909:46湯沢ノ平09:4910:35十石山方面分岐10:3610:43十石山登山口10:5010:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口〜1835m地点:夏道は途切れ途切れ。早朝の氷点下、よく締まった雪面。
1835m地点〜十石山:1m以上の積雪。同じくよく締まった雪面。日照に伴い緩くなった。
その他周辺情報白骨温泉「おやすみ処 球道」:本来は休業期間だが、ここ数日のお試し営業中の所にたまたま訪れた形に。狭いが良い湯でした。

装備

個人装備 インナーシャツ3枚重ね着(ウール/ポリ/ジップ付きポリ) ダウンベスト 冬用ハードシェルジャケット フリースジャケット ダウンジャケット ウールタイツ ポリ厚手タイツ ソフトシェルパンツ 厚手靴下 フリース手袋 アウター手袋 中綿入り手袋 バラクラバ 帽子 アルパインブーツ ワンタッチアイゼン チェーンスパイク ピッケル ストック ザック 昼ご飯 行動食 テルモス(湯) ナルゲン(水) ヘッドランプ 予備電池 GPS 絆創膏 常備薬 保険証 スマホ スマートウォッチ サングラス ハンカチ 熊除けスプレー 携帯トイレ アルコールジェル お金 家カギ 車カギ ゴミ袋

写真

登山口駐車スペース、1番乗りだった。
2021年04月11日 03:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口駐車スペース、1番乗りだった。
カラマツ樹林帯までは雪無し
2021年04月11日 03:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ樹林帯までは雪無し
夏道は埋まっている
2021年04月11日 04:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は埋まっている
平坦な1835m地点付近は方向を見失いやすい
2021年04月11日 04:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な1835m地点付近は方向を見失いやすい
なんとか、樹林帯で日の出を迎えられた
2021年04月11日 05:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか、樹林帯で日の出を迎えられた
2200m付近、だいぶ木が低くなった(hihipuさん撮影)
2021年04月11日 06:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2200m付近、だいぶ木が低くなった(hihipuさん撮影)
奥穂、前穂、霞沢岳などが見えて来た
2021年04月11日 06:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂、前穂、霞沢岳などが見えて来た
吊り尾根(hihipuさん撮影)
2021年04月11日 06:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根(hihipuさん撮影)
無数のトレース、結構登られてる
2021年04月11日 06:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無数のトレース、結構登られてる
最後の急登より吊り尾根を望む
2021年04月11日 07:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登より吊り尾根を望む
左手には乗鞍の剣が峰
2021年04月11日 07:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には乗鞍の剣が峰
十石峠小屋に到着
2021年04月11日 07:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十石峠小屋に到着
1
山頂、背後に広大な乗鞍
2021年04月11日 07:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂、背後に広大な乗鞍
小屋に向かう(hihi)
2021年04月11日 07:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に向かう(hihi)
小屋西側は特に雪無し
2021年04月11日 07:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋西側は特に雪無し
笠ヶ岳から穂高連峰(hihi)
2021年04月11日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から穂高連峰(hihi)
遠くに白山も見えた(hihipuさん撮影)
2021年04月11日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに白山も見えた(hihipuさん撮影)
1
手前に焼岳。奥は双六、鷲羽、水晶の名峰揃い踏み。(hihipuさん撮影)
2021年04月11日 07:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に焼岳。奥は双六、鷲羽、水晶の名峰揃い踏み。(hihipuさん撮影)
笠ヶ岳(hihipuさん撮影)
2021年04月11日 07:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳(hihipuさん撮影)
1
焼岳の登山者(hihi)
2021年04月11日 07:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳の登山者(hihi)
上高地と岳沢、奥に槍ヶ岳も
2021年04月11日 07:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地と岳沢、奥に槍ヶ岳も
2
木曽駒(hihi)
2021年04月11日 08:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒(hihi)
春霞の向こうには最高峰(hihipuさん撮影)
2021年04月11日 08:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春霞の向こうには最高峰(hihipuさん撮影)
1
山頂を後にする
2021年04月11日 08:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後にする
1
さくらフイルムの標識は埋まっておらず
2021年04月11日 09:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくらフイルムの標識は埋まっておらず
2
最後の急こう配を下る
2021年04月11日 10:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急こう配を下る
分岐まで無事降りて来た
2021年04月11日 10:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで無事降りて来た
20名ほどとすれ違った末に下山
2021年04月11日 10:44撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20名ほどとすれ違った末に下山
1

感想/記録

景観リベンジのため、5か月ぶりに再訪。
ここ2日間の高気圧と寒気、絶好の登山日和。
登山口の駐車スペースに一番乗りで到着。

雪の締まりは期待通りだったが、
1835m地点から下は思った以上に地面が露出していて
半端に藪が現れ、ルート取りにやや難があった。

1835m地点付近は1m程度の積雪があり、
藪は隠れ、フリーダムに歩けてしまう状態。
平坦地形ではコンパスが手放せない。

あとは稜線伝いに700mほどひたすら登る。
標高2200m付近から眺望が広がり、
右手に穂高、左手には乗鞍が見えて来た。

最後のだだっ広い斜面には
比較的新しいトレースが無数に付いており、
この山の人気ぶりが示唆された。

山頂付近はハイマツが露出していた。
一旦回り込んだところに山頂の標識を発見。
乗鞍岳が間近に広がる。

北側は、焼岳、穂高、笠ヶ岳、遠くは鷲羽や水晶まで
名峰揃い踏みの絶景だった。

80分くらい堪能した後に下山を開始。
気温は低いが、雪は既に緩み始めて来た。
登るのはしんどくなってくるだろう。

それでも想定以上に大勢とすれ違った。
11月に登った時は我々以外に2名しか会わず、
マイナーな山と勝手に思っていたが、
今日は1桁多かった。

日帰りしやすく、眺望も良い、麓に白骨温泉あり、
人気が無いはずは無かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:238人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ