また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3085425 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

武甲山18回目(生川基点から武甲山〜小持山〜大持山〜妻坂峠経由の周回):中高年ハイカーが歩いてみた

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
本日は5時半頃には駐車場のスペースが4割くらい埋まっていました。
ここまで早いのは初めて見ました。
迷惑な路上駐車を避けるためには6時半頃までに到着していた方が良さそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
50分
合計
5時間28分
S一の鳥居05:3806:08不動滝06:1106:37大杉の広場06:4907:27シラジクボ・浦山口 分岐07:29武甲山07:3107:33武甲山第1展望所07:3707:39武甲山07:4407:46シラジクボ・浦山口 分岐08:03シラジクボ08:42小持山08:4509:11雨乞岩09:1909:32大持山09:3309:35富士見の丸太09:3609:40大持山の肩09:4610:26妻坂峠10:3111:05一の鳥居11:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一の鳥居から武甲山頂までは、特に危険なところはありません。
武甲山から小持山・大持山へ向かうと、急な登降が多く足場も良くなかったりします。
技術的難易度が高いわけではありませんが、慎重さが求められます。
その他周辺情報登山口である一の鳥居近くに「LOG MOG」なるカフェがあります。
下山後の一休みに最適です。

写真

ここまで小雨に降られていましたが、山の上の方は雲から突き出ているようです。
2021年04月18日 05:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで小雨に降られていましたが、山の上の方は雲から突き出ているようです。
11
一の鳥居をくぐると駐車場です。
2021年04月18日 05:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居をくぐると駐車場です。
3
鳥居の外に仮設トイレが3基。
山頂トイレはまだ閉鎖中なので、ここで済ませておかなければなりません。
一番右側が洋式です。
2021年04月18日 05:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の外に仮設トイレが3基。
山頂トイレはまだ閉鎖中なので、ここで済ませておかなければなりません。
一番右側が洋式です。
2
秩父名物、オオカミの狛犬です。
2021年04月18日 05:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父名物、オオカミの狛犬です。
23
5時半すぎで、駐車場はこの程度の埋まり具合です。
今日は早くから車が多かったです。
2021年04月18日 05:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時半すぎで、駐車場はこの程度の埋まり具合です。
今日は早くから車が多かったです。
4
最初は舗装箇所も多く歩きやすいですが、息切れするくらいの登りです。
2021年04月18日 05:54撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は舗装箇所も多く歩きやすいですが、息切れするくらいの登りです。
4
最初の見所、不動滝。
雨の後なので水量が多かったです。
横瀬町観光協会認定パワースポットらしいです。
2021年04月18日 06:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の見所、不動滝。
雨の後なので水量が多かったです。
横瀬町観光協会認定パワースポットらしいです。
6
丁目表示があるので、どれくらい進んだかがわかりやすいです。
2021年04月18日 06:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁目表示があるので、どれくらい進んだかがわかりやすいです。
2
最初の休憩ポイント、大杉の広場。
この大杉も横瀬町観光協会認定パワースポットです。
認定第1号だそうです。
2021年04月18日 06:44撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の休憩ポイント、大杉の広場。
この大杉も横瀬町観光協会認定パワースポットです。
認定第1号だそうです。
9
武甲山頂の肩に到着。
広く、丸太のベンチもあるので、休憩適地です。
2021年04月18日 07:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山頂の肩に到着。
広く、丸太のベンチもあるので、休憩適地です。
3
休憩用の東屋も設置されています。
2021年04月18日 07:43撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩用の東屋も設置されています。
3
トイレもありますが、まだ冬期閉鎖中です。
5月1日から開放されるようです。
2021年04月18日 07:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレもありますが、まだ冬期閉鎖中です。
5月1日から開放されるようです。
2
武甲山をご神体とする神社です。
山頂はこの裏手に。
2021年04月18日 07:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山をご神体とする神社です。
山頂はこの裏手に。
4
山頂にもオオカミの狛犬。
2021年04月18日 07:32撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にもオオカミの狛犬。
9
山頂展望台に到着です。
2021年04月18日 07:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂展望台に到着です。
6
秩父盆地が一望。
2021年04月18日 07:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父盆地が一望。
12
羊山公園の芝桜も遠くに見下ろせます。
2021年04月18日 07:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊山公園の芝桜も遠くに見下ろせます。
12
シラジクボ・小持山・大持山方面へ。
2021年04月18日 07:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボ・小持山・大持山方面へ。
3
シラジクボ方面と浦山口方面の分岐です。
2021年04月18日 07:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボ方面と浦山口方面の分岐です。
3
これから通る小持山・大持山が見えてきます。
2021年04月18日 07:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから通る小持山・大持山が見えてきます。
4
シラジクボへ向けて急降。
2021年04月18日 07:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボへ向けて急降。
3
シラジクボで左へ分岐すると持山寺方面へ向かえます。
小持山を目指すなら直進です。
ここから登り返しの始まりです。
2021年04月18日 08:05撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボで左へ分岐すると持山寺方面へ向かえます。
小持山を目指すなら直進です。
ここから登り返しの始まりです。
5
大持山までアップダウンが続くことになります。
2021年04月18日 08:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山までアップダウンが続くことになります。
2
振り返ると武甲山。
削られていない側です。
2021年04月18日 08:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると武甲山。
削られていない側です。
13
小持山頂上直前で、いよいよアカヤシオ登場となります。
2021年04月18日 08:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山頂上直前で、いよいよアカヤシオ登場となります。
6
まだ蕾も多いので、しばらく楽しむことができそうです。
2021年04月18日 08:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ蕾も多いので、しばらく楽しむことができそうです。
15
小持山の頂上。
狭いので休憩には適していません。
2021年04月18日 08:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山の頂上。
狭いので休憩には適していません。
4
小持山頂上から雨乞い岩辺りまで、アカヤシオを見ることができます。
2021年04月18日 08:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山頂上から雨乞い岩辺りまで、アカヤシオを見ることができます。
8
蕾のまま枯れてしまっている花も多いです。
2021年04月18日 08:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾のまま枯れてしまっている花も多いです。
3
片側が切れ落ちているところも何か所かあります。
2021年04月18日 08:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側が切れ落ちているところも何か所かあります。
4
この先が雨乞い岩です。
コースから僅かにずれているので気づかず通り過ぎてしまう人もいます。
2021年04月18日 09:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が雨乞い岩です。
コースから僅かにずれているので気づかず通り過ぎてしまう人もいます。
4
雨乞い岩の周りにも咲いています。
2021年04月18日 09:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞い岩の周りにも咲いています。
10
この雨乞い岩も観光協会認定パワースポットです。
ここまでの2か所よりは、パワーっぽい雰囲気はあります。
2021年04月18日 09:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雨乞い岩も観光協会認定パワースポットです。
ここまでの2か所よりは、パワーっぽい雰囲気はあります。
7
この岩の間をすり抜けるのが、このコース最大の難所です。
2021年04月18日 09:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の間をすり抜けるのが、このコース最大の難所です。
5
大持山の頂上。
ここも広くはないので、休憩には適していません。
2021年04月18日 09:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山の頂上。
ここも広くはないので、休憩には適していません。
6
大持山の肩です。
広く、丸太のベンチもわずかながら設置されています。
眺めも最高で、休憩適地です。
2021年04月18日 09:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山の肩です。
広く、丸太のベンチもわずかながら設置されています。
眺めも最高で、休憩適地です。
8
大持の肩から妻坂峠へ降っていきます。
2021年04月18日 09:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持の肩から妻坂峠へ降っていきます。
2
ここから急な降りと穏やかな降りが交互に現れます。
2021年04月18日 09:51撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急な降りと穏やかな降りが交互に現れます。
4
樹々の間から、さっき歩いてきた稜線が見えます。
2021年04月18日 10:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹々の間から、さっき歩いてきた稜線が見えます。
4
大持の肩〜妻坂峠のエリアで、カタクリを多く見ることができます。
2021年04月18日 10:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持の肩〜妻坂峠のエリアで、カタクリを多く見ることができます。
5
妻坂峠。
いろいろ分岐です。
2021年04月18日 10:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻坂峠。
いろいろ分岐です。
3
生川へ降っていきます。
2021年04月18日 10:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生川へ降っていきます。
2
林道と交差すると、ゴールはすぐです。
林道を通っても一の鳥居へ戻れますが、遠回りになります。
2021年04月18日 10:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と交差すると、ゴールはすぐです。
林道を通っても一の鳥居へ戻れますが、遠回りになります。
3
駐車場に戻ってきましたが、そのままもう一度登山コースを進みます。
2021年04月18日 11:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきましたが、そのままもう一度登山コースを進みます。
2
駐車場からすぐのところにカフェがあります。
土・日・祝の10時オープンだそうです。
2021年04月18日 11:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からすぐのところにカフェがあります。
土・日・祝の10時オープンだそうです。
3
鹿肉ホットドックを目当てにきました。
2021年04月18日 11:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿肉ホットドックを目当てにきました。
4
登山道を窓の外に見降ろしながらのホットドック&アイスコーヒー。
2021年04月18日 11:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を窓の外に見降ろしながらのホットドック&アイスコーヒー。
8
カフェの敷地に本物のUNIMOG。
2021年04月18日 11:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カフェの敷地に本物のUNIMOG。
10
同じくカフェの敷地に。
2021年04月18日 11:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じくカフェの敷地に。
9
山とホットドックを楽しみ、武甲山を後にします。
2021年04月18日 11:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山とホットドックを楽しみ、武甲山を後にします。
16
撮影機材:

感想/記録

二週連続の武甲山でした。

今年は武甲山周辺の花の様子が少し変だなと感じています。
全体的に花の色が薄かったり、形がいびつだったり、アカヤシオは蕾のまま枯れてしまっていたり。
3月以降、気温の変化がおかしかったせいかもしれません。

今回は下山後のカフェ「LOG MOG」も楽しみの一つでした。
下山後の鹿肉ホットドック最高です。

【アカヤシオ情報】
小持山〜大持山の区間に点在しています。
小持山→大持山の方向ですと、大持山に近づくほど少なくなっていきます。
今年はキレイに咲いている個体がほとんど見られません。
咲いていてもシワシワだったり、蕾のまま枯れてしまっていたり。

【カタクリ情報】
武甲山〜妻坂峠の広い区間に点在しています。
前回は武甲山や小持山付近でも咲いている個体を見かけましたが、今回はほとんど見られませんでした。
大持の肩〜妻坂峠の間には咲いている個体が多いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:425人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カタクリ 林道 東屋 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ