また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3086531 全員に公開 トレイルラン 奥多摩・高尾

奥多摩むかし道を越えて花の百名山・御前山で花探し

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀、だけど風強し!
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR青梅線 奥多摩駅。
帰り:瀬音の湯バス停からバス(16:56発)で武蔵五日市駅へ。
武蔵五日市駅からJR五日市線で帰る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
28分
合計
7時間30分
S奥多摩駅08:2608:40槐木公衆トイレ08:58小中沢公衆トイレ09:04境橋バス停09:07白髭神社09:15惣岳公衆トイレ10:05水根バス停10:10奥多摩湖バス停10:14小河内ダム展望塔10:20サス沢山登山口10:2111:03サス沢山12:14惣岳山12:1712:31富士山展望所12:32御前山12:3312:37富士山展望所12:5913:00御前山13:0113:34アザミケタワ13:54湯久保分岐14:34小沢バス停15:56ゴール地点(瀬音の湯)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に良く整備されていて、特に危険箇所は有りません。
その他周辺情報今回も「秋川渓谷 瀬音の湯」で入浴
http://www.seotonoyu.jp/

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル 熊鈴 マスク(行き帰り移動中用) マスク代わりのBuff(山行中用)

写真

久しぶりの奥多摩駅です。
実は始発で出るつもりが、まさかの寝坊をしてしまって、予定より約一時間遅れのスタートです。
かなり混んでいて、トイレも並びそう。奥多摩むかし道の最初のトイレまで我慢するか。とっととスタート、ペース上げて遅れを取り返そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの奥多摩駅です。
実は始発で出るつもりが、まさかの寝坊をしてしまって、予定より約一時間遅れのスタートです。
かなり混んでいて、トイレも並びそう。奥多摩むかし道の最初のトイレまで我慢するか。とっととスタート、ペース上げて遅れを取り返そう。
1
取り急ぎ「奥多摩むかし道」に突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り急ぎ「奥多摩むかし道」に突入。
奥多摩むかし道。
シャガが咲き乱れてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩むかし道。
シャガが咲き乱れてます。
1
小河内ダムの建設資材を運んだ水根貨物線の跡ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内ダムの建設資材を運んだ水根貨物線の跡ですね。
とてもキレイに整備されているトイレ。
助かります。ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもキレイに整備されているトイレ。
助かります。ありがとうございました。
1
ウツギがキレイに咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツギがキレイに咲いている。
3
アオダモの花の端っこをアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオダモの花の端っこをアップで。
1
セリバヒエンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セリバヒエンソウ。
1
旧青梅街道を走ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧青梅街道を走ります。
1
日の当たる岩壁に咲き誇るウツギ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の当たる岩壁に咲き誇るウツギ。
2
元々古い生活道路だった奥多摩むかし道は、所々集落の中を通り抜けます。
民家の庭先に凄くキレイなハナズオウ。
後ろに見えるは廃線の高架。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元々古い生活道路だった奥多摩むかし道は、所々集落の中を通り抜けます。
民家の庭先に凄くキレイなハナズオウ。
後ろに見えるは廃線の高架。
また森の中。
ヒトリシズカは花のピークが過ぎちゃってるね(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また森の中。
ヒトリシズカは花のピークが過ぎちゃってるね(^_^;)
ツクバネウツギっぽいんだけど(花が落ちてた)、遠くてハッキリと確認できず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネウツギっぽいんだけど(花が落ちてた)、遠くてハッキリと確認できず。
趣のある旧道ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある旧道ですね。
下の方に腕が通せそうな穴が開いている自然石、弁慶の腕抜き岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方に腕が通せそうな穴が開いている自然石、弁慶の腕抜き岩。
耳地蔵。
道中、民間信仰にまつわる旧跡が色々あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
耳地蔵。
道中、民間信仰にまつわる旧跡が色々あります。
いろは楓。
樹齢200年の名木。紅葉の時は見事でしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろは楓。
樹齢200年の名木。紅葉の時は見事でしょうね。
しだくら橋。
3人以上は渡っちゃダメとの事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しだくら橋。
3人以上は渡っちゃダメとの事。
1
縁結びの地蔵尊。
ピュアで一途な思いを叶えてもらうために捧げるお供え物が「二股の大根」って…なんか説明見てモヤモヤしたりして…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縁結びの地蔵尊。
ピュアで一途な思いを叶えてもらうために捧げるお供え物が「二股の大根」って…なんか説明見てモヤモヤしたりして…。
馬の水飲み場。
生活のための交易の道だった事が偲ばれますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の水飲み場。
生活のための交易の道だった事が偲ばれますね。
奥多摩むかし道も終盤。ここまではほぼ平坦な道でしたが、一気に標高を上げていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩むかし道も終盤。ここまではほぼ平坦な道でしたが、一気に標高を上げていきます。
1
ヤブヘビイチゴかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブヘビイチゴかな?
一瞬民家の間を通る、またすぐ登山道ぽい道に入ります。
素朴な「むかしみち」石碑が何かいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬民家の間を通る、またすぐ登山道ぽい道に入ります。
素朴な「むかしみち」石碑が何かいい。
小河内ダムと奥多摩湖が見えてきた。
しかし、今まで谷間にいたからあまり気にならなかったけど、今日かなり風が強いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内ダムと奥多摩湖が見えてきた。
しかし、今まで谷間にいたからあまり気にならなかったけど、今日かなり風が強いです。
2
奥多摩湖が見えてきてからも結構長い。
(「見えてからが長い」は登山あるある)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩湖が見えてきてからも結構長い。
(「見えてからが長い」は登山あるある)
谷をトラバースしたり林道走ったりして、ようやく奥多摩湖湖畔に到着。
奥多摩むかし道踏破、次は御前山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷をトラバースしたり林道走ったりして、ようやく奥多摩湖湖畔に到着。
奥多摩むかし道踏破、次は御前山へ。
1
小河内ダムの上を渡り対岸へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内ダムの上を渡り対岸へ。
渡った先の広場?の奥に御前山のサス尾根登山口があります。
入山前に少し休憩して補給。
今日の行動食はこんなん持ってきてみました。ちょっとずつ分けて食べていくのにキッチンクリップが結構便利。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡った先の広場?の奥に御前山のサス尾根登山口があります。
入山前に少し休憩して補給。
今日の行動食はこんなん持ってきてみました。ちょっとずつ分けて食べていくのにキッチンクリップが結構便利。
1
サス沢山へ。
のっけからなかなかの急登。
てか、尾根に上がったら風強っ!体温持ってかれる!天気良いのに寒っ!
シェルを着込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サス沢山へ。
のっけからなかなかの急登。
てか、尾根に上がったら風強っ!体温持ってかれる!天気良いのに寒っ!
シェルを着込む。
1
ひたすら尾根を直登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら尾根を直登。
サクッとサス沢山着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッとサス沢山着。
サス沢山の展望台からこの眺望!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サス沢山の展望台からこの眺望!
4
倉戸山から榧ノ木山、水根山と続く尾根。
倉戸山の後ろにちょこっと頭を出してるのは七ツ石山。左奥は飛竜山。
雲取山とか鷹ノ巣山はちょうど陰で見えないみたい。(案内板の情報)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉戸山から榧ノ木山、水根山と続く尾根。
倉戸山の後ろにちょこっと頭を出してるのは七ツ石山。左奥は飛竜山。
雲取山とか鷹ノ巣山はちょうど陰で見えないみたい。(案内板の情報)
2
奥多摩湖右岸は倉掛山。奥の正面は大寺山、鹿倉山。
その奥に見えてるのが大菩薩嶺。
右奥のギザギザは黒川鶏冠山らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩湖右岸は倉掛山。奥の正面は大寺山、鹿倉山。
その奥に見えてるのが大菩薩嶺。
右奥のギザギザは黒川鶏冠山らしい。
1
この看板のあたりから、カタクリがポツポツと見え始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板のあたりから、カタクリがポツポツと見え始める。
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
今日は風があって揺れるので、撮るのはなかなか難しい(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
今日は風があって揺れるので、撮るのはなかなか難しい(^^;)
3
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
3
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
1
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
1
登山道脇にフデリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇にフデリンドウ。
2
エイザンスミレみたいだけど、花に斑がはいってる!?
(風で揺れてうまく撮れない)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレみたいだけど、花に斑がはいってる!?
(風で揺れてうまく撮れない)
2
ヒゲネワチガイソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒゲネワチガイソウ。
3
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
2
バイケイソウが所々に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウが所々に。
1
バイケイソウの間に、イチリンソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウの間に、イチリンソウ?
1
毒草ハシリドコロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毒草ハシリドコロ。
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の近くに咲いていたカタクリ。
惣岳山山頂。
3年前のハセツネ以来だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山山頂。
3年前のハセツネ以来だ。
1
前回来たときは深夜でヘロヘロでした。
改めて来てみると、なかなかに気持ちの良い山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回来たときは深夜でヘロヘロでした。
改めて来てみると、なかなかに気持ちの良い山頂。
山頂のベンチ脇にキレイに咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のベンチ脇にキレイに咲いている。
1
アップで見ると、花弁根本の模様が面白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで見ると、花弁根本の模様が面白い。
3
時間的に惣岳山山頂で昼食でも良かったが、「食べた後にまた登り返し」より、「食べて休んだら後は下るだけ」の方が気分的に良いので、取りあえず御前山へ向う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間的に惣岳山山頂で昼食でも良かったが、「食べた後にまた登り返し」より、「食べて休んだら後は下るだけ」の方が気分的に良いので、取りあえず御前山へ向う。
御前山手前のカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山手前のカタクリ。
2
御前山手前のカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山手前のカタクリ。
1
御前山山頂。
一時間スタートが遅れたけど、結局ほぼ当初の計画通りの時間に登頂。(当初の計画もCT×0.6で設定)
奥多摩むかし道の区間で大分時間短縮出来たからだ。トレラン花探しはこういう時に強い✌
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山山頂。
一時間スタートが遅れたけど、結局ほぼ当初の計画通りの時間に登頂。(当初の計画もCT×0.6で設定)
奥多摩むかし道の区間で大分時間短縮出来たからだ。トレラン花探しはこういう時に強い✌
1
御前山山頂、北側は結構眺望ありますね。
石尾根や長沢背稜が見える。
こう改めて見ると、ホントに長大な尾根だよな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山山頂、北側は結構眺望ありますね。
石尾根や長沢背稜が見える。
こう改めて見ると、ホントに長大な尾根だよな…。
北西側。
雲取山や七ツ石山、鷹ノ巣山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側。
雲取山や七ツ石山、鷹ノ巣山。
北側正面、
酉谷山、三ツドッケ、蕎麦粒山、その手前は川苔山かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側正面、
酉谷山、三ツドッケ、蕎麦粒山、その手前は川苔山かな。
御前山山頂は結構混んでいたので、惣岳山側に50m程戻った所にあるベンチで昼食にする。
南西に開けていて、浅間尾根と笹尾根越しに富士山が見える。ただし山頂は雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山山頂は結構混んでいたので、惣岳山側に50m程戻った所にあるベンチで昼食にする。
南西に開けていて、浅間尾根と笹尾根越しに富士山が見える。ただし山頂は雲の中。
今日の昼食もこれ。
蒙古タンメン中本のカップ麺トマト味。
限定だからって買いだめした結果、家に大量にストックが(爆)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の昼食もこれ。
蒙古タンメン中本のカップ麺トマト味。
限定だからって買いだめした結果、家に大量にストックが(爆)
御前山の花々に乾杯!(←はぁ?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山の花々に乾杯!(←はぁ?)
1
休憩しながら眺めていたが、富士の雲は暫くは取れる気配がないね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩しながら眺めていたが、富士の雲は暫くは取れる気配がないね。
湯久保尾根で檜原村側に下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯久保尾根で檜原村側に下山します。
あー良い感じの尾根だ!
ゆったりとした傾斜で適度に長く、トレイルランナー冥利に尽きる!が、花も探す!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー良い感じの尾根だ!
ゆったりとした傾斜で適度に長く、トレイルランナー冥利に尽きる!が、花も探す!
早速何かあった。
コガネネコノメソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速何かあった。
コガネネコノメソウ。
2
ニッコウネコノメソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウネコノメソウ?
1
このスミレはなんだろう?
(風でピントが定まらずブレブレ…)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このスミレはなんだろう?
(風でピントが定まらずブレブレ…)
2
ヒゲネワチガイソウがここにも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒゲネワチガイソウがここにも。
3
色白タイプのヤマエンゴサク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色白タイプのヤマエンゴサク。
1
これなんだろう?
調査中
→ミツバコンロンソウかなぁ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなんだろう?
調査中
→ミツバコンロンソウかなぁ?
1
花がクタッとしちゃてるけど…。
ナガバノスミレサイシン?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花がクタッとしちゃてるけど…。
ナガバノスミレサイシン?
1
エイザンスミレ。こちらも「花に斑入り」タイプ。でも惣岳山で見たよりは斑が少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ。こちらも「花に斑入り」タイプ。でも惣岳山で見たよりは斑が少ない。
2
ヤブレガサ3兄弟。
(後ろにもう一人写ってた)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブレガサ3兄弟。
(後ろにもう一人写ってた)
ニオイタチツボスミレかな?
青紫色が強くてとてもキレイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニオイタチツボスミレかな?
青紫色が強くてとてもキレイ。
1
シロバナノスミレサイシンかな?
凄く立派で、見た瞬間思わず「おおっ!」って声が出た。
小さいのに何かオーラのある花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナノスミレサイシンかな?
凄く立派で、見た瞬間思わず「おおっ!」って声が出た。
小さいのに何かオーラのある花。
1
開けたところも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところも。
浅間尾根、笹尾根の向こうに富士。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根、笹尾根の向こうに富士。
オオタチツボスミレ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオタチツボスミレ?
1
湯久保との分岐。小沢バス停まで行くつもりなのでここは直進。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯久保との分岐。小沢バス停まで行くつもりなのでここは直進。
エイザンスミレ。(風で揺れてピントが定まらない…(^_^;))
標高を下げさたら「斑入りタイプ」は見なくなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ。(風で揺れてピントが定まらない…(^_^;))
標高を下げさたら「斑入りタイプ」は見なくなった。
2
「この先道悪し」ってあるが、ちょっと岩場の脇を通るだけで、全然危ない感じでは無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「この先道悪し」ってあるが、ちょっと岩場の脇を通るだけで、全然危ない感じでは無かった。
ふかふかトレイル。
標高を下げたら風も弱まり、暑くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふかふかトレイル。
標高を下げたら風も弱まり、暑くなってきた。
伊勢社と書いてある鳥居。社殿らしき物は見当たらないけど…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢社と書いてある鳥居。社殿らしき物は見当たらないけど…。
チゴユリ。
走っててこれを見落とさないとか、僕の花センサーも大分感度が上がってきている(自画自賛)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チゴユリ。
走っててこれを見落とさないとか、僕の花センサーも大分感度が上がってきている(自画自賛)。
1
マルバスミレかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバスミレかな?
1
イワセントウソウかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワセントウソウかな?
2
ヤブヘビイチゴかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブヘビイチゴかな?
小沢バス停に下山、お疲れ様でした!…とはならない(爆)
赤線つなぎ&トレーニングとして、瀬音の湯まで行きます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢バス停に下山、お疲れ様でした!…とはならない(爆)
赤線つなぎ&トレーニングとして、瀬音の湯まで行きます!
1
ここからは車道脇で見た草花。
路肩にニリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは車道脇で見た草花。
路肩にニリンソウ。
1
ミヤマキケマン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキケマン。
1
ヤマオダマキ。
路肩にフツーに咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ。
路肩にフツーに咲いていた。
2
払沢の滝入り口まで来た。
瀬音の湯まで走るとか意気込んでいたものの、疲労、暑さ、足の指の痛み(後で見たらマメ出来てた…)でろくに走れずダラダラ歩く。情けない。
でも赤線つなぎとしてだったら、ここでゴールでバスで帰るでも良かったけど、意地でも自力で進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝入り口まで来た。
瀬音の湯まで走るとか意気込んでいたものの、疲労、暑さ、足の指の痛み(後で見たらマメ出来てた…)でろくに走れずダラダラ歩く。情けない。
でも赤線つなぎとしてだったら、ここでゴールでバスで帰るでも良かったけど、意地でも自力で進む。
民家のお庭にニリンソウ。
自生?植えたのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家のお庭にニリンソウ。
自生?植えたのかな?
1
ようやくあきる野市突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくあきる野市突入。
瀬音の湯でゴール。
ひとっ風呂浴びて帰ろう。
しかし天気の良い週末の午後なんで、温泉は混み混み…(´・ω・`)
ゆっくり湯に浸かりたいのは山々だけど、密を避けるために余り長湯せずにササッと上がる事にしました(´・ω・`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬音の湯でゴール。
ひとっ風呂浴びて帰ろう。
しかし天気の良い週末の午後なんで、温泉は混み混み…(´・ω・`)
ゆっくり湯に浸かりたいのは山々だけど、密を避けるために余り長湯せずにササッと上がる事にしました(´・ω・`)
1
代わりに休憩所のテラスでちょっとリラックスしてから帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代わりに休憩所のテラスでちょっとリラックスしてから帰りました。
3

感想/記録

「トレイルランナーの格好で走り回りながら花探しをする謎の生き物」に着実に進化しているNao3180ですが、皆様いかがお過ごしですか。
さて今回は、カタクリが咲く時期に再訪してみたいと思っていた御前山に、赤線繋ぎで奥多摩むかし道や長大な湯久保尾根を絡めて行ってきました。

まさかの寝坊をしてしまい、スタートが一時間遅れるというハプニングも有りましたが、序盤の奥多摩むかし道をなるべく走る事でカバーしました。
トレラン花探し(?)はこういう時は強い✌

期待していた御前山は、カタクリはもちろん、色々なタイプのスミレ等も見られ(←ただしほとんど同定出来ていない(爆))、とても楽しめました。まさに花の百名山に相応しい山ですね。
しかし当日は風が強く、スマホのカメラではそもそもピント合わせるのが難しい小さな花々が、風に揺られ更に撮影の難易度が爆上がりでした(^_^;)

※草花の同定はあまり自信が有りません(^_^;)
間違いが有った場合、コメントでご指摘頂けると幸いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:207人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ