また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3118703 全員に公開 山滑走 札幌近郊

朝里岳-GTR-岳沢(SB消滅) 

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年04月29日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴(曇り)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝里岳沢のSB1、SB2は消滅。SB3(白井分岐)は1か所のみかろうじて。支流合流個所は消滅。SB3は渡渉しないで右岸をトラバースしながらキャビン近くから駐車場に渡った方がいい。
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図 [pdf]

写真

晴曇り、ほぼ無風。尾根下。
2021年04月29日 11:35撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴曇り、ほぼ無風。尾根下。
2
白井岳。
2021年04月29日 11:35撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白井岳。
1
尾根下にはトレースなし。
2021年04月29日 11:35撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根下にはトレースなし。
今日は朝里岳標識まで行ってみます。
2021年04月29日 11:47撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は朝里岳標識まで行ってみます。
1
余市がドーンと現れる。出発遅かったので今回もパス。
2021年04月29日 11:49撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余市がドーンと現れる。出発遅かったので今回もパス。
久々の頂上。他3人ほどが休憩されていた。
2021年04月29日 11:54撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の頂上。他3人ほどが休憩されていた。
4
頂上からシャバ雪の緩斜面を気持ち良く降りてきました。
2021年04月29日 12:05撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からシャバ雪の緩斜面を気持ち良く降りてきました。
GTR上、滑る斜面。
2021年04月29日 12:10撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GTR上、滑る斜面。
1
途中幅広いクラックあり。
2021年04月29日 12:11撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中幅広いクラックあり。
1
斜面と向かい1290m峰斜面。
2021年04月29日 12:12撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面と向かい1290m峰斜面。
1
重めのシャバ雪の斜面でした。
2021年04月29日 12:15撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重めのシャバ雪の斜面でした。
1
当初、登り返して帰る計画でしたが、支流の沢の上から国際側の尾根に帰れないかと思い、支流沢上まで行ってみましたが、かなり融雪が進み、沢を超えるのは無理。合流個所まで下りましたがここもSB消滅。
2021年04月29日 12:38撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初、登り返して帰る計画でしたが、支流の沢の上から国際側の尾根に帰れないかと思い、支流沢上まで行ってみましたが、かなり融雪が進み、沢を超えるのは無理。合流個所まで下りましたがここもSB消滅。
スキーかついで登り返し、上流側に移動。
2021年04月29日 12:38撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーかついで登り返し、上流側に移動。
1
この急斜面下のSBはまだ渡れそうなのでここを下りました。
2021年04月29日 12:52撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急斜面下のSBはまだ渡れそうなのでここを下りました。
渡渉した上流側。上は雪が途切れています。
2021年04月29日 12:59撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉した上流側。上は雪が途切れています。
1
ここも下は雪なし。スキー担いで雪が繋がっているところまで登りました。
2021年04月29日 13:10撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも下は雪なし。スキー担いで雪が繋がっているところまで登りました。
白井岳へのSB個所はやや上流側に残った唯一のSB。両岸またいでなんとか渡渉。崩れるのは時間の問題。
2021年04月29日 13:23撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白井岳へのSB個所はやや上流側に残った唯一のSB。両岸またいでなんとか渡渉。崩れるのは時間の問題。
4
SB2は完全消滅。
2021年04月29日 13:31撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SB2は完全消滅。
1
下流に流木がかかった渡れそうなところあり、ここを無事通過。
2021年04月29日 13:37撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流に流木がかかった渡れそうなところあり、ここを無事通過。
1
すこし下流に唯一のSBがありましたが、かなり急です。スキーの跡あり。
2021年04月29日 13:39撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし下流に唯一のSBがありましたが、かなり急です。スキーの跡あり。
2
SB1は完全消滅だったので、またまたスキー担いで右岸の上まで登り、キャビン乗り場近くの駐車場に渡って無事帰還。
2021年04月29日 14:05撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SB1は完全消滅だったので、またまたスキー担いで右岸の上まで登り、キャビン乗り場近くの駐車場に渡って無事帰還。
1
ダウンヒル南斜面を少し滑り、コースに合流。この後、ダウンヒルのコブを3回程滑り、4時半に終了。
2021年04月29日 15:48撮影 by Canon IXY 210 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダウンヒル南斜面を少し滑り、コースに合流。この後、ダウンヒルのコブを3回程滑り、4時半に終了。
3
撮影機材:

感想/記録

当初、余市岳まで行って南斜面を滑る予定でしたが、出かけるのが遅れ、朝里岳からGTR滑走に変更。たっぷりの重めのシャバ雪で気持ち良く滑りました。途中、大きなクラックがあり迂回。登り返して帰るつもりでしたが、支流沢の上から国際側の尾根に移動し登ってダウンヒルに合流しようとしました。が、深い沢はかなり雪融けが進み、地面が露出しており、渡るのは無理、引き返して支流との合流個所の雪が残る上流側から渡渉し、その後もスキー担いだりしながら迂回し、キャビン乗り場付近の駐車場近くの広いSBから国際に戻りました。この時期、さすがに岳沢沿いのから戻るのは渡渉の問題が大きい。白井岳へのSBは間もなく消滅なので、そのまま右岸側を高巻きしてキャビンちかくの広いSBから駐車場から戻るのが無難か。あえてこの時期、岳沢を下る人はいないだろうが。多分、今回が今シーズン最後の国際かもしれない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:136人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 右岸 高巻き トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ