また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3146180 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬の乗鞍岳・悪天でイグルー避難・糸魚川まで行けず後退

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月03日(月) ~ 2021年05月04日(火)
メンバー
天候上部悪天
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間51分
休憩
6分
合計
2時間57分
S栂池パノラマウェイ 自然園駅08:5809:03栂池ヒュッテ10:07天狗原/白馬岳神社10:1311:55宿泊地
2日目
山行
1時間36分
休憩
3分
合計
1時間39分
宿泊地07:3007:54天狗原/白馬岳神社07:5508:34栂池パノラマウェイ 自然園駅08:58栂池パノラマウェイ 栂大門駅09:04ゴンドラリフト栂の森駅09:0609:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 スコップ+のこぎり スキー・ストック・シール ビーコン ラジオ+天気図 その他冬山泊個人装備(寝具一式・ナイフや灯り地図磁石)
共同装備 ツエルト ストーブ・鍋

写真

登り。風強し
2021年05月03日 09:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り。風強し
2
視界なし、強風地吹雪でイグルー泊まり決定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界なし、強風地吹雪でイグルー泊まり決定
6
大きめに作る
2021年05月03日 12:53撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きめに作る
3
長いブロックでしか塞げない
2021年05月03日 12:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いブロックでしか塞げない
2
アクロバチコな組み立て
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アクロバチコな組み立て
7
入り口を塞ぐ。地吹雪吹き込み
2021年05月03日 13:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口を塞ぐ。地吹雪吹き込み
3
屋根の斜め上部分
2021年05月03日 13:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根の斜め上部分
3
天井は昆虫の腹風
2021年05月03日 14:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天井は昆虫の腹風
7
中は別天地
2021年05月03日 14:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は別天地
10
吹き込みチェック
2021年05月03日 16:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き込みチェック
3
天井の角に水がたまる
2021年05月03日 16:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天井の角に水がたまる
1
ヤレヤレ
2021年05月03日 16:38撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ
3
水滴が垂れる
2021年05月03日 16:38撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水滴が垂れる
1
吹雪も少々吹き込む
2021年05月03日 16:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹雪も少々吹き込む
5
穴を塞ぐ
2021年05月03日 17:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴を塞ぐ
3
昆虫の腹
2021年05月03日 17:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昆虫の腹
3
雷鳴がとどろき、あられが吹込み、積もっている
2021年05月03日 17:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳴がとどろき、あられが吹込み、積もっている
目覚めたら足の上にこんもり雪山。ここだけ降り積もる。
2021年05月04日 04:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目覚めたら足の上にこんもり雪山。ここだけ降り積もる。
6
出入り口のブロックは薄いので透けて朝の明かりが入る。
2021年05月04日 05:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出入り口のブロックは薄いので透けて朝の明かりが入る。
2
のぞき穴を開ける
2021年05月04日 05:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞき穴を開ける
3
おしゃれなひし形窓
2021年05月04日 05:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしゃれなひし形窓
4
朝焼けの北信濃の山
2021年05月04日 05:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの北信濃の山
11
朝日とラーメン
2021年05月04日 05:52撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日とラーメン
3
朝日ビ−ムとラーメン
2021年05月04日 05:53撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日ビ−ムとラーメン
6
私のマット
2021年05月04日 06:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私のマット
3
中は立ってパッキング可能
2021年05月04日 07:05撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は立ってパッキング可能
1
中は立ってパッキング可能
2021年05月04日 07:05撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は立ってパッキング可能
1
イグルーはほぼ埋まっていた
2021年05月04日 07:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーはほぼ埋まっていた
6
イグルーはほぼ埋まっていた
2021年05月04日 07:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーはほぼ埋まっていた
1
イグルーはほぼ埋まっていた
2021年05月04日 07:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーはほぼ埋まっていた
2
イグルーに乗ってみる
2021年05月04日 07:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーに乗ってみる
5
落ちない
2021年05月04日 07:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちない
4
あっ落ちた
2021年05月04日 07:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ落ちた
7
内部に人
2021年05月04日 07:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内部に人
5
イグルーをこわす
2021年05月04日 07:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーをこわす
1
下ります
2021年05月04日 07:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります
2
イグルーあとと、二人分の滑りあと
2021年05月04日 07:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イグルーあとと、二人分の滑りあと
2
靴破損でシートラ下りの松
2021年05月04日 07:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴破損でシートラ下りの松
3
北安曇山地
2021年05月04日 08:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北安曇山地
2
早稲田の小屋
2021年05月04日 08:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早稲田の小屋
2
早稲田の小屋
2021年05月04日 08:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早稲田の小屋
壊れた靴
2021年05月04日 10:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた靴
3
壊れた靴
2021年05月04日 10:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた靴
2
壊れた靴
2021年05月04日 10:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた靴
6
豊科のテンホウ、餃子半額デ−、半熟卵ご飯までついて610圓。ゴッツァン。
2021年05月04日 11:54撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊科のテンホウ、餃子半額デ−、半熟卵ご飯までついて610圓。ゴッツァン。
8

感想/記録

栂池から糸魚川まで4日間の計画だったけど、前半二日間の好天で進めるだけ進むつもりが、天狗原あたりでかなりの暴風雪。乗鞍岳の台地に上がったあたりでもう前進不可能になって退却する。風の緩む吹き溜まり斜面にイグルーを作ってひとまず安堵する。

この日のうちに雪倉まで行かないと後半きつい。エスケープもないので、これは今回は前進できず。敗退は確定した。下りで松の登山靴のソール剥がれも判明。何度もスキーのバッケンが外れる原因は以意外にもこれか。登山靴のコバに引っ掛けるジルブレッタ自体がもう骨董品だし、今どきの靴のソウルは接着剤なのも災い。

イグルーは大きめに作ってしまった。5月になってイグルーを作るのは実は初めて。前々日と前日に60cmの降雪があったのでもしやできるかもとやってみた。実際には新雪は1,2日では固まり不足で駄目。その下の氷化した霜ザラメ層にノコが入って、これで長大ブロックを切り出し、屋根を塞ぐのに成功した。遅いシーズンの記録更新した。ノコさえ入ればできることに自信深める。

多少の吹込みはあったけど、10時間安眠して、朝下山する。きのうの悪天で数人行方不明とのことで県警も上がって来ていたが、無事確認とのことだった。槍ヶ岳では3人遭難とのニュース。下界は穏やかだが、山の上は荒れ放題だった。連休はずっとこのあと天気悪そう。西氏は大町や白馬に残留しようかどうか随分迷ったあと、一度家に帰ることにした。

豊科でお昼。連休行楽で県外ナンバー多し。ひさりなも三空も11時半ですでに満席。テンホウの餃子半額定食がっついてさっさと松本へ送り届けてもらった。

感想/記録

 北アを北上して日本海まで、というのは私にとって二度目のトライアルだった。三年前の4月に試みた際にはエスケープルートが遠いこのライン、強風下で真っ白な世界に一人飛び込む勇気が湧かず白馬岳アタックまでで帰ってきたことがある。
 今回こそは、と仲間も得て白馬から親不知まで赤線をビシリ引こうと勇んできたものの前日の寒気が抜けきらず雷まで鳴る始末、また日本南岸に中心を持つ大きな高気圧の縁に中ったため風雪に前進を阻まれた。前半二日チャキチャキの進行が前提の45匏弉茲世辰燭燭瓠⊇蘰の頓挫は敗退を意味していた。加えて、私の登山靴左足のコバ部分のソール剥がれがこの期に及んで発生し、決定的なものとなった。
 我々が待ったを掛けられた今回の風雪では槍ヶ岳で三人が、谷川岳でも警察の二人が、富山の医王山でも親子三人が、二年前登った至仏山や野伏ヶ岳でも遭難が発生している。当の栂池ルートでも帰ってこなかった登山者が居たという(下山後、無事を確認)。
 結果、ロープウェイで山に上ってチョコッとスキー登行してイグルーに宿って酒を呑むなんて、今日日有りがちなオチャラケパーティーみたいで不本意だったが、人生の長い線上を成す一点であったことに相違ない。次回山行が「二度あることは三度ある」となるか、将又「三度目の正直」と成せるか、今は自律して日々を大切に暮らす他無い。酒煙草珈琲、呑み過ぎず。

感想/記録

新潟に住んでいた頃に、栂池から白馬岳や蓮華温泉から雪倉岳などの1dayスキーの経験はあったが、日本海まで繋ぐラインに魅力を感じ参加した。GWということもあり栂池はそれなりの行列。我々が先頭集団であったが続々と登ってきた。白馬乗鞍岳周辺で吹雪、イグルスキー先輩が築城し雪宿が完成。気温はプラスであったため湿気との戦い、イグルーは結露はなく快適であった。仕事で寝不足のせいか足に雪が積もっても12時間近くの爆睡。久々にパーティーを組んでの山行であったため楽しかった。単独行でトレーニングに励みつつ、長期休暇には長期山行をしたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:468人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/2/10
投稿数: 7609
2021/5/5 11:36
 どこでも
私も北アルプスにいましたが、どこでも同じようだったんですね
登録日: 2007/5/15
投稿数: 6077
2021/5/5 15:47
 びーさんRe: どこでも
あっ、五竜行っていたんですね。二日目はよく見えていましたね。もう後半は、読書して過ごします。南無阿弥陀仏。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ