また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3147714 全員に公開 雪山ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳 (栂池〜船越ノ頭 撤退)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月03日(月) ~ 2021年05月05日(水)
メンバー
天候1日目:吹雪
2日目:快晴
3日目:雨

3日間とも気温が高く風は強かったです
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
栂池スキー場 中央駐車場を利用しました。
GWは無料です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1分
休憩
5分
合計
6分
S栂池パノラマウェイ 自然園駅12:0012:00栂池ヒュッテ12:0512:06栂池山荘
2日目
山行
9時間10分
休憩
1時間14分
合計
10時間24分
栂池山荘05:3305:34栂池自然園(栂池ビジターセンター)05:4207:02天狗原/白馬岳神社07:3507:47風吹大池方面分岐09:25乗鞍岳09:2612:09船越ノ頭12:2413:03船越ノ頭13:1414:46乗鞍岳14:4715:15風吹大池方面分岐15:1615:23天狗原/白馬岳神社15:3015:59栂池パノラマウェイ 自然園駅16:00ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゴンドラ、ロープウェイはGW限定運行です。
 ◆料金は、往復3,380円
 ◆営業時間は8:30〜15:30
 ◆登山届提出が乗車の条件です。

グリーンシーズン運行は、6月12日からの予定です。
その他周辺情報栂池山荘はGW限定営業です
公衆トイレは使えません。沢水は取れそうです。

グリーンシーズン営業は、6月12日からの予定です。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール
備考 スノーシューがあれば労力が大幅に削減できたと思う

写真

ゴンドラを降りて、ロープウエイ乗り場まで少し下り。
2021年05月03日 11:16撮影 by uD600,S600 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラを降りて、ロープウエイ乗り場まで少し下り。
ロープウエイ自然園駅
2021年05月03日 11:54撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウエイ自然園駅
ロープウェイを降りて500m程で栂池山荘です。白馬乗鞍岳は見えますが、白馬岳は見えません。
2021年05月03日 12:01撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りて500m程で栂池山荘です。白馬乗鞍岳は見えますが、白馬岳は見えません。
1
外は吹雪なので、山荘でのんびり。
2021年05月03日 12:38撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外は吹雪なので、山荘でのんびり。
1
栂池山荘と栂池ヒュッテ。立派ですね🤗ヒュッテは休業中でした。
2021年05月04日 05:31撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池山荘と栂池ヒュッテ。立派ですね🤗ヒュッテは休業中でした。
1
翌日、快晴の中出発です。旧栂池ヒュッテの前を通って、天狗原を目指します。
2021年05月04日 05:32撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、快晴の中出発です。旧栂池ヒュッテの前を通って、天狗原を目指します。
1
今日は、白馬岳もクッキリ見えます。
2021年05月04日 05:36撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、白馬岳もクッキリ見えます。
1
何処から取り付いても良さそうですが、早目に尾根に出るルート、写真中央の木の少ないところを狙いました。
2021年05月04日 05:37撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処から取り付いても良さそうですが、早目に尾根に出るルート、写真中央の木の少ないところを狙いました。
1
雪が弛んでいる上に、新雪が10cm程乗っています。スノーシューを車に置いてきたのが悔やまれます😅
2021年05月04日 05:49撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が弛んでいる上に、新雪が10cm程乗っています。スノーシューを車に置いてきたのが悔やまれます😅
30分程で尾根に出ます。
2021年05月04日 05:49撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程で尾根に出ます。
振り替えると、栂池自然園がジオラマのようです😃
2021年05月04日 05:57撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り替えると、栂池自然園がジオラマのようです😃
1
後立山連峰が素晴らしい😍
2021年05月04日 06:09撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰が素晴らしい😍
1
ドンドン高度を上げていきます。
2021年05月04日 06:14撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドン高度を上げていきます。
1
先行パーティが、トレースをつけてくれているので助かります。
2021年05月04日 06:35撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行パーティが、トレースをつけてくれているので助かります。
1
天狗原直下は、大分傾斜がきつくなります。
2021年05月04日 06:35撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原直下は、大分傾斜がきつくなります。
1
白馬乗鞍岳の大斜面が見えてきました。
2021年05月04日 06:51撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳の大斜面が見えてきました。
1
天狗原到着です。白馬乗鞍岳の斜面は休憩できないので、エネルギー補給ですね🤗
2021年05月04日 07:08撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原到着です。白馬乗鞍岳の斜面は休憩できないので、エネルギー補給ですね🤗
2
暫く、先行パーティのトレースを追います。
2021年05月04日 07:38撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く、先行パーティのトレースを追います。
1
中央の、岩が露出しているところがレリーフのあるところです。ここを外すと迷いやすいので、注意です😃
2021年05月04日 08:46撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の、岩が露出しているところがレリーフのあるところです。ここを外すと迷いやすいので、注意です😃
1
レリーフから振り返った天狗原。先頭を交代しながら進みます。
2021年05月04日 08:47撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レリーフから振り返った天狗原。先頭を交代しながら進みます。
1
風吹大池方面、遠景は越後の山々。
2021年05月04日 08:47撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風吹大池方面、遠景は越後の山々。
1
レリーフの左に進むと、ロープのルート表示があります。
2021年05月04日 09:01撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レリーフの左に進むと、ロープのルート表示があります。
白馬乗鞍岳の山頂は雪が少なくてアイゼンが邪魔になります。正面が船越の頭、手前に小さくケルンが見えます。
2021年05月04日 09:16撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳の山頂は雪が少なくてアイゼンが邪魔になります。正面が船越の頭、手前に小さくケルンが見えます。
1
白馬大池は、まだ雪の中。遠方は雪倉岳と旭岳。
2021年05月04日 09:30撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池は、まだ雪の中。遠方は雪倉岳と旭岳。
雌の雷鳥です。突然目の前に現れました。
2021年05月04日 09:35撮影 by uD600,S600 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌の雷鳥です。突然目の前に現れました。
1
雄の雷鳥が悠然と私の目の前を横切ります。じっと、こっちを見てます。
2021年05月04日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X50, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄の雷鳥が悠然と私の目の前を横切ります。じっと、こっちを見てます。
2
つがいの様です。岩に付いた苔をついばんでます。全く人を恐れません。
2021年05月04日 09:42撮影 by uD600,S600 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つがいの様です。岩に付いた苔をついばんでます。全く人を恐れません。
2
大池山荘には寄らずに、雪の多いところを選んで、大池を横断するように雷鳥坂に向かいます。
2021年05月04日 09:46撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池山荘には寄らずに、雪の多いところを選んで、大池を横断するように雷鳥坂に向かいます。
雪がグズグズで、体力を消耗します。後続パーティが先頭を買って出てくれました🙏
このパーティは、頂上を目指さないそうです。
2021年05月04日 10:32撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がグズグズで、体力を消耗します。後続パーティが先頭を買って出てくれました🙏
このパーティは、頂上を目指さないそうです。
1
船越の頭へのルートは、ハイマツが出ています😅
夏道を探しながら進みます。
2021年05月04日 11:14撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船越の頭へのルートは、ハイマツが出ています😅
夏道を探しながら進みます。
1
雷鳥坂から大池を振り返ります。遠景は、越後の山々。
2021年05月04日 11:15撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥坂から大池を振り返ります。遠景は、越後の山々。
船越の頭到着です。翌日の悪天候と体力消耗を考えて、撤退の2文字がよぎります。
2021年05月04日 12:14撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船越の頭到着です。翌日の悪天候と体力消耗を考えて、撤退の2文字がよぎります。
1
小蓮華は目の前。風が強くて、雲行きが怪しくなって来ました。撤退を決断しました。
2021年05月04日 12:13撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華は目の前。風が強くて、雲行きが怪しくなって来ました。撤退を決断しました。
1
帰りの白馬大池。雪は更にゆるんで、膝まで潜ることも、、、
アイゼンが団子になって危ないので、ツボ足で駆け下ります。
2021年05月04日 14:19撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの白馬大池。雪は更にゆるんで、膝まで潜ることも、、、
アイゼンが団子になって危ないので、ツボ足で駆け下ります。
1
ロープウェイ乗り場に着いたのが16時。すでに、営業が終わってました。栂池山荘に引き返して、泊めてもらいました🙏
2021年05月04日 17:47撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場に着いたのが16時。すでに、営業が終わってました。栂池山荘に引き返して、泊めてもらいました🙏
1
翌朝は雨、白馬岳は霞んでいます。
2021年05月05日 07:41撮影 by SHV48, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は雨、白馬岳は霞んでいます。
1

感想/記録

◆白馬山荘が、ゴールデンウイーク営業するので、利用させてもらう事にしました。
◆大雪渓は、雪崩と落石が怖いので、白馬大池経由にしました。
◆登頂日は、快晴でしたが、気温が高く雪が腐って、体力を大幅に消耗してしまいました。
◆この日は、山頂まで向かう登山者は居ないようでした。
◆翌日は、前線通過に伴う悪天候が予想されたので、小蓮華目前で引き返しました。もっと早く決断すべきでした。
◆雷鳥にも逢えたし、背後立山連峰の雪景色を堪能できました。
◆頂上に拘らなければ、もっと楽しい山行になったと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:177人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ