また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3155380 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

麦草峠から行く天狗岳『標高2100m起点で充実の周回ルート』

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月06日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴。巻雲が気持ち良い!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
麦草峠の無料駐車場にお世話になりました、
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:40
距離
14.6 km
登り
954 m
下り
956 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
1時間6分
合計
7時間39分
S麦草峠 駐車場10:1910:33麦草山11:06丸山11:1311:22高見石小屋12:08中山展望台12:2812:30中山12:44中山分岐12:57見晴らし台13:00中山峠13:42天狗岳分岐13:4313:53天狗の鼻13:57東天狗岳14:1614:32天狗岳14:3714:54天狗の鼻15:00天狗岳分岐15:0115:35中山峠15:4415:47見晴らし台15:55中山分岐16:39ニュウ16:4316:50稲子湯分岐17:05白駒にゅう分岐17:32白駒荘17:37白駒分岐17:44白駒の池 駐車場17:58麦草峠 駐車場17:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
5月6日現在の登山道の雪の状況です。

基本的に麦草峠からは全コースで軽アイゼンなどは必要です。
特に「にゅう⇔白駒池」の区間は、凍結路が多いです。

判断に困るのは、中山峠を抜けた先、東天狗岳の北側に取り付く雪の尾根です。
本日はヤワ雪でしたが、急勾配で距離もやや長いことを考慮すると、今の時期であっても、凍結時に軽アイゼンのみでは不安が残ります。10本歯程度を保険で持っていくことを薦めます。

いずれにせよ昨年同時期に比べると残雪は少ないので、今の状況は5月中旬まで持つかどうか。下旬には融雪がさらに進んで、悪路が予想されます。
その他周辺情報麦草峠駐車場のトイレは使えます!
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

写真

麦草ヒュッテを越えて丸山に登り始めると、大体こんな感じ。
2021年05月06日 10:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草ヒュッテを越えて丸山に登り始めると、大体こんな感じ。
1
踏み抜きは少ないですが、ギリギリ持ちこたえている感じ。あと1週間たつと、どうだろう。
2021年05月06日 11:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きは少ないですが、ギリギリ持ちこたえている感じ。あと1週間たつと、どうだろう。
1
丸山の山頂を通過するときに、中山の向こうに西天狗がチラリと見えてニンマリ。
2021年05月06日 11:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山の山頂を通過するときに、中山の向こうに西天狗がチラリと見えてニンマリ。
高見石小屋を通過してからがこのルートの本番。
今日は巻雲の流れ方が、とにかく気持ち良い。
2021年05月06日 11:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋を通過してからがこのルートの本番。
今日は巻雲の流れ方が、とにかく気持ち良い。
1
それにしても巻雲の暴れ方が凄い。上空の風の強さを物語る。
2021年05月06日 12:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても巻雲の暴れ方が凄い。上空の風の強さを物語る。
2
中山展望台が近づくと、蓼科山の向こうに北アルプス登場。
2021年05月06日 12:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台が近づくと、蓼科山の向こうに北アルプス登場。
6
まさに「展望台」。ここでゆっくり休憩です。
2021年05月06日 12:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに「展望台」。ここでゆっくり休憩です。
5
乗鞍、御岳、木曽駒、そろい踏み。
2021年05月06日 12:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍、御岳、木曽駒、そろい踏み。
4
左手に振り返ると両天狗岳も登場。今日はあそこまで行くぞ〜。
2021年05月06日 12:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に振り返ると両天狗岳も登場。今日はあそこまで行くぞ〜。
2
中山展望台から中山峠に下りる道は、気持ちの良い針葉樹の森。
2021年05月06日 12:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台から中山峠に下りる道は、気持ちの良い針葉樹の森。
1
青空が気持ち良いので、何度も撮ってしまう。
2021年05月06日 12:35撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が気持ち良いので、何度も撮ってしまう。
1
「にゅう」との分岐を過ぎると、東天狗岳から硫黄岳にかけての旧火口絶壁が見え始めます。
2021年05月06日 12:48撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「にゅう」との分岐を過ぎると、東天狗岳から硫黄岳にかけての旧火口絶壁が見え始めます。
3
中山峠を過ぎて樹林帯を抜け出すと、いっきに天狗岳が近づいてきます。
2021年05月06日 13:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠を過ぎて樹林帯を抜け出すと、いっきに天狗岳が近づいてきます。
5
中山はだいぶ遠くなりました。
2021年05月06日 13:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山はだいぶ遠くなりました。
取り付くのは東天狗の北側の尾根。写真さらに左、つまり・・。
2021年05月06日 13:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付くのは東天狗の北側の尾根。写真さらに左、つまり・・。
3
あの中央の白いエリア。左サイドは雪庇ぎみ。気をつけよう。
2021年05月06日 13:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの中央の白いエリア。左サイドは雪庇ぎみ。気をつけよう。
1
東天狗の尾根に取り付き。今日はヤワ雪でアイゼンの歯はあまり期待できないけど、標高2500mを越えているし、また凍結もすると思う。
2021年05月06日 13:28撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗の尾根に取り付き。今日はヤワ雪でアイゼンの歯はあまり期待できないけど、標高2500mを越えているし、また凍結もすると思う。
1
途中休憩。稲子岳の絶壁!
2021年05月06日 13:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中休憩。稲子岳の絶壁!
2
尾根を登りきると雪は激減して、アイゼンの要らないような道に。西天狗岳が入道のように迫ってきます。
2021年05月06日 13:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を登りきると雪は激減して、アイゼンの要らないような道に。西天狗岳が入道のように迫ってきます。
1
東天狗の山頂は見えているのだけど、最後の高低差100mくらいが意外にキツイ。
2021年05月06日 13:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗の山頂は見えているのだけど、最後の高低差100mくらいが意外にキツイ。
4
ふ〜、東天狗岳到着。この景色が本日のメイン!
2021年05月06日 13:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふ〜、東天狗岳到着。この景色が本日のメイン!
4
少しアングル変えてもう1枚。ここから眺める硫黄岳以南の光景は、パンフなどでもよく使われます。
2021年05月06日 14:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しアングル変えてもう1枚。ここから眺める硫黄岳以南の光景は、パンフなどでもよく使われます。
北八ヶ岳の峰々が、一段低く感じます。
2021年05月06日 14:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の峰々が、一段低く感じます。
4
さぁ、西天狗へ。すぐに着くけど。
2021年05月06日 14:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、西天狗へ。すぐに着くけど。
4
東天狗から下りる道は、ほとんど雪が無いのだけど・・・。
2021年05月06日 14:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗から下りる道は、ほとんど雪が無いのだけど・・・。
1
鞍部に入ると、今日のルートで一番ドロドロ道。登山靴ドロドロ、歩きにくい。良い景色がなぐさみ。
2021年05月06日 14:43撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部に入ると、今日のルートで一番ドロドロ道。登山靴ドロドロ、歩きにくい。良い景色がなぐさみ。
1
はい、到着。でもあんまり時間がないので、撮影のみ。
2021年05月06日 14:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、到着。でもあんまり時間がないので、撮影のみ。
8
さて。東天狗を越えて、来た道を戻ります。
2021年05月06日 14:38撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて。東天狗を越えて、来た道を戻ります。
3
再び、東天狗の北の尾根を下る。稲子岳の左上にチョビっと見えてる岩峰は「にゅう」。この後、立ち寄ります。
2021年05月06日 15:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、東天狗の北の尾根を下る。稲子岳の左上にチョビっと見えてる岩峰は「にゅう」。この後、立ち寄ります。
3
中山峠に向けて、樹林の中の道に戻ります。
さっきまであの山頂にいたんだな。
2021年05月06日 15:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠に向けて、樹林の中の道に戻ります。
さっきまであの山頂にいたんだな。
3
中山峠それ自体は、地味。景色無し。
2021年05月06日 15:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠それ自体は、地味。景色無し。
「にゅう」への分岐を曲がると、グングン下降して、振り返れば天狗岳はあんな遠くに。
2021年05月06日 16:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「にゅう」への分岐を曲がると、グングン下降して、振り返れば天狗岳はあんな遠くに。
1
「にゅう」到着。もう夕方。陽が伸びましたね
2021年05月06日 16:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「にゅう」到着。もう夕方。陽が伸びましたね
2
「にゅう」からは、硫黄岳の絶壁もよく見えます。
2021年05月06日 16:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「にゅう」からは、硫黄岳の絶壁もよく見えます。
2
北八ヶ岳の森の中に、白駒池が見えました。
この後はあそこまで、ユルユルと下ります。
2021年05月06日 16:36撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の森の中に、白駒池が見えました。
この後はあそこまで、ユルユルと下ります。
1
白駒池到着時には、すっかり夕暮れです。湖畔の木道はまだほとんど雪の中でした。
2021年05月06日 17:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池到着時には、すっかり夕暮れです。湖畔の木道はまだほとんど雪の中でした。
2
本日最後の1枚。
夕方になって風がなくなって、鏡のように山並みが白駒池に映りました!
2021年05月06日 17:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の1枚。
夕方になって風がなくなって、鏡のように山並みが白駒池に映りました!
11
撮影機材:

感想/記録
by atov

雪はまだまだ残ってますが、やはり半月くらいは雪解けが早い感じです。
今日はペースを乱すほどの踏み抜きはありませんでしたが、この状態は5月中旬まで持つかどうか、というところ。
この感じだと、5月下旬あたりがかなりドロドロ道になりそうな予感です。
現状は樹林帯の中で多くて30cmくらいの積雪で、雪解けが進んでる箇所では水没もあります。
装備については、中山・にゅう・白駒池のエリアだけならチェーンスパイクで十分だと思いますが、東天狗北側の雪の斜面は、5月いっぱいは油断しないほうが良いと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:776人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ