また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3155699 全員に公開 雪山ハイキング 十和田湖・八甲田

城ヶ倉大橋〜横岳〜櫛ヶ峰〜睡蓮沼

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年05月04日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー10人
天候快晴のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
新幹線で新青森駅まで、そこからJRバスで酸ヶ湯に入り4泊。この日は
スタッフ車で2班に分かれ城ヶ倉大橋の駐車場まで移動、3日間で車代として1000円支払いました。睡蓮沼〜酸ヶ湯はJRバスに乗りました。
16:17(実際は16:26)発ー16:36着、370円、スイカ・パスモ使えます。5日の朝帰途につきましたが、宿泊者用の酸ヶ湯の送迎車で青森駅に出ました。(無料)酸ヶ湯8:50発ー9:50青森駅着、青森駅発10:39(秋田行き)ー10:44新青森駅着、新青森駅11:22始発のはやぶさ20号に乗車しました。大宮駅まで乗車しましたが、空いていました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
--:--
距離
11.9 km
登り
1,004 m
下り
628 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間53分
休憩
1時間54分
合計
6時間47分
S城ヶ倉大橋09:0409:04城ヶ倉大橋黒石側駐車場09:27休憩(担ぎ→シール登行)09:3710:08休憩10:1510:51休憩10:5611:00くの字湿原11:33横岳直下(シール外)11:4711:57滑走開始12:07移動ポイント12:12休憩(昼食)12:4513:181300m付近13:28休憩13:3313:48櫛ヶ峰直下(シール外)14:0014:09櫛ヶ峰下(滑走終了)14:1414:16休憩(シール着)14:2614:47休憩14:4915:09休憩(シール外)15:2015:47睡蓮沼下15:49国道15:51睡蓮沼バス停15:51睡蓮沼G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
酸ヶ湯発8:41ー8:48城ヶ倉大橋着(スタッフ車、後発)
コース状況/
危険箇所等
 城ヶ倉大橋から、雪解けが進んでいたため、ザックにスキー板を付けて担ぎで尾根まで登りました。斜度が緩くなってからシール登行しました。
 横岳は山頂の東面にクラックが入っていたため、山頂は踏まず、手前で南東斜面を滑りました。
 櫛ヶ峰は、睡蓮沼で乗車するバスの時刻があるため、山頂は踏まず、その手前で北東斜面を滑りました。
その他周辺情報酸ヶ湯温泉は日帰り入浴もできます。混浴の千人風呂と男女別の内湯の玉の湯があります。1000円(貸しタオル付)
帰途、青森駅で時間があったので「ねぶたの家、ワ・ラッセ」を見学しました。620円、荷物は無料で預かってもらえました。ねぶた祭りの歴史や実物が展示されています。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

写真

城ヶ倉大橋の駐車場、シールを装着したスキー板をザックに取り付けています。
2021年05月04日 08:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ倉大橋の駐車場、シールを装着したスキー板をザックに取り付けています。
1
城ヶ倉大橋の黒石側の駐車場、青い車の屋根の先辺りから登り始めました。
2021年05月04日 09:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ倉大橋の黒石側の駐車場、青い車の屋根の先辺りから登り始めました。
雪解けが進んでいて、雪のある所を選んで登りました。
2021年05月04日 09:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解けが進んでいて、雪のある所を選んで登りました。
2
斜度が緩み雪がある所でスキーを履いて、シール登行を始めました。
2021年05月04日 09:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が緩み雪がある所でスキーを履いて、シール登行を始めました。
2度目の休憩中です。木の根周り穴が大きくなっています。
2021年05月04日 10:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度目の休憩中です。木の根周り穴が大きくなっています。
稜線に出ました。田茂萢岳〜大岳
2021年05月04日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。田茂萢岳〜大岳
田茂萢岳、ロープウェイの山頂駅が見えています。1日に右の斜面を滑りました。
2021年05月04日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田茂萢岳、ロープウェイの山頂駅が見えています。1日に右の斜面を滑りました。
2
樹間から岩木山も見えました。
2021年05月04日 10:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から岩木山も見えました。
2
青森湾(陸奥湾)、透明度が良い時は北海道も見えるそうです。
2021年05月04日 10:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青森湾(陸奥湾)、透明度が良い時は北海道も見えるそうです。
横岳に向かっています。
2021年05月04日 11:11撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳に向かっています。
1
横岳の山頂が近付いてきました。
2021年05月04日 11:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の山頂が近付いてきました。
横岳の大斜面の手前で、シールを外して滑る用意をしました。風が強かったです。
2021年05月04日 11:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の大斜面の手前で、シールを外して滑る用意をしました。風が強かったです。
1
北八甲田の山々が見えています。中央が(八甲田)大岳、右に小岳〜硫黄岳〜高田大岳
2021年05月04日 11:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八甲田の山々が見えています。中央が(八甲田)大岳、右に小岳〜硫黄岳〜高田大岳
1
田茂萢岳〜赤倉岳〜井戸岳〜大岳
2021年05月04日 11:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田茂萢岳〜赤倉岳〜井戸岳〜大岳
猿倉岳〜駒ヶ峰
2021年05月04日 11:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉岳〜駒ヶ峰
1
この斜面を滑りました。
2021年05月04日 11:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面を滑りました。
1
櫛ヶ峰、ここから左下方向に滑りました。
2021年05月04日 11:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰、ここから左下方向に滑りました。
北八甲田、滑る前に撮りましたが、チョット傾いていますね。
2021年05月04日 12:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八甲田、滑る前に撮りましたが、チョット傾いていますね。
横岳のこの斜面を滑りました。下から見るとそんなに斜度があるようには見えませんね。
2021年05月04日 12:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳のこの斜面を滑りました。下から見るとそんなに斜度があるようには見えませんね。
北八甲田
2021年05月04日 13:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八甲田
横岳(中央)と1179mのピーク(左)
2021年05月04日 13:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳(中央)と1179mのピーク(左)
1
大岳と小岳(右)
2021年05月04日 13:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳と小岳(右)
駒ヶ峰と乗鞍岳(右)
2021年05月04日 13:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ峰と乗鞍岳(右)
大岳〜小岳〜高田大岳
2021年05月04日 13:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳〜小岳〜高田大岳
櫛ヶ峰の山頂方面
2021年05月04日 13:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰の山頂方面
1
大分登ってきました。駒ヶ峰と乗鞍岳、地元の9人パーティーと抜きつ抜かれつしました。最後この方達は山頂まで行かれました。
2021年05月04日 13:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分登ってきました。駒ヶ峰と乗鞍岳、地元の9人パーティーと抜きつ抜かれつしました。最後この方達は山頂まで行かれました。
岩手山が見えました。
2021年05月04日 14:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山が見えました。
2
ここから櫛ヶ峰の大斜面を滑りました。
2021年05月04日 14:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから櫛ヶ峰の大斜面を滑りました。
1
北八甲田
2021年05月04日 14:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八甲田
1
この斜面を滑りました。後続者が滑ってきます。
2021年05月04日 14:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面を滑りました。後続者が滑ってきます。
3
田茂萢岳〜大岳
2021年05月04日 14:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田茂萢岳〜大岳
大岳〜高田大岳
2021年05月04日 15:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳〜高田大岳
駒ヶ峰、私達は裾野を巻きましたが、9人パーティーの方達でしょうか。滑っているのが見えました。
2021年05月04日 15:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ峰、私達は裾野を巻きましたが、9人パーティーの方達でしょうか。滑っているのが見えました。
沼が顔を出していました。
2021年05月04日 15:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼が顔を出していました。
ミズバショウ
2021年05月04日 15:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズバショウ
猿倉岳の裾野の沢筋に出ました。雪が繋がっているか微妙とのことで、左の尾根沿いの壁に沿って下りました。
2021年05月04日 15:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉岳の裾野の沢筋に出ました。雪が繋がっているか微妙とのことで、左の尾根沿いの壁に沿って下りました。
高田大岳が大きくなりました。
2021年05月04日 15:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高田大岳が大きくなりました。
下ってきた尾根沿いの壁を振り返りました。
2021年05月04日 15:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってきた尾根沿いの壁を振り返りました。
無事下山し、睡蓮沼に寄ってみました。石倉岳と硫黄岳
2021年05月04日 16:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山し、睡蓮沼に寄ってみました。石倉岳と硫黄岳
ここでは小さく見えますが、大岳(左)と小岳
2021年05月04日 16:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでは小さく見えますが、大岳(左)と小岳
高田大岳
2021年05月04日 16:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高田大岳
1
硫黄岳〜大岳〜小岳
2021年05月04日 16:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳〜大岳〜小岳
睡蓮沼、小岳〜高田大岳
2021年05月04日 16:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
睡蓮沼、小岳〜高田大岳
1
猿倉岳方面
2021年05月04日 16:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉岳方面
(おまけ)帰る日の朝撮った酸ヶ湯と大岳
2021年05月05日 08:41撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)帰る日の朝撮った酸ヶ湯と大岳
(おまけ)大岳
2021年05月05日 08:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)大岳

感想/記録
by SamT

 八甲田ツアー4日目、最終日です。予報通りの好天で、南八甲田に行くことになりました。櫛ヶ峰までは行ったことがありますが、今回のロングハイキングコースは初めてでした。
 スタッフ車で2回に分けて酸ヶ湯から城ヶ倉大橋の駐車場まで移動しました。それぞれ待機中にスキーにシールを装着しました。雪解けが進んでいて 登り口辺りの急斜面の雪が少なかったので、最初はスキーをザックに付けて担ぎで登りました。
 急斜面を抜けて斜度が緩くなった所からスキーを履いてシール登行でブナの気持ちのいい森を登りました。逆川岳を目指して登りましたが、山頂付近で下って来る単独の山スキーヤーと擦れ違いました。逆川岳の山頂はよく分からないらしいですが、ピークは通らずにいつの間にか横岳への上りに掛かっていました。
 左に切り立った崖があるのが分かりました。強い風が吹いていました。前方に山頂直下の大斜面が見えましたが、その手前でシールを外して滑る準備をしました。まだ登るのかと思っていたので、少しホッとした半面、
大斜面を滑りたい気持ちも若干ありました。そこを別の単独のスキーヤーが滑っているのを見たからです。
 先頭のガイドさんは南に回り込んだ地点から滑り出しましたが、私達はそこまで行かずに滑りました。ザラメ状の雪と新雪の白い雪が混ざっていて、新雪部分は雪がやや重めでコントロールが難しかったです。2回転びました。単独のスキーヤーが滑ってきて「気持ちいいですね!」と声を掛けたようですが、そいう状態だったので、反応する余裕がありませんでした。
 先に滑ったガイドさんは100m位先にいたのでそこまで移動しました。そのまま雪原を南東に進み上りに掛かる所で休憩し、お昼を食べシールを装着しました。一段上に先行のグループの姿がありましたが、その方達も休憩していたようで、私達が移動を始めた時すぐ前方にその方達の姿がありました。雪原の緩い上りをその方達と暫く並走して進みました。9人の男性ばかりのパーティーでした。テレマーカ―はいないようでした。
櫛ヶ峰への上りでその方達に抜かされた時、ガイドさんとの話で地元の方達だと分かりました。ピークに登っていたので地元の山岳会の方達かと想像されました。
 時間を見て櫛ヶ峰に登るかどうか判断すると聞かされていましたが、ある高さまで登って滑ることになりました。最後尾を歩いていたもう1人のガイドさんは喘息の発作が出掛けたらしく、登らずに山麓を巻いて滑走の目標点に移動していました。下から無線でどこを滑るのが良いかアドバイスしてくれました。岩手山が見えたり、北八甲田の山や南八甲田の南部の山がよく見えました。
 この斜面は横岳以上に白い雪が多かったのですが、余りスピードを出さずにゆっくりとした動きに合わせて我慢してスキーを操作するとうまく対応できたようです。2度ほどバランスを崩しかけましたが、転ぶことなく滑り降りることができました。
 暫く移動し、上り気味になる所で三度(みたび)シールを着けました。駒ヶ峰から猿倉岳まで行くと聞かされましたが、ピークを目指すのではなく山麓を移動しました。なので、上り下りが混ざっていましたが、距離は長かったです。高田大岳が近くなってくるのが分かりました。
 駒ヶ峰の山麓を通っている時、9人のパーティーの方達か他の方達かは分かりませんが、駒ヶ峰の斜面を滑っている人達の姿が確認できました。私達は先を進み猿倉岳の裾野まで行き、そこでシールを外しました。そこからは基本下りになると言うだけで、滑走を楽しむような斜面があった訳ではありません。時々テレマークターンをしている人達もいたので、私も挑戦してみましたが、樹間の起伏のある所で転んでしまいました。その後は慎重に滑って下りました。
 大きな谷状地形の上に出ました。国道が見えていましたが、睡蓮沼に出るには沢を越えなければいけないらしいです。雪が付いているか分からなかったので、途中まで大事を取って左側の尾根下の壁に沿って下りました。大丈夫だったようで最後は尾根を下って平地を滑り、睡蓮沼の手前の道路の反対側に出ました。無事目的地に着きました。スキーを脱いで道路に降り20m位先のバス停まで行きました。周辺には何台か車が停まっていたりスキー客や観光客の姿もありました。
 バスの時間まで20分位あったので睡蓮沼まで行ってみました。石倉岳〜硫黄岳〜大岳〜小岳〜高田大岳の展望が独り占め状態でした。過去2回のツアーでは必ず硫黄岳〜睡蓮沼コースを滑っていたのですが、今回はこの地域は全く滑りませんでした。バスは10分近く遅れて来ましたが、10分位で酸ヶ湯に着きました。ツアーは無事終了しました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:199人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 山スキー ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ