また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 320309 全員に公開 沢登り丹沢

前半は天国!表丹沢ヒゴノ沢

日程 2013年07月14日(日) [日帰り]
メンバー
 stk
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸川林道を進み、表丹沢林道との分岐点に停めます。2,3台駐車可能。そこから表丹沢林道を歩いて入渓点を目指します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:05駐車ポイント〜9:30入渓〜12:25表尾根合流〜12:30烏尾山荘(ビールタイム)12:55〜13:55駐車ポイント
コース状況/
危険箇所等
ヒゴノ沢の核心はF1 8m。水流左にハンガーボルト2枚、ハーケン1枚あり。ゴールには3つハンガーボルトあり充分な支点になります。
倒木がかかっており、そちらからも登れますがいずれにしてもビレイなしで登るのはかなり危険な場所だと思います。

その後、前半部は快適な滝が絶え間なく続きなんでここがマイナーなの!?と思わせるようなルートが続きます。

ところがその後、怒涛の堰堤7連発! クソ暑いときは最悪ですね。マイナーなのには理由がありますね。巻きはズルズルの場所がほとんどで、神経使います。

最後は、表尾根の銃走路に合流。一般縦走者から奇異の目でみられます(笑)

ヒルは少数ですがいます。今回は被害なし。途中、超巨大ヒルを見てshin-wが悲鳴を上げますw さらに懲りない事に、またブヨに噛まれました。去年処方してもらった強力ステロイドの出番です。

表尾根はスゴい人。特に若い人が多くて、登山ブームは案外進んでいるのかな〜と思いました。
過去天気図(気象庁) 2013年07月の天気図 [pdf]

写真

天気はいいですが、暑すぎるのはキツイ。。この後曇ってきます。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す天気はいいですが、暑すぎるのはキツイ。。この後曇ってきます。
1
ここから入渓します。
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入渓します。
1
しょっぱなの滝を登るshin-w
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょっぱなの滝を登るshin-w
1
見えてきました。核心のF1。8mで水流左直登は�級。倒木に乗り移りで�+くらいか。
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきました。核心のF1。8mで水流左直登は�級。倒木に乗り移りで�+くらいか。
1
つぎつぎと続く滝
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つぎつぎと続く滝
1
日陰の小滝
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰の小滝
1
デッカイ蛙。全然逃げません
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デッカイ蛙。全然逃げません
1
この辺は涼しかった〜〜
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は涼しかった〜〜
1
登れる滝の連続。
2013年07月15日 01:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登れる滝の連続。
1
楽しく快適に登れました。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す楽しく快適に登れました。
1
これも面白いです。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すこれも面白いです。
1
休む間もなく滝が出てきます拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す休む間もなく滝が出てきます
1
ちょっとしたゴルジュもあり拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すちょっとしたゴルジュもあり
1
このあたりからジャングルの遺跡風堰堤が出てきます。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すこのあたりからジャングルの遺跡風堰堤が出てきます。
1
巻きます。かなり高巻かないと高度感のあるトラバースを避けられません。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す巻きます。かなり高巻かないと高度感のあるトラバースを避けられません。
1
巻きにはズルズルの泥もあれば、こんなザレ斜面もありましあ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す巻きにはズルズルの泥もあれば、こんなザレ斜面もありましあ。
1
小動物の骨。シカではなさそう。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す小動物の骨。シカではなさそう。
1
三又。中央へ進むが、岩が相当脆いので注意。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す三又。中央へ進むが、岩が相当脆いので注意。
1
表尾根に到着しました。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す表尾根に到着しました。
1
三ノ塔方面。人がいっぱい見えます。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す三ノ塔方面。人がいっぱい見えます。
1
新茅荘わきに下山。カキ氷の看板が出てました拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す新茅荘わきに下山。カキ氷の看板が出てました
1
撮影機材:

感想/記録
by stk

久々の表丹沢の沢。ヒゴノ沢に行ってきました。

新茅ノ沢の東の尾根一本隔ててある沢で、ガイド本とかには見かけません。ただ行ってみてビックリ! しょっぱなのF1は結構な難所(実は昨日も登ったのだが、セカンドがスリップ時に裂傷を負った。登りきったが大事をとり懸垂で撤退していた)。
その後は、3〜5mほどの登れる滝が連続する。かなり楽しめる序盤だ。ただ中盤は怒涛の堰堤7連発!(正確な数字ではないです)巻きで汗ビッショリに。。その後少し水は出てきますが、前半ほどのインパクトはありません。詰上げは、縦走者が多数いる表尾根。突然沢屋が出てきて驚いている人が多かったです。笹薮をガサガサ漕いで出てきたので「イノシシかクマかと思った!」という人がいました(笑)

F1は自分の技量では結構シビアです。倒木がかかる前は水流左を直登だったとおもいますが、滑る岩で結構ランナウトしていて行く気になれません。迷わず倒木へ。ただここの乗り移りもスタンスが案外きわどくて、足に体重をかけずらく右の倒木を抱える腕力がいるかも。。�+〜�くらいに感じました。

中盤以降はイマイチなので、序盤の楽しいエリア終わったらさっさと尾根に取り付いて戻るのも手かもしれないな〜と思いますね。

中盤、左目のちょい左、チクっとしたのですが、ブヨにやられたようです。目のそばなのでひどい事になりました。月曜日出勤だったのですが、皆に殴られたの?って(笑) せっかくポイズンリムーバー持ってたのに。。すぐやらないとダメですね。

kamogさん、記録参考にさせてもらいました。どうもです。

感想/記録
by shin-w




スタートからF1 Go-Pro撮影
訪問者数:1134人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ