また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 323871 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

聖岳〜便ガ島より往復〜

日程 2013年07月20日(土) 〜 2013年07月21日(日)
メンバー
天候7/20はれ・くもり 7/21はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道飯田IC下車-飯田市内を経て県道251-R474-R152-上島トンネル-飯田市道-便ヶ島
市道(最終集落より先)は夜間通行止め(17:00-8:30)、走破するのに1時間ほどかかる。道は部分的にダートだが思ったほど悪くなかった。
便ガ島・聖光小屋駐車場(一般)…数十台停めれそう。そこそこ空きがあった(無料)。テントサイト(車中泊可500円)にあるトイレは有料(50円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7/20:聖光小屋9:00-西沢渡9:30-標高1,400m 10:10-標高2,000m付近苔平11:40-標高2,200m 12:10-薊畑12:30-12:45聖平小屋13:00-14:00小聖岳14:10-15:10聖岳(前聖)-奥聖15:45-前聖16:30-17:50聖平小屋
7/21:聖平小屋4:15-5:00小聖岳5:10-6:00聖岳6:30-薊畑7:50-西沢渡10:00-10:30聖光小屋
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:便ガ島登山口にあり

登山口〜西沢渡:少々高度を上げて遊歩道へ出るとすぐにトンネルをくぐる。なんとなく不気味な感じがした。西沢渡までは横の移動を30分ほど続ける。ところどころの斜面が崩壊していて(少なくとも6箇所以上)通過すると岩や石が谷底へ落ちてゆく。部分的にロープもあり、足場が狭い箇所もある。以前、どなたかの報告にもあったがここが一番の危険個所かもしれない。7年前に来た際はこんなところなかったような気がしたが…。川と道のレベルが一緒になると西沢渡に到着。

西沢渡〜1800m:名物のゴンドラがある。今回はそれを使わずに横にかかる木の橋(かなり心許無い感じ)を使用した。もう少し水がすくなければ渡渉という手も考えられたが…。ここから山登りのスタート。最初からジグを切って標高を稼ぐ。少々登ると廃屋(営林署跡)が見えてくる。その脇を通過して尾根に取り付く。ここから1800m付近までは変化のない登り。ひたすらジグを繰り返して標高を上げていく。標高1200mから200mごとに看板がある。コースは踏み跡こそついているものの、標識等がすくなく明確とは言い難い(特に1600m付近)尾根線ははっきりしているがコースではない場所を歩くと滑りやすく体力を無駄に消耗する。ところどころ傾斜がきついため滑落注意の看板や滑落防止のネット(おそらく)が設置されている。この付近は下りの方が怖い。

1800m〜薊畑:1800mを越えた頃から横の移動が多くなる。岩地の場所も増えてきてところどころ空も見える。標識もこのあたりははっきりしていて迷う可能性は低いと思う。標高2000mの付近に苔平がある。何の変哲もない広場だが大勢のパーティーの休憩場所には良いかもしれない。2200mを越え、ちょっと歩くと森を抜けて薊畑。晴れていれば上河内岳を見上げることができる。

薊畑〜聖平小屋:薊畑の中を下って行く。道脇にアザミが生えていて触れるとチクチクする。シカの食害から植物を保護する目的でネットが張ってある。そこを越え、高度を下げると聖平分岐。小屋方面へは木道を進む。

聖平小屋:水道あり(南アルプスの天然水)トイレあり(なんと水洗!)素泊まりなら5000円(寝袋持参なら1000円引き)銀マット持参推奨

聖平小屋〜小聖岳:薊畑まで引き返し、聖岳方面へ進路をとる。小さな森を抜けると稜線に乗り、森林限界を越える。一か所ロープがあるが、使わずとも通過可能。森林限界を越えると小聖直下のザレ場を詰め、右から周って小聖ピークへ。ピークには看板があって、そこそこ広い。

小聖岳〜聖岳:細い稜線を聖の取り付き部まで進む。脇は結構切り立っている。落ちたら命はなさそう。取り付き部の脇には水場がある。かなり傾斜が厳しい場所にあるので採りに行くのに苦労しそう。取り付き部からは岩の斜面をジグザグしていく。ペイントがあるためガスっていても何とか辿り着けそう。ここの登り・下りが本当にきつい。なかなか頂上が遠い。ガスっていると登る気力が失せそうだ。自分との戦いに勝ちピークへ。筆者は眺望を求めて2回登りました。

聖岳(前聖〜奥聖)
どちらにも看板あり、ピークは広い。奥聖までは15分ほど。割と岩がゴツゴツしていて時間がかかる。付近一帯は極めて眺望良く。遠くは富士山・北アルプス、間近に赤石岳を眺めることができる。
過去天気図(気象庁) 2013年07月の天気図 [pdf]

写真

国道沿いの村の茶屋 トイレを利用
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道沿いの村の茶屋 トイレを利用
上島トンネル ここから市道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上島トンネル ここから市道へ
夜間閉鎖ゲート前 十台ほどが待っていた
2013年07月22日 20:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜間閉鎖ゲート前 十台ほどが待っていた
西沢渡りまでの遊歩道 かなり崩れ方がひどい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渡りまでの遊歩道 かなり崩れ方がひどい
1
ゴンドラ横の木の橋 結構怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ横の木の橋 結構怖い
標高1200mから200mごとにあるボード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1200mから200mごとにあるボード
小聖ピークはガスの中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小聖ピークはガスの中
1
ライチョウがいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウがいました
1
ツダさん、コレがライチョウですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツダさん、コレがライチョウですよ
1
さきほどとは別のライチョウ(親子)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さきほどとは別のライチョウ(親子)
絵になるライチョウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になるライチョウ
2
どうも雲がとれない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうも雲がとれない
奥聖と飛行機雲 軌道が近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥聖と飛行機雲 軌道が近い
1
ハヤブサがいた ライチョウの子供でも狙っているのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハヤブサがいた ライチョウの子供でも狙っているのか?
雲に浮かぶ富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ富士山
1
南アルプスの南端方面を眺める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの南端方面を眺める
富士を眺めながら急登を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士を眺めながら急登を登る
昨日は見えなかった赤石
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は見えなかった赤石
2
遠くに北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに北アルプス

感想/記録
by moyo2

疲れましたが最高でした。それだけです。
訪問者数:1525人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/23
投稿数: 3
2013/7/28 6:24
 お会いしてるんですね
はじめまして、
一週間前になりますね、私は18日から易老渡から光岳周りで聖岳に向かいました。天候に恵まれた山行となりました。
20日、聖岳13:30下山開始で聖平小屋にむかったので、小聖岳あたりで出会っているんですね♪

聖平小屋テン泊、じいさま二人の珍道中でした。

                     頭変僕

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ