また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

聖平小屋(ひじりだいらごや)

最終更新:silverfrost
基本情報
標高 2260m
場所 北緯35度24分26秒, 東経138度08分24秒
縦走路から3分ほどのところにあり。
小屋宿泊者は到着時にお茶とビスケットのサービスあり。またスイカの配給もあることが多い。

井川観光協会が運営
http://ikawa-minamialps.com/main.asp

南プス
https://nanpusu.jp/yamagoya/report03.html
テント場 90張(700円)
山小屋 120名 1泊2食 \8,000、 素泊 \5,000(シュラフ付き)
トイレ 無料(小屋から2分ほど)
水場 小屋脇より、無料

山の解説 - [出典:Wikipedia]

聖岳(ひじりだけ)は、赤石山脈(南アルプス)南部の静岡市葵区と長野県飯田市の境界に位置する標高3,013 mの山である。日本百名山に選定されている。
南アルプス国立公園内にあり、主峰は標高3,013 mの聖岳(前聖岳と表記される場合がある)で、その東側約500 m の地点に奥聖岳、南側約800mの地点に小聖岳を従えている。全国で21座ある3,000 m峰の中では最も標高が低い。南アルプス中で最南端の3,000 m峰である(日本最南端の3,000 m峰は富士山)。山頂周辺とその南側の標高2,300 m ほどに位置する聖平に、大規模な高山植物の群生地がある。山名は、南東を流れる聖沢が肘(ひじ)を曲げたような形で、その「ひじ折る」や「へずり」が転化したのとされている。別名が「日知ヶ岳」(ひじりがたけ)。南面にはカール地形がある。南西斜面には大規模な崩落地があり、赤色チャート(ラジオラリア盤岩)の露出地がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    南アルプス南部の核心部と言える荒川三山・赤石岳・聖岳。 この雄大で山深い山域を縦走する充実の4日間。 交通の便が悪く、入山するにも時間が掛かりますが、それに見合うだけの価値ある山行になるでしょう。

「聖平小屋」 に関連する記録(最新10件)

塩見・赤石・聖
  20    7 
2020年05月06日(日帰り)
塩見・赤石・聖
  128     75  4 
2020年01月01日(4日間)
塩見・赤石・聖
  100     71 
dokoiko, その他1人
2019年11月02日(3日間)
塩見・赤石・聖
  31   9 
2019年11月02日(3日間)
塩見・赤石・聖
  33   16 
2019年11月02日(3日間)
未入力
   3 
2019年11月02日(3日間)
塩見・赤石・聖
  110    14  2 
2019年11月01日(3日間)
塩見・赤石・聖
  116     117  1 
2019年10月20日(2日間)
塩見・赤石・聖
  15    3 
2019年10月20日(2日間)
塩見・赤石・聖
  73   1 
2019年10月14日(3日間)
ページの先頭へ