また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3253311 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

間に合ったカキノハグサ 太陽と緑の道

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年06月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路・神鉄:大池駅
復路・神鉄:谷上駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
18分
合計
4時間4分
S神鉄:大池駅10:2910:57天下辻12:12鯰ノ手池12:1312:30柏尾谷池12:4713:12金剛童子山13:39鯰ノ手池14:32谷上駅14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
太陽と緑の道は特に問題ありません。
但しルートを外れて歩いた金剛童子山周辺は
多数のバリルートが交錯し迷い易いので地形図&GPSで確認要!!
その他周辺情報神鉄:大池駅・神鉄:谷上駅周辺にはスーパー・コンビニ・トイレ有り。
歩いたコース内にトイレは有りません。
過去天気図(気象庁) 2021年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

自宅最寄り駅から準急に乗って神鉄:大池駅で下車。
下り三田方面の改札口がリニューアル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅最寄り駅から準急に乗って神鉄:大池駅で下車。
下り三田方面の改札口がリニューアル。
2
駅前からR428(有馬街道)を渡って坂を上がれば
大池聖天(興隆寺)聖天様(歓喜天)をお祀りされている寺院。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前からR428(有馬街道)を渡って坂を上がれば
大池聖天(興隆寺)聖天様(歓喜天)をお祀りされている寺院。
3
大池聖天まえから西へ有野町唐櫃の住宅地を辿ると
ユキノシタ(雪ノ下・ユキノシタ科ユキノシタ属 )
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池聖天まえから西へ有野町唐櫃の住宅地を辿ると
ユキノシタ(雪ノ下・ユキノシタ科ユキノシタ属 )
4
涼しげな淡いブルーのコアジサイ(小紫陽花・アジサイ科アジサイ属の落葉低木)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しげな淡いブルーのコアジサイ(小紫陽花・アジサイ科アジサイ属の落葉低木)
5
更に西へ辿ると太陽と緑の道への案内標識に従い左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に西へ辿ると太陽と緑の道への案内標識に従い左折します。
2
近くのヤマボウシ(山帽子)は満開。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くのヤマボウシ(山帽子)は満開。
3
住宅地が途切れた此処が太陽と緑の道の入口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅地が途切れた此処が太陽と緑の道の入口です。
3
太陽と緑の道は小さな九十九折りから
緩やかにカーブしながら続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽と緑の道は小さな九十九折りから
緩やかにカーブしながら続きます。
2
辿り着いた天下辻にトライアルバイカーが二人。
三菱雪稜クラブの屏風川詳細図を熱心に見られてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辿り着いた天下辻にトライアルバイカーが二人。
三菱雪稜クラブの屏風川詳細図を熱心に見られてる。
3
天下辻は太陽と緑の道と丹生山系縦走路が合流します。
此処は←鰻の手池・屛風川↑ナダレ尾山→への十字路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天下辻は太陽と緑の道と丹生山系縦走路が合流します。
此処は←鰻の手池・屛風川↑ナダレ尾山→への十字路。
4
此方は太陽と緑の道と丹生山系縦走路が重複した
鰻の手池方面へと左折します。
益々深く掘れたバイク等の轍が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此方は太陽と緑の道と丹生山系縦走路が重複した
鰻の手池方面へと左折します。
益々深く掘れたバイク等の轍が続きます。
2
雨が降ればたちまち水溜りになるだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降ればたちまち水溜りになるだろう。
2
おっと、第一カキノハグサ(柿の葉草)見っけ^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、第一カキノハグサ(柿の葉草)見っけ^^)
4
カキノハグサ(柿の葉草・ヒメハギ科ヒメハギ属)
和名は葉が柿の葉に似ていることに由来とか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カキノハグサ(柿の葉草・ヒメハギ科ヒメハギ属)
和名は葉が柿の葉に似ていることに由来とか。
11
生息域は広がってる様だが今年は花数が少ない様に思う。
カキノハグサにも裏年が有るのだろうか???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生息域は広がってる様だが今年は花数が少ない様に思う。
カキノハグサにも裏年が有るのだろうか???
4
おっと、カキノハグサの結実を初めて見た。
やはり今年の開花は早かったが間に合って良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、カキノハグサの結実を初めて見た。
やはり今年の開花は早かったが間に合って良かった。
5
後方から爆音が聞こえて来るなと振り返ればトライアルバイカーが7台も通過していった。
トライアルバイク通過後の排気ガスが臭い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方から爆音が聞こえて来るなと振り返ればトライアルバイカーが7台も通過していった。
トライアルバイク通過後の排気ガスが臭い。
3
アマドコロ(甘野老、萎蕤・キジカクシ科アマドコロ属)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマドコロ(甘野老、萎蕤・キジカクシ科アマドコロ属)
3
ダート道から舗装林道に代わって緩やかに下れば
←神鉄:谷上駅・兵庫カンツリー俱楽部→
通称:兵カン道に突き当たりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダート道から舗装林道に代わって緩やかに下れば
←神鉄:谷上駅・兵庫カンツリー俱楽部→
通称:兵カン道に突き当たりました。
2
次は水辺に咲く花を探しに北へと向かいましょう。
右手の鰻ノ手池は灌漑用の溜池。
梅雨時はいつも濁ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は水辺に咲く花を探しに北へと向かいましょう。
右手の鰻ノ手池は灌漑用の溜池。
梅雨時はいつも濁ってる。
3
鰻ノ手池を過ぎれば→黒甲越への分岐を見送ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鰻ノ手池を過ぎれば→黒甲越への分岐を見送ります。
2
おっと、道路脇の小さな流れに今季初のモリアオガエルの卵塊。
もうそんな季節に成ったんだ^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、道路脇の小さな流れに今季初のモリアオガエルの卵塊。
もうそんな季節に成ったんだ^^)
4
更に兵カン道をゴルフ場へと辿り柏尾谷池へと向かうと
堰堤には沢山のハイカー達がランチタイム中。
此方もソーシャルディスタンスを保ってのランチタイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に兵カン道をゴルフ場へと辿り柏尾谷池へと向かうと
堰堤には沢山のハイカー達がランチタイム中。
此方もソーシャルディスタンスを保ってのランチタイム。
4
水面に浮かぶのはヒツジグサ(羊草・スイレン科スイレン属)の水生植物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水面に浮かぶのはヒツジグサ(羊草・スイレン科スイレン属)の水生植物。
5
土手のオカ?ヌマ?トラノオ(岡虎の尾・サクラソウ科オカトラノオ属)は花芽を上げたばかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土手のオカ?ヌマ?トラノオ(岡虎の尾・サクラソウ科オカトラノオ属)は花芽を上げたばかり。
3
カキノハグサと柿色繋ぎのカキラン(柿蘭・ラン科カキラン属)はマダ花芽を上げていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カキノハグサと柿色繋ぎのカキラン(柿蘭・ラン科カキラン属)はマダ花芽を上げていない。
3
何やら急にぎやかだと思ったら数人のハイカー達が
水の中へと入っている?
何してるのと聞けば水中のジュンサイ(蓴菜・スイレン目ハゴロモモ科)を採取してるとか。
此れからの夏の食材ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何やら急にぎやかだと思ったら数人のハイカー達が
水の中へと入っている?
何してるのと聞けば水中のジュンサイ(蓴菜・スイレン目ハゴロモモ科)を採取してるとか。
此れからの夏の食材ですね。
4
賑やかな柏尾谷池を後にして兵カン道へと戻り
金剛童子山へと向かうが以前には無かったフェンスとレンガ壁が建ってる。
その向こうに金剛童子山へと続く登山道が見えるので
レンガ壁を右から回り込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賑やかな柏尾谷池を後にして兵カン道へと戻り
金剛童子山へと向かうが以前には無かったフェンスとレンガ壁が建ってる。
その向こうに金剛童子山へと続く登山道が見えるので
レンガ壁を右から回り込みます。
1
特に標識も無いが割りと確りした踏み跡を辿ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に標識も無いが割りと確りした踏み跡を辿ります。
1
雑木林を高みを目指して辿れば三等三角点建つ金剛童子山(565.29m)
今日唯一のピークですが全く展望無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林を高みを目指して辿れば三等三角点建つ金剛童子山(565.29m)
今日唯一のピークですが全く展望無し。
3
金剛童子山山頂からの下山はテープマーカーに
地形図&GPSを確認しながら下れば明瞭な山道。
この辺りもバイクや時に四駆が走り回っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛童子山山頂からの下山はテープマーカーに
地形図&GPSを確認しながら下れば明瞭な山道。
この辺りもバイクや時に四駆が走り回っています。
2
幅の広い道に出合うと直ぐにY字路。
兵カン道に戻るには右折ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅の広い道に出合うと直ぐにY字路。
兵カン道に戻るには右折ですね。
2
見覚えのあるスズキジムニーの廃車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えのあるスズキジムニーの廃車。
2
滅茶苦茶に掘れてる登山道は歩き難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滅茶苦茶に掘れてる登山道は歩き難い。
2
やがて黒甲越の道に突き当たり右折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて黒甲越の道に突き当たり右折します。
2
下山は兵カン道を神鉄:谷上駅方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は兵カン道を神鉄:谷上駅方面へ
2
五葉谷橋は老朽化で付け替え工事中。
工事は来年の6月一杯迄掛かるそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五葉谷橋は老朽化で付け替え工事中。
工事は来年の6月一杯迄掛かるそうだ。
2
前方に廃屋?産廃置き場?が見えて来ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に廃屋?産廃置き場?が見えて来ると
2
住宅街に降り立ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街に降り立ちました。
2
住宅街からグーグルマップに導かれ神鉄:谷上駅へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅街からグーグルマップに導かれ神鉄:谷上駅へ。
3
ヤマトキソウ(山朱鷺草・ラン科トキソウ属)は相変わらずのおちょぼ口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマトキソウ(山朱鷺草・ラン科トキソウ属)は相変わらずのおちょぼ口。
4
ツレサギソウ(連鷺草・ラン科ツレサギソウ属)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツレサギソウ(連鷺草・ラン科ツレサギソウ属)
3
最初に見付けたササユリ(笹百合・ユリ科ユリ属)はマダ蕾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に見付けたササユリ(笹百合・ユリ科ユリ属)はマダ蕾。
4
次に見付けたササユリ(笹百合・ユリ科ユリ属)は
ややピークを過ぎ終わりかけだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に見付けたササユリ(笹百合・ユリ科ユリ属)は
ややピークを過ぎ終わりかけだった。
4

感想/記録
by k2kobe

今年の花時計は進むのが早くて追い掛ける時期が難しい。
例年なら今頃が見頃の筈のカキノハグサも少しピークを過ぎたようです。
でもまあ、何とか間に合いました。
尚、カキノハグサは兵庫県内では六甲山系だけに咲くそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:292人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ