また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 3274 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/水無川本谷〜ホソノノ尾根下降

日程 2008年06月28日(土) [日帰り]
メンバー
 katoaki(記録)
 kamog(CL)
 tanu(SL)
 htaka(携帯調査)
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:00戸沢出合−8:30F1(左壁の鎖)、F2(右の乾いた壁)−9:00F3(左ガレ)−9:10F4(右壁)、F5(右壁の鎖)−9:30書策新道・休憩15分−9:55F6−10:10金冷シ沢−10:35F8(高巻き)−10:50沢に戻る−12:00登山道(1410mの小ピーク)−12:15木の又小屋40分休憩−木の又小屋から伸びる尾根を下山−13:45書策新道に合流(1100m付近)−14:10書策新道から離れる(950m付近)−14:30F2の上に出る(懸垂下降)−15:25入渓点(沢靴を脱いだらヒルが・・・)−16:00戸沢出合
コース状況/
危険箇所等
■遡行グレード 1級上
■各滝の状況
 ・入渓してから最初の堰堤は、左隅の残置を頼りに這い上がる。
  または右岸から高巻くことも可能。
 ・F110mは左壁隅に鎖あり、容易に登れる。または流芯左壁を登れる。
  この滝の上でセドノ沢が右から入ってくる。(看板あり)
 ・F2−5mは右壁を登る(卦蕁法または流芯左側にも鎖がある。
 ・F3−8mは手前左側の鎖に沿って直登、そして落ち口に向かいトラバース。
 ・F5−13mは右壁に鎖あり。取り付きのスタンスがややこまかい。
  この滝の上で書策新道が横断しており、エスケープルートに使える。
 ・書策新道から5分で、左奥に沖ノ源次郎沢F1−20m涸滝が入ってくる。
  岩トレに使用できる。(掘銑控蕁
 ・そのすぐ上流で二俣。右の開けた沢は木ノ又大日沢(詰めはひどいザレ)。
 ・F6−6mCS滝は右壁隅を残置スリング頼りに這い上がる。
 ・F7はすでに滝らしくなくなっている。
 ・金冷シ沢が左から入る。(看板あり)
 ・F8−2段25mは右側のルンゼ状を登ると残置ロープが上に向かい伸びて
  いる。40mくらいロープ沿いに直上し、左に曲がって赤茶の枝沢をトラバ
  −ス。その後も滝の上流に向かい、しっかりした踏み跡が伸びている。
 ・この後、標高1200mで最初の二俣。本谷は左沢に入り、次の二俣を右である
  が、今回最初の二俣で右沢に入ってしまった。
 ・右沢は小滝を越すと脆いザレ場が50mほど続く。落石に注意しながらここを
  登り切ると樹林帯に入り、僅かについた獣道に導かれると表尾根に出る。
■下降路
 ・今回は木ノ又小屋ベンチから南に伸びる尾根(ホソノノ尾根or木ノ又新道)
  を使用。所々ザレていたり、痩せ尾根になるが踏み跡はわかる程度について
  いる。支尾根に入らないよう読図する。
 ・標高1000mあたりで書策新道と合流。戸沢まで一般道で降りることもできる
  が、我々は標高100mくらい書策新道をジグザグ下ったあと、再び本谷とセド
  ノ沢二俣に向かう南尾根に入った。
 ・本谷とセドノ沢の二俣に近づくと斜度が増してくる。二俣は崖になっている
  が、本谷側(F2の上)ルンゼ状をフリーで降りられた。
 ・F2は残置スリングを使い懸垂下降。F1は鎖頼りにクライムダウン。
■携帯調査
 機種:A1402S (au)
 ・戸沢駐車場    通話不可:0本
 ・書策新道     通話可 :3本
 ・金冷シ沢出会の先 通話不可:2本
 ・木の又小屋    通話不可:圏外
ファイル 3274.xls 計画書 (更新時刻:2010/07/28 08:54)
過去天気図(気象庁) 2008年06月の天気図 [pdf]

写真

水無川本谷1番目堰堤
2008年06月28日 08:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷1番目堰堤
堰堤は右岸から越える
2008年06月28日 08:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は右岸から越える
同じく。結構えぐれており残置A0で越える。
2008年06月28日 08:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。結構えぐれており残置A0で越える。
F1は右岸に鎖が設置されており楽に越える
2008年06月28日 08:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1は右岸に鎖が設置されており楽に越える
F2は右岸にも鎖はあるが、左岸壁を越える(卦蕁
2008年06月28日 08:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2は右岸にも鎖はあるが、左岸壁を越える(卦蕁
F3は右岸を鎖沿いに高巻く
2008年06月28日 08:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3は右岸を鎖沿いに高巻く
F5は左岸に鎖が設置されている。
出だしはややスタンスが悪い。
2008年06月28日 09:05撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5は左岸に鎖が設置されている。
出だしはややスタンスが悪い。
F5を上から
2008年06月28日 09:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5を上から
書策(カイサク)新道横断点
2008年06月28日 09:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策(カイサク)新道横断点
その少し先で右岸から沖ノ源次郎沢F1(20m涸滝)が入ってくる。
2008年06月28日 09:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その少し先で右岸から沖ノ源次郎沢F1(20m涸滝)が入ってくる。
1
F6は左岸被ったルンゼをA0で乗り越す
2008年06月28日 09:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6は左岸被ったルンゼをA0で乗り越す
右岸から枝沢が滝になって入ってくる
2008年06月28日 10:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から枝沢が滝になって入ってくる
F8−2段25m
2008年06月28日 10:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8−2段25m
F8は左岸のルンゼを残置ロープ沿いに真っ直ぐ登る
2008年06月28日 10:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8は左岸のルンゼを残置ロープ沿いに真っ直ぐ登る
高巻き途中からF8
2008年06月28日 10:34撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き途中からF8
左側へ枝沢をトラバース
2008年06月28日 10:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側へ枝沢をトラバース
尾根を1本越せば、しっかりした踏み跡がF8落ち口上部に伸びている
2008年06月28日 10:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を1本越せば、しっかりした踏み跡がF8落ち口上部に伸びている
1200mの二俣。次の1230m二俣と間違えて、ここで右沢に入ってしまった。
2008年06月28日 10:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mの二俣。次の1230m二俣と間違えて、ここで右沢に入ってしまった。
1200m右沢の詰め
2008年06月28日 11:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m右沢の詰め
同じく。樹林帯に入るまで落石に注意しながら、脆いザレを登る。
2008年06月28日 11:34撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。樹林帯に入るまで落石に注意しながら、脆いザレを登る。
もうすぐ表尾根
2008年06月28日 11:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ表尾根
表尾根着
2008年06月28日 12:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根着
木ノ又小屋から南へ伸びる尾根を下降。「戸沢へ」と看板がある。
2008年06月28日 12:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋から南へ伸びる尾根を下降。「戸沢へ」と看板がある。
ザレた所はFIXロープ
2008年06月28日 13:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた所はFIXロープ
1000mあたりで書策新道に合流
2008年06月28日 13:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000mあたりで書策新道に合流
書策新道を下り、950mあたりで再び新道を離れ、本谷とセドノ沢の出合に向け、再び南尾根へ
2008年06月28日 14:05撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道を下り、950mあたりで再び新道を離れ、本谷とセドノ沢の出合に向け、再び南尾根へ
尾根末端、セドノ沢出合は崖になっているが、本谷側F2の上は、ロープなしで何とか降りられた。
2008年06月28日 14:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根末端、セドノ沢出合は崖になっているが、本谷側F2の上は、ロープなしで何とか降りられた。
F2を懸垂下降
2008年06月28日 14:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2を懸垂下降
F1を下降
2008年06月28日 14:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1を下降
戸沢までもう少し
2008年06月28日 15:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢までもう少し
訪問者数:2150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ