また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3339111 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

大普賢岳 周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月13日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和佐又ヒュッテ手前の無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
2時間14分
合計
7時間49分
S和佐又ヒュッテ08:0408:46和佐又のコル08:5209:23シタンの窟09:2509:30朝日窟09:3009:40笙の窟09:4409:47鷲の窟09:5310:20石の鼻10:2610:28小普賢岳10:3511:13大普賢岳12:0112:18水太覗12:2212:30弥勒岳12:3112:55サツマコロビ(薩摩転び)12:5613:01国見岳13:0113:16内侍落し(屏風横駈)13:1813:25稚児泊13:3113:43七つ池13:5614:13七曜岳14:1514:19無双洞・和佐又山分岐14:2515:32無双洞15:4415:45水簾滝15:5215:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
梯子と鎖場多数 時間と体力は十分余裕のある計画が必要 無理は禁物です。
国見岳からの下り 七曜岳から無双洞の下りは鎖場も多く危険です。コースも間違い安い。
何度もコースを見失いました。 登山道は滑りやすく 膝と太ももがいってしまいました。
無双洞から先に垂直な鎖場を登ります。
脚力の低下で足が上がらず時間がかかってしまい鎖場を登りきってから 歩けなくなった。
暗くなる中なんとか 18時すぎに和佐又ヒュッテにたどり着けました。このコースは要注意です。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

ガス晴れてくれ
2021年07月13日 11:26撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガス晴れてくれ
大普賢岳山頂から
2021年07月13日 11:33撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂から
ガスがとれた。
2021年07月13日 11:34撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがとれた。
小普賢岳
2021年07月13日 12:08撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小普賢岳
大普賢岳と小普賢岳
2021年07月13日 12:10撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳と小普賢岳
水太覗
2021年07月13日 12:14撮影 by SO-01J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗

感想/記録

スマホの電池切れでログ途中できれた。
下山終盤 膝の痛みと太ももがつって歩けなくなった。
電池切れでヤマレコのGPS地図が使えずルートを見失いそうになった。
モバイルバッテリーは必須と思い知った。
下山時 ガルルみたいな 動物の声がしたようで、辺りを見回すとトラバースの登山道の上方に熊が2頭寝そべってた。動く気配がなかったので静かに通り過ごした。
場所は和佐又山のコルの合流点手前 ご注意ください。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:288人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 鎖場 コル ヒュッテ トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ