また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3346886 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

にゅう・稲子岳・中山 バリルートでコマクサ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白駒池の駐車場(1日600円)は、到着時点はトイレ側の駐車場は5割という感じでした。戻ってきたら両方の駐車場は満車で、駐車待ちの長い行列が出来ていました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:35
距離
11.3 km
登り
633 m
下り
619 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
1時間10分
合計
5時間35分
S白駒の池 駐車場05:0805:15白駒分岐05:20青苔荘05:24白駒荘05:2705:53白駒にゅう分岐06:12稲子湯分岐06:17ニュウ06:3407:04稲子岳07:47中山峠・みどり池まで40分道標08:07中山峠08:0808:19見晴らし台08:2008:26中山分岐08:37中山08:40中山展望台08:5109:34高見石小屋09:3509:37高見石09:4209:42高見石小屋10:1310:36白駒分岐10:43白駒の池 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水たまりやぬかるんでいるところがあります。
稲子岳はバリエーションルートになります。赤テープ等それなりにありますが、何カ所か分かりづらいところがあり、若干のルートファインディングが必要になります。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

向かう途中の展望台にて。朝焼けに染まる槍穂高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう途中の展望台にて。朝焼けに染まる槍穂高。
5
同じく南アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく南アルプス。
5
では歩き始めます。毎年紅葉の時期には訪れていますが、夏に訪れるのは3年ぶり(前回も今回と同じルート)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では歩き始めます。毎年紅葉の時期には訪れていますが、夏に訪れるのは3年ぶり(前回も今回と同じルート)。
さっそくぎんちゃん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそくぎんちゃん。
2
白駒池は朝はほぼ鏡でした(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池は朝はほぼ鏡でした(^^)。
7
素晴らしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいです。
5
目指すにゅうが左側にちょこんと見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すにゅうが左側にちょこんと見えています。
8
にゅうに向かうとこんなところも。まあ雨の多い時期はいつもこんなです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にゅうに向かうとこんなところも。まあ雨の多い時期はいつもこんなです。
にう、にゅう、乳、ニュー中山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にう、にゅう、乳、ニュー中山。
よじ登る急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よじ登る急登が続きます。
稜線に到着。かなり汗をかきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に到着。かなり汗をかきました。
1
にゅう。少し風があって、汗をかいているので少し寒いほど。でもひさびさのスーパー快晴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にゅう。少し風があって、汗をかいているので少し寒いほど。でもひさびさのスーパー快晴です。
3
富士山もバッチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もバッチリ。
3
天狗岳、硫黄岳。手前にこれから向かう稲子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳、硫黄岳。手前にこれから向かう稲子岳。
天狗岳をズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳をズーム。
1
槍穂高と高見石、丸山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高と高見石、丸山。
2
ゴゼンタチバナ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
1
では稲子岳に向かいます。中山峠に進み、この短いハシゴ?が見えたらその手前がバリルート入口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では稲子岳に向かいます。中山峠に進み、この短いハシゴ?が見えたらその手前がバリルート入口です。
この木がクロスしているところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木がクロスしているところです。
いきなりの激下りですが、なんとなく踏み跡があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの激下りですが、なんとなく踏み跡があります。
下り終わったら、なだらかに登って行きます。ほぼ尾根の上をたどっている感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り終わったら、なだらかに登って行きます。ほぼ尾根の上をたどっている感じです。
はっきりしているところもあれば、不明瞭なところも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきりしているところもあれば、不明瞭なところも。
稲子岳はこの辺り?。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳はこの辺り?。
1
この白い大きな木が斜めになっている手前は踏み跡が不明瞭ですが、白い木の下の藪をかき分けるとすぐにはっきりした踏み跡があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この白い大きな木が斜めになっている手前は踏み跡が不明瞭ですが、白い木の下の藪をかき分けるとすぐにはっきりした踏み跡があります。
最初の露地に出ました。天狗岳、硫黄岳の展望台です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の露地に出ました。天狗岳、硫黄岳の展望台です。
4
ヨツバシオガマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ。
5
次の露地は少しだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の露地は少しだけ。
1
3番目の広い露地がコマクサ群生地です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3番目の広い露地がコマクサ群生地です。
1
あれれ、ほとんどコマクサは咲いていませんね。訪れる時期が遅かったのか、今年は少なめなのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ、ほとんどコマクサは咲いていませんね。訪れる時期が遅かったのか、今年は少なめなのか。
4
こちらの斜面もぽつりぽつり程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの斜面もぽつりぽつり程度。
でも今回見た中で一番大きな株かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも今回見た中で一番大きな株かな。
7
ここからは斜面の真ん中を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは斜面の真ん中を進みます。
この株はこれからという感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この株はこれからという感じ。
4
コマクサと天狗岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサと天狗岳。
6
ここは少しまとまって咲いていました。でも後半気味かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは少しまとまって咲いていました。でも後半気味かな。
1
これはきれいに咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはきれいに咲いています。
4
青空を背景にぱちり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空を背景にぱちり。
6
この先は崩落地を横断する部分以外は、比較的明確な踏み跡でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は崩落地を横断する部分以外は、比較的明確な踏み跡でした。
岩場にロープが張られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場にロープが張られています。
崩落地。この手前で踏み跡がいくつか分岐するので、毎回違うルートを歩いている気がしますが、今回は一番下側のルートでした。正面の枯れ木に目立つマーキングがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地。この手前で踏み跡がいくつか分岐するので、毎回違うルートを歩いている気がしますが、今回は一番下側のルートでした。正面の枯れ木に目立つマーキングがあります。
崩落地は踏み跡が不明瞭です。今回のルートでは基本真横にトラバースでOKでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地は踏み跡が不明瞭です。今回のルートでは基本真横にトラバースでOKでした。
すぐに赤テープ付きの明確な踏み跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに赤テープ付きの明確な踏み跡。
すぐに登山道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに登山道に合流。
少し登るとこの看板。ここから入っていく踏み跡もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登るとこの看板。ここから入っていく踏み跡もありました。
ここから中山峠までの急登はバテました(^^;。キバナノコマノツメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから中山峠までの急登はバテました(^^;。キバナノコマノツメ。
1
やっとの思いで中山峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとの思いで中山峠。
1
ここからは天国のように快適な散歩道です(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは天国のように快適な散歩道です(^^)。
稲子岳の斜面を振り返ります。コマクサの斜面の先はクライミング向けの絶壁です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳の斜面を振り返ります。コマクサの斜面の先はクライミング向けの絶壁です。
1
背中に強い日差しを受けてひたすら暑いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背中に強い日差しを受けてひたすら暑いです。
1
中山山頂。今日の最高地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山山頂。今日の最高地点。
1
ミツバオウレン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン。
4
少し進むと展望台。今日は予報通りあまりガスが湧かず、素晴らしい展望が楽しめます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと展望台。今日は予報通りあまりガスが湧かず、素晴らしい展望が楽しめます。
2
蓼科山とその向こうに白馬岳、鹿島槍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山とその向こうに白馬岳、鹿島槍。
1
高見石に下っていく道が岩がゴロゴロしていて歩きにくかったです。ふと見ると赤く染まったナナカマド。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石に下っていく道が岩がゴロゴロしていて歩きにくかったです。ふと見ると赤く染まったナナカマド。
1
高見石小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋に到着。
1
高見石に登って展望を楽しみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石に登って展望を楽しみます。
お目当てはこの揚げパン。提供は10時からということで20分ほど待ちました(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当てはこの揚げパン。提供は10時からということで20分ほど待ちました(^^;。
6
最後はコケに癒やされながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はコケに癒やされながら。

感想/記録

前日に梅雨が明け、今日から実質的な夏山のスタートということですが、ちょうど週末と重なりどこも混雑するだろうなと思い、ほぼすれ違う人のいない稲子岳バリルートを3年ぶりに歩いてみることにしてみました。(今日は1人だけすれ違ってびっくり)
稲子岳のコマクサですが、きれいに咲いている株が少なく、また後半気味の株も多かったので、そろそろ終盤なのかも知れません。

ところで最近は軽いハイキング程度の登山しかしていなかったので、中山峠への急登の辺りからばてばてでした(^^;。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:556人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ