また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3541446 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

難路を降る人と昭和レトロについて、六甲山黒岩谷で思う

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月20日(月) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
52分
合計
6時間23分
Sスタート地点08:0408:28城山08:2808:36鷹尾山08:3708:53高座谷への分岐09:0009:19岩梯子09:2109:24七右衛門嵒09:3009:31テーブルロック09:4109:42立烏帽子09:4309:49荒地山09:4909:55なかみ山09:5510:06荒地山への分岐10:0710:41雨ヶ峠10:5011:05本庄橋跡11:0611:09本庄堰堤北側の分岐12:19一軒茶屋13:08六甲山13:1013:17一軒茶屋13:3314:03筆屋道分岐14:0414:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

上昇流はあるものの降水は無さそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上昇流はあるものの降水は無さそう
湿数が高く乾いてますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿数が高く乾いてますね。
岩梯子で猫が登ってくる
2021年09月20日 09:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩梯子で猫が登ってくる
3
下層が霧がかっている。金剛山から見たらどうだったろう。
2021年09月20日 09:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下層が霧がかっている。金剛山から見たらどうだったろう。
3
お手軽アドベンチャー
2021年09月20日 11:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お手軽アドベンチャー
1
昭和レトロ?
2021年09月20日 13:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和レトロ?
3

感想/記録
by Nitsu

 山と渓谷の読者紀行文だったと思うが、「黒戸尾根は降ってはいけない、登らなければならない」というような書き出しの投稿があり、非常に印象に残っている。
 別に登ろうが降ろうが、ルートの一つとしては自由だが、日本三大急登を登ることこそが楽しみであるという登山者としての矜持が垣間見える。

 さて私にもいくつか「ここは登り一択」というルートはある。今回の六甲山で言えば芦屋地獄谷がそれに当たる。特に自慢できるこだわりがあるわけではないが、単に登ったら楽しいコースであり降るのは危険ばかりで勘弁、というだけ。
 それと同じく、最近行った黒岩谷コースもそれになりそうだ。最高峰へ至る頂上直下のこのルートも、登るが楽しく、降りは勘弁、だ。

 2回目になる今回は、子供を連れてやってきた。地図によってはちゃんとルートとして紹介されているが、芦屋地獄谷に初めてきた時に感じたような「お手軽アドベンチャー」を味わえる破線コースで、マンネリな地元の山にスパイスを与えてくれる。不明瞭な踏み跡、沢を何度もクロスしながら遡り、次々現れる堰堤を乗り越え、笹藪をかき分けた先に突然現れる車道…。

 そんなコースで、降ってくる人に会った。

 かなり驚いたが、一目でベテランとわかったので、こちらも安心。逆にこちらが子連れで迷い込んだかと心配されてしまった。
「(このコースは)こられたことありますか?」
「ええ、楽しいコースなので子供を連れてきました」
 こんなやりとりは登山ではよくあるが、お互いの腹を探り合うスリリングな側面がある。特にマイナールートでは、遭難予備軍かどうかを短いやり取りの中で察知する必要があるため、この出来不出来でその後の登山の出来自体にも影響する。

 あー、こう切り返しときゃよかったな。
 とか
 あの会話の意図はそういうことやったんかー。
 などと後悔しながら登山を続ける羽目になることもあり、私はこういう瞬発的なやり取りが苦手でよくミスる。

 しかし今回は100点の回答である。

 我ながらよくできたとひとりごちながら、ふと疑問が湧いてきた。この人はなぜ降っているのか?
 その後、この疑問を繰り返し反芻しながら登山を続ける羽目になってしまった。

 なぜだ、なぜなんだ〜………。


 
 話は変わるが今「昭和レトロブーム」らしい。プリントグラスや喫茶店のクリームソーダなどがエモいとのことである。
 やや強引だが、歴史は繰り返すということであり、私が登り一択ルートを降っている日も近いかもしれない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:129人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 堰堤 クリ 渓谷 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ