また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3625334 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

伝付峠〜笊ヶ岳〜青薙山〜青薙崩〜三ノ沢山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年10月09日(土) ~ 2021年10月10日(日)
メンバー
天候1日目:曇、2日目:曇のち雨
アクセス
利用交通機関
バス
行き:身延駅から早川町乗合バス(奈良田温泉行)で伝付峠入口下車
帰り:田代から井川自主運行バス(横沢行)、横沢で静岡駅行きに乗換
(静岡駅に乗り継げる始発は田代8:07、最終は白樺荘14:39/田代15:04)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
23:10
距離
43.2 km
登り
4,122 m
下り
3,778 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間21分
休憩
25分
合計
9時間46分
S田代入口08:2908:46新倉のヘリポート08:4709:30発電所駐車場11:03東京電力管理小屋11:1211:48出合11:4912:59伝付峠水場13:0113:14伝付峠15:12天上小屋山16:07生木割山16:1816:59上倉沢水場分岐17:37椹島下降点17:3818:15笊ヶ岳
2日目
山行
12時間48分
休憩
29分
合計
13時間17分
笊ヶ岳05:4006:40布引山06:4307:14所ノ沢山07:41所ノ沢越07:4209:03稲又山09:1210:24青薙山10:2612:39小笹平13:04イタドリ山13:1214:16青笹山14:2114:49青枯山15:27三ノ沢山15:2818:10東河内温泉18:44東河内温泉入口18:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
青薙崩の通過はロープ必要です(基本的にはお勧めしません)
青薙山は畑薙から、井川青笹山は山伏からアプローチするのが一般的だと思います。
コース状況/
危険箇所等
伝付峠〜布引山以外は基本道は悪いです。特に青薙山以降は危険地帯を通過します
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

伝付峠入口バス停
2021年10月09日 08:24撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝付峠入口バス停
林道区間はトラックの通過多い
2021年10月09日 08:34撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道区間はトラックの通過多い
中央新幹線の識別票をつけてる
2021年10月09日 08:35撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央新幹線の識別票をつけてる
転付峠への標識あり
2021年10月09日 09:20撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転付峠への標識あり
広河原までは旧林道区間
2021年10月09日 09:30撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原までは旧林道区間
河原沿いはテープが目印
2021年10月09日 09:46撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原沿いはテープが目印
八丁峠への登りにある
2021年10月09日 10:01撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠への登りにある
1
河原に下りて沿って進む
2021年10月09日 10:32撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に下りて沿って進む
崩落地点ロープあり
2021年10月09日 10:45撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地点ロープあり
保利沢小屋
2021年10月09日 11:07撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保利沢小屋
左岸を進む
2021年10月09日 11:31撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸を進む
伝付峠取付き
2021年10月09日 11:51撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝付峠取付き
伝付峠すぐ下の水場
水はまあまあ出てます
2021年10月09日 12:57撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝付峠すぐ下の水場
水はまあまあ出てます
1
水場の横の沢もまあまあ出てる
2021年10月09日 12:52撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の横の沢もまあまあ出てる
林道跡を南下します
2021年10月09日 13:22撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道跡を南下します
歩きやすい道
2021年10月09日 14:04撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道
かろうじて見えた紅葉
2021年10月09日 14:46撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて見えた紅葉
トラバース道終点
2021年10月09日 14:51撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道終点
天上小屋山
2021年10月09日 15:07撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天上小屋山
1
南アルプス主脈は雲の中
2021年10月09日 15:15撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス主脈は雲の中
尾根沿いに進みます
2021年10月09日 15:25撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いに進みます
偃松尾山と手前のザレ
2021年10月09日 16:31撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偃松尾山と手前のザレ
1
偃松尾分岐
右を行ったが時間がないので引き返し
2021年10月09日 16:46撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偃松尾分岐
右を行ったが時間がないので引き返し
水場
出てるか未確認
2021年10月09日 16:58撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場
出てるか未確認
1
椹島下降点
2021年10月09日 17:34撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹島下降点
笊ヶ岳山頂
2021年10月09日 18:17撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳山頂
1
早朝の笊ヶ岳
ガスってなにもみえません
2021年10月10日 05:35撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の笊ヶ岳
ガスってなにもみえません
2
布引山へ下ります
2021年10月10日 05:46撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引山へ下ります
所ノ沢越への道
2021年10月10日 06:49撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所ノ沢越への道
布引大崩れ
2021年10月10日 07:02撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引大崩れ
所の沢を西へ望む
2021年10月10日 07:18撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所の沢を西へ望む
小屋跡
破片が大量に散乱
2021年10月10日 07:56撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋跡
破片が大量に散乱
青薙山
青薙山分岐から空身でピストン
2021年10月10日 10:24撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青薙山
青薙山分岐から空身でピストン
2
青薙山分岐
まっすぐ行くと山伏方面
2021年10月10日 10:35撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青薙山分岐
まっすぐ行くと山伏方面
青薙崩れへ向かう
2021年10月10日 10:48撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青薙崩れへ向かう
30mロープでギリギリでした
2021年10月10日 11:36撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30mロープでギリギリでした
4
青薙崩の核心部を越えたところ
2021年10月10日 11:36撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青薙崩の核心部を越えたところ
1
立木頼りの尾根渡り
2021年10月10日 11:55撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立木頼りの尾根渡り
核心部を越えて稜線を行く
2021年10月10日 12:35撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を越えて稜線を行く
イタドリ山
2021年10月10日 13:04撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタドリ山
2
三ノ沢山
ここから西尾根へ
2021年10月10日 15:23撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢山
ここから西尾根へ
登山道がある場所もある
2021年10月10日 16:58撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道がある場所もある
東河内林道に着地
2021年10月10日 17:26撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東河内林道に着地

感想/記録

静岡百山5座(生木割・笊ヶ岳・布引山・青薙山・青笹山)をつなぐ白峰南嶺南部縦走と言ったところでしょうか。うち笊ヶ岳は4年ぶりの再登でしたが、残念ながら今回も展望なし・・・。青薙崩は通過するか迷いましたが、近時いくつかのレコが上がっており、参考にさせて頂きました。

新倉〜伝付峠:
林道区間はリニア工事車両がかなり通るので注意。八丁峠への登りは文字通りの急登で、細い白ザレの通過区間もある。補助ロープ多数。沢沿いの区間はテープに従うので迷うことはないが歩きづらい。伝付峠少し下の水場は生きてました。
伝付峠〜笊ヶ岳:
しばらくは林道跡を、その先は延々とトラバース道を辿る。リボン少なめだが迷うことはない。天上小屋山の手前から尾根を辿るが、この先は無理に巻道を使わなくてもいい感じ。偃松尾山はもし行くなら右でも潅木に引っかかるので空身がオススメ。笊ヶ岳山頂は南10mと北30mあたりでテント張れるが、トレラン勢も早朝に来るので撤収は早めに。
笊ヶ岳〜青薙山:
布引山までは問題なし、そこから老平と分かれてリボンを辿る。リボンはすぐに減るが踏み跡明瞭。稲又山は東側から回り込んで直登するが、その先青薙山分岐までは起伏少ない。青薙山分岐から青薙山までは5〜10分ほど、リボンあり。
青薙山〜青薙崩:
青薙山分岐から東の尾根を下るが、踏み跡不明瞭で外す可能性高い。左(北)側の切れ落ちた稜線に沿って進むといいかも。青薙崩はトラロープのほかに赤い50mロープが残置してあったが、使うかは個人の判断次第。右の岩を越えて向こう側の木に結んであるので、下りで右に振られる可能性高いのと、細尾根が脆いので踏み抜いたときの対策は必要かと。登りで使うのはアリかも?ちなみに自前の30mロープを使って懸垂で降りた結果、長さはギリギリ。
この先にボロボロのナイフリッジ(膝詰めですすむ)と立木頼みの尾根渡り(立木に捕まらないと足が届かない)があり、緊張感抜群。
青薙崩〜三ノ沢山:
青薙崩を過ぎても青笹山まではほぼリボンなし。尾根を慎重に辿る。青笹山からはリボンも増える。三ノ沢山の西尾根は踏み跡はないが尾根は明瞭。ただ下部の尾根がわかりにくい上に踏み跡も不明瞭なので、東河内林道への着地には苦労した。東河内から県道に上がっても携帯は通じない。
(私の場合は県道を白樺荘に向かって歩いているときに運よく白樺荘に泊まる車が拾ってくれました)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:712人

コメント

jamshid6さん、こんにちは。
布引山でお話をさせていただいた者です。
青薙崩れの通過より白樺荘からの長い歩きのほうが核心という印象でしたが、
ピックアップしてもらえたようで何よりでした。

この日は結局、ごぼ下山直前まで雨中の山行となり、お互い残念でしたね。

深南部がお好きとのことですので、またどこかでお会いできると思います。
その際はまたよろしくお願いします。
2021/10/12 12:00
JetUpperさん、こんにちは
当日はお世話になりました。やはり青薙崩の登りはヤバそうですね。下りに取ったのはまだよかったなと思いました。丹沢のバリとか行動エリアに近いものがあるので、またどこかでお目にかかれたらよろしくお願いいたします。
2021/10/12 12:19
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ