また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3690077 全員に公開 トレイルラン 東海

本宮山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年10月30日(土) ~ 2021年10月31日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
15:46
距離
51.6 km
登り
4,149 m
下り
4,130 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6分
休憩
0分
合計
6分
S本宮山登山口23:5423:59宿泊地
2日目
山行
12時間55分
休憩
2時間22分
合計
15時間17分
00:17林道分岐00:1700:35砥鹿神社鳥居00:3500:42砥鹿神社手水舎00:4300:56砥鹿神社奥宮00:5701:04本宮山01:0701:13砥鹿神社奥宮01:1301:21砥鹿神社手水舎01:2101:25砥鹿神社鳥居01:2501:37林道分岐01:3801:52本宮山登山口02:0102:25林道分岐02:2502:45砥鹿神社鳥居02:4502:54砥鹿神社手水舎02:5503:09砥鹿神社奥宮03:1003:19本宮山03:2403:31砥鹿神社奥宮03:3103:39砥鹿神社手水舎03:3903:44砥鹿神社鳥居03:4403:57林道分岐03:5704:16本宮山登山口04:2504:52林道分岐04:5305:16砥鹿神社鳥居05:1705:24砥鹿神社手水舎05:2505:43砥鹿神社奥宮05:4305:54本宮山05:5706:06砥鹿神社奥宮06:0606:12砥鹿神社手水舎06:1306:17砥鹿神社鳥居06:1706:30林道分岐06:3006:52本宮山登山口08:3909:05林道分岐09:0709:28砥鹿神社鳥居09:2809:36砥鹿神社手水舎09:3809:55砥鹿神社奥宮09:5610:13馬の背平10:1310:24一ぜん飯休憩所10:2510:56くらがり渓谷登山口10:5612:21風頭山12:45大日山12:4514:11馬の背平14:1214:40砥鹿神社奥宮14:4014:48砥鹿神社手水舎14:4914:54砥鹿神社鳥居14:5415:12林道分岐15:1215:40本宮山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

思い立ったが吉日。どうにも鈴鹿セブンマウンテン縦走をやりたくなってしまった。しかし、セブンマウンテンには登ったこともなく50KMを走破する自信もない。そこで、登り慣れた本宮山を使って仮想鈴鹿セブンマウンテン縦走をやることに。やる前の懸念が2つ。。影で30KMの距離をこなしたことがない。靴を新調してこれが初着用。大丈夫かなぁと思いつつ心配ばかりしていても進まない。本番では困るが今回は本宮山を複数回ピストンするだけ。調子悪くなったらいつでも止めれると実行を決心。
補食、飲料を準備しいざ本宮山へ。
計画はこう。夜中、0時スタートで本宮山表参道登山口と山頂を3往復。その後は本宮山山頂を経由しくらがり渓谷に降りた後、風頭山登山口から風頭山に登り稜線で本宮山に戻り登山口へ下山。
トータル50KM、累積標高5000Mの仮想鈴鹿セブンマウンテンにピッタリのコースにトライする。
時間が待ちきれず0時少し前にはスタート。仮想藤原岳チャレンジ。前半の山頂3往復は1回2時間が目標。休憩入れて6時半位で完了を目標に自己との闘い。1回目ほぼ2時間、2回目は2時間10分、3回目は2時間25分とズルズルと遅れていく。7時前に終わりちょっと早いが仮想御在所山頂ということで車に戻ってガッツリ補給する。
食事はカツ丼弁当とどん兵衛。3回目終わった直後はキツくて食欲ゼロ状態だったが、食べ始めるとパクパク入る。よっぽどお腹空いているらしい。食後は1時間ほど仮眠。8時20分に起き後半の準備。8時40分過ぎからスタート。一歩一歩が重い。風頭山どころかくらがり渓谷すら無理では?と思いながら身体にムチ打って登山を続ける。その後はいつもの感覚なのかなんとかくらがり渓谷に到着。不思議と止める気持ちは起きず風頭山登山口に向かう。しかし、この辺りからほとんど走れず歩きでの挑戦となる。
雨で岩場で滑りながらも風頭山への急登を制覇!繰り返すアップダウンで心身を削られながら本宮山を目指す。14時過ぎにようやくくらがり林道が見え目の前にNTTの中継所が!馬の背平を登りきれば後は下りだけ!やっと見えた終わりに安堵しつつも身体は重く登れない。いつもの3倍の時間をかけながらなんとか山頂公園に到着。いよいよ後は下りだけとなる。奥宮を通過して下り開始。身体は重いがなんとかステップを踏みながら降りていく。しかし、林道出合を過ぎてから足が動かない。やっぱり歩きモードに移行。タラタラ歩きながら登山口を目指す。新東名を超え残り1KM。精一杯の歩きで登山口へ。鳥居が見える。終わりだ!なんとか仮想鈴鹿セブンマウンテン縦走を完遂することができた。タイムは15時間47分。距離は49KM、累積標高は4433M。数字上は本番もいけそうな結果ではあったが、トレーニングを重ね余裕代の積み上げが必要だなと実感。課題も分かった。飲料は4.6l持ってきたがほとんど空に。今日の雨模様でもギリギリ。天候次第で底をつくのは目に見えてる。御在所で補給することを考慮してももう少し増やす必要があると思った初挑戦だった。
しかし、自分にご褒美だな。お疲れ山。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:135人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ