また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3794661 全員に公開 ハイキング 金剛山・岩湧山

金剛山、大和葛城山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年11月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴(雲なし)
アクセス
利用交通機関
電車バス
・南海河内長野駅8:45発(日曜日)のバスは乗客約50人、新型コロナが沈静化気味とは言え,すし詰めではないがいっぱい。
・新幹線→御堂筋線乗継時間は10分,他の荷物をコインロッカーに預けるのに全行程中最も集中した。「ロッカーコンシェルジュ」で事前検索、優れものだ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:35
距離
17.8 km
登り
1,296 m
下り
1,725 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
1時間5分
合計
5時間36分
S金剛登山口バス停09:2009:29千早城跡09:3009:33千早神社09:3509:53五合目(千早本道)10:07八合目(千早本道)10:13九合目(千早本道)10:1410:18転法輪寺10:2710:30金剛山10:3110:35一の鳥居10:3610:41湧出岳10:4210:47郵便道分岐11:04朝原寺道分岐11:0511:09旧パノラマ台11:1011:17カヤンボ11:1811:38水越峠11:4912:35パラグライダー広場12:3812:50大和葛城山13:2013:39ダイトレ・北尾根分岐13:4013:59北尾根道の展望ベンチ14:0014:13葛城登山口駅14:55近鉄御所駅14:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・金剛登山口〜千早神社〜金剛山は傾斜の強い石段、木段が続き無駄のない登り。両脇斜面(スロープ)を使って一歩の高さを低く刻むと筋肉の疲れをしのげる。
・金剛山〜大和葛城山のダイヤモンドトレイルはすごくよく整備されている。ここも階段が登りだと辛い。
・北尾根は下半分は風化した花崗岩の道が雨で深く掘れている場所が多い。
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 下着上下 靴下 グローブ(インナー カバー 予備) ダウンジャケット 雨具(上) 薄手オーバーズボン 帽子 ヘッドバンド ネックゲーター ハイキングシューズ ザック 行動食(レーズンロール6個) エネルギーゼリー2個 非常食(蜂蜜・梅干し 魚肉ソーセージ アミノバイタル顆粒) 飲料(ポカリ2倍希釈1.8リットル) 地図(地形図) 山と高原地図 コンパス ヘッドランプ 予備乾電池 モバイルバッテリー GPS 筆記用具 常備薬 ティッシュペーパー 保険証 山岳保険証 携帯 時計(高度計) タオル マスク 除菌ゼリー お金
備考 帽子はフリースは不要(行動すると頭が蒸れる),寒ければヘッドバンドでいい。

写真

千早神社の石段 金剛登山口バス停のすぐ先
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早神社の石段 金剛登山口バス停のすぐ先
車道からいきなり急な石段だ。 金剛登山口では沢山の乗客が降りたがこっちは比較的少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道からいきなり急な石段だ。 金剛登山口では沢山の乗客が降りたがこっちは比較的少ない。
と思ったら、下りてくる人が次から次へと続く。やはりすごい山だ。千早城趾の広場に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、下りてくる人が次から次へと続く。やはりすごい山だ。千早城趾の広場に着いた。
こんな所を通過して,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所を通過して,
立派な千早城址の碑 楠木正成のこともあってぜひここを通りたかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な千早城址の碑 楠木正成のこともあってぜひここを通りたかった。
千早神社 参拝しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早神社 参拝しました。
金剛山山頂広場 「えー、50回もか、すげー!」と思っていたら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山山頂広場 「えー、50回もか、すげー!」と思っていたら、
すぐ先には,ヒョエー200回以上の人が・・・こんなにいるとは,驚きだ😲??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ先には,ヒョエー200回以上の人が・・・こんなにいるとは,驚きだ😲??
転法輪寺の受付、売店? 山頂広場には沢山の登山者、集団登山してる野球少年のグループもいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺の受付、売店? 山頂広場には沢山の登山者、集団登山してる野球少年のグループもいた。
気温1℃ 止まって休むと手が痛くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温1℃ 止まって休むと手が痛くなる。
しばらく登ると葛木神社 この後方が金剛山の最高地点みたいだが,神域で入れなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると葛木神社 この後方が金剛山の最高地点みたいだが,神域で入れなかった。
湧出岳のピークは何かの施設の脇にある。一ノ鳥居(木製)(ロープウェイ、ダイトレの分岐)からちょっと行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧出岳のピークは何かの施設の脇にある。一ノ鳥居(木製)(ロープウェイ、ダイトレの分岐)からちょっと行く。
これが一等三角点かあ。やっぱりタッチしとかないと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが一等三角点かあ。やっぱりタッチしとかないと。
一ノ鳥居に戻ってダイトレへ。すごくよく整備されてる。快適に下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ鳥居に戻ってダイトレへ。すごくよく整備されてる。快適に下る。
所々にこの標識が、いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々にこの標識が、いい感じ。
旧パノラマ台から奈良盆地が見えた。ここまでは杉の植林地内で陰鬱なイメージなので気分が晴れ晴れする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧パノラマ台から奈良盆地が見えた。ここまでは杉の植林地内で陰鬱なイメージなので気分が晴れ晴れする。
沢を渡ってガンドガコバ林道へ コンクリート舗装やダートが繰り返す。次々とすれ違う人、緩やかな坂とは言え登りをジョグで行く人も何人か。それも私より年配と見受ける人もいて,自分はまだ甘いと感じながら,「頑張らないと」と勇気付けられる。が,無理をして体を痛めないようにするのも大事かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ってガンドガコバ林道へ コンクリート舗装やダートが繰り返す。次々とすれ違う人、緩やかな坂とは言え登りをジョグで行く人も何人か。それも私より年配と見受ける人もいて,自分はまだ甘いと感じながら,「頑張らないと」と勇気付けられる。が,無理をして体を痛めないようにするのも大事かな。
1
林道の標高600m地点で北東側の景色が見える。ここは尾根が沢で分断されて沢が下流に向かって二俣になってる。珍しくて面白い地形だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の標高600m地点で北東側の景色が見える。ここは尾根が沢で分断されて沢が下流に向かって二俣になってる。珍しくて面白い地形だ。
水越峠が近づいてくると大和葛城山の西の斜面が見えだす。高そうだな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠が近づいてくると大和葛城山の西の斜面が見えだす。高そうだな。
紅葉🍁の斜面が見えた。ずっと針葉樹の薄暗い中を通って来たので新鮮な印象がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉🍁の斜面が見えた。ずっと針葉樹の薄暗い中を通って来たので新鮮な印象がする。
2
水越峠の車止め。車道に「大阪府」のウィンドブレーカーを着た人がアンケート調査をしていた。もらったティッシュペーパーに「ダイヤモンドトレール活性化実行委員会」とあった。休憩してこのお兄さんといろいろ話した。「最高によく整備されてますね。感心します。」と言ったら「我々はまだまだ課題が沢山あると思ってるんですよ。」と。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠の車止め。車道に「大阪府」のウィンドブレーカーを着た人がアンケート調査をしていた。もらったティッシュペーパーに「ダイヤモンドトレール活性化実行委員会」とあった。休憩してこのお兄さんといろいろ話した。「最高によく整備されてますね。感心します。」と言ったら「我々はまだまだ課題が沢山あると思ってるんですよ。」と。
急な登り(階段)を登って大和葛城山のピーク近くへ。幸せの鐘があった。水越峠で出会った地元の旦那さんって感じの方と中間地点辺りから一緒に山の会話を楽しみながら登った。遠くの山の解説やパラグライダーの離陸地の案内をしてもらった。元気な方だった。金剛山に一日で何度も登る人や登頂のスタンプを押してもらう話など新鮮に思える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登り(階段)を登って大和葛城山のピーク近くへ。幸せの鐘があった。水越峠で出会った地元の旦那さんって感じの方と中間地点辺りから一緒に山の会話を楽しみながら登った。遠くの山の解説やパラグライダーの離陸地の案内をしてもらった。元気な方だった。金剛山に一日で何度も登る人や登頂のスタンプを押してもらう話など新鮮に思える。
小高い丘に来るとすぐ向こうに頂上の標識が見えた。ピークでは多くの人が撮影したり昼食をとったりして賑わっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い丘に来るとすぐ向こうに頂上の標識が見えた。ピークでは多くの人が撮影したり昼食をとったりして賑わっていた。
ここで12:51、ダイトレを二上神社駅まで行くにはちょっと遅かったか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで12:51、ダイトレを二上神社駅まで行くにはちょっと遅かったか。
2
東の奈良盆地と山の展望図があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の奈良盆地と山の展望図があった。
大和三山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和三山が見える。
大阪湾方向 六甲山も見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪湾方向 六甲山も見えた。
金剛山は逆光でよく見えない。もう先に進まないんで久々に長居した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山は逆光でよく見えない。もう先に進まないんで久々に長居した。
ピーク下に白樺食堂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク下に白樺食堂。
この白樺食堂の右隣にトイレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この白樺食堂の右隣にトイレ
北尾根への分岐。左がダイヤモンドトレール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根への分岐。左がダイヤモンドトレール
いい感じの落ち葉の道が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの落ち葉の道が
この登山道は多くの場所が侵食されて溝になってる。ここは土のうで補強されてるが、これからもどんどん削られていくんだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登山道は多くの場所が侵食されて溝になってる。ここは土のうで補強されてるが、これからもどんどん削られていくんだろうな。
大雨の時は大変なんだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雨の時は大変なんだろうな。
道が修復されていてありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が修復されていてありがたい。
大方下りてきて展望地から南東側が開ける。ベンチもあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大方下りてきて展望地から南東側が開ける。ベンチもあった。
尾根から下りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から下りた。
登山道出入口に猪避けのゲートが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道出入口に猪避けのゲートが
ゲートの近くにロープウェイ駅があった。まだちょっと物足りない感じで,バスには乗らず近鉄御所駅まで歩こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの近くにロープウェイ駅があった。まだちょっと物足りない感じで,バスには乗らず近鉄御所駅まで歩こう。
この車道は初め頃眺めがよくて奈良盆地を見下ろしながら下るので気持ちがいい。右の畝傍山,中央の耳成山が少し大きく見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この車道は初め頃眺めがよくて奈良盆地を見下ろしながら下るので気持ちがいい。右の畝傍山,中央の耳成山が少し大きく見えてきた。
柿の実が成ったまま。こういうのが猪や猿を寄せることになるんだよね。我が家の地方でも食べないんで収穫しない家が増えてきた。我が家は実を残さないようにしている。調べたら五條市の金剛山の斜面は柿の一大産地だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柿の実が成ったまま。こういうのが猪や猿を寄せることになるんだよね。我が家の地方でも食べないんで収穫しない家が増えてきた。我が家は実を残さないようにしている。調べたら五條市の金剛山の斜面は柿の一大産地だった。
リトルリーグの試合をやっていたり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リトルリーグの試合をやっていたり、
住宅の紅葉が一番見事だったりする。住宅街を通り抜けるが、庭木の見事なお宅が多くて驚いた。全体的に枝ぶりの水準が高い感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の紅葉が一番見事だったりする。住宅街を通り抜けるが、庭木の見事なお宅が多くて驚いた。全体的に枝ぶりの水準が高い感じ。
「クジラ」と読むのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「クジラ」と読むのか。
あきらめて下りたので早く終わったけど、階段の多さには少々疲れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あきらめて下りたので早く終わったけど、階段の多さには少々疲れました。

感想/記録
by Hrsg

福山から始発電車で金剛山へ。新幹線から御堂筋線への乗継時間は10分,山以外の荷物をコインロッカーに預けないとこの山行は成立しない。この旅の全行程中最も集中した瞬間だった。

バスは9:13金剛登山口着。千早城趾経由で金剛山、大和葛城山をたどり、あわよくばダイヤモンドトレールを北にたどって二上神社駅までを考えたが、大和葛城山12:50着。私の脚では16時台の日没を過ぎるので、近鉄御所駅に下山した。

金剛山は信仰を感じさせられる歴史の山らしく、さすが200名山という感じ。大和葛城山は頂上からの展望が最高で、東西南北の眺めがいい。登山道はよく整備されていたが、階段がとにかく多い。腿に負荷がかかる。いいトレーニング道ととらえると最高かも。植生が金剛山側は針葉樹の植林地の中で薄暗い中を歩くのが残念だがこれも一興か。

大和葛城山の北尾根は真砂土で侵食で道が掘れている部分が多かったが、よく手入れがされていて感謝。私は好きなタイプで気持ちよくジョグして下りた。

(番外)ちょっと物足りないので登山口から近鉄御所駅まで歩いた。道すがら庭木が見事な家が次々と。標識で櫛羅の読みがクジラと知る。さすが古都、地名も住民も違うわと感心。
途中抜いていったトレランのお兄さんと電車が一緒だったんで予約したホテルの新大阪駅まで山談義をしながら帰った。楽しく、ありがとうございました。
彼は10時頃二上山駅からダイトレを南まで行く予定を切り上げて下りてきた。すごいが、彼によるとダイトレは迷いやすい分岐もあるそうで、日が暮れて行かなくてよかったと思った。

不慣れな地ながら交通機関で日帰りできたので今回は大満足。トレランのお兄さんに教えてもらい改めて地図を見ると確かに近畿地方は近場にいい山が沢山。広島県から自動車で長距離運転せずに行けるんならこれからも計画してみるかと,また楽しみが増えた。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:99人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ