また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3820165 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

日高東尾根(丹沢山地)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年12月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き 秦野駅
帰り 渋沢駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:16
距離
40.9 km
登り
2,378 m
下り
2,287 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
31分
合計
6時間17分
Sスタート地点07:1007:45蓑毛08:10菜ノ花台08:1208:32ヤビツ峠08:41富士見橋08:46青山荘08:50諸戸山林事務所08:58地獄沢橋09:04札掛吊橋09:1009:12新家09:1410:03天王寺橋10:0510:21キュウハ沢10:2611:16寿岳11:21ソリ出シ11:35日高11:3611:51尊仏山荘11:52塔ノ岳11:5712:03金冷シ12:10花立山荘12:18天神尾根分岐12:24堀山の家12:2512:28堀山12:2912:32駒止茶屋12:37一本松12:42見晴茶屋12:4812:49雑事場ノ平12:55観音茶屋13:02丹沢クリステル13:03どんぐり山荘13:27渋沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇秦野駅〜札掛橋
坂トレ
〇札掛橋〜長尾尾根分岐〜本谷橋
長尾尾根分岐路までに崩落個所が1か所。ロープが張ってあるおかげでそのまま通行できる状態にあるが、危険なことに変わりはないため、山歩きが不慣れな人の通行は推奨しない。
長尾尾根分岐路以降は、木橋が破損している箇所が1か所。最初の崩落個所よりは通過しやすいが、多少の注意は必要。本谷橋手前で道が荒れ始めるが、テープが貼ってあるため、それをトレースすると比較的楽に下ることができる。
〇本谷林道
土砂が崩れている箇所が何か所かあるが、通行に関しては特に問題なし。
〇日高東尾根
尾根の取り付きからつづら折りの踏み代があるため、基本的にそれを辿っていけば尾根道に辿り着く。テープが少しあるが、踏み代を頼った方が良い。急登パートでもつづら折りの踏み代があるため、思ったより登り易い。寿岳以降は踏み代が薄くなるが、よく見れば踏み代が確認できる。尾根上を通過する際にアザミの棘が若干鬱陶しい。途中で展望が良い所が1か所ある。
〇日高〜塔ノ岳
積雪とぬかるみだらけ。
〇塔ノ岳〜大倉〜渋沢駅
特になし
過去天気図(気象庁) 2021年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ 携帯トイレ

写真

先週に引き続き、ここから本格登山。
2021年12月11日 09:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に引き続き、ここから本格登山。
1
先週に引き続きピーナッツパンの給食タイム。
2021年12月11日 09:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週に引き続きピーナッツパンの給食タイム。
1
噂の崩落現場。高巻きする気満々でしたが、ロープがあったので、ありがたく使わせて頂きました。それでも多少緊張しました。
2021年12月11日 09:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の崩落現場。高巻きする気満々でしたが、ロープがあったので、ありがたく使わせて頂きました。それでも多少緊張しました。
2
反対側から見た光景。
2021年12月11日 09:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側から見た光景。
崩落パート2ですが、ここは迂回路がありました。
2021年12月11日 09:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落パート2ですが、ここは迂回路がありました。
1
長尾尾根分岐。長尾尾根はまだ踏破していないので、暇な時に踏破しておきたいところ。
2021年12月11日 09:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾尾根分岐。長尾尾根はまだ踏破していないので、暇な時に踏破しておきたいところ。
ここから大洞橋方面に行けるらしい。
2021年12月11日 09:44撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから大洞橋方面に行けるらしい。
最初ここに来た時は、ここが噂の崩壊箇所と思っていました。
2021年12月11日 09:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初ここに来た時は、ここが噂の崩壊箇所と思っていました。
多分ここが噂の崩壊箇所。下に足場があるため、下に下って再び上がるだけですが、足元が落葉なので多少注意。
2021年12月11日 09:49撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分ここが噂の崩壊箇所。下に足場があるため、下に下って再び上がるだけですが、足元が落葉なので多少注意。
1
逆サイドから見た光景。こちらからの方が壊れっぷりがよく分かります。
2021年12月11日 09:50撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆サイドから見た光景。こちらからの方が壊れっぷりがよく分かります。
2
沢に接近すると赤テープがこれでもかというくらいに貼ってあります。
2021年12月11日 09:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に接近すると赤テープがこれでもかというくらいに貼ってあります。
赤テープを辿っていくと下に人工道が見えてきます。
2021年12月11日 10:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープを辿っていくと下に人工道が見えてきます。
本谷橋。
2021年12月11日 10:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋。
本谷橋の橋板が霜で覆われていました。こういうのが何気に滑り易い。
2021年12月11日 10:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋の橋板が霜で覆われていました。こういうのが何気に滑り易い。
1
今回は行かない天王寺尾根。ここも未踏ルート。
2021年12月11日 10:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は行かない天王寺尾根。ここも未踏ルート。
おそらく鹿の骨。
2021年12月11日 10:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく鹿の骨。
1
本谷林道最大の土砂崩れ。
2021年12月11日 10:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷林道最大の土砂崩れ。
2
道半分に相当する岩。
2021年12月11日 10:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道半分に相当する岩。
1
日高東尾根入口。3時間余りかけてようやく目標ルートに辿りつきました。
2021年12月11日 10:22撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高東尾根入口。3時間余りかけてようやく目標ルートに辿りつきました。
1
序盤から踏み代があったので、それを辿るとつづら折りでどんどん登らせてくれました。途中で申し訳程度の赤テープを発見。
2021年12月11日 10:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤から踏み代があったので、それを辿るとつづら折りでどんどん登らせてくれました。途中で申し訳程度の赤テープを発見。
前半は比較的歩き易い尾根。
2021年12月11日 10:30撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半は比較的歩き易い尾根。
急登パート。この斜度を直登するのは結構しんどいな〜と思っていたら、つづら折りの踏み代があったので、上手く活用させてもらう。
2021年12月11日 10:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登パート。この斜度を直登するのは結構しんどいな〜と思っていたら、つづら折りの踏み代があったので、上手く活用させてもらう。
途中から草木が多くなってきます。
2021年12月11日 10:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から草木が多くなってきます。
寿岳。何が書いてあるのか分からない木製の看板が目印。周囲は木に覆われているため、景観はほとんどなし。
2021年12月11日 11:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寿岳。何が書いてあるのか分からない木製の看板が目印。周囲は木に覆われているため、景観はほとんどなし。
1
表丹沢の縦走路が見えました。
2021年12月11日 11:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢の縦走路が見えました。
1
この尾根のビュースポットはおそらくここだけ。
2021年12月11日 11:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根のビュースポットはおそらくここだけ。
3
振り返ると良い感じに景色が見えました。
2021年12月11日 11:30撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると良い感じに景色が見えました。
2
終盤で雪が出現。
2021年12月11日 11:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤で雪が出現。
ようやく見覚えのある景色が見えてくる。
2021年12月11日 11:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく見覚えのある景色が見えてくる。
1
丹沢主稜に合流。
2021年12月11日 11:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢主稜に合流。
1
この後、丹沢山へ向かう予定でしたが、この積雪状況に加え、スパイク類を持っていないのと靴のスペックを考えて撤収することにしました。雪は怖い怖い・・・
2021年12月11日 11:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、丹沢山へ向かう予定でしたが、この積雪状況に加え、スパイク類を持っていないのと靴のスペックを考えて撤収することにしました。雪は怖い怖い・・・
1
こういうぬかるみの方がまだ良かった・・・
2021年12月11日 11:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうぬかるみの方がまだ良かった・・・
富士山。
2021年12月11日 11:41撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
1
日陰の部分がやはり積雪が残っていました。
2021年12月11日 11:50撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰の部分がやはり積雪が残っていました。
2
ハイウェイコースの大倉尾根で下山。
2021年12月11日 12:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイウェイコースの大倉尾根で下山。
1

感想/記録
by Tatsu0

今回は丹沢の日高東尾根を踏破してきました。日高東尾根自体は基本的に体力勝負の尾根だったので、尾根入口に至るまでの道中(崩壊路等々)の方が比較的緊張しました。丹沢山から先の栂立尾根も合わせて踏破する予定でしたが、雪が思った以上に積雪していたため、安全みて撤退。丹沢山地の標高が高いところは季節的になかなか攻略しづらくなってきたので、比較的低山の山域を中心に踏破してきます。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:306人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ