また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3906078 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山テント泊(夜叉神〜薬師・観音・地蔵)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年01月08日(土) ~ 2022年01月10日(月)
メンバー
 huu
, その他メンバー1人
天候3日間通して晴天、2日目のみ強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜叉神駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)
GPS
18:04
距離
25.9 km
登り
2,454 m
下り
2,444 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間9分
休憩
24分
合計
6時間33分
S夜叉神峠登山口07:4909:09夜叉神峠09:13夜叉神峠小屋09:1811:06杖立峠11:2212:38火事場跡12:3913:50苺平13:5214:22南御室小屋
2日目
山行
6時間56分
休憩
30分
合計
7時間26分
南御室小屋07:1908:27砂払岳08:33薬師岳小屋08:55薬師岳09:1010:02鳳凰山10:21鳳凰小屋分岐11:19アカヌケ沢の頭11:37地蔵ヶ岳11:4212:03アカヌケ沢の頭12:47鳳凰小屋分岐12:4813:17鳳凰山13:2413:48薬師岳14:05薬師岳小屋14:14砂払岳14:1614:45南御室小屋
3日目
山行
3時間34分
休憩
25分
合計
3時間59分
南御室小屋07:1307:52苺平07:5808:20火事場跡08:55杖立峠09:0910:15夜叉神峠小屋10:2010:23夜叉神峠11:12夜叉神峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・往路は南御室小屋までノーアイゼン、地蔵岳までワカン不使用。路上の凍結があるため下山時には夜叉神登山口近くまでアイゼン使用。
・入山時に山梨県警から注意喚起された通り、2日目の稜線上は北西からの強風。地蔵岳へは赤抜ノ頭を踏まずにトラバースした。ラッセルは膝上程度。
・テント場は両日とも15〜20張、30人程度。
・薬師岳から先は誰とも行き交わなかった。薬師岳ピストンが多かった様子。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

樹林帯の中の凍結した登山道をジグザグに登ること1時間20分、急に空が近くなった。夜叉神峠。
2022年01月08日 09:15撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中の凍結した登山道をジグザグに登ること1時間20分、急に空が近くなった。夜叉神峠。
杖立峠・苺平を越えて南御室小屋のテント場まで標高差1200m、水・ソロテント含めザックの重量は30圈今日は体力勝負の1日。
2022年01月08日 13:50撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杖立峠・苺平を越えて南御室小屋のテント場まで標高差1200m、水・ソロテント含めザックの重量は30圈今日は体力勝負の1日。
翌朝7時、気温-6℃・晴天。
2022年01月09日 06:57撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝7時、気温-6℃・晴天。
のっけから急登だったけど、装備は軽いし木漏れ日が気持ち良い。
2022年01月09日 07:26撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけから急登だったけど、装備は軽いし木漏れ日が気持ち良い。
薬師岳山頂から、左手に白根三山、正面右手に八ヶ岳、その奥に浅間連峰を一望。
2022年01月09日 09:06撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂から、左手に白根三山、正面右手に八ヶ岳、その奥に浅間連峰を一望。
振り向くと、雲海に裾を長く引く富士山の秀麗な姿が。
2022年01月09日 09:07撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと、雲海に裾を長く引く富士山の秀麗な姿が。
二峰目、鳳凰三山の最高峰・観音岳を目指す。稜線を吹き抜ける強風で積雪は少なく、岩と雪のミックス状。
2022年01月09日 09:14撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二峰目、鳳凰三山の最高峰・観音岳を目指す。稜線を吹き抜ける強風で積雪は少なく、岩と雪のミックス状。
薬師岳を振り返る。
2022年01月09日 09:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳を振り返る。
観音岳山頂から、甲斐駒の大パノラマ。
2022年01月09日 09:59撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳山頂から、甲斐駒の大パノラマ。
三峰目の地蔵岳へ。北西からの強風で、赤抜沢ノ頭は踏まずにトラバースを選択した。ラッセルは膝上程度。安定した晴天下、雪崩の心配もなく、強風と地形だけを考慮に入れてルート開拓の勉強。後続の男性陣2人、頑張れ〜!
2022年01月09日 11:13撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰目の地蔵岳へ。北西からの強風で、赤抜沢ノ頭は踏まずにトラバースを選択した。ラッセルは膝上程度。安定した晴天下、雪崩の心配もなく、強風と地形だけを考慮に入れてルート開拓の勉強。後続の男性陣2人、頑張れ〜!
目算通りに山頂標識のある賽ノ河原に出て、オベリスクを見上げながら思わず歓声。出発から4時間と良いペース。
2022年01月09日 11:20撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目算通りに山頂標識のある賽ノ河原に出て、オベリスクを見上げながら思わず歓声。出発から4時間と良いペース。
オベリスク基部まで登り、登頂を味わって戻ることに。
2022年01月09日 11:36撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスク基部まで登り、登頂を味わって戻ることに。
帰りは赤抜沢ノ頭経由で慎重に。強風ながら安定した晴天下、7時間半弱で帰着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは赤抜沢ノ頭経由で慎重に。強風ながら安定した晴天下、7時間半弱で帰着。
最終日、快晴無風の樹林帯をスノーハイクの気楽な気分で気持ちよく下る。
2022年01月10日 07:17撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、快晴無風の樹林帯をスノーハイクの気楽な気分で気持ちよく下る。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:456人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ