また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3933200 全員に公開 雪山ハイキング 中国山地西部

雪の深入山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:46
距離
3.2 km
登り
348 m
下り
332 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間48分
休憩
33分
合計
3時間21分
S深入山グリーンシャワー管理棟12:1214:04深入山 百畳岩14:0614:21深入山14:5114:58深入山 百畳岩15:26深入山グリーンシャワー管理棟15:2715:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

北側の駐車場への入口に車を停めた(駐車場には雪のため車で上がれません)。
2022年01月21日 11:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の駐車場への入口に車を停めた(駐車場には雪のため車で上がれません)。
3
さあ出発。雪がでてきたところでスノーシュー。
2022年01月21日 11:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ出発。雪がでてきたところでスノーシュー。
6
真っ白な深入山。だけどよく見るとススキが少し出ている。
2022年01月21日 11:59撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な深入山。だけどよく見るとススキが少し出ている。
4
忘れ物をして再度出発。
2022年01月21日 12:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忘れ物をして再度出発。
雲っているけどその雲を楽しむのもいいかなあ。
2022年01月21日 12:11撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲っているけどその雲を楽しむのもいいかなあ。
4
南登山口に着いた。
2022年01月21日 12:15撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南登山口に着いた。
6
スキーのトレースがあり沿って浅い谷沿いに登っていく。
2022年01月21日 12:20撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーのトレースがあり沿って浅い谷沿いに登っていく。
5
スキーのトレースはそのまま谷を詰めていっているのでトレースを離れて右の尾根上へ。トレースはないのでちょっとだけだけどラッセル(というほどでもないかな)。
2022年01月21日 12:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーのトレースはそのまま谷を詰めていっているのでトレースを離れて右の尾根上へ。トレースはないのでちょっとだけだけどラッセル(というほどでもないかな)。
3
素敵な感じ。
2022年01月21日 12:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な感じ。
4
木の影が雪面に淡く映っている。
2022年01月21日 12:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の影が雪面に淡く映っている。
1
左手に避難小屋が見えてきた。
2022年01月21日 12:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に避難小屋が見えてきた。
3
振り返ると恐羅漢山。
2022年01月21日 12:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると恐羅漢山。
2
野鳥がついてきた。
2022年01月21日 13:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥がついてきた。
8
二羽で遊んでいた。
2022年01月21日 13:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二羽で遊んでいた。
6
だいぶん登ってきたのかなあ。
2022年01月21日 13:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶん登ってきたのかなあ。
振り返ったところ。
2022年01月21日 13:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。
4
いつのまにか登山道の上を歩いていたみたい。
2022年01月21日 13:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつのまにか登山道の上を歩いていたみたい。
2
どこだろう。あとで調べよう。
2022年01月21日 13:18撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこだろう。あとで調べよう。
3
雪面をじっくり見てみると面白い。
2022年01月21日 13:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面をじっくり見てみると面白い。
1
アイスクリーム見たいな。
2022年01月21日 13:22撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスクリーム見たいな。
2
車を置いたところが見えている。
2022年01月21日 13:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を置いたところが見えている。
1
十方山と恐羅漢山
2022年01月21日 13:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十方山と恐羅漢山
4
男性二人が下りてきている。楽しそう。
2022年01月21日 13:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男性二人が下りてきている。楽しそう。
2
山頂あたりが見えてきた。
2022年01月21日 13:41撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂あたりが見えてきた。
2
右手に岩がでてきた。
2022年01月21日 13:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に岩がでてきた。
3
鞍部にある道標が見えてきた。
2022年01月21日 13:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部にある道標が見えてきた。
左の岩が雪化粧。
2022年01月21日 14:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の岩が雪化粧。
3
右上に大岩。
2022年01月21日 14:05撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上に大岩。
1
やっと道標までやってきた。あと300mだ。
2022年01月21日 14:11撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと道標までやってきた。あと300mだ。
4
東登山口からの踏み跡と合流して登っていく。
2022年01月21日 14:19撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東登山口からの踏み跡と合流して登っていく。
2
山頂に着いた。誰もいない。
2022年01月21日 14:24撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着いた。誰もいない。
8
霧氷が少しついている。
2022年01月21日 14:25撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が少しついている。
4
臥竜山(刈尾山)アップ。
2022年01月21日 14:25撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臥竜山(刈尾山)アップ。
6
臥竜山(刈尾山)
2022年01月21日 14:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臥竜山(刈尾山)
2
山頂近くにある避難小屋。
2022年01月21日 14:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くにある避難小屋。
2
聖湖。全面結氷はしていない。
2022年01月21日 14:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖湖。全面結氷はしていない。
2
高岳は山頂ですぐわかる。雪の季節に登ってみたい。
2022年01月21日 14:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高岳は山頂ですぐわかる。雪の季節に登ってみたい。
2
シャッタースピードを上げると雪煙がつぶつぶに。
2022年01月21日 14:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャッタースピードを上げると雪煙がつぶつぶに。
3
大箒山(左奥は龍頭山)
2022年01月21日 14:53撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大箒山(左奥は龍頭山)
2
登ってきたトレースを下りていく。これは野鳥かな。
2022年01月21日 15:10撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたトレースを下りていく。これは野鳥かな。
2
雪玉が転がりできた模様。
2022年01月21日 15:18撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪玉が転がりできた模様。
3
南登山口まで戻ってきた。青空が少し見える。明日はいい天気になりそう。
2022年01月21日 15:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南登山口まで戻ってきた。青空が少し見える。明日はいい天気になりそう。
1
まで戻ってきた。今日も満足。登りたかった雪の深入山に今年も登ることができた🎵。
2022年01月21日 15:35撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まで戻ってきた。今日も満足。登りたかった雪の深入山に今年も登ることができた🎵。
2

感想/記録
by ohkamo

今日は平日休み。週末人が多
そうなところへ行ってみよう
かと思っていたけど朝起きた
ら予想してよりもどんより。
深入山かそのお隣の高岳、県
民の森から出雲峠経由で烏帽
子山・・それとも沿岸の山?
と考えていたら遅くなってし
まった。

あれこれ考えるも結局一番候
補の深入山に登ることにした。
平日だと車を停めるスペー
スはあるだろう。10時前に東
広島を出発して高速道経由で
11時25分深入山への駐車場に
着いた。車は停まってない。
遅い時間だからかなあと思っ
たけどトレースはスキー一人
分のみ。道路は虫木トンネル
をすぎてから圧雪状態のとこ
ろが多くなったけれども全然
問題なかった。

11時45分、出発するもストッ
クを車に忘れて引き返す。ス
ノーシューにストックは必須
だろう。除雪部分が終わった
ところでスノーシューを装着
した。深入山の方から声がす
るので見ると二人が尾根の上
を登っている。東登山口から
のようだ。ところが数分登っ
たところでレンズキャップが
ないことに気づいてザックを
デポして車に引き返すも・・
ない。ポッシェットの奥に隠
れていた・・。こちらから登
る人はかなり少ないみたい。
以前何度か雪の時に登った時
にも少なかったような。右手
に融けて少しいびつになって
しまった雪だるまがある。

12時15分、南登山口の木の道
標が出てきた。ここから登っ
ていく。スキーのトレースに
沿って登る。トレースは一人
分ではなくて2,3人のようだ。
なだらかな谷を登っている。
このまま登ると谷を詰めそ
うなので右の尾根が近づいた
ところで右へ。ここからはノ
ートレース。スノーシューを
していても少し沈む。少しが
繰り返されると意外と?キツ
イ。でもノントレースの雪面
はとてもきれいだ。晴れてた
らなあと思うのは欲張り。毎
回毎回晴れるなんてまあそん
なことはない。右手の木を見
るとヤドリギがたくさんつい
ている。振り返ると恐羅漢山
と十方山が見えている。

12時50分、左手を見ると避難
小屋がめいている。どんより
した天気で粉雪が時々舞って
いる。どんよりした雲も味方
によっては面白い。標高が高
くなってくると風がでてきた。
尾根に雪紋ができている。
この前の池の段ほどではない
けど面白い。13時、野鳥が鳴
いている。というか付きまと
っているのか?見ると二羽が
左の木の枝にとまっている。
付いてきていたけど少しした
ら飛んで行った。尾根の上を
登っていく。左側はススキが
でている。左に見えている避
難小屋が低くなってきた。恐
羅漢山の方を見ると雪が降っ
ているようだ。右の尾根を見
ると男性二人が下りている。
背景と雪面で高度感が出てい
て面白い。いつの間にか登山
道を歩いているみたい。

13時45分登山道が右へカーブ
して尾根上を登っている。下
山の時にまっすぐ下りると尾
根の右の谷へ下りてしまいそ
う。左の尾根を見ると雪化粧
をした大きな岩が見えている。
尾根の右手に木が寄り添っ
た大岩がある。13時55分、お
椀を伏せたような山頂部やそ
の右手に道標が見えている。
あの道標までいくとあともう
少しだ。

14時05分、右手にさきほどの
より大きな岩がでてきた。名
前はあるのかなあ。このあた
りで東登山口からのトレース
と合流した。14時10分、道標
に着いた。あと300mとある。
もうちょっと。粉雪が舞っ
ている。それほど強くはない
けど風もあるので時々雪煙が
舞う。トレースがあると浅い
ラッセルでもしなくていいの
でだいぶん違う。

14時25分、山頂に着いた。誰
もいない。臥龍山(刈尾山)
に霧氷が咲いているかなあと
見てみたけど以前見たような
真っ白けの霧氷はないみたい。
聖湖も見える。全面結氷に
はなっていない。その左手上
に高岳が見えている。山頂が
刈られているので白くなって
いるので良くわかる。北東斜
面を見ると小さな霧氷ができ
ている。もっともっと冷え込
んで雲がかからないと大きな
のはできないのだろう。山頂
の西側で遅い昼食タイム。い
つものご飯とカレーヌードル。
温度計を見ると0度。この
季節としては高いのでは。

14時50分、下山を開始。登っ
てきたトレースを下りていく。
15時、道標まで下りてきた。
雪面に野鳥の足跡かな。小
さな足跡が続いている。歩い
たときに転がった雪玉の跡も
面白い。できた雪玉によって
いろんな跡ができている。15
時半に南登山口まで下りてき
た。そこから右へ進んで15時
35分に車まで戻ってきた。振
り返ると深入山の上に青空が
少し見えてきている。久しぶ
りに地図とコンパスで場所等
を確認しながら歩いてみて面
白かった。曇り空だけど久し
ぶりの雪の深入山を楽しむこ
とができた。

15時40分に車で出発して戸河
内インターには16時10分、自
宅には17時05分に着いた。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:262人

コメント

こんにちは。

雪山好きさがそこかしこに滲み出ていますね〜(^_-)

大箒山の撮影、ありがとうございます。昨年初めて登った山なのでうれしいです。そこからも枝間から深入山が近くに見えました。深入山からは今までは意識しない山塊でしたが次回登るときが楽しみです。

龍頭山の位置関係も〜 v(´▽`*)
2022/1/22 10:13
kabefuji33さん,こんにちは。
おっしゃられる通り雪山は大好きです🎵。
レポートにでていますか嬉しいです😊。
ありがとうございます<m(__)m>。

寝転がって雪紋を眺めたり遠くの雪を抱いた山並みを眺めたり🎵。
非日常的な世界に入ることができるのも魅力を感じているところなのだと
思います。
日常があってこその非日常なのだと思います。日常を大切にしながら
楽しんでいきたいです🎵。

58/62の写真、手前のかっこいい山が気になってパソコンで調べたら
大箒山でした。よくみると左に山頂が雪原になった山があって
調べたら龍頭山でした。眺めている時は白木山なのかなあと
思っていたのですが違っていました。

曇り時々雪でもたくさん楽しむことができて満足満足でした🎵。
2022/1/22 20:44
ohkamoさん、こんばん和😁
いつも描写が素晴らしいですね(*‘ω‘ *)
kabefujiさんみたいですが(笑)、先週楽しかった#48 高岳に見入りました✨

やはり自分の足で登った山は思い入れが湧きます🎵
高岳から眺めた深入山の河童頭も風情がありました✨

大箒山といい。。山々の繋がりを感じました☺️
2022/1/22 18:56
YoshioEnnaさん、こんばん🐶(ワン)。
ありがとうございます<m(__)m>。
先週高岳登られていましたね。数年前、雪の高岳をアタックして取り付きからして間違ってしまって(恥ずかしい・・)撃沈したことがあります。

1月15日、私がご一緒したことのある老猿さん達(若者二人と登っておられました)にも会われたのではないでしょうか。

高岳からの聖湖の向こうにどんと構える深入山かっこいいですね。鷹ノ巣山から真っ白な深入山が見えると嬉しくなります。広島市内の火山からも見えますね(冬には真っ白❕)。冬に大山、三瓶山とならんで見つけると嬉しくなる山です。

おっしゃられる通り、自分の足で登った山は思い入れが湧きますね。
登った山を見つけると同じ山を何度も登ることが多いのでいろんな思いでが浮かんできます🎵。
2022/1/22 20:58
後でYAMAPで確認🔎
老猿さんは下山後で、あとに残った翔猿さん他1名だったようです😁

えだっち さんとも良きご縁でした(感謝)🙏
2022/1/22 21:11
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ