また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3937032 全員に公開 雪山ハイキング 丹沢

大倉尾尾根経由、塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳縦走ピストン

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大倉バス停の道路挟んで反対側
最大料金1日800円でした。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:48
距離
25.0 km
登り
2,225 m
下り
2,223 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
57分
合計
10時間27分
S大倉バス停05:4705:50大倉山の家05:5106:09観音茶屋06:1006:23雑事場ノ平06:2306:27見晴茶屋06:2806:42一本松06:4206:57駒止茶屋06:5707:06堀山07:0607:12堀山の家07:1707:35天神尾根分岐07:3507:55花立山荘07:5508:04花立08:0408:08金冷シ08:0908:27塔ノ岳08:2908:30尊仏山荘08:3008:50日高08:5009:00竜ヶ馬場休憩所09:0109:04竜ヶ馬場09:0509:21丹沢山09:3209:32みやま山荘09:32丹沢山09:3209:45早戸川乗越09:4509:56箒杉沢ノ頭09:5610:01不動ノ峰休憩所10:0110:07不動ノ峰10:0710:17棚沢ノ頭10:1710:28鬼ヶ岩ノ頭10:2810:35鬼ヶ岩10:3610:41中ノ沢乗越10:4110:55蛭ヶ岳山荘10:59蛭ヶ岳11:2411:24蛭ヶ岳山荘11:2511:36中ノ沢乗越11:3711:43鬼ヶ岩11:4411:47鬼ヶ岩ノ頭11:4711:58棚沢ノ頭11:5812:07不動ノ峰12:0712:12不動ノ峰休憩所12:1212:22早戸川乗越12:2312:41丹沢山12:4912:49みやま山荘12:51丹沢山12:5313:07竜ヶ馬場13:0713:21日高13:2113:45尊仏山荘13:59塔ノ岳13:5914:12金冷シ14:1214:17花立14:1714:24花立山荘14:2414:45天神尾根分岐14:4514:59堀山の家15:0415:12堀山15:1215:20駒止茶屋15:2015:34一本松15:3515:50見晴茶屋15:5015:53雑事場ノ平15:5416:08観音茶屋16:0916:26丹沢クリステル16:2616:30どんぐり山荘16:3116:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

写真

大倉バス停スタート
2022年01月22日 05:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停スタート
1
明るくなってきた
2022年01月22日 06:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた
2
見晴茶屋
2022年01月22日 06:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴茶屋
駒止茶屋
2022年01月22日 06:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒止茶屋
堀山の家
2022年01月22日 07:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家
見えなくなる前に撮っておく
2022年01月22日 07:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えなくなる前に撮っておく
3
花立山荘
前回来た時は水が足りなくなってここで購入したなぁ。
2022年01月22日 07:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘
前回来た時は水が足りなくなってここで購入したなぁ。
9年ぶりに再開
2022年01月22日 08:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9年ぶりに再開
3
初丹沢山❤️
2022年01月22日 09:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初丹沢山❤️
2
まだ早いので数人しかいなかった
2022年01月22日 09:24撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ早いので数人しかいなかった
ようやく最終目的地の蛭ヶ岳山頂が見えてきた
2022年01月22日 10:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく最終目的地の蛭ヶ岳山頂が見えてきた
3
ひるカレーが有名。寒くてカップラーメンはやめてひるカレーに変更、山頂行った後でね。
2022年01月22日 10:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひるカレーが有名。寒くてカップラーメンはやめてひるカレーに変更、山頂行った後でね。
2
ここも人がまばら。みなさん何時にスタートしたんだろう。
2022年01月22日 11:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも人がまばら。みなさん何時にスタートしたんだろう。
初蛭ヶ岳、やっとこれた❤️
2022年01月22日 11:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初蛭ヶ岳、やっとこれた❤️
6
らっきょうと福神漬けは好きなだけ
2022年01月22日 11:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らっきょうと福神漬けは好きなだけ
2
塔ノ岳に戻ってきて富士山なんとか見えた
2022年01月22日 13:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に戻ってきて富士山なんとか見えた
4
雲の真下が蛭ヶ岳
遠かったなぁ
2022年01月22日 13:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の真下が蛭ヶ岳
遠かったなぁ
4

感想/記録

今回の目的は
1.初大倉尾根(登り)
2.初丹沢山
3.初蛭ヶ岳
4.行けたら鍋割山も
と欲張ってみました。
 電車とバスですと時間的に厳しいので車で行くことにし、大倉バス停すぐそばの駐車場に停めて日の出前の05:45スタート。
 大倉尾根はひたすら登りでしたが、最近自主トレやってるのが効いているのか、スピードはともかく写真撮る以外は休憩なしで塔ノ岳まで登り切りました。登山始めた頃は大倉尾根くらいの登りが続くと途中からは10段も登ったら休むようなレベルでしたのでそれからすれば体力、持久力ついたかな??
でも実は下りのトラブルは登りで調子乗ったのが原因かも。
 塔ノ岳山頂には1組とトレラン1人のみ。
風も強く寒いので記念写真だけ撮って丹沢山に向かう。若干登り返しがあるのね。北側斜面は木道に雪が半分くらい。アイゼンなしで行けるところまでと思ってましたが、結局使わずに蛭ヶ岳までいけました。
 丹沢山に着いても相変わらず風が吹いていて寒い。行動食食べようと素手でおにぎりを食べてすぐに出発。ところが厳冬期用の2重の手袋にも関わらず指先が痛い。これって凍傷になる兆候と事前に予習してあったので手袋の中で指をグーにして揉んだりして温めてましたがすぐまた痛くなる。
 もう少し歩いても痛いままだったら中止して下山しようと思い進んでいると、日が差してきてだんだんと復活。あとホカロン持ってたんだ、今度痛くなったらホカロン手袋に入れてみよう。。
ということで、そのまま様子を見つつ続行することにしました。太陽はありがたい。風は天敵、熱奪われるとよく聞きますが今回その意味が体感してよく分かりました。
 そうこうしながら蛭ヶ岳目指すも次が山頂かと何回も騙されてようやく山頂に到着。
 何人か先行者がいましたがこの方達は何時に出たんだろう。
山頂でカップラーメンと思ってましたが、寒いし蛭ヶ岳山荘が営業していたので、名物のひるカレー食べることにしました。
 さて最終目的地にも来たのであとは帰るだけ。塔ノ岳まで戻って元気があったら鍋割山に行ってみようと思いつつ出発。
 ところが下り始めて丹沢山くらいまで戻ってきた頃から左の股関節が動くたびに違和感がある。登り返しはそうでもないが、下りが痛い。
塔ノ岳からずっと下りだし無事に下山する事を目標にして鍋割山は行くのをやめた。
 ゆっくりと下り始めたが、大倉まで残り3kmくらいで大きな段差を下るのがさらに辛くなり、あと少しと言い聞かせながら、一歩一歩ゆっくり歩いてなんとか無事下山できました。追い抜いたのは数名、追い抜かれたのは多分50人くらい?
まあトラブルだから仕方ないですね。
無事安全に下山できたので良しです。

帰宅後ヤマレコデータみてたら累積標高2200m越え。日帰りで2000m越えは初めてかも。
ようはハードな山行だったですね。

今回冬の登山で色々勉強できました。
1.手袋を外すのは必要最低限にする。
2.汗で濡れた時用に予備を用意する。(これは常識ですよね。)
3.ハイドーレーションは当たり前だが気温がマイナスなら凍る。
4.下りで股関節が痛くなってしまったので、調べて何かトレーニングする?
5.体重をもう少し落とす。
総括
冬山(冬でなくても)は判断間違えると本当に危ない。ムリは禁物。←当然かと思いますが、実際に今回ヒャリとするだけで済んだ良い経験ができました。


お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:311人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ