また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3942940 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

西岳・編笠山:ジビエと言ったら鹿に睨まれた

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見高原ゴルフコース、登山者用駐車場:無料。広いため余裕で駐められます。
トイレは有りませんが、少し先の工事現場事務所の仮設トイレが一般開放されていて使用できます。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:41
距離
12.5 km
登り
1,311 m
下り
1,302 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
1時間35分
合計
8時間38分
S富士見高原リゾート駐車場07:1507:45五叉路分岐07:4607:53不動清水07:5409:13林道出合09:1410:41西岳11:2112:15乙女の水12:1612:26青年小屋12:3113:11編笠山13:4915:05臼久保岩小屋15:24盃流し15:3115:36五叉路分岐15:3715:53富士見高原リゾート駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から積雪は有りましたが、この日はトレースは完全に付いており快適でした。
降雪直後は西岳〜青年小屋間はラッセル&ルーファイが大変だと思います。

西岳の標高2100m位から西岳山頂まではチェーンスパイク、その後編笠山下山途中まで12本爪アイゼン、その後はツボ足。ピッケルを使う場所は有りませんでした。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック チェーンスパイク ピッケル

写真

富士見高原ゴルフコース駐車場。
登山者用に一部が開放されてます。
2022年01月22日 07:14撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見高原ゴルフコース駐車場。
登山者用に一部が開放されてます。
駐車場からは甲斐駒や鋸岳がバッチリ。
2022年01月22日 07:14撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からは甲斐駒や鋸岳がバッチリ。
工事現場の仮設トイレが使用できます。
2022年01月22日 07:26撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場の仮設トイレが使用できます。
林道ゲート
2022年01月22日 07:27撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲート
登山口。
雪はまだチラホラ。
2022年01月22日 07:29撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
雪はまだチラホラ。
編笠山との分岐「五叉路」です。
今日はまず西岳に向かいます。
2022年01月22日 07:46撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山との分岐「五叉路」です。
今日はまず西岳に向かいます。
不動清水到着。
2022年01月22日 07:53撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動清水到着。
長命水はまだ出てました。
2022年01月22日 07:53撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長命水はまだ出てました。
1
良い感じの林の中を登って行きます。
2022年01月22日 08:52撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じの林の中を登って行きます。
頂上手前の「小広場」です。
ここまで視界は殆ど有りません。
2022年01月22日 09:54撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前の「小広場」です。
ここまで視界は殆ど有りません。
頂上直下で視界が広がります。
編笠山と富士山。
2022年01月22日 10:27撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下で視界が広がります。
編笠山と富士山。
2
西岳山頂。
八ヶ岳ブルー全開です。
2022年01月22日 10:47撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳山頂。
八ヶ岳ブルー全開です。
3
西岳からの展望。
御嶽山と中央アルプス。
2022年01月22日 10:47撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳からの展望。
御嶽山と中央アルプス。
2
西岳からの展望。
南アルプス。
2022年01月22日 10:47撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳からの展望。
南アルプス。
1
西岳からの展望。
富士山と編笠山。
2022年01月22日 10:47撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳からの展望。
富士山と編笠山。
2
いつ見てもかっこいいギボシ・権現岳。
2022年01月22日 10:48撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見てもかっこいいギボシ・権現岳。
2
山頂にて。
撮って頂きました。
2022年01月22日 10:52撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にて。
撮って頂きました。
2
どうしようか迷ったのですが、時間も早いので編笠山に向かいます。
この区間は積雪が多いですね。
2022年01月22日 11:31撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしようか迷ったのですが、時間も早いので編笠山に向かいます。
この区間は積雪が多いですね。
1
グッと近づいた権現・ギボシ。
2022年01月22日 11:42撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グッと近づいた権現・ギボシ。
2
何度でも撮りたくなる景色です。
2022年01月22日 11:45撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度でも撮りたくなる景色です。
乙女の水(青年小屋水場)は当然出てません。
2022年01月22日 12:16撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女の水(青年小屋水場)は当然出てません。
1
水場から見る西岳。
2022年01月22日 12:17撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場から見る西岳。
青年小屋到着。
2022年01月22日 12:25撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋到着。
2
「遠い飲み屋」は閉店です。
2022年01月22日 12:26撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「遠い飲み屋」は閉店です。
青年小屋から見る権現岳。
権現小屋もよく見えますね。
2022年01月22日 12:27撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋から見る権現岳。
権現小屋もよく見えますね。
1
編笠山に向かいます。
歩きにくい大岩帯も雪に覆われ楽々です。
2022年01月22日 12:31撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山に向かいます。
歩きにくい大岩帯も雪に覆われ楽々です。
1
振り返って青年小屋と権現岳。
2022年01月22日 12:39撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って青年小屋と権現岳。
1
正月に撤退した権現岳直下の地点がよく見えます。
本当にあと少しでした。
2022年01月22日 12:39撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正月に撤退した権現岳直下の地点がよく見えます。
本当にあと少しでした。
編笠山山頂。
八ヶ岳の主立った山がすべて見えますね。
2022年01月22日 13:12撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山山頂。
八ヶ岳の主立った山がすべて見えますね。
2
富士山が立派です。
2022年01月22日 13:14撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が立派です。
1
南アルプス。北岳、甲斐駒、仙丈。
2022年01月22日 13:14撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。北岳、甲斐駒、仙丈。
1
中央アルプス。木曽駒、宝剣、檜尾、空木。
2022年01月22日 13:14撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。木曽駒、宝剣、檜尾、空木。
1
御嶽山。
2022年01月22日 13:15撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山。
1
諏訪湖の先に北アルプス、槍・穂高。
2022年01月22日 13:15撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖の先に北アルプス、槍・穂高。
1
霧ヶ峰の先に広がるのは北アルプス、鹿島槍や立山・剣、白馬岳。
2022年01月22日 13:15撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ヶ峰の先に広がるのは北アルプス、鹿島槍や立山・剣、白馬岳。
2
大展望を楽しみながら下山します。
2022年01月22日 13:49撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大展望を楽しみながら下山します。
下山途中、鹿!異常に近い!逃げない!
2022年01月22日 15:01撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、鹿!異常に近い!逃げない!
5
思わずジビエ!と言ったら睨まれました。
2022年01月22日 15:02撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わずジビエ!と言ったら睨まれました。
4
朝通った「五叉路」に一周して戻ってきました。
2022年01月22日 15:36撮影 by SC-52B, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝通った「五叉路」に一周して戻ってきました。
1

感想/記録



お正月の権現岳撤退以降山に行けてなかったので快晴予報のこの日を利用して八ヶ岳に雪山ハイキングに行ってきました。
目的地は色々迷ったのですが、赤岳や天狗岳等の人気所は混むかと思い、空いてそうな西岳にしました。
西岳まで登って天気や体調が良かったら編笠山を周回して戻るプランです。
朝7時前に駐車場に着くと予報通り快晴!気温もマイナス7℃程とこの時期にしては暖かい方。快適な一日が約束された様です。
登り初めから少しの積雪が有り2100m迄登るとしっかり積雪が有りましたが、トレースはバッチリ付いておりチェーンスパイクとストックで楽々登れました。
山頂からは予想通りの大展望、真冬なのに北アルプスの山々もはっきり見えました。
山頂でも風は殆どなく、冬山とは思えない穏やかさでのんびりランチが出来ました。
大展望を楽しみながらのランチで満足してしまったので、このまま降りても良いかな?と思ったのですが、時間も早いし体調も良さそうなので、編笠山を回って帰ることにしました。(計画書は編笠山周回で提出済)
西岳から青年小屋間は積雪の多い所、ここで念の為12本爪のアイゼンに履き替えて出発しました。
予想通り積雪は多かったですが、しっかりしたトレースが付いていたため、この区間も難なく通過出来ました。
青年小屋から編笠山は最初の大岩地帯が歩き難いのですが、この日は良い感じに積雪が有り楽々登ることが出来ました。
振り返ると権現岳・ギボシが立派でこの正月に撤退した場所も確認でき、本当にあと少しだったと、今更ながら悔しがりました。
編笠山山頂は多少の風が有ったものの、午後になっても雲が出ることはなく大展望が広がっていました。
ここまで登ると赤岳・阿弥陀岳や天狗岳から蓼科山等八ヶ岳の主だった山が全て見えます。もちろん北・中央・南アルプスも良く見えました。
西岳で下山せずにここまで来て正解でした。
下山は山頂直下の大岩地帯を抜ければ樹林帯の快適な道。
積雪で岩や木の根が埋まっているため夏より快適に降りられました。
登山口近くまで降りて来た時、目の前に鹿が2匹出現、それも手を伸ばせば届く位の近さでした。
鹿は相当増えている様であちこちの山で見かけますが、こんなに近いのは初めてでビックリしました。
ただツノのある立派な雄鹿ではなく、可愛い顔した丸々と太ったちょっと成長した子鹿みたいだったので助かりました。
鹿は全くこちらに興味がない様子で食事中でしたが、ジビエだな!と言ったら突然顔を上げて睨まれてしまいました(笑)
快晴の一日八ヶ岳ブルーに包まれ楽しい一日でした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:234人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ