また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 39521 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/四十八瀬川水系 水沢

日程 2009年05月20日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(最高の沢日和)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

西山林道/一ノ沢横断点先11:47
11:49黒龍ノ滝入口
11:54黒龍ノ滝(一ノ沢F1)
12:10四十八瀬川本流3m釜滝(右岸へつり巻き)
12:30水沢出合
12:40一番目の林道
13:02二番目の林道
13:122段5m滝
13:21標高630m二俣(右俣4段10m滝へ)
13:50標高700m奥ノ二俣(左俣へ)
13:57炭焼跡(径路と案内板あり)14:10
14:30柵を跨ぐ木製階段(崩壊のため進入禁止案内板あり)
14:33笹地の森
14:43上の林道
14:53下の林道
14:56芝生の広場駐車場15:10
15:15黒龍ノ滝
15:20西山林道
コース状況/
危険箇所等
■四十八瀬川/水沢
  ・遡行グレード:1級
  ・アプローチは芝生の広場駐車場(6台駐車可。トイレあり)から
   車止めゲートを通過し林道で行くのが早いが、
   それだと水沢出合から林道の間のおもしろい部分を割愛してしまう。
   西山林道の一ン沢付近の路肩に邪魔にならないよう置いて
   黒龍ノ滝を見物してから行くか
   芝生の広場から一旦四十八瀬川に降りて
   四十八瀬川本流を少し遡行してから行った方がおもしろいと思う。
   ただし四十八瀬川本流の中に3mの釜を抱えた滝があり
   左側を巻きながらへつるのは少々バランスが必要。
   ここには古いリングボルトとスリングが残置してあった。
  ・水沢は水量比1:10で合わさり、最初のゴルジュ内には5段10m滝が
   ある。内訳は1.5+1+1+2+4mで、最後の4m滝は左壁を登り落ち口に
   トラバースした。部分的に脆いので注意。
  ・最初の林道前後は人工の護岸ナメ?状で固められている。
  ・上の林道を越えると木製の堰堤が4個続くが、いずれも左右に手すりあり。
  ・標高630m二俣は右俣へ。すぐに4段10m(3+3+2+2m)、3m、4mナメ、
   2m、4m滝と連続する。どれもフリーで越えられたが、部分的に脆いので
   注意が必要。(卦蘢度)
  ・標高700m奥の二俣は水量のある左俣へ行くと、左から5m滝が落ちている。
   卦蘢度で登れる。
  ・次の2m滝を越せば、古い登山道が横切り、炭釜跡の案内板があるところで
   遡行終了。あとは笹地の森方向にしばらく山腹を径路に沿って進むが
   沢状のところはザレていて要注意。保全センターの案内板には進入禁止と
   掲出されている。
  ・芝生の広場方面へ登山道を下り、四十八瀬川本流にかかる木製の橋を渡れば
   西山林道まで一投足だ。
  ・ルート中、ヤマビル忌避剤を足回りにかけておいたので、1匹しか見なかった。

ご注意)当ルートはバリエーションであり、沢登り技術、読図技術をマスターし、
    装備も万全を配している方向きです。
    一般登山のみの方はご遠慮いただき、同様のルートを行こうとする場合は
    ベテランと同行されるとか、必要な技術を講習等でマスターして下さい。
ファイル 20090520mizusawa.xls (更新時刻:2009/05/20 01:26)
過去天気図(気象庁) 2009年05月の天気図 [pdf]

写真

水沢遡行図
2009年05月20日 16:57撮影 by CanoScan 8400F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢遡行図
西山林道を発
2009年05月20日 11:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山林道を発
ここから黒龍ノ滝目指して四十八瀬川本流に降りる
2009年05月20日 11:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから黒龍ノ滝目指して四十八瀬川本流に降りる
黒龍ノ滝近くにある東屋
2009年05月20日 11:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒龍ノ滝近くにある東屋
一ノ沢のF1でもある黒龍ノ滝10m
2009年05月20日 11:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢のF1でもある黒龍ノ滝10m
四十八瀬川本流をまずは遡行する
2009年05月20日 12:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十八瀬川本流をまずは遡行する
ゴルジュっぽくなってきた
2009年05月20日 12:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュっぽくなってきた
少しで3mの釜滝
左側から一段登り落ち口へのへつりがやや微妙
落ち口手前に古い残置あり
2009年05月20日 12:09撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しで3mの釜滝
左側から一段登り落ち口へのへつりがやや微妙
落ち口手前に古い残置あり
落ち口に向かいへつっている最中
2009年05月20日 12:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口に向かいへつっている最中
3m釜滝の上には堰堤
左側から巻く
2009年05月20日 12:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3m釜滝の上には堰堤
左側から巻く
水沢出合
2009年05月20日 12:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢出合
水沢に入ると5段10m滝
2009年05月20日 12:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢に入ると5段10m滝
5段10m滝
2009年05月20日 12:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5段10m滝
人工のナメ滝(笑)
2009年05月20日 12:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人工のナメ滝(笑)
下の林道に出る
2009年05月20日 12:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の林道に出る
下の林道上部には2m、1m、1m滝と続く
2009年05月20日 12:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の林道上部には2m、1m、1m滝と続く
堰堤
右から高巻く
2009年05月20日 13:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤
右から高巻く
上の林道に出る
2009年05月20日 13:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の林道に出る
上の林道には東屋があった
2009年05月20日 13:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の林道には東屋があった
また沢に戻ると木製の堰堤が4個続く
いずれも左右に手すりがあったので使わせてもらった
2009年05月20日 13:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また沢に戻ると木製の堰堤が4個続く
いずれも左右に手すりがあったので使わせてもらった
治山堰堤
2009年05月20日 13:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治山堰堤
木製堰堤の次にある2段5m滝は階段状
2009年05月20日 13:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製堰堤の次にある2段5m滝は階段状
標高630m二俣
左俣は涸沢
右俣へ行く
2009年05月20日 13:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高630m二俣
左俣は涸沢
右俣へ行く
右俣は4段10m滝
2009年05月20日 13:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣は4段10m滝
標高630m二俣
2009年05月20日 13:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高630m二俣
4段10m滝の上は3m滝
2009年05月20日 13:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4段10m滝の上は3m滝
その上の4mナメ滝
2009年05月20日 13:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の4mナメ滝
5月の谷は緑が美しい
2009年05月20日 13:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5月の谷は緑が美しい
4m滝
ここは頑張って直登した
2009年05月20日 13:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝
ここは頑張って直登した
標高700m奥の二俣を左へ入ると
5m滝が左から落ちていた
2009年05月20日 13:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高700m奥の二俣を左へ入ると
5m滝が左から落ちていた
午後の陽に神々しさを感じた
2009年05月20日 13:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の陽に神々しさを感じた
最後の2m滝を登れば
2009年05月20日 13:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の2m滝を登れば
炭焼き跡の古い径路に飛び出す
2009年05月20日 13:57撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き跡の古い径路に飛び出す
径路
部分的に沢が横切る箇所はザレている
2009年05月20日 14:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
径路
部分的に沢が横切る箇所はザレている
山ツツジ
2009年05月20日 14:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ツツジ
柵を跨ぐ梯子
2009年05月20日 14:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵を跨ぐ梯子
そこには進入禁止の案内が
2009年05月20日 14:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこには進入禁止の案内が
あとはひたすら芝生の広場を目指して下降
2009年05月20日 14:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはひたすら芝生の広場を目指して下降
笹地の森
ここはミヤマクマザサだ
2009年05月20日 14:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹地の森
ここはミヤマクマザサだ
植生保護柵ゲートを潜り
2009年05月20日 14:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生保護柵ゲートを潜り
上の林道へ
2009年05月20日 14:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の林道へ
下降路案内板
2009年05月20日 14:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降路案内板
さらに植林帯の踏み跡を下り
2009年05月20日 14:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに植林帯の踏み跡を下り
下の林道へ出る
2009年05月20日 14:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の林道へ出る
芝生の広場の車止めゲート
2009年05月20日 14:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝生の広場の車止めゲート
芝生の広場駐車場
2009年05月20日 14:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝生の広場駐車場
駐車場前から四十八瀬川へ降りる
2009年05月20日 14:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場前から四十八瀬川へ降りる
芝生の広場のトイレ
2009年05月20日 14:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝生の広場のトイレ
紙はないよ
2009年05月20日 14:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紙はないよ
四十八瀬川へ戻る
2009年05月20日 15:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十八瀬川へ戻る
西山林道着
2009年05月20日 15:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山林道着

感想/記録
by kamog

久しぶりに講習でも仕事でもないフリーな日。
夏日の予報とあって四十八瀬川の支流、水沢へ行ってみる。
四十八瀬川は今まで、代表的な勘七ノ沢、小草平ノ沢、ミズヒ沢、
四十八瀬川本沢、一ノ沢を遡行したので
あとは下流域の水沢と井戸沢くらいか。

治山用堰堤が軒を並べてはいるが
小滝が連続していて、ほとんど登れるので
期待していた以上に満足した。
夏日にふさわしいちょっとしたシャワークライミングも楽しめた。

標高750mで地図にはない古い登山道が横切っており
炭窯跡と書かれた標識で遡行を終了できる。

結構おもしろかったのは
アプローチに使った四十八瀬川本流(下流部)だ。
ゴルジュの中に釜を持った3m滝があり
なかなかバランス力を要した。
これで四十八瀬川下流域の遡行も楽しみになった。

芝生の広場の駐車場でモーター音。
何やら懐かしい音に誘われてみると
モーターパラグライダーのユニット(エンジンとプロペラ)を回しながら
調整されている方と出会った。
ウインド・ヒル今泉のエリア管理人である増田さん。
自分もこの数年はフライトしていないが
以前は年に何回もナショナルポイント大会に出場していた身。
パラ談義に花が咲く。
訪問者数:3473人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ