また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4262363 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

鍋尻山から高室山へ縦走周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月05日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:09
距離
13.9 km
登り
1,551 m
下り
1,551 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
1時間38分
合計
9時間7分
S妛原08:1109:36ダケノ峠09:3810:04鍋尻山10:2610:43フクジュソウ自生地10:52鍋尻山分岐10:57地蔵峠11:0011:01鍋尻山駐車地11:0411:26地蔵山 本峰11:3212:44ザラノ取り付き点12:54高室山13:4013:44ザラノ取り付き点14:18ザラノ14:2715:46鍋尻山駐車地15:51鍋尻山分岐15:5216:06フクジュソウ自生地16:1116:23鍋尻山16:2416:38ダケノ峠17:17妛原17:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★山女原から鍋尻山へのルートのうち、岳の地蔵からダケノ峠までの間が不鮮明です。地形図を確認しながら進む必要があります。
★ザラノ〜アサハギ谷〜保月集落跡のルートは、登山道はなく、ルートファインディングが必要です。
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

山女原集落の外れにある駐車地(スペース)から、権現谷に架かる鉄製の橋を渡ると登山口(廃屋があります)です。
2022年05月05日 08:10撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山女原集落の外れにある駐車地(スペース)から、権現谷に架かる鉄製の橋を渡ると登山口(廃屋があります)です。
最初は急登ですが、登山道ははっきりとしています、
2022年05月05日 08:26撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は急登ですが、登山道ははっきりとしています、
大杉の根元に小さな石の地蔵様が祀ってあります(岳の地蔵)。
2022年05月05日 08:59撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉の根元に小さな石の地蔵様が祀ってあります(岳の地蔵)。
岳の地蔵を過ぎると植林帯の中に入り、急登になって、ルートが不鮮明になります。テープも所々ありますが、当てになりませんので、地形図を確認しながらダケノ峠をめざします。
2022年05月05日 09:06撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳の地蔵を過ぎると植林帯の中に入り、急登になって、ルートが不鮮明になります。テープも所々ありますが、当てになりませんので、地形図を確認しながらダケノ峠をめざします。
ダケノ峠は広々とした明るい場所ですが、展望がありません。
2022年05月05日 09:35撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケノ峠は広々とした明るい場所ですが、展望がありません。
途中で霊仙山が見えるところがあります。
2022年05月05日 09:48撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で霊仙山が見えるところがあります。
鍋尻山山頂に到着しました。山名プレートは壊れています。三等三角点があります。
2022年05月05日 10:09撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋尻山山頂に到着しました。山名プレートは壊れています。三等三角点があります。
鍋尻山山頂は眺望はありませんが、広場になっています。
2022年05月05日 10:25撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋尻山山頂は眺望はありませんが、広場になっています。
鍋尻山山頂の南側の展望地です。烏帽子岳、三国岳、焼尾山、頭陀ヶ原(鉄塔)、御池岳、鈴ヶ岳、茶野、釈迦ヶ岳、天狗堂、御在所岳、イブネ、雨乞岳、綿向山、日本コバと右から左へと並んでいます。
2022年05月05日 10:29撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋尻山山頂の南側の展望地です。烏帽子岳、三国岳、焼尾山、頭陀ヶ原(鉄塔)、御池岳、鈴ヶ岳、茶野、釈迦ヶ岳、天狗堂、御在所岳、イブネ、雨乞岳、綿向山、日本コバと右から左へと並んでいます。
保月の鍋尻山登山口です。登山届のBOXがあります。
2022年05月05日 10:54撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月の鍋尻山登山口です。登山届のBOXがあります。
保月にあった脇ヶ畑小学校跡地です。
2022年05月05日 10:55撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月にあった脇ヶ畑小学校跡地です。
これは八幡神社です。境内は、元住民によってきれいに整備されているようです。
2022年05月05日 10:56撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは八幡神社です。境内は、元住民によってきれいに整備されているようです。
タクシーが呼べるようです(近江タクシー)。
2022年05月05日 10:59撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーが呼べるようです(近江タクシー)。
地蔵山(本峰)757mには大きな山名プレートがありました。
2022年05月05日 11:27撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵山(本峰)757mには大きな山名プレートがありました。
送電線の鉄塔が立っているところは伐採されていて見晴らしがよくなっています。
2022年05月05日 12:03撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔が立っているところは伐採されていて見晴らしがよくなっています。
P735は眺望はありません。
2022年05月05日 12:21撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P735は眺望はありません。
P777は東側の眺望があります。
2022年05月05日 12:40撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P777は東側の眺望があります。
P777から下る途中で高室山の姿が見えています。
2022年05月05日 12:42撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P777から下る途中で高室山の姿が見えています。
高室山山頂は360度広がっている展望地で、北側には霊仙山がデンと鎮座し、その左奥に伊吹山が見えます。右側には幾里山とソノドの稜線が続いている。手前には登ってきた鍋尻山と、これから登るザラノがある。
2022年05月05日 13:32撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高室山山頂は360度広がっている展望地で、北側には霊仙山がデンと鎮座し、その左奥に伊吹山が見えます。右側には幾里山とソノドの稜線が続いている。手前には登ってきた鍋尻山と、これから登るザラノがある。
烏帽子岳、三国岳、焼尾山、御池岳、鈴ヶ岳などが並んでいます。
2022年05月05日 12:54撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳、三国岳、焼尾山、御池岳、鈴ヶ岳などが並んでいます。
広角レンズでとらえた眺望です。
2022年05月05日 12:58撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広角レンズでとらえた眺望です。
1
高室山から再びP777に向かって下っていくところです。
2022年05月05日 13:37撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高室山から再びP777に向かって下っていくところです。
再びP777に戻ってきました。
2022年05月05日 13:49撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びP777に戻ってきました。
ザラノに到着しました。
2022年05月05日 14:21撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラノに到着しました。
ザラノに新しい山名プレートが取り付けられました。
2022年05月05日 14:20撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラノに新しい山名プレートが取り付けられました。
P765には眺望はありません。
2022年05月05日 14:53撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P765には眺望はありません。
アサハギ谷に着地しました。
2022年05月05日 15:17撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサハギ谷に着地しました。
保月集落跡にある照西寺です。
2022年05月05日 15:39撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月集落跡にある照西寺です。
鐘楼もあるようです。屋根が修理中でしょうか。
2022年05月05日 15:40撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘楼もあるようです。屋根が修理中でしょうか。
鍋尻山山頂の南側まで戻ってきました。
2022年05月05日 16:16撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋尻山山頂の南側まで戻ってきました。
鍋尻山山頂に戻ってきました。
2022年05月05日 16:23撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋尻山山頂に戻ってきました。
鍋尻山からダケノ峠に下る途中で霊仙山が大きく見えるところがありました。
2022年05月05日 16:25撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋尻山からダケノ峠に下る途中で霊仙山が大きく見えるところがありました。
大きく広がる展望です。これが今日の見納めになりました。
2022年05月05日 16:26撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく広がる展望です。これが今日の見納めになりました。
山女原登山口まで戻ってきました。お疲れ様でした。
2022年05月05日 17:17撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山女原登山口まで戻ってきました。お疲れ様でした。

感想/記録

<プロローグ>
 鈴鹿北部には、霊仙山を除くと800m前後の低山が並んでいて、その中でも鍋尻山(838m)と高室山(818m)は有名である。前者は展望こそないが、春には福寿草が咲き、後者は360度パノラマの展望地である。これまで、鍋尻山には保月から、高室山には佐目から登ったころがあるが、今回は鍋尻山の北側にある山女原登山口から鍋尻山に登り、一旦保月に下りた後、再び尾根に取り付いて地蔵山に登り、尾根沿いに高室山まで歩く。帰りは、未踏のザラノ(808m)というピークを踏み、一旦アサハギ谷に下り、尾根を越えて保月に戻り、再び鍋尻山を越えて山女原に戻るというプランを立ててみた。

<山女原〜鍋尻山>
 山女(妛)原は「あけんばら」と読むそうである。そういえば鈴鹿南部の安楽越の西側にも同じ名前の集落があることを思い出した。数軒の家屋が途切れたところに数台が駐車できる空き地があり、ここに車を駐車させてもらった。権現谷に架かる小さな鉄製の橋を渡ると登山口である。取り付きは直ぐにわかるが、いきなりの急登が始まる。ジグザグを切って登っていくが、道ははっきりとしている。宮前分岐からは傾斜は緩やかになる。やがて杉の巨木はあるところにやってくると、その根元に小さな地蔵様が祀ってあった。ここを過ぎると植林帯の中に入っていくが、やがて再び急登になる。ここから道が不鮮明になり、所々にテープがあるものの、あまり当てにならず、地形図を見ながらダケノ峠をめざして登っていく。ダケノ峠は開けたところで陽当たりがよいものの、展望はない。ダケノ峠からは尾根伝いに鍋尻山山頂をめざすが、予想以上に傾斜が急で、しかも地面が粘土質になっていて滑りやすい。地面には滑った跡がいくつも見られる。何度も滑りながらも、何とか山頂に到達した。山頂は小さな広場になっていたが、ここは展望がなく、少し南側に行ったところに展望地がある。

<鍋尻山〜保月集落跡>
 鍋尻山南側の展望地からは、東南から南方向への展望が広がっている。烏帽子岳、三国岳、焼尾山、頭陀ヶ原(鉄塔)、御池岳、鈴ヶ岳、茶野、釈迦ヶ岳、天狗堂、御在所岳、イブネ、雨乞岳、綿向山、日本コバと右から左へと並んでいる。ひとしきり展望を楽しんだ後は保月(ほうづき)に下る。ここは登山道が整備されているところで、最初は石灰岩の岩場の中を下るが、すぐに傾斜が緩やかになってくる。山頂から30分ほどで保月集落に着いた。ここは、旧脇ヶ畑村の中心集落であったが、2005年に廃村となった。しかし、現在でも元住民が時々戻ってきては家屋等の手入れをしていることから、それほど荒れ果ててはいない。今日も数人の人々が集まって歓談したり作業したりする姿が見られた。

<保月集落跡〜高室山>
 保月集落の南側にある堰堤の右側から尾根に取り付き地蔵山(757m)をめざした。ところが、取り付いた尾根は小ヤブがあり、ちょっと難儀する。やがては地蔵山の北尾根と合流してヤブはなくなった。もうひとつ北側にある尾根に取り付いた方がよかったのかも知れない。尾根を登り切るとP757の地蔵山だが、ここは展望がなかった。山名プレートに「本峰」と書かされているところからすると、東に直ぐのところに東峰があるようだ。地蔵山からは樹林の中の緩やかな下りとなり、120mほどで鞍部となって登り返していく。登り返すとすぐに送電線が通過しており、その通過場所が伐採されていて眺望がきく。さらに緩やかに尾根を登っていくとP735に着いたが、ここは樹林の中で展望はない。この先で左にカーブしてP777に向かう。このピークの手前は自然林の中で新緑がまぶしい。P777も樹林の中で眺望がないのかと思ったところ、少し東に出たところに展望地があった。烏帽子岳、三国岳、焼尾山、御池岳が目の前にあった。P777からは南側にある高室山に向かう。一旦道のない斜面を下ると林道に出たが、その左側に取り付くと間もなく高室山山頂に到着した。

<高室山山頂〜保月集落跡>
 高室山山頂は360度広がっている展望地である。北側には、霊仙山がデンと鎮座し、その左奥に伊吹山が見える。右側には幾里山とソノドの稜線が続いている。手前には登ってきた鍋尻山と、これから登るザラノがある。南側は、先ほどの鍋尻山の展望地から見た景色がより近くに見えるように感じられた。高室山に到着時間が遅かったせいか、ほかに登山者は2名しかいなかったが、静かにランチすることができた。ランチ後は再びP777に戻り、ここから北東の方角にあるザラノをめざす。小さなアップダウンがあり、一部にはヤブっぽい箇所があるが、テープがつけられている。ザラノは樹林の中のピークで眺望はなかった。時間も押してきており、小休止して先を急ぐ。P765に向かう途中で尾根を左から巻いて下る箇所があった。P765の先から北尾根を下る。ここは道もテープもない。アサハギ谷に向けて下っていくと、600mくらいのところで作業道(堀道)に出合った。この作業道を下っていくと、間もなくアサハギ谷に出合ったが、予定していたP520(橋のある)より上流に着地した。P520には、車の通過できる権現谷林道が通っていて、この林道を使えば保月に戻れるが、大きく迂回しなければならない。そこで、着地点かから少し林道を上流に進み、最初の谷筋に沿って登り返すことにした。最初は右岸に取り付き、途中で左岸に渡渉して、緩やかに登っていくと、尾根を跨いで保月集落跡になるお寺(照西寺)に着いた。

<保月集落跡〜山女原登山口>
 照西寺で小休止した後、再び鍋尻山を越えて、駐車地の山女原まで戻らなければならない。時刻は午後4時に近く、あと1時間半ほどはかかるであろう。しかし、今は日が長いので日没までには十分間に合うであろう。ダケノ峠から岳の地蔵までにルートが不鮮明なことが気がかりだが、GPSの軌跡(往路)を確認しながら下れば問題ない。おかげで特に迷うこともなく、下山することができた。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:129人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ