また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4268594 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 飯豊山

大日杉小屋から大日岳。2泊3日

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月05日(木) ~ 2022年05月07日(土)
メンバー
天候下山後顔が突っ張る程日焼けする快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口の大日杉小屋まで開通してます。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
16:20
距離
32.9 km
登り
2,811 m
下り
2,822 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間23分
休憩
56分
合計
8時間19分
S大日杉小屋10:4511:29ザンゲ坂11:3712:06長之助清水12:2812:31御田12:3514:34滝切合15:13地蔵岳15:56語らいの丘16:1516:38目洗い清水17:42御坪17:4519:04切合小屋
2日目
山行
8時間57分
休憩
29分
合計
9時間26分
2日目 切合小屋07:2008:00草履塚08:26姥権現08:32御秘所08:2608:57御前坂08:2609:45一ノ王子09:58本山小屋10:26飯豊本山10:3710:55駒形山12:12御西小屋14:21大日岳14:3916:09御西小屋
3日目
山行
9時間19分
休憩
16分
合計
9時間35分
3日目 御西小屋05:0406:08駒形山06:36飯豊本山06:5107:09本山小屋07:17一ノ王子07:36御前坂08:04御秘所08:09姥権現08:35草履塚09:13切合小屋12:42地蔵岳12:4313:40御田14:11ザンゲ坂14:37大日杉小屋14:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
過去2回GWに登った中で1番雪解けが進んでます。
落ち着くまではある意味難易度が上がるかもしれません。
ルートファインデングとアイゼンの使用は慎重に。
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 登山口で最後の持ち物チェックしてながらのモバイルバッテリー忘れ!?
ログは無い事に気が付いた初日の小屋までで、その先はバッテリー温存のため電源をoffにしてます。

写真

9:47
岳谷(タケヤと読むらしい)の車道分岐。
過去二回、この交差点にバリケードで通行止め。
馬鹿正直にここから歩いて見たものの、登山口には普通に駐車された車たち。
今年は馬鹿正直の正直を外して進んでしまおうか?とか考えながら着いてしまえば今年はバリケードは無し、バカでも正直でも無く普通に4km,1時間短縮。
2022年05月05日 09:47撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:47
岳谷(タケヤと読むらしい)の車道分岐。
過去二回、この交差点にバリケードで通行止め。
馬鹿正直にここから歩いて見たものの、登山口には普通に駐車された車たち。
今年は馬鹿正直の正直を外して進んでしまおうか?とか考えながら着いてしまえば今年はバリケードは無し、バカでも正直でも無く普通に4km,1時間短縮。
10:42
久しぶり、17,19年に続き3度目のGWの訪問。
大雪だった今年の飯豊の雪の状態はどうだろう?
期待と不安。
2022年05月05日 10:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:42
久しぶり、17,19年に続き3度目のGWの訪問。
大雪だった今年の飯豊の雪の状態はどうだろう?
期待と不安。
1
11:24
初っ端のザンゲ坂は取り敢えずアイゼン。
2022年05月05日 11:24撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:24
初っ端のザンゲ坂は取り敢えずアイゼン。
1
11:30
そして登り上げれば毎回安定の即解除。
2022年05月05日 11:30撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:30
そして登り上げれば毎回安定の即解除。
11:47
イワウチワもいつも通りに迎えてくれる。
2022年05月05日 11:47撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:47
イワウチワもいつも通りに迎えてくれる。
2
11:48
北隣の尾根を見上げれば新緑に包まれて、スカイラインにだけ冬の名残。
2022年05月05日 11:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:48
北隣の尾根を見上げれば新緑に包まれて、スカイラインにだけ冬の名残。
12:25
過去の道迷いでこれからの方に注意喚起。
左手に長之助清水の谷を挟んで並ぶ尾根。
2022年05月05日 12:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:25
過去の道迷いでこれからの方に注意喚起。
左手に長之助清水の谷を挟んで並ぶ尾根。
12:25
登る尾根は次第に斜面へと変わり御田の杉の台地へ。
つまり下りで使う場合御田の杉を通り過ぎて標高980m付近、続く尾根は1本にしか見えず、長之助清水の右の間違った尾根へ誘われます(過去の自分のようにトレースを付けてしまう場合も)。
もう直ぐ登山口で疲れも溜まるころですが、しっかり自分で現在地を確認する事が大事です。
2022年05月05日 12:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:25
登る尾根は次第に斜面へと変わり御田の杉の台地へ。
つまり下りで使う場合御田の杉を通り過ぎて標高980m付近、続く尾根は1本にしか見えず、長之助清水の右の間違った尾根へ誘われます(過去の自分のようにトレースを付けてしまう場合も)。
もう直ぐ登山口で疲れも溜まるころですが、しっかり自分で現在地を確認する事が大事です。
1
12:29
御田の杉の台地は広い。
2022年05月05日 12:29撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:29
御田の杉の台地は広い。
12:35
御田の杉
2022年05月05日 12:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:35
御田の杉
12:35
全景。
不思議に一本だけ立派な杉。
人が植えた物なのだろうか?
2022年05月05日 12:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:35
全景。
不思議に一本だけ立派な杉。
人が植えた物なのだろうか?
14:14
快晴予報を当てにして登っては見たものの、兎に角暑い!!
水は余計に持って来てるつもりでも、久しぶりの重い荷物に足も進まず、さて最後までもつものか?
2022年05月05日 14:14撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:14
快晴予報を当てにして登っては見たものの、兎に角暑い!!
水は余計に持って来てるつもりでも、久しぶりの重い荷物に足も進まず、さて最後までもつものか?
14:32
地蔵岳への最後の尾根。
藪も無く、曲線も綺麗で好きなのですが、意外に長い。
2022年05月05日 14:32撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:32
地蔵岳への最後の尾根。
藪も無く、曲線も綺麗で好きなのですが、意外に長い。
1
14:32
語らいの丘の東斜面。
記憶もおぼろげながら緑色が多く感じる。
2022年05月05日 14:32撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:32
語らいの丘の東斜面。
記憶もおぼろげながら緑色が多く感じる。
15:03
振り返って遠く霞んで蔵王連峰。
2022年05月05日 15:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:03
振り返って遠く霞んで蔵王連峰。
15:12
ようやく地蔵岳に登り上げて飯豊にご挨拶。
また来たよ。
2022年05月05日 15:12撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:12
ようやく地蔵岳に登り上げて飯豊にご挨拶。
また来たよ。
15:13
左に向いてこれからたどる種蒔山への尾根。
やはり藪が多く見える。
地蔵岳までの登りで何組かのパーティーとすれ違っているので進む事は出来るだろうが、覚悟して。
2022年05月05日 15:13撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:13
左に向いてこれからたどる種蒔山への尾根。
やはり藪が多く見える。
地蔵岳までの登りで何組かのパーティーとすれ違っているので進む事は出来るだろうが、覚悟して。
地蔵岳からのパノラマ。
飯豊が一番大きく見える場所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳からのパノラマ。
飯豊が一番大きく見える場所。
4
15:13
目指すは左に種蒔山、右に草履塚の間の雪面に生える【く】の字の林。
切合小屋は【く】の字の林の生える冬季限定直登尾根の上に建つ。
2022年05月05日 15:13撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:13
目指すは左に種蒔山、右に草履塚の間の雪面に生える【く】の字の林。
切合小屋は【く】の字の林の生える冬季限定直登尾根の上に建つ。
15:33
見た事も無いカタクリの群生。
雪解けの進んだ尾根にゲンナリともがいて進めばたまにご褒美。
2022年05月05日 15:33撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:33
見た事も無いカタクリの群生。
雪解けの進んだ尾根にゲンナリともがいて進めばたまにご褒美。
1
15:38
マンサクも。
2022年05月05日 15:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:38
マンサクも。
16:34
スピードも上がらずゆっくりと、しかし確実に進むと自分に言い聞かせながら、振り返り超えて来た語らいの丘。
2022年05月05日 16:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:34
スピードも上がらずゆっくりと、しかし確実に進むと自分に言い聞かせながら、振り返り超えて来た語らいの丘。
16:35
日は傾き飯豊はシルエットに。
2022年05月05日 16:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:35
日は傾き飯豊はシルエットに。
16:35
正面に草履塚、右に下って姥権現、少し登り返して御秘所の岩場。
あの尾根の一番左に切合小屋。まだ遠い。
2022年05月05日 16:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:35
正面に草履塚、右に下って姥権現、少し登り返して御秘所の岩場。
あの尾根の一番左に切合小屋。まだ遠い。
16:35
アップで大きくしても距離は変わらない。
2022年05月05日 16:35撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:35
アップで大きくしても距離は変わらない。
16:49
疲れで益々スピードが上がらず変化乏しい景色に気分転換、振り返って手前に語らいの丘、重なって左奥に地蔵岳。
2022年05月05日 16:49撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:49
疲れで益々スピードが上がらず変化乏しい景色に気分転換、振り返って手前に語らいの丘、重なって左奥に地蔵岳。
17:27
いよいよ御秘所に日が沈んでしまうのか?
もう少し早く登り始めれば!!と思うのは毎度の反省。
2022年05月05日 17:27撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:27
いよいよ御秘所に日が沈んでしまうのか?
もう少し早く登り始めれば!!と思うのは毎度の反省。
17:34
御坪付近でなら【く】の字の林も大きく見えて。
2022年05月05日 17:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:34
御坪付近でなら【く】の字の林も大きく見えて。
1
18:08
御沢分れ付近でいったん谷に下り、特徴的なスノーブリッジ。ここが飯豊の穴堰?
2022年05月05日 18:08撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18:08
御沢分れ付近でいったん谷に下り、特徴的なスノーブリッジ。ここが飯豊の穴堰?
18:08
いつものスノーブリッジよりも
2022年05月05日 18:08撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18:08
いつものスノーブリッジよりも
1
モンローリップ💋💄
2022年05月06日 10:34撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンローリップ💋💄
撮影機材:

感想/記録
by yuufun

初日の夜、モバイルバッテリーを忘れた事に気が付き、スマホのバッテリーの残量が25%。
そこで非常時に備え電源を切りました。
2日目からはカメラの記録を頼りにコースタイムを書きました。

愚痴を一言、2日目に泊まった御西小屋での事ですが、小屋に着いて何となしに一周回って見ると、福島側新潟側の両側それぞれに屋根のすぐそばにティッシュと共に排せつ物が目に付きました。
雪が融ければ登山者が休憩に腰を下す場所にです。
しかも福島側に続く谷の下にはこの小屋の水場があります。
思わずスコップで雪ごと持ち上げ、正解かは分かりませんが新潟側の少し離れた笹薮に運んで捨てました。

その後次の日の水を準備するために雪を集める訳ですが、何所を掘っても排せつ物が出て来そうで疑心暗鬼、気分は重く成りました。
緊急事態は誰にでも起こる事ですが、水場の位置を調べ、次に訪れる登山者の気持ちを考えて行動して欲しいところです。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:514人

コメント

yuufunさん、二泊三日の残雪飯豊連峰縦走お疲れ様でした!
大日岳まで歩かれて羨ましい限りです😄
大日岳は遠目からでも残雪の急斜面に見えましたが写真だともっと急斜面に見えました😣
日焼けは大変でしたが全日快晴で良かったですね🙆
2022/5/15 11:46
ao_hachiさん
コメント有難う御座います。
3回目のチャレンジでヤット大日岳攻略出来ました。
遠目で急斜面見えた斜面、近くで見てもシビれる物でしたが、自分も毎年地元の雁戸山で鍛えてます、実際取り付いてみると余裕で登れました🙋
日焼けは今も顔が突っ張って、鼻の先でむけた皮がフワフワと風にたなびいてたりしてます😁
2022/5/15 13:23
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ