また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4300705 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

野平〜物見山〜柄山峠

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長野市街から国道19号線、県道31号線、国道148号線経由
信濃森上駅手前の信号で右折し、「野平」集落を抜け、
柄山峠入口向かいの道路余地に駐車、2台程駐車可能
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:20
距離
15.9 km
登り
1,259 m
下り
1,251 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
1時間4分
合計
7時間20分
S柄山峠入口07:1508:05三角点「木瓜」08:1008:52尾根分岐08:5309:35鞍部(ルーファイ)10:0110:49物見山11:1112:33尾根分岐12:3412:54柄山峠13:0113:36送電鉄塔13:3814:35柄山峠入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・柄山峠入口〜尾根分岐
送電鉄塔巡視路で登山道は明瞭、緩やかな尾根
狭まった尾根の巻き道は滑落注意
下山時、尾根間違いに注意
・尾根分岐〜物見山
分岐付近は笹藪に覆われ、踏み跡が不明瞭でも
起伏の少ない尾根で、笹藪の下に所々道跡明瞭
西に100mほど下った鞍部付近で踏み跡を見失い、ルーファイ
最初は沢に下ろうと思いましたが、背丈を越える激藪
次に境界尾根沿いに登りましたが境界標、踏み跡発見できず、
諦めて引き返したところ、境界尾根を水平に巻く踏み跡発見
途中、足元に目印のプレートを幾つか見たので以前の登山道か?
水平道から適当に物見山の尾根に取り付くと途中で踏み跡に遭遇
しかし、下山時この踏み跡を見失い違う尾根を降りた為
笹藪に隠れる水平道が見つけられず、登ったり下ったり難儀
やはり、確実に戻る為にテープを持参すべきだったと反省
・尾根分岐〜柄山峠
尾根上を行く、よく踏まれた幅の広い登山道で快適
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

小田切ダムの向こうは川霧に包まれ、この季節に見るのは珍しい気がします
2022年05月18日 05:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田切ダムの向こうは川霧に包まれ、この季節に見るのは珍しい気がします
峠から白馬三山、白馬乗鞍方面
以前、喫茶店があった懐かしい場所
2022年05月18日 06:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から白馬三山、白馬乗鞍方面
以前、喫茶店があった懐かしい場所
白馬三山アップ!
2022年05月18日 06:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山アップ!
3
写真を撮る人大勢
自分も習って撮影。帰りも沢山の人がいたので、どうやら撮り鉄のようですね。大糸線がバスになるかもしれないと思うと寂しいけれど、随分前から廃止の声は聞いていましたから仕方ないのかも…
2022年05月18日 06:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮る人大勢
自分も習って撮影。帰りも沢山の人がいたので、どうやら撮り鉄のようですね。大糸線がバスになるかもしれないと思うと寂しいけれど、随分前から廃止の声は聞いていましたから仕方ないのかも…
白馬三山、足元に国道148号線と姫川
2022年05月18日 06:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山、足元に国道148号線と姫川
1
雲海上の五竜
2022年05月18日 06:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海上の五竜
1
昨年訪れた青鬼を思い出します。野平も絶景地(*_*)
2022年05月18日 06:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年訪れた青鬼を思い出します。野平も絶景地(*_*)
1
柄山峠入口
右側のポストに地図も置いてありました
2022年05月18日 07:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柄山峠入口
右側のポストに地図も置いてありました
緩やかな登の植林帯
2022年05月18日 07:18撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな登の植林帯
展望地点
ずっと樹林帯の尾根歩きで、展望箇所は少ないです
2022年05月18日 07:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地点
ずっと樹林帯の尾根歩きで、展望箇所は少ないです
今日も優しい緑の中を歩ける幸せに感謝♪
2022年05月18日 07:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も優しい緑の中を歩ける幸せに感謝♪
2
言葉は要りません
2022年05月18日 07:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉は要りません
ちょっと痩せ気味の尾根
2022年05月18日 07:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと痩せ気味の尾根
タチツボスミレ
2022年05月18日 08:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
炭焼き小屋の跡でしょう
2022年05月18日 08:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き小屋の跡でしょう
三角点発見
木瓜
標高=1212.63 m
三等三角点
2022年05月18日 08:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点発見
木瓜
標高=1212.63 m
三等三角点
1
コーヒーブレイク後、歩行再開。まだ先は長そう!
2022年05月18日 08:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーブレイク後、歩行再開。まだ先は長そう!
まず目指す物見山はどこ?
2022年05月18日 08:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず目指す物見山はどこ?
思い切り叩き、熊さんにお知らせ(^^ゞ
2022年05月18日 08:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思い切り叩き、熊さんにお知らせ(^^ゞ
この辺りからイワウチワの群生地。やはり今年も五月初めが見頃だったのでしょうか?
2022年05月18日 08:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからイワウチワの群生地。やはり今年も五月初めが見頃だったのでしょうか?
堀切を思わせる尾根の切れた地点
2022年05月18日 08:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀切を思わせる尾根の切れた地点
蝶のように舞っているみたいです
2022年05月18日 08:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶のように舞っているみたいです
1
この地点も堀切のよう
2022年05月18日 08:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地点も堀切のよう
7送電鉄塔に出ました
2022年05月18日 08:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7送電鉄塔に出ました
数少ない開けた場所
2022年05月18日 08:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数少ない開けた場所
1
送電鉄塔お馴染みの黒プラ階段が有難いです
2022年05月18日 08:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔お馴染みの黒プラ階段が有難いです
送電鉄塔分岐
下山時の方向に注意
2022年05月18日 08:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔分岐
下山時の方向に注意
尾根分岐
ここで柄山峠へは下りになります。物見山へは左の笹藪に突入(:_;)
2022年05月18日 08:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根分岐
ここで柄山峠へは下りになります。物見山へは左の笹藪に突入(:_;)
1
踏み跡らしき物全く見えず
2022年05月18日 08:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡らしき物全く見えず
境界標に励まされます
2022年05月18日 08:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界標に励まされます
1
イワウチワの咲き残りが一輪
2022年05月18日 08:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワの咲き残りが一輪
言葉は要りません
2022年05月18日 09:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉は要りません
2
左が目指す物見山?右奥は八方山か?
2022年05月18日 09:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が目指す物見山?右奥は八方山か?
1
笹藪は濃くなったり、薄くなったり。でも境界標に勇気がもらえます。
2022年05月18日 09:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪は濃くなったり、薄くなったり。でも境界標に勇気がもらえます。
1
樹間、僅かに物見山
2022年05月18日 09:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間、僅かに物見山
登ってきた尾根
この後西に100mほど下る鞍部で微かな踏み跡さえ見失い、ルーファイ!一瞬諦めて帰ろうかと思いましたが、戻る途中の笹藪で、水平の笹藪のへこみを発見し、辿ってみると
2022年05月18日 09:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根
この後西に100mほど下る鞍部で微かな踏み跡さえ見失い、ルーファイ!一瞬諦めて帰ろうかと思いましたが、戻る途中の笹藪で、水平の笹藪のへこみを発見し、辿ってみると
1
足下に目印プレート発見!敗退せずに済みそう(^.^)
2022年05月18日 10:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下に目印プレート発見!敗退せずに済みそう(^.^)
2
物見山
もうすぐ行けそうですよ!
2022年05月18日 10:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山
もうすぐ行けそうですよ!
1
時々道跡はっきり
笹藪に覆われてしまっている箇所も多々あり、藪漕ぎしながら、とにかく水平に前進
2022年05月18日 10:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々道跡はっきり
笹藪に覆われてしまっている箇所も多々あり、藪漕ぎしながら、とにかく水平に前進
1
ここにもプレート
2022年05月18日 10:23撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもプレート
すっかり色褪せた目印らしき布切れ発見!ここから適当に物見山頂上めがけ、取り付いたところ、途中で直登する踏み跡に遭遇♪
2022年05月18日 10:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり色褪せた目印らしき布切れ発見!ここから適当に物見山頂上めがけ、取り付いたところ、途中で直登する踏み跡に遭遇♪
1
ややっ!山頂直下にはまだ残雪が!
2022年05月18日 10:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ややっ!山頂直下にはまだ残雪が!
1
樹間に白馬三山
2022年05月18日 10:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間に白馬三山
物見山頂上に到着
三角点がないのがちょっと寂しいけれど、敗退せずに済んで嬉しいです(^^♪
2022年05月18日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山頂上に到着
三角点がないのがちょっと寂しいけれど、敗退せずに済んで嬉しいです(^^♪
3
見渡す限り樹林帯と笹藪で展望全くなし!
2022年05月18日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見渡す限り樹林帯と笹藪で展望全くなし!
1
さようなら
下山開始
2022年05月18日 11:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら
下山開始
山頂直下で白馬三山が樹間にほんの少し
2022年05月18日 11:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下で白馬三山が樹間にほんの少し
2
振り返った下ってきた尾根。後でGPSログを見ると、明らかに登った尾根の一本南の尾根でした。道理で踏み跡が見つからなかった筈!やはり、テープ必携と反省
2022年05月18日 11:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返った下ってきた尾根。後でGPSログを見ると、明らかに登った尾根の一本南の尾根でした。道理で踏み跡が見つからなかった筈!やはり、テープ必携と反省
1
物見山
無事に戻れ、幸いでしたが、物好きの山かもしれません(^^ゞ
2022年05月18日 12:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山
無事に戻れ、幸いでしたが、物好きの山かもしれません(^^ゞ
1
雲がゆったり、午後の北アルプス
2022年05月18日 12:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がゆったり、午後の北アルプス
1
ブナの古木
2022年05月18日 12:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの古木
1
見飽きません
2022年05月18日 12:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見飽きません
2
尾根分岐に帰還
2022年05月18日 12:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根分岐に帰還
1
柄山峠を往復します
2022年05月18日 12:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柄山峠を往復します
1
イワカガミが見頃♪
2022年05月18日 12:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミが見頃♪
1
整備された登山道らしい華やかさを感じる標識
2022年05月18日 12:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された登山道らしい華やかさを感じる標識
1
広い道が一段と広い休憩場所
生活道だった頃の活気は、この静けさから想像もつきませんが…
2022年05月18日 12:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い道が一段と広い休憩場所
生活道だった頃の活気は、この静けさから想像もつきませんが…
1
駒休めの峰
登りも下りも急な為、馬を休ませたのでしょう。馬も通っていたとは(*_*)
2022年05月18日 12:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒休めの峰
登りも下りも急な為、馬を休ませたのでしょう。馬も通っていたとは(*_*)
快適な散歩道(^^♪
2022年05月18日 12:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な散歩道(^^♪
1
晴れた日の定番
以前、柄山峠から柄山三角点に登った際の昼食休憩場所!懐かしさと共に、今日こうして再訪できたのが嬉しく、感慨一入!
2022年05月18日 12:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れた日の定番
以前、柄山峠から柄山三角点に登った際の昼食休憩場所!懐かしさと共に、今日こうして再訪できたのが嬉しく、感慨一入!
花盛りのタムシバ
2022年05月18日 12:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花盛りのタムシバ
1
柄山峠のお地蔵様
お久しぶりです
2022年05月18日 12:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柄山峠のお地蔵様
お久しぶりです
1
さようなら
もう来ることはないと思いますけれど、素晴らしい尾根道が多くの登山者に愛され続ける事を祈ります
2022年05月18日 12:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら
もう来ることはないと思いますけれど、素晴らしい尾根道が多くの登山者に愛され続ける事を祈ります
1
物見山の尾根分岐まで帰還
2022年05月18日 13:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山の尾根分岐まで帰還
1
送電鉄塔から雨飾山
2022年05月18日 13:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔から雨飾山
1
日を受けて輝くつつじが綺麗で、うっとり
2022年05月18日 13:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日を受けて輝くつつじが綺麗で、うっとり
1
登る時、気付かなかった、文字の掠れて読めない標柱
2022年05月18日 13:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る時、気付かなかった、文字の掠れて読めない標柱
1
三角点「木瓜」まで帰還
2022年05月18日 13:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点「木瓜」まで帰還
中に置いてあった地図は、休憩時に読ませていただき、善光寺古道について勉強になりました。有難うございました。
2022年05月18日 14:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中に置いてあった地図は、休憩時に読ませていただき、善光寺古道について勉強になりました。有難うございました。
今日でようやく、鬼無里から白馬までの道が繋がり、感慨一塩。整備の行き届いた快適な登山道にも感謝です。
2022年05月18日 14:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日でようやく、鬼無里から白馬までの道が繋がり、感慨一塩。整備の行き届いた快適な登山道にも感謝です。
1
車中から白馬方面を眺めながらしばしコーヒーブレイク、快晴を惜しみつつ、真っすぐに帰宅しました。
2022年05月18日 14:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車中から白馬方面を眺めながらしばしコーヒーブレイク、快晴を惜しみつつ、真っすぐに帰宅しました。
2

感想/記録
by kyom4

物見山は、なぜか展望の良さそうな感じの山名です。
鬼無里から柄山峠まで歩いたのは、2016年10月で、
その先の白馬に到る古道が未踏のままでしたから
白馬村から物見山、柄山峠に行く機会をずっと狙っておりました。

白馬村の「野平」集落から長い尾根道は送電鉄塔管理道の様子に
まず踏み跡は明瞭に違いないと確信しておりましたが、
不安は尾根分岐から物見山に到る踏み跡があるかどうかです。
雪の多かった今年でも、残雪があっという間に消え失せ、
藪山ももう終盤の気配、どうなることやらと躊躇いもありました。

昨年訪れた青鬼と同じく、野平も北アルプスの大展望地。
柄山峠入口右側のポストには、地図も置いてありました。
緩やかな登りの植林帯に始まり、大変な急坂は殆どなく
新緑の優しい自然林の贅沢なハイキングが楽しめ、お薦めです。

痩せ尾根気味の急坂を登り終え、柄山峠に右に下る地点が
笹藪に覆い尽くされた物見山分岐で、赤い頭の境界標があり、
境界標に励まされるようにして尾根を北に進みました。
アップダウンは左程なく、笹藪は濃くなったり、薄くなったり、
時折見える北アルプスの眺望と境界標に勇気がもらえます。

西に100m程下った鞍部でとうとう微かな踏み跡さえ見失い、
澤へ降りたり、境界尾根を登ったり、ルーファイ!
一瞬、諦めて帰ろうと思いましたが、戻る途中の笹藪で、
水平の笹藪のへこみを発見し、辿るうち、足下に目印プレート発見!
笹藪に覆われている箇所も多々あり、藪漕ぎしながら、
とにかく水平に前進し、物見山の尾根に接近。

木の幹に、すっかり色褪せた目印らしき布切れを発見し、
ここから適当に物見山頂上めがけ、取り付いたところ、
途中で直登する踏み跡に遭遇し、その後は順調に山頂に到達♪
見渡す限り樹林帯と笹藪で展望は全くなし!
物見というより物好きの登る山かもしれません(^^ゞ
三角点もなくて寂しいけれど、敗退せずに済んで幸運でした。

往復には妙な安心感があり、考えが甘かったと気づいたのは
似たような樹林帯の似たような笹藪の急坂でした。
後でGPSログを見ると、登った尾根の一本南の尾根を下っっており
水平道の位置も判然とせず、思わぬ難儀をしました。
このような藪山の下山時はテープ必携と反省です。

尾根分岐に帰還し、柄山峠に向かうと道端にイワカガミが咲き、
イワウチワの代わりに目を楽しませてくれました。
駒休めの峰はどちら側から登っても急坂故、馬を休ませたのでしょう。
広い道が一段と広い休憩場所になっています。
馬も通った頃の活気は、この静けさから想像もつきませんが…

柄山峠から柄山に登った日の昼食休憩場所は送電鉄塔でした。
懐かしさと共に、今日こうして再訪できたのが嬉しく、感慨一入!
柄山峠のお地蔵様にお会いするのも本当に久しぶりの気がします。
鬼無里から白馬までの古道歩きが繋げられたので
もう来ることはないと思いますけれど、
素晴らしい尾根道が多くの登山者に愛され続ける事を祈ります。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:115人

コメント

kyom4 さん、こんにちは

貴重なルート情報ありがとうございます。
私は奥裾花自然園の撤退の翌々日に車で野平の登山口まで偵察に入ったので野平までは雰囲気分かります。
確かに白馬周辺の景色が素晴らしかったです。
登られたコースの尾根分岐から物見山まで2時間、想像以上に厳しいですね。
しかも、八方山の南の壁も地形図からは考えられない厳しさですね。
貴重なルート情報をありがとうございました。
2022/5/19 23:29
yamabujioriruさんお久しぶりです😊
コメント有難うございます

青鬼集落は写真撮影の方に人気と知っていましたが
野平はそれに負けない北アルプス展望地なのに驚きました。
今は田に水が張られ、菜の花が咲き、桃源郷のような感じです。

尾根分岐は確かに笹藪に埋もれていますが、境界標あり
西に100m程下りになる地点までは左程アップダウンもなく
踏み跡も微かにわかり、どちらかと言えば快適でした。
鞍部でルーファイしてうろうろした結果、時間を30分もロス、
水平道をたまたま発見できたのは幸運でした。
道跡はかなり笹藪化していますが、有り難かったです。
残雪期なら、沢に下り真南の尾根を詰めるのも良いかと思いますが、
水平道を行き、西側の尾根から取り付いた方が斜度は緩やかな気がします。
テープを持参せず、下山時も時間を食っていますので
二時間はかからないでしょう。

物見山の奥に見えた黒々とした恐ろしげな山頂が八方山なのですね。
南側の物凄い岸壁は、地図では読み取れないと
yamabujioriruさんと同じく、眺めながら考えていました。
物見山から更に北へ延びる尾根を辿ると八方山頂上に行き着けると
地図上ではわかっても、実際の尾根はどうなのか?
残雪期なら藪を気にせず歩けても、雪庇の危険もありますし
歩いている人はいるのでしょうか?
興味がありますね!
2022/5/20 9:06
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ