また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4383721 全員に公開 ハイキング 北陸

初訪【経ヶ岳】ブナ原生林に抱かれた火口源の湿原から脈々たる笹の稜線へ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年06月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道報恩寺線
保月山登山口上の展望台駐車場に
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:21
距離
9.1 km
登り
1,085 m
下り
937 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
50分
合計
7時間17分
S唐谷登山口(林道入口)06:2206:43唐谷コース登山口06:4308:02池の大沢08:19切窓08:2208:59経ヶ岳09:0010:17北岳10:2810:52経ヶ岳10:5311:27切窓11:2811:41中岳11:4912:05杓子岳12:1212:35牛岩12:3512:41保月山13:0013:37保月山コース登山口13:3913:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐谷コースは入山者が少なく荒れ気味ではあるが目印は豊富でルーファイは難しくない。
やや難しい渡渉が数回あり。
谷から離れたのちは凄まじい急登となる。急登が終われば平坦地になりブナの森から広大な湿地帯へと飛び出す。

主稜線は踏み跡明瞭。笹に囲まれた道につき、雨上がりなどは衣服が濡れる。濡れた道はかなり滑りやすい。
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

写真

林道報恩寺線から唐谷の林道へ入る
2022年06月11日 06:20撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道報恩寺線から唐谷の林道へ入る
2
ヒメジョオン
2022年06月11日 06:26撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメジョオン
5
ヤブデマリなどを見ながら
2022年06月11日 06:29撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブデマリなどを見ながら
2
廃林道を進んでゆく
2022年06月11日 06:41撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃林道を進んでゆく
3
唐谷登山口から登山道へ入るとすぐ
左側の大きな岩に…
2022年06月11日 06:45撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐谷登山口から登山道へ入るとすぐ
左側の大きな岩に…
1
高さ2メートルほどの磨崖仏
江戸末期1851年(嘉永4年)のものらしい
2022年06月11日 06:46撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さ2メートルほどの磨崖仏
江戸末期1851年(嘉永4年)のものらしい
7
沢に降りて
クルマムグラの小さな花
2022年06月11日 06:52撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に降りて
クルマムグラの小さな花
3
水量の多い沢を渡渉
2022年06月11日 06:53撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量の多い沢を渡渉
4
ブナの尾根道に
2022年06月11日 07:00撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの尾根道に
1
ユキザサ
2022年06月11日 07:03撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキザサ
5
ブナの森
天気は曇り空
2022年06月11日 07:14撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森
天気は曇り空
1
再び谷に降りる
これは何だろう
2022年06月11日 07:18撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び谷に降りる
これは何だろう
4
渡渉は4.5回あり、うち2回は難易度高い
2022年06月11日 07:19撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉は4.5回あり、うち2回は難易度高い
5
フキの花後(綿毛)
2022年06月11日 07:28撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フキの花後(綿毛)
2
霧で煙る大野市の街を俯瞰して
2022年06月11日 07:33撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧で煙る大野市の街を俯瞰して
1
美しいブナ林
2022年06月11日 07:37撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいブナ林
4
ひときわ印象的なブナの大樹
2022年06月11日 07:38撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひときわ印象的なブナの大樹
1
急登を終えて
ブナの巨樹を見上げる
2022年06月11日 07:55撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を終えて
ブナの巨樹を見上げる
5
湿地帯に咲き残っていたサンカヨウ
壊れたガラス細工のよう
2022年06月11日 08:00撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地帯に咲き残っていたサンカヨウ
壊れたガラス細工のよう
9
池の大沢に
2022年06月11日 08:05撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の大沢に
1
広大な湿原から経ヶ岳の主稜を見上げる
2022年06月11日 08:05撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な湿原から経ヶ岳の主稜を見上げる
1
ニリンソウの群落
2022年06月11日 08:09撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウの群落
5
これは中岳だろうか
2022年06月11日 08:11撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは中岳だろうか
1
切窓へと登り上げる途中にも
2022年06月11日 08:18撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切窓へと登り上げる途中にも
4
サンカヨウの花々
2022年06月11日 08:18撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウの花々
11
山頂へ向けての急坂の道
2022年06月11日 08:21撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ向けての急坂の道
1
アザミの蕾
2022年06月11日 08:22撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの蕾
6
カラマツソウも蕾ばっかり
2022年06月11日 08:23撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウも蕾ばっかり
2
ササユリも残念、蕾だった
2022年06月11日 08:38撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササユリも残念、蕾だった
2
巨大なカタツムリ
巨大さが伝わらないな
2022年06月11日 08:43撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大なカタツムリ
巨大さが伝わらないな
4
経ヶ岳に登頂
2022年06月11日 08:50撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳に登頂
1
記念撮影
やたらと嬉しそうなウリさん
2022年06月11日 08:56撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
やたらと嬉しそうなウリさん
10
二等三角点は山頂から少し北へ進んだ先に
2022年06月11日 09:00撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点は山頂から少し北へ進んだ先に
3
先日の山火事の跡
結構広範囲だ
2022年06月11日 09:00撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の山火事の跡
結構広範囲だ
2
北岳へ向かう
谷間を俯瞰するもやはりガス
2022年06月11日 09:03撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳へ向かう
谷間を俯瞰するもやはりガス
1
これは何だろう?
調べてみたら、ミネカエデの花だった
2022年06月11日 09:04撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何だろう?
調べてみたら、ミネカエデの花だった
5
可愛らしいアカモノの花々
2022年06月11日 09:05撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしいアカモノの花々
4
霧の稜線を
2022年06月11日 09:06撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の稜線を
1
イワカガミと
2022年06月11日 09:07撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミと
4
ミツバオウレン
2022年06月11日 09:08撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
6
咲き始めのニッコウキスゲ
2022年06月11日 09:10撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのニッコウキスゲ
7
ぐーんと!
頑張れ
2022年06月11日 09:10撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐーんと!
頑張れ
6
北岳に到着
ここでソロのハイカーさんに出逢う
2022年06月11日 09:46撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳に到着
ここでソロのハイカーさんに出逢う
4
赤兎山方向のガスが一瞬晴れてゆく
2022年06月11日 09:52撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤兎山方向のガスが一瞬晴れてゆく
1
赤兎山への分岐点

ここでもう一人、報恩寺山からのルートで登ってみえたハイカーさんに出逢う
2022年06月11日 09:56撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤兎山への分岐点

ここでもう一人、報恩寺山からのルートで登ってみえたハイカーさんに出逢う
1
深い谷間を俯瞰
2022年06月11日 10:15撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い谷間を俯瞰
4
ガスの流れの合間に全容を見せた赤兎への美稜線
いつかこの道も
2022年06月11日 10:21撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの流れの合間に全容を見せた赤兎への美稜線
いつかこの道も
5
姿が見えた経ヶ岳の主稜線
2022年06月11日 10:29撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姿が見えた経ヶ岳の主稜線
4
谷を見下ろし、
2022年06月11日 10:29撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を見下ろし、
1
経ヶ岳へ戻って行こう

山頂を踏んで戻って来られた報恩寺山コースの方とすれ違いざまに暫し歓談
2022年06月11日 10:45撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳へ戻って行こう

山頂を踏んで戻って来られた報恩寺山コースの方とすれ違いざまに暫し歓談
1
北岳方向を振り返る
2022年06月11日 10:49撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方向を振り返る
3
経ヶ岳山頂付近から中岳、杓子岳
2022年06月11日 10:59撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂付近から中岳、杓子岳
3
火口源の広大なる領域を眺める
往路はあの中を進んできた
2022年06月11日 11:02撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口源の広大なる領域を眺める
往路はあの中を進んできた
4
美しいカール
2022年06月11日 11:06撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいカール
5
もう一度、雄大なる火口源を見下ろす
池の大沢と、それを取り囲むブナの森
2022年06月11日 11:08撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、雄大なる火口源を見下ろす
池の大沢と、それを取り囲むブナの森
3
さあ、下山してゆこう
中岳(右手前)と杓子岳(左手奥)
2022年06月11日 11:09撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、下山してゆこう
中岳(右手前)と杓子岳(左手奥)
5
ブナ原生林がモコモコ
2022年06月11日 11:20撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ原生林がモコモコ
1
ナナカマドの花
2022年06月11日 11:23撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの花
3
アザミの蕾
まるで工芸品のようだとMさんが仰る
2022年06月11日 11:24撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの蕾
まるで工芸品のようだとMさんが仰る
7
ツバメオモトの花々
2022年06月11日 11:31撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモトの花々
2
ツバメオモト
2022年06月11日 11:31撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモト
4
長い木の階段を登る
2022年06月11日 11:33撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い木の階段を登る
4
振り返れば経ヶ岳本峰
威圧感たっぷり、まるで壁のようだ
2022年06月11日 11:34撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば経ヶ岳本峰
威圧感たっぷり、まるで壁のようだ
2
さらに進んでゆく
2022年06月11日 11:48撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進んでゆく
3
ハクサンタイゲキ
2022年06月11日 12:02撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンタイゲキ
3
ハクサンタイゲキの中心部をズーム
ピンぼけが残念
2022年06月11日 12:04撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンタイゲキの中心部をズーム
ピンぼけが残念
3
中岳を振り返って
2022年06月11日 12:03撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳を振り返って
1
杓子岳に
2022年06月11日 12:05撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳に
1
ツクバネウツギ
2022年06月11日 12:22撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネウツギ
3
アカモノ
2022年06月11日 12:28撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ
8
アカモノはホントに可愛い
2022年06月11日 12:28撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノはホントに可愛い
6
保月山を通過
2022年06月11日 12:41撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月山を通過
1
清々しいブナの林を
2022年06月11日 13:07撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しいブナの林を
1
有名なアダムとイブ
ブナとミズナラが寄り添っている
2022年06月11日 13:13撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名なアダムとイブ
ブナとミズナラが寄り添っている
2
茎に角があったのでアマドコロ
ナルコユリの茎は丸い
ホウチャクソウは花に4つの切れ込みがある
2022年06月11日 13:23撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茎に角があったのでアマドコロ
ナルコユリの茎は丸い
ホウチャクソウは花に4つの切れ込みがある
2
シライトソウ
2022年06月11日 13:28撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シライトソウ
5
保月山コース登山口に下山
2022年06月11日 13:37撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月山コース登山口に下山
登山口から少し上に駐車場
2022年06月11日 13:41撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から少し上に駐車場
1
駐車場の展望台から大野の街を眺めて
(荒島岳と銀杏峯が一望)
このあと唐谷の林道入口で自転車をピックアップする
2022年06月11日 14:16撮影 by iPhone 12 mini, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の展望台から大野の街を眺めて
(荒島岳と銀杏峯が一望)
このあと唐谷の林道入口で自転車をピックアップする
2
Mさんがこっそり撮ってくださってた写真を何枚か…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Mさんがこっそり撮ってくださってた写真を何枚か…
1
山の雄大さが伝わってくるとても素敵な写真
ありがとうございました

終わり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の雄大さが伝わってくるとても素敵な写真
ありがとうございました

終わり。
8

感想/記録

3連休の機会に奥越方面での山行を計画していたのだが、日程が近づくまで天気予報に一喜一憂する。週末はあまり天気が期待出来そうにない。
この日(土曜日)当初予定していた山友さんとの山行はキャンセルとなった。ソロで北陸へ足を延ばすことにした。
日曜日は回復傾向の予報なので、別山でややロングな山行をしたいと思う。なので、この日は軽く準備運動的な山行にしておくことにした。

選んだのは未踏の経ヶ岳だ。皆さんのレコを見て以前から気になっていた。起伏に富んだ稜線の美しい山。
しかし一般的なピストン山行では少し味気ないので、往路は唐谷登山口からのルートで登ることにする。

唐谷コースの序盤は谷ルートで、水量の多い沢を何度か渡渉しなければならなかった。登山道そのものは明瞭で目印も豊富だが、あまり人が入らないのであろう、整備状況は良くはない。

谷はいつの間にか涸れ沢となり岩がゴロゴロしてくる。この谷から離れるポイントには目印が豊富にあった。
左手の斜面に取り付くと美しいブナを中心とした自然林が広がり出す。美しい森だ。しかし池の大沢という湿原の平地帯へ向けて登り上がってゆくのだが、この道がかなり急峻な坂道である。
猛烈な激登りを終えると驚くほどに緩やかで平坦な道になる。ブナを見上げ咲き乱れる花々を観ながら進んでゆくと、一気に目の前が開け広大な湿原に飛び出した。池の大沢である。

ここは約100万年前に火山活動で出来たという経ヶ岳の火口源だった場所らしい。広々とした平原からは、この地を取り囲む山頂部や稜線を見上げことが出来るはずなのだが、今日は生憎の曇り空でガスがかかっている。しかし湿原の周囲を包み込んでいるかのような豊かな森は、その大部分がブナの原生林であり、雰囲気が抜群に素敵なところだった。

少し登ると切窓と呼ばれる鞍部に出て経ヶ岳の主稜線に合流した。ここからは笹の生い茂る登山道を山頂へ向けて登ってゆくのだが、壁が立ちはだかるかのような急坂である。道は濡れていてかなり滑って歩き難い。帰路の下り坂を考えると憂鬱になる。

ガスのために殆ど全く眺望を得られないまま山頂に到着した。セルフタイマーで証拠写真だけ撮ったら、山頂のその更に先にある北岳まで足を延ばすことにする。つい先日発生したばかりだという山火事の跡が生々しい。焦げ臭い匂いがあたりに漂っていた。

笹の稜線を快適に歩いてゆくと道端でお一人のハイカーさんが腰を下ろして休憩されている。ピークらしいピークでは無いが北岳の山頂だった。
人に出遭うと思っていなかったので少し驚いたが、ガスで残念ですね、と話しかけてみると、こういう雰囲気はかなり好きだと仰る。そしてこのガスが一気に劇的に晴れてゆく場面に出くわしたりしたら最高だと。この方は福井から来られたMさんという方である。何となく感性が似ていると感じながら山談義に花を咲かせる。立派な一眼レフカメラを首にかけていらっしゃる。

急ぐ旅でもない。しかも風もなく気温も丁度いい具合なので、ゆっくり時間を潰そう。すると時折りガスが流れてゆく瞬間が現れ出す。赤兎山へと続く美稜線などを眺める事が出来た。いつかこの道も歩いてみたいものだと思うのだった。

視界が広がり出した脈々と続いてゆく経ヶ岳の主尾根の風景を楽しみながら経ヶ岳山頂まで戻る。報恩寺山コースで来られ山頂を踏んで戻ってみえたハイカーさんとすれ違いざまに暫く歓談する。北陸の山々をたくさん登っておられる方のようだ。

経ヶ岳山頂から切窓への下りではブナの原生林に囲まれた火口源の湿地帯を俯瞰する。
切窓からは初めて歩く稜線ルートを下山してゆく。笹の稜線がとても美しい。
経ヶ岳の魅力のほんの一部だけを感じた今回の山旅だったが、今度はぜひ天候の良い日に季節を変えて再訪してみたいものだ。
結局下山路を最後までご一緒してくださったMさん。声が擦れてしまうほど沢山のお喋りをしながらの楽しく愉快な山行となった。曇り空だったが気分はとても晴れやかだ。素敵な友ができ嬉しく思うのだった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:280人

コメント

ウリさん、こんにちは。
私も先日訪れた時、山頂稜線の山裾のシルエットが綺麗だなと思って見ていたのですが、やはりあの場所は火山の噴火口だったのですね。
火事の現場はまだ焦げ臭かったですか。けっこう広範囲でしたよね。
当日登山されていた方は下山後に事情聴取されたとか。。
お天気はイマイチだったようですが、知り合った方と楽しく下山されたみたいで素敵な山旅になりましたね(^^)!
2022/6/13 13:23
iamrosenさん、こんにちは。
北陸1日目の山の行き先を検討するとき、先日のローゼンさんのレコを思い出して初めて経ヶ岳に登ってみることにしたんです。
唐谷ルートから登るというチョット捻りを加えてみました。
そうです、ちょうどカルデラの底部が湿原になっていて、その周囲をブナの原生林が取り囲んでるんです。登山道の稜線は外輪山ということになりますね。とてもカッコいい地形ですよね。

火事の原因は何だったのでしょう。笹が広範囲に焼けていて、しかも飛び火したみたいでしたね。怖いですよね。山での火の取り扱いには本当に注意です!

霧の稜線もステキでしたし、ガスが切れる瞬間はドラマティックで感動ものです。でもやっぱり青空のもと、また訪れたいと思う素晴らしい経ヶ岳でした。
2022/6/13 17:23
Uriさんこんにちは、先日は北岳でお話しさせて頂いた石川のハイカーHSanguです。色々と近江地方のお山の様子を伺うことができて楽しかったです。実は昨年法恩寺山を訪れた際には、偶然hanabanaさんとお会いしてお話しさせて頂いたのですよ。本当に奇遇ですね。でも私は滋賀の山々のレコも拝見しており、大津からお越しということと長身のお姿を拝見して、もしかしたらUriさんなのかなと思ってました。またどこかのお山でお目にかかれればと思います。
2022/6/13 21:20
HSanguさん、こんばんは。

実はこの日のHSanguさんのレコは既に拝見し、山上でお逢いしお話しさせていただいた方だと気づいておりました。
あの時は短い時間でしたが色々気さくにお話ししてくださって有難うございました。

あのような天候でしたので登ってみえる方は少なかったですね。よほどのもの好きの部類と言えるでしょうか、私たちは(笑)。
でも濃い霧が晴れ渡る瞬間もあり、感動的な風景を堪能できましたね。

なんと、我が山友のハナさんと面識がございましたか!世間は狭いものですね。若狭や野坂の山々などHSanguさんの行動範囲にもよく出没していますので、きっとまた山でお目にかかれることでしょう。
またよろしくお願いいたします。
2022/6/13 22:16
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ