また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4461110 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

日帰りアルプス〜悪沢岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年07月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候お天気ナビゲーターでは、15時まで曇り&見晴らし予想はまずまず。てんくらもA。湿った空気が太平洋から流れ込む天気図。本当かなぁ〜。まぁ、一番気になるカミナリは大丈夫。そして、南アルプスは雨でも楽しい。その通り、7時くらいからポツポツ。終日のしっとりの山行き。唯一予想外は、縦走路の強めの風。あれっ、あの気圧配置で?
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沼平ゲートは、午前0時少し前。余裕。天気がためか、小屋開き前だからか。名古屋方面から、往路は島田金谷ICからがお薦め。復路は間違えて富士見峠へ。あー長い、細い、1時間以上走っていてコンビニ無く閉口。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
15:47
距離
65.4 km
登り
4,619 m
下り
4,623 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間59分
休憩
42分
合計
15時間41分
S畑薙ダムゲート前02:3202:53青薙山登山口03:18中ノ宿吊橋04:04聖沢登山口04:13聖岳東尾根入山口04:22牛首峠04:26滝見橋06:08小石下07:50蕨段08:00見晴岩08:49駒鳥池08:5209:03駒鳥池駐車場09:27千枚小屋09:4110:28千枚岳10:3511:22丸山11:2411:54悪沢岳12:0212:18丸山12:44千枚岳13:09千枚小屋13:1113:24駒鳥池駐車場13:2513:30駒鳥池13:57見晴岩13:5814:04蕨段15:02小石下15:0516:25滝見橋16:44牛首峠16:48聖岳東尾根入山口16:54聖沢登山口17:32中ノ宿吊橋17:49青薙山登山口18:12畑薙ダムゲート前18:1318:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
さすがは東海フォレストさんの山小屋のあるコース。ただ、登りはピンテの位置が少し戸惑うことも。まぁ、下を見ながら登る癖があるからか。下りではルーファイの必要はなかった。
千枚岳から丸山は、丸山からピークまでより少し緊張。と言っても、この日同じ時間帯に登ってる人、ゼロ。気温は風速も考慮すれば体感温度は氷点下を有に下回っていたわけで。ちょっと転んでも低体温症になりかねないし。普通のコンディションなら問題ないルートかなぁ。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 カメラ ツェルト ストック

Myアイテム  

Chang_Hsin 重量:-kg

写真

土曜、青空は最高だろうけど、絶対カミナリな天気。
なので、土曜の山行きは早々に諦め。この日出合った千枚小屋のお兄さんも「土曜は近くに落ちまして」と。
土曜の朝7時台から準備するヤツ。遠足前日の子ども状態。
2022年07月02日 07:56撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土曜、青空は最高だろうけど、絶対カミナリな天気。
なので、土曜の山行きは早々に諦め。この日出合った千枚小屋のお兄さんも「土曜は近くに落ちまして」と。
土曜の朝7時台から準備するヤツ。遠足前日の子ども状態。
1
計画では午前2時出立の予定。だけれども、日帰りアルプス〜水晶岳の苦戦、白峰三山の敗退からの学習(?)のもと、出立時刻より車中の仮眠を優先。
2時半、行ってみよう!
2022年07月03日 02:29撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画では午前2時出立の予定。だけれども、日帰りアルプス〜水晶岳の苦戦、白峰三山の敗退からの学習(?)のもと、出立時刻より車中の仮眠を優先。
2時半、行ってみよう!
1
マウンテンバイク、ゲートを通すのに、やや手間取る。初めてのバイク利用で、不慣れの連続。坂バカじゃないし、どれだけ漕いで行けるのだろうか、不安。
2022年07月03日 02:31撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウンテンバイク、ゲートを通すのに、やや手間取る。初めてのバイク利用で、不慣れの連続。坂バカじゃないし、どれだけ漕いで行けるのだろうか、不安。
1
おぉ、赤石岳! カッコいい。次はここだよなぁ。
2022年07月03日 04:23撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ、赤石岳! カッコいい。次はここだよなぁ。
1
さぁ、ここから山登りだっ!
千枚大吊橋。揺れ方が、いい感じ。
ちょっと残念なのは、渡り切った先の道。もうちょい分かりやすくても(いやいや文句は言えない)
ジモティで求めた愛車F1と一緒に。自転車整備が趣味(?)のオジイちゃんが、完璧整備してくれていて。でも、登りは殆どが懸いていた。
2022年07月03日 04:31撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、ここから山登りだっ!
千枚大吊橋。揺れ方が、いい感じ。
ちょっと残念なのは、渡り切った先の道。もうちょい分かりやすくても(いやいや文句は言えない)
ジモティで求めた愛車F1と一緒に。自転車整備が趣味(?)のオジイちゃんが、完璧整備してくれていて。でも、登りは殆どが懸いていた。
1
鉄塔。何故ここがポイントになっているのか不明。吊り橋からここまでは結構な急登。登りは大して気にならなかったけど、下りはちょっとウンザリするほどの傾斜。
2022年07月03日 04:58撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔。何故ここがポイントになっているのか不明。吊り橋からここまでは結構な急登。登りは大して気にならなかったけど、下りはちょっとウンザリするほどの傾斜。
1
岩頭見晴らし。
悪沢岳がすっごく遠くに見える。あんな所まで行けるのかなぁ。そして帰って来れるのか。眺望の堪能以上に不安が・・・。
2022年07月03日 05:27撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭見晴らし。
悪沢岳がすっごく遠くに見える。あんな所まで行けるのかなぁ。そして帰って来れるのか。眺望の堪能以上に不安が・・・。
1
小石谷、と云う所。休暇場所としては良さそう。だけれども、いつもこう云う場所の少し手前で取ってしまう休暇あるある。
2022年07月03日 06:08撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小石谷、と云う所。休暇場所としては良さそう。だけれども、いつもこう云う場所の少し手前で取ってしまう休暇あるある。
地図では湿地になっていたけれども、シダの群生。乾いたちょっとした広場。
2022年07月03日 07:43撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図では湿地になっていたけれども、シダの群生。乾いたちょっとした広場。
蕨段と云う所。
蕨とかに興味ないので、だかどうだか分からないが蕨は無かったような。んっ、いま時期じゃない?
2022年07月03日 07:48撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨段と云う所。
蕨とかに興味ないので、だかどうだか分からないが蕨は無かったような。んっ、いま時期じゃない?
岩頭見晴らしから2時間半歩いて。
悪沢岳、だいぶん大きくなってきた。
この日、出合った人。別々の避難小屋泊で下山してきた山屋さんお二人だけ。お二方とも異口同音に「意外に人が入っていないんですよね」と。
2022年07月03日 07:59撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭見晴らしから2時間半歩いて。
悪沢岳、だいぶん大きくなってきた。
この日、出合った人。別々の避難小屋泊で下山してきた山屋さんお二人だけ。お二方とも異口同音に「意外に人が入っていないんですよね」と。
1
駒取池。随分ちゃんとした池だった。先を急ぐ身としては、辺りまで足を運べず。少し離れた所から動画に収めて。
2022年07月03日 08:55撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒取池。随分ちゃんとした池だった。先を急ぐ身としては、辺りまで足を運べず。少し離れた所から動画に収めて。
7/7標高2,500の標識。
◯/7の示す謎が、漸く解ける。ここから本当にすぐ、千枚小屋。それ以上に「息を整えてゆっくり歩いてください」の言葉が気に入ってしまう。
2022年07月03日 09:26撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7/7標高2,500の標識。
◯/7の示す謎が、漸く解ける。ここから本当にすぐ、千枚小屋。それ以上に「息を整えてゆっくり歩いてください」の言葉が気に入ってしまう。
1
千枚小屋は、先輩と若手の男性お二人が小屋を開く準備中。割れた標識を修理されたりしておられた。富士山がデッカい。玄関の真正面に。霞んだ富士もいいなぁ。
デッカいカメラも今回はお留守番。ザックの中、コンパクトカメラでの撮影もこれ一枚。あとはiphoneだから荒れた写真ばかりに。
2022年07月03日 09:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋は、先輩と若手の男性お二人が小屋を開く準備中。割れた標識を修理されたりしておられた。富士山がデッカい。玄関の真正面に。霞んだ富士もいいなぁ。
デッカいカメラも今回はお留守番。ザックの中、コンパクトカメラでの撮影もこれ一枚。あとはiphoneだから荒れた写真ばかりに。
3
さて、のんびりさんで歩いていた訳では無いけれど、随分予定より遅れてしまった。小屋のお二人に相談。「今日はカミナリの心配は無いし、ここまで来たんだから・・・」「丸山まで行けば、目と鼻の先」「丸山から先、こう云う天気だから雷鳥もいるよ」と、モチベーションアップの言葉を頂き出立。下山し始めまもなく、手前を走る雷鳥に遭遇。
帰路に御礼を、と立ち寄ったがラジオの音はすれどお返事はなし。二年ぶりの小屋開き、お忙しいだろうなぁ。
2022年07月03日 09:43撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、のんびりさんで歩いていた訳では無いけれど、随分予定より遅れてしまった。小屋のお二人に相談。「今日はカミナリの心配は無いし、ここまで来たんだから・・・」「丸山まで行けば、目と鼻の先」「丸山から先、こう云う天気だから雷鳥もいるよ」と、モチベーションアップの言葉を頂き出立。下山し始めまもなく、手前を走る雷鳥に遭遇。
帰路に御礼を、と立ち寄ったがラジオの音はすれどお返事はなし。二年ぶりの小屋開き、お忙しいだろうなぁ。
1
この標識、千枚岳かと思いパシャ。
いやいや、あと10分かぁ。ここに来て漸くの森林限界。稜線からは小赤石岳が精一杯の今日。赤石岳は隠れてばかり。
2022年07月03日 10:18撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識、千枚岳かと思いパシャ。
いやいや、あと10分かぁ。ここに来て漸くの森林限界。稜線からは小赤石岳が精一杯の今日。赤石岳は隠れてばかり。
1
標高2,880m。千枚岳。
森林限界とはいえ、北アルプスと違いハイマツなどが稜線を覆い尽くしている。南アルプスって感じだよなぁ。
2022年07月03日 10:30撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2,880m。千枚岳。
森林限界とはいえ、北アルプスと違いハイマツなどが稜線を覆い尽くしている。南アルプスって感じだよなぁ。
1
千枚小屋のオヤジさんが言っていた。「今年はもうお花畑が満開。このままだと8月のシーズンが心配」と。確かに、小屋辺りから稜線にかけて花は満開。それほどの興味が無いオイラにも分かる。一見して頑張って咲いている。
2022年07月03日 10:32撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋のオヤジさんが言っていた。「今年はもうお花畑が満開。このままだと8月のシーズンが心配」と。確かに、小屋辺りから稜線にかけて花は満開。それほどの興味が無いオイラにも分かる。一見して頑張って咲いている。
1
危ない所に美しい花が咲くもんだなぁ。美しく撮れず、申し訳ない気持ちでいっぱい。
2022年07月03日 10:38撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危ない所に美しい花が咲くもんだなぁ。美しく撮れず、申し訳ない気持ちでいっぱい。
ん?あれがピークか?
と、目指すポイントに。案の定、ピークはその奥、しかもあの岩から結構登った。
ガスを纏っていても、山は綺麗だ。デッカいカメラでちゃんと撮りたかった。
2022年07月03日 10:45撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?あれがピークか?
と、目指すポイントに。案の定、ピークはその奥、しかもあの岩から結構登った。
ガスを纏っていても、山は綺麗だ。デッカいカメラでちゃんと撮りたかった。
1
振り替えると、もう一度だけ富士山が現れる。ピーカンより、こう云う方が良いなぁ。
2022年07月03日 10:58撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り替えると、もう一度だけ富士山が現れる。ピーカンより、こう云う方が良いなぁ。
3
丸山、到着。小屋のオヤジさん「丸山まで行ってピーク行かないなんて、ないよ」と。変哲も無い丸ぁーるい山だけど、3,000m峰。標高3,032mとは。
2022年07月03日 11:23撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山、到着。小屋のオヤジさん「丸山まで行ってピーク行かないなんて、ないよ」と。変哲も無い丸ぁーるい山だけど、3,000m峰。標高3,032mとは。
1
丸山過ぎても、続くお花畑。
あー、曇っていても、雨でも、歩いていて楽しい南アルプスを満喫!
2022年07月03日 11:24撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山過ぎても、続くお花畑。
あー、曇っていても、雨でも、歩いていて楽しい南アルプスを満喫!
着いたぁ。あれ、予定より1時間半も遅れている。まっいいかっ。ただ、風で体温が奪われる。気温は千枚小屋がちょうど10°。標高差で3.7°は低い。だいたい6.3°。風速はmini10m/sだったろうから、氷点下4〜5°より低かったなぁ。ザックから防寒着出すより、下りちゃえ!
誰もいない百名山のピーク。自撮りする事もなく下山を急ぐ。でも、こんなとこで転けてうずくまったら間違いなく低体温症、といつになく真剣。
2022年07月03日 11:54撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたぁ。あれ、予定より1時間半も遅れている。まっいいかっ。ただ、風で体温が奪われる。気温は千枚小屋がちょうど10°。標高差で3.7°は低い。だいたい6.3°。風速はmini10m/sだったろうから、氷点下4〜5°より低かったなぁ。ザックから防寒着出すより、下りちゃえ!
誰もいない百名山のピーク。自撮りする事もなく下山を急ぐ。でも、こんなとこで転けてうずくまったら間違いなく低体温症、といつになく真剣。
2
朝の岩頭見晴らしまで戻る。もう悪沢岳はガスの中。謂れを確認して、あー、この無駄な登り降りは・・・と思ってしまう。
2022年07月03日 15:30撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の岩頭見晴らしまで戻る。もう悪沢岳はガスの中。謂れを確認して、あー、この無駄な登り降りは・・・と思ってしまう。
千枚大吊橋まで戻ってきた。今日はいつものワラーチを封印していたことが仇になった。時々ロングで起こる膝の不調。登りの遅れを取り戻せとばかり、それも良くなかったのか。更に下山時刻、大幅遅延。
気を取り直しバイクで。驚きは、「落石注意」の近くで「キキッ」と猿の声。と、同時に放物線を描いてこちらに飛んでくる石礫。最後までスリリング。
2022年07月03日 16:17撮影 by iPhone 12 Pro Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚大吊橋まで戻ってきた。今日はいつものワラーチを封印していたことが仇になった。時々ロングで起こる膝の不調。登りの遅れを取り戻せとばかり、それも良くなかったのか。更に下山時刻、大幅遅延。
気を取り直しバイクで。驚きは、「落石注意」の近くで「キキッ」と猿の声。と、同時に放物線を描いてこちらに飛んでくる石礫。最後までスリリング。
1

感想/記録

日帰りアルプス〜悪沢岳

水晶、白峰三山、悪沢。目指してきた日帰りアルプス。
距離58.2Km登り累計2,940m。計画して数年が経ち。

想定外のコースタイムはいつも。けれど充分な達成感。

最も簡単な白峰三山が未達成。まっそのうちリベンジ。
赤石も聖も。南アルプスは日帰りしたい山がいっぱい。

雨にふられるのも
風にふかれるのも
歩くのも
山は楽しい

and wanderな気持ち。山に遊んで貰える南アルプス。



お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:461人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ