また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 453821 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

朝日岳〜三本槍岳〜茶臼岳(峠の茶屋〜三斗小屋温泉大黒屋泊)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年05月24日(土) ~ 2014年05月25日(日)
メンバー
 CEI
天候5月24日 快晴
5月25日 くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
in
 東北道那須インターチェンジ30分
out
 東北道黒磯板室インターチェンジ60分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

2014年05月24日(土)
 0950峠の茶屋駐車場
 1035峰の茶屋(1回目)
 1120朝日岳(朝日肩から往復)
 1140熊見曽根
 1210北温泉分岐
 1240三本槍岳
 1305北温泉分岐
 1330熊見曽根
 1355隠居倉(ランチ休憩)1405
 1430源泉地
 1440三斗小屋温泉大黒屋

2014年05月25日(日)
 0745三斗小屋温泉大黒屋
 0835那須岳避難小屋
 0850峰の茶屋(2回目)
 0930茶臼岳
 1000峰の茶屋(3回目)
 1040峠の茶屋駐車場
過去天気図(気象庁) 2014年05月の天気図 [pdf]

写真

峠の茶屋駐車場。トイレあり。
満車でした。10時前で下山してくる方もいて、少し待つと空きが出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋駐車場。トイレあり。
満車でした。10時前で下山してくる方もいて、少し待つと空きが出ました。
2
登山指導所。
無人でしたが、登山ポストあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山指導所。
無人でしたが、登山ポストあり。
1
那須岳登山口。山の神の鳥居。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須岳登山口。山の神の鳥居。
1
朝日岳。切り立っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳。切り立っています。
8
茶臼岳。裾野を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳。裾野を登ります。
2
峰の茶屋避難小屋。右手は剣が峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋避難小屋。右手は剣が峰。
3
峰の茶屋の手前で雪渓を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋の手前で雪渓を渡ります。
3
峰の茶屋避難小屋。風が強くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋避難小屋。風が強くなります。
1
三斗小屋方面に向かう谷。右手は隠居倉。
谷底には那須岳避難小屋が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋方面に向かう谷。右手は隠居倉。
谷底には那須岳避難小屋が見えます。
3
剣が峰。登山道は右手に巻いていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰。登山道は右手に巻いていきます。
6
雪渓。角度あるトラバースです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓。角度あるトラバースです。
5
振り返って茶臼山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って茶臼山。
7
クサリ場。狭い尾根を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場。狭い尾根を登ります。
5
朝日岳に続く稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳に続く稜線。
5
朝日岳。肩からは5分ほど。
広い山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳。肩からは5分ほど。
広い山頂です。
5
那須の駐車場群。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須の駐車場群。
2
熊見曽根。小さなピークです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見曽根。小さなピークです。
振り返って朝日岳。
北側から眺めるとなだらかに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って朝日岳。
北側から眺めるとなだらかに見えます。
5
1900メートルピーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1900メートルピーク。
5
清水平へのきつい下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平へのきつい下り。
登山道沿いの大きな雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いの大きな雪渓。
1
三本槍岳へ続く笹原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳へ続く笹原。
3
三本槍岳。旭岳へと稜線は続きますが、ここで戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳。旭岳へと稜線は続きますが、ここで戻ります。
5
1900メートルピークからの熊見曽根、茶臼岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1900メートルピークからの熊見曽根、茶臼岳。
3
熊見曽根。三斗小屋温泉に分岐します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊見曽根。三斗小屋温泉に分岐します。
隠居倉への尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠居倉への尾根。
3
狭い稜線の雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い稜線の雪渓。
三本槍岳から北側に続く尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳から北側に続く尾根。
4
隠居倉で短く休憩。スコーン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠居倉で短く休憩。スコーン。
6
隠居倉からはかなり下ります。クサリ場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠居倉からはかなり下ります。クサリ場。
雪渓も少し多めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓も少し多めです。
三斗小屋温泉の源泉地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉の源泉地。
3
源泉地。パイプで三斗小屋温泉まで引湯しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源泉地。パイプで三斗小屋温泉まで引湯しています。
5
ショウジョウバカマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
3
三斗小屋温泉神社。温泉まではすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉神社。温泉まではすぐ。
1
オオバキスミレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバキスミレ。
7
三斗小屋温泉に到着。
煙草屋旅館の中を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉に到着。
煙草屋旅館の中を歩きます。
大黒屋旅館に泊まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒屋旅館に泊まりました。
缶ビール350mlで500円。
沢水でよく冷やされていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
缶ビール350mlで500円。
沢水でよく冷やされていました。
7
岩風呂。もう1つある大風呂と、1時間おきに男女交代制です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩風呂。もう1つある大風呂と、1時間おきに男女交代制です。
6
夕食は17時から。部屋食。
鮭のフライ、豚角煮、とろろなど。
2014年05月24日 17:05撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は17時から。部屋食。
鮭のフライ、豚角煮、とろろなど。
12
夜、囲炉裏でイワナを焼いてました。
宿の方の賄いでしょうか。
2014年05月24日 19:01撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜、囲炉裏でイワナを焼いてました。
宿の方の賄いでしょうか。
8
朝食は6時20分から。部屋食。
温泉タマゴと納豆。
2014年05月25日 06:22撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食は6時20分から。部屋食。
温泉タマゴと納豆。
8
お風呂に入って、7時45分出発。
宿代はチェックアウトに払います。1人9,100円。
2014年05月25日 07:42撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂に入って、7時45分出発。
宿代はチェックアウトに払います。1人9,100円。
4
煙草屋旅館。隣り合っています。
2014年05月25日 07:44撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙草屋旅館。隣り合っています。
2
タチツボスミレ。
2014年05月25日 07:45撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
1
ちょっと霞んでいます。
2014年05月25日 07:49撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと霞んでいます。
2
延命水。豊富な水量です。
2014年05月25日 08:09撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延命水。豊富な水量です。
1
サンカヨウ。
2014年05月25日 08:16撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ。
8
沢を橋で渡ります。
2014年05月25日 08:24撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を橋で渡ります。
雪渓。
三斗小屋温泉から那須岳避難小屋までは雪が残り、泥濘もありました。
2014年05月25日 08:32撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓。
三斗小屋温泉から那須岳避難小屋までは雪が残り、泥濘もありました。
那須岳避難小屋。この先で森林限界を超えます。
2014年05月25日 08:34撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須岳避難小屋。この先で森林限界を超えます。
2
谷をトラバースして峰の茶屋に上がっていきます。
2014年05月25日 08:43撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷をトラバースして峰の茶屋に上がっていきます。
1
峰の茶屋から茶臼岳に向かいます。
風強めです。
2014年05月25日 09:01撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋から茶臼岳に向かいます。
風強めです。
2
茶臼岳の山腹から。
昨日歩いた隠居倉への稜線。
2014年05月25日 09:22撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳の山腹から。
昨日歩いた隠居倉への稜線。
2
茶臼岳山頂。那須岳神社。
2014年05月25日 09:29撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳山頂。那須岳神社。
5
茶臼岳山頂。10分ほどでお鉢めぐりができます。
2014年05月25日 09:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳山頂。10分ほどでお鉢めぐりができます。
5
砂浜のような広場。茶臼岳の北面。
2014年05月25日 09:49撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浜のような広場。茶臼岳の北面。
1
峰の茶屋から朝日岳にかけて。
2014年05月25日 09:59撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋から朝日岳にかけて。
3
茶臼山の噴煙。
2014年05月25日 10:00撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山の噴煙。
1
朝日岳。峰の茶屋から下山中。
2014年05月25日 10:17撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳。峰の茶屋から下山中。
4
登山口に戻ってきました。
2014年05月25日 10:35撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきました。
2

感想/記録
by CEI

■アプローチ
東北道で5km20分ほどの事故渋滞に捕まりましたが、全体的に道路はまずまず順調。
那須インターチェンジから30分ほど那須岳に向かって上がっていきます。
ロープウェイ乗り場を過ぎ、道の突き当たりの峠の茶屋駐車場に9時30分ごろ到着。
駐車場は満車。路肩までクルマが停まっていましたが、ちらほらと下りてくる人がいて、空いたところに入れることができました。
トイレあり。駐車場すぐ上の登山指導所に登山ポストがあります。

■峰の茶屋跡
茶臼岳と朝日岳のあいだの大きな谷を登ります。
道はなだらかでよく整備され、多くの人が歩いています。
右手には朝日岳が大きくそびえます。ピラミダルな岩稜で、切り立ったところに人が取り付いて登っていて、クライミングしているかのように見えました。

雪渓を渡ったあたりから風が強くなってきます。
峰の茶屋跡避難小屋に到着。茶臼岳、朝日岳、牛ヶ首、三斗小屋温泉へと続く道が交差しています。
多くの人が強い風に吹かれながら、茶臼岳あるいは朝日岳に向かっていきます。
牛ヶ首、三斗小屋温泉に向かう人はあまりいないようでした。

■朝日岳
小さなピークの剣ヶ峰を右に巻いて、稜線に出てクサリを伝って歩きます。狭くてスリルがありました。
朝日肩まで来ると山頂はすぐそこ。ガレた尾根を5分ほど登って、朝日岳の山頂に到着。
下から見上げたほど難しい道ではありませんでした。
山頂から正面に茶臼岳、反対側に三本槍岳がきれいに見えます。

■三本槍岳
朝日肩まで戻り、熊見曽根、1,900メートルピークを越えます。ここを下ると湿地帯に木道が整備されている清水平。
北温泉分岐を過ぎ、クマザサやハイマツが繁っている道を歩いて三本槍岳に。
少しだけ泥濘がありました。
三本槍岳の山頂は広く、休んでいる人が多くいました。
会津や甲子、二股温泉に続いている山々をずっと見渡せました。

■隠居倉
三本槍岳で引き返し、清水平、1,900メートルピークを辿って、熊見曽根まで戻ります。
小さなアップダウンですが、往路よりも足が疲れていてきつく感じました。
熊見曽根で分岐し、隠居倉、三斗小屋温泉に向かいます。
山深い道となり、切り立ったザレ場や雪渓がありますが、歩きやすいです。

隠居倉では10分の小休止。スコーンをいただきます。
三本槍岳より北の山が良く見えました。
ここまで歩いた道を辿ってくる人も見えます。
一緒に三斗小屋温泉に泊まる人たちかと思われます。

隠居倉からロープ場、クサリ場がある急な下りを経て、緩やかになると源泉地。
硫黄の匂いが漂い、煙が盛んに噴出しています。
三斗小屋温泉は、ここからパイプで引湯しているようです。

温泉神社を過ぎて階段を下りて三斗小屋温泉に到着。
煙草屋旅館と大黒屋旅館が並んでいます。どちらも日帰り入浴は受けていません。
先に到着した多くの人がくつろいでいました。

■三斗小屋温泉大黒屋
大黒屋旅館にチェックイン。山小屋ではなく旅館で、支払いは翌朝。2人で6畳間の個室。清掃も行き届いています。
お風呂は大風呂と岩風呂があって、1時間おきの男女交代制。
山の途中で温泉に入浴できるのはなんとも嬉しいです。

缶ビール(350ml500円)を飲んでくつろぎ、17時から部屋で夕食をいただきます。

消灯21時で、朝食は6時20分。
最後にもう一度お風呂に入って7時30分に出発しました。
1泊2食9,100円。満足できる滞在でした。

なお、音が響くので防音グッズがあるといいかと思います。

■茶臼岳
2日目の天候はくもり気味。
三斗小屋温泉から峰の茶屋跡に向かいます。
雪渓が多く、ぬかるんでいるところもありました。
沢を渡り、那須岳避難小屋から登り始めます。
森林限界を越えると、大きな谷をトラバースして峰の茶屋跡まで登ります。

峰の茶屋跡は昨日よりも風が強く、後ろから風に押されて登るのがラクなくらいです。
ロープウェイも運転見合わせ中とのことです。
風があっても多くの人が峠の茶屋から登ってきていました。
茶臼岳のお鉢めぐりをして、峰の茶屋跡に戻り、そして峠の茶屋駐車場まで下りました。

■まとめ
特に初日は天候に恵まれ、大黒屋さんには快適に滞在することができました。
5月24日(土)の行程は4時間50分。休憩は10分。17,000歩。
5月25日(日)の行程は2時間55分。休憩なし。11,500歩でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1490人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ