また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4692709 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 栗駒・早池峰

早池峰と五葉を結ぶ分水嶺 箱根峠〜土倉峠〜仙人峠(釜石の峠をつなぐやぶの稜線歩き)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年09月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち霧雨
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
釜石線の陸中大橋駅に駐車.駅前に大きな駐車場がある.
始発の盛岡行きに乗り次の駅の上有住駅で下車.220円.
分水嶺を歩き陸中大橋駅に戻った.
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:17
距離
14.3 km
登り
978 m
下り
1,122 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
1時間17分
合計
7時間16分
S上有住駅05:5106:55箱根峠06:5708:45989.4m峰09:1009:43874m峰09:4809:57834m三角点10:0010:06土倉峠10:2311:011010m三角点11:29送電線鉄塔11:3011:37仙人峠11:5112:20中仙人茶屋12:3013:07陸中大橋駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 箱根峠に向かう車道は通行止だが崩壊箇所はなく歩くには問題なし.途中,大きくカーブする場所では近道をした.

 分水嶺最初の841.6m峰の南側は広範囲に伐採されており歩くのが大変そうだったので西側の電波塔に向かう車道で巻いた.巻き終わった地点から分水嶺に入るがやぶは薄く踏み跡もある.また車道に出て電波塔の脇を通り笹やぶに入る.989.4付近は胸高の笹やぶで踏み跡も不明瞭で今回のコースでは最もやぶが濃い.ここから北に向かうにつれて笹は低くなり踏み跡も部分的に明瞭になり歩きやすくなる.土倉峠の西側の917m峰付近は痩せ尾根で岩が多いがやぶはなく歩きやすい.1010m峰から送電線鉄塔までは西側に巻き道がある.踏み跡は交錯し分かりにくい場所もあるがやぶは薄いので適当に歩く.仙人峠からは昔の街道跡で歩きやすい.
過去天気図(気象庁) 2022年09月の天気図 [pdf]

写真

5:24 陸中大橋駅.駅前に大きな駐車場がある.
2022年09月17日 05:24撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:24 陸中大橋駅.駅前に大きな駐車場がある.
5:25 陸中大橋駅.ここから乗ったのは私だけ.
2022年09月17日 05:25撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:25 陸中大橋駅.ここから乗ったのは私だけ.
5:48 上有住駅で一人だけ下車する.
2022年09月17日 05:48撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:48 上有住駅で一人だけ下車する.
5:48 上有住駅から歩き出す.
2022年09月17日 05:48撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:48 上有住駅から歩き出す.
5:58 箱根峠へ向かう車道は入口で通行止.
2022年09月17日 05:58撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:58 箱根峠へ向かう車道は入口で通行止.
6:57 箱根峠に着いた.
2022年09月17日 06:57撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:57 箱根峠に着いた.
6:58 北側の分水嶺上にある電波塔に行く車道に入る.
2022年09月17日 06:58撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:58 北側の分水嶺上にある電波塔に行く車道に入る.
7:20 841.6m峰を巻き終わった740m地点から右側の分水嶺に入る.
2022年09月17日 07:20撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:20 841.6m峰を巻き終わった740m地点から右側の分水嶺に入る.
7:25 笹は低く歩きやすい.踏み跡もある.
2022年09月17日 07:25撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:25 笹は低く歩きやすい.踏み跡もある.
7:51 やぶは薄く両手を使うような場所はほとんどない.
2022年09月17日 07:51撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:51 やぶは薄く両手を使うような場所はほとんどない.
8:16 990m峰山頂付近に点在する電波塔.
2022年09月17日 08:16撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:16 990m峰山頂付近に点在する電波塔.
8:19 電波塔は5〜6あった.
2022年09月17日 08:19撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:19 電波塔は5〜6あった.
8:22 989.4m峰に向かう分水嶺は笹やぶ.踏み跡はかすかにあるが笹に覆われている.
2022年09月17日 08:22撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:22 989.4m峰に向かう分水嶺は笹やぶ.踏み跡はかすかにあるが笹に覆われている.
1
8:52 989.4m峰山頂.この付近の笹は胸高で小雨も降っているので辛い.踏み跡も不明瞭で三角点は見つけられず.
2022年09月17日 08:52撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:52 989.4m峰山頂.この付近の笹は胸高で小雨も降っているので辛い.踏み跡も不明瞭で三角点は見つけられず.
1
9:18 雨の中のやぶ漕ぎが続く.
2022年09月17日 09:18撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:18 雨の中のやぶ漕ぎが続く.
1
9:23 赤マーキングがあった.
2022年09月17日 09:23撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:23 赤マーキングがあった.
9:23 笹やぶが続くが背丈が低くなってきた.
2022年09月17日 09:23撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:23 笹やぶが続くが背丈が低くなってきた.
9:28 笹は膝下になり歩きやすくなった.
2022年09月17日 09:28撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:28 笹は膝下になり歩きやすくなった.
9:44 874m峰山頂.石標あり.
2022年09月17日 09:44撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:44 874m峰山頂.石標あり.
9:44 この辺のやぶは薄い.
2022年09月17日 09:44撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:44 この辺のやぶは薄い.
10:00 834mの三角点.
2022年09月17日 10:00撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 834mの三角点.
10:00 やぶが薄く歩きやすい.
2022年09月17日 10:00撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 やぶが薄く歩きやすい.
10:07 土倉峠.
2022年09月17日 10:07撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:07 土倉峠.
10:07 境界見出標があった.
2022年09月17日 10:07撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:07 境界見出標があった.
10:52 ここから1010m峰に続く稜線は次第に痩せてくる.
2022年09月17日 10:52撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:52 ここから1010m峰に続く稜線は次第に痩せてくる.
11:01 1010m峰の山頂直下に地籍図根三角点があった.
2022年09月17日 11:01撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:01 1010m峰の山頂直下に地籍図根三角点があった.
11:01 晴れていれば気持ち良さそうな稜線だが.
2022年09月17日 11:01撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:01 晴れていれば気持ち良さそうな稜線だが.
11:30 送電線鉄塔.晴れていれば展望は良さそう.
2022年09月17日 11:30撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:30 送電線鉄塔.晴れていれば展望は良さそう.
11:39 仙人峠に着いた.
2022年09月17日 11:39撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:39 仙人峠に着いた.
11:39 仙人堂跡の案内板.
2022年09月17日 11:39撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:39 仙人堂跡の案内板.
11:49 祠がある.
2022年09月17日 11:49撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:49 祠がある.
11:52 昔の街道を下る.
2022年09月17日 11:52撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:52 昔の街道を下る.
12:04 所々倒木がある.
2022年09月17日 12:04撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:04 所々倒木がある.
12:12 秋も良さそうだ.
2022年09月17日 12:12撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:12 秋も良さそうだ.
12:21 中仙人茶屋の案内板.
2022年09月17日 12:21撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:21 中仙人茶屋の案内板.
12:21 祠と昔に使われた石製水槽がある.
2022年09月17日 12:21撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:21 祠と昔に使われた石製水槽がある.
12:34 苔むした石積み跡がいい雰囲気.
2022年09月17日 12:34撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:34 苔むした石積み跡がいい雰囲気.
12:55 杉の植林の中に入った.
2022年09月17日 12:55撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:55 杉の植林の中に入った.
13:03 歩道は最後に橋を渡る.
2022年09月17日 13:03撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03 歩道は最後に橋を渡る.
13:04 ここは新奥の細道.
2022年09月17日 13:04撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:04 ここは新奥の細道.
13:05 廃屋がある.
2022年09月17日 13:05撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05 廃屋がある.
13:06 国道の橋の下に庚申塔などの石碑群があった.
2022年09月17日 13:06撮影 by DC-TX2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:06 国道の橋の下に庚申塔などの石碑群があった.

感想/記録

 早池峰山から五葉山に至る分水嶺歩きの続きの山行.先週,五葉山北側の919m鞍部から愛染山を経由し箱根峠まで歩いたので,今回は箱根峠から北上する分水嶺を歩く計画を立てた.

 今回のコースは分水嶺の起点となる箱根峠から電波塔のある990m峰までは車道があり仙人峠からは歩道がある.しかもこの分水嶺の下には釜石線が通っておりスタート,ゴール地点には駅があり都合よく利用できる.

 分水嶺に登山道はなく989.4m峰付近は胸高のやぶで煩わしいが,北に向かうにつれて笹は低くなり両手を使わなければならないようなやぶはほとんどなくなる.踏み跡も明瞭になってきて歩きやすくなる.989.4m峰付近の笹も比較的細いので通過を躊躇うような場所はあまりない.

 最初の計画では仙人峠から先の分水嶺も歩こうと思っていたが,小雨が降ってきたことや仙人峠の北側の笹は濃くなりそうだったので止めた.とりあえず仙人峠から五葉山を経由し陸中尾崎灯台までの分水嶺が繋がったので良しとした.ここの分水嶺は後半の一部を除き山レコ初トレース. 

 ここから南に続く分水嶺山行:
早池峰と五葉を結ぶ分水嶺 919m鞍部〜愛染山〜箱根峠(五葉山から北に続ける)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4664644.html
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:81人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ