また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 47060 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日高山脈

日高山脈 東西稜線

情報量の目安: D
-拍手
日程 2002年05月03日(金) ~ 2002年05月06日(月)
メンバー
天候雨後半晴れる
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

5月3日(金)
シューレルカシュペ沢入水9:30
三角点ピークを越えて  17:50

起きると7時30分、ガチョーんの寝坊。向井さんへのお礼もそこそこに大狩部を発つ。新冠の道の駅前の駐在所に計画書を提出し、の最終部落を経由して新冠ダムへの林道を行く。

シューレルカシュペ沢より入山、なんもの河原を全装で遡っていく。SUNNTOの腕時計が示す高度はかなり正確で、地図読みの不安もない。雪渓が出てくるコンタ  あたりの滝は右岸を巻いた。踏み跡らしきものあり。山靴に替えてコンタを稼ぎ、視界が開けてくる。新冠湖が見えてはゆっくり休憩を取り、新冠富士から南西に伸びる尾根に出る。コンタ1400あたり。雪の廊下を歩いて新冠富士へここからは踏み跡を辿って三角点ピークだが初日ゆえの疲労で駒が進まない。計画では最低コルまでだが、18時前にテン場を切った。三角点ピークを越えたあたりと読んだがどうなのだろうか?
白飯にレトルトをかけての夕食はとてもわびしいが、適度な緊張感もあってか淡々と事を進める。8時過ぎには寝袋に入った。

5月4日(土)雨のナメワッカ越え
4:45デッパ15:00ナメワッカ分岐手前
ガスガスの朝、棒ラーメンと昨日の残り飯を食べて出発。ほどなく霧雨となりイドンナップ岳の大きな看板出てくるがこれが三角点ピークなのか。視界は100㍍くらいか。地図読みに不安はなく、悪コンディションなりにも歩をすすめる。最低コルからは雪がまったくないがひどいブッシュになやまされることなく、かすかな踏み跡をガッツで登る。 からは広い尾根を地図とコンパスをしっかり見て広い尾根もだんだん細くなり、藪こぎを交えつつ  ナメワッカのピークに立つ。ピオレ山の会のデポ旗だけ残るただのポコだ。踏み跡は国境稜線へ続いている。
疲労が歩みを進めさせてくれず、せめて現在地を確認できるところまでがんばろうかと気だけは張っているが15時を合図に稜線上にテントを張ることにする。段差のある床と風が強いので不快なテント生活。重荷狭いテント内が原因だろう。左腰の感覚がない。やれやれって感じ。風邪だけは引くまいとジャージを脱いで寝袋に入る。小一時間横になって、夕飯の準備をする頃、にわかにガスが晴れて現在地が確認できる。国境までまだまだあるも春別岳、カムエク主峰、南西稜がドカンと見える。ふるチン・裸足のいでたちでカメラを構えた。めしは今日もレトルトだ。そそくさと食べて茶も飲まずに7時過ぎに就寝。風が強く、何度も時計を見る孤独な夜だった。

5月5日(日) ついに国境稜線 視界もバッチリ
起きると月明かりが見える。北側はガスが低いが南側は晴れ。1839峰、ヤオロまで見渡せる。国境までの出だしの稜線はハイマツブッシュで北斜面をトラバースする。いい加減で直上して稜線に乗ろうするが足に力が入らず、ピッケルと潅木にしがみ付きながらの登高。なんとも情けなし。分岐の手前のハイマツをすこし漕いで念願の国境に立つ。札内、勝幌がずいぶん遠くに見える。しばしエサオマンはガスの中。
南下してくる登山者とすれ違う。札内JPに濡れたもの(山靴、靴下など)を広げてエサオマンを往復。身体も軽く散歩気分  いよいよゴールの勝幌が射程に入ってくる。

札内までは順調に行くも、札内の下りはグサグサの不調。疲れがたまってきた。

5月6日(月) 十勝幌尻に到着 感動の十勝平野  ヒッチ成功 はげ天 あげまんじゅう 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1938人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ