ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 472307 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

栗駒山(裏掛けコース)

日程 2014年07月01日(火) [日帰り]
メンバー
天候午前中は時々、小雨。視界は不良。午後からは回復傾向。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今回は妻が夏休みで、登山口まで車で送って貰いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:19 いこいの村、8:40 徒渉点、10:35 ドゾウ沢、11:11 雪渓No2、11:33 雪渓No3、11:42 雪渓No4、11:59 雪渓No4脱出、12:25 瑞山木道入り口、12:53 東栗駒分岐、13:40 頂上、14:00 下山開始、15:15 いわかがみ平駐車場
コース状況/
危険箇所等
 ドゾウ沢までは危険箇所が無いと思われます。只ドゾウ沢は岩手・宮城内陸地震で崩れたとこなので、要注意に超したことは無いでしょう。
 雪渓が大小含めて、4から5カ所在るので、視界が無いときは慣れてない方はかなり道に迷う危険があります。
過去天気図(気象庁) 2014年07月の天気図 [pdf]

写真

いこいの村は、解体が大分進みました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いこいの村は、解体が大分進みました。
いこいの村の解体中と道路の反対側の頂上側に登山道への入り口があります。しかし目立ちません。沢へ降りる感じです。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いこいの村の解体中と道路の反対側の頂上側に登山道への入り口があります。しかし目立ちません。沢へ降りる感じです。
1
 ここは多分、本来の裏掛けコースを来るとここへ出るものと思われます。
 しかし、一番最初のスノーシェードですか、そこから入ることは出来ません。
 そこからいこいの村まで歩きました。最初から疲れました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 ここは多分、本来の裏掛けコースを来るとここへ出るものと思われます。
 しかし、一番最初のスノーシェードですか、そこから入ることは出来ません。
 そこからいこいの村まで歩きました。最初から疲れました。
 登りは長靴なので、徒渉点は平気です。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 登りは長靴なので、徒渉点は平気です。
1
夫婦岩?
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦岩?
これはなんだったでしょうか?去年登った高松岳であったような気がします。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはなんだったでしょうか?去年登った高松岳であったような気がします。
ギンリョウソウが至る所にありました。ドゾウ沢手前まで。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウが至る所にありました。ドゾウ沢手前まで。
1
美味しそう。でも食べられるんでしょうか?
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しそう。でも食べられるんでしょうか?
1
ダケカンバ。倒れて道をふさいでます。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバ。倒れて道をふさいでます。
1
ツクバネソウ。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクバネソウ。
2
No1の雪渓。ここは難なくクリア。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No1の雪渓。ここは難なくクリア。
上部から撮りました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部から撮りました。
 雪渓と岩手・宮城内陸地震で崩れたとこが見えてきました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 雪渓と岩手・宮城内陸地震で崩れたとこが見えてきました。
 この辺は虫が多かったです。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 この辺は虫が多かったです。
ヒメコザクラ。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメコザクラ。
2
この粘土が土砂崩れの原因なんでしょうね。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この粘土が土砂崩れの原因なんでしょうね。
1
ドゾウ沢の上部。雪渓です。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドゾウ沢の上部。雪渓です。
同じ雪渓。ここは歩きません。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ雪渓。ここは歩きません。
しかし、雪渓のNo2。ここで少し悩みました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、雪渓のNo2。ここで少し悩みました。
3
なんとかクリア。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかクリア。
本当の大雪渓はこれからですが、知りませんでした。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当の大雪渓はこれからですが、知りませんでした。
ここが3番目の雪渓で、大きく時間をロス。一時は引き返すことも考えました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが3番目の雪渓で、大きく時間をロス。一時は引き返すことも考えました。
1
真ん中付近に引き返す道が見えます。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中付近に引き返す道が見えます。
2
ここまで来ると安心ですが、雪渓に印が欲しい。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ると安心ですが、雪渓に印が欲しい。
雪渓の上の方、岩が見えますが、あそこより上まで行ってきました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の上の方、岩が見えますが、あそこより上まで行ってきました。
1
ここからは安心して、写真を撮りました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは安心して、写真を撮りました。
4
 笊森避難小屋。雪渓No3で迷ったときもこれが近くにあるので、GPSで見たときですが、少しだけ安心でした。
 しかし視界無し。結構怖かったですね。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 笊森避難小屋。雪渓No3で迷ったときもこれが近くにあるので、GPSで見たときですが、少しだけ安心でした。
 しかし視界無し。結構怖かったですね。
2
サラサドウダン。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダン。
2
No4最後の雪渓。ここは幅が狭いので、単に上方向に登りました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No4最後の雪渓。ここは幅が狭いので、単に上方向に登りました。
最後の雪渓が終わると、花畑。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の雪渓が終わると、花畑。
3
笊森避難小屋が小さくなりました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笊森避難小屋が小さくなりました。
2
ちとう。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちとう。
しかし道案内がこれですからね。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし道案内がこれですからね。
1
ミネザクラ。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネザクラ。
1
アカモノ。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノ。
2
オノエラン。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オノエラン。
3
ここまで来ればもう安心です。ここでも電話が通じません。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ればもう安心です。ここでも電話が通じません。
道が修理されてます。ここは有り難いですね。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が修理されてます。ここは有り難いですね。
頂上から。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から。
1
ハクサンチドリ。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
2
頂上で長靴から、履き替えました。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上で長靴から、履き替えました。
 帰りは天気も回復。頂上から妻へ電話でいわかがみ平へ迎えを頼みました。
 15時頃にいわかがみ平駐車場着と思ってましたが15分オーバー。いわかがみ平へ着いたとき、妻が向かえに来て、ジャストオンタイム。
2014年07月02日 01:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 帰りは天気も回復。頂上から妻へ電話でいわかがみ平へ迎えを頼みました。
 15時頃にいわかがみ平駐車場着と思ってましたが15分オーバー。いわかがみ平へ着いたとき、妻が向かえに来て、ジャストオンタイム。
6
Aは裏掛けコースの入り口ですが、現在は使えません。実際はいこいの村からです。
Bはドゾウ沢。
Cは大雪渓が有ります。迷いました。
Dは瑞山コース、笊森避難小屋への分岐ですが、刈払いをしてませんので、行けません。
2014年07月02日 01:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Aは裏掛けコースの入り口ですが、現在は使えません。実際はいこいの村からです。
Bはドゾウ沢。
Cは大雪渓が有ります。迷いました。
Dは瑞山コース、笊森避難小屋への分岐ですが、刈払いをしてませんので、行けません。
4

感想/記録
by isam

 今回の山行きでは、まず登山口の入り口が違っていたこと。実際はいこいの村から入った。その分余計に最初から歩いた。
 No3の大雪渓では、視界不良。一瞬引き返すことも考えた。その際、唯一の頼りがGPS。雪渓では、視界が効かないと、雪渓の出口が分かりません。これが結構不安ですね。焼石の場合は、足跡でもたどれますが、ここはそれも出来ません。
 それ以外は、特に問題ないと思いました。登りは長靴で良かったように思います。

 頂上では、着いたときは誰も居なかったのですが、暫くすると須川温泉の方から3人ばかり登ってきました。その中の1人は、朝、姫神山へ登ってから来たそうです。100名山を登ってると言うことでした。今は200名山を挑戦中と言うことでした。自分には無理です。

 それと今回はカメラを2度落としてしまいました。1度はドゾウ沢で水没。もう一度は東栗駒への分岐点で。しかしカメラがタフなので大丈夫そうです。何故かカラビナなら外れてしまいました。

訪問者数:2225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/18
投稿数: 152
2014/7/2 7:12
 気になるコース。
isamさんはじめまして 裏掛けコースは、正規なルートとしては未体験です。栗駒手始めの頃、栗駒山山頂から下山中雷雨に合い 、笊森避難小屋分岐に立てられていた「瑞山本道」の古い標識付近からルートを修正し、沢を下降して悪戦苦闘してシェルター(山脈ハウスDI近くの)にエスケープした苦い経験がありました。昨年の開通を聞いてから非常に気になっていましたので天気の良い日に 行きたいと思います。笊森避難小屋も泊まって見たいですね 。貴重なレポート有り難いです 。それにしても残雪多いですね
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2014/7/2 9:21
 Re: 気になるコース。
bandana55さん、コメント有り難う御座います。
 地元に住んでいるので、栗駒を満喫したいと、各ルート挑戦中です。まだまだ歩いてないルートがあります。いずれもピストンは厳しいルートですので、帰りは中央コースを帰るルートになると思います。
 雷雨は怖いですね。雷を避けるものも無いし、徒渉点の水は急に増えます。
裏掛けコースは天気さえ良ければ、それ程困難でも無いようです。焼石の中沼コースとほぼ同じ感じですかね。
 雪渓だけは注意して、道を見落とさないようにすれば、大丈夫と思います。
登録日: 2011/11/6
投稿数: 475
2014/7/2 22:19
 こんばんは
今時期の裏掛コースの雰囲気はこんな感じなんですね。昨年歩いた時もドゾウ沢付近はわかり辛かったので、マーキングのある岩が雪渓に隠れてたりするこの時期は道迷いに注意必要ですね。
写真4番の所は去年はもっと開けてた感じがします。だいぶ薮が増えてるように見えます。いこいの村の解体はだいぶ進んだみたいですね。思い出のある場所でもあるので、ちょっと寂しいかな
登録日: 2012/7/25
投稿数: 271
2014/7/3 0:48
 Re: こんばんは
syasyuさん、コメント有り難う御座います。
 裏掛けコースは健脚向きとありましたので、少し心配でした。自分は貧脚(?)な者ですのでね。(^0^)
 感じとしては、焼石の中沼コースと同じ程度かなあ、と感じました。只ピンストンはしたくないですね。結構長い感じですしね。今回は妻の協力があって、達成したので、自分の実力では無いですね。ピンストンできないと実力では無いかも知れません。
 ドゾウ沢は震災の後がそのままで、気持ち悪いですね。でも岩に印があってそれを目印にできます。
 問題はドゾウ沢から先の雪渓です。視界があれば、出口が見えるかも知れませんが、今回は視界不良。出口が分かりませんでした。竹串が何本か在ればかなり助かりますね。
 いこいの村はもうじき、解体が終了するようです。7月一杯が工期のようです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ