ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 4910964
全員に公開
ハイキング
奥武蔵

加治丘陵(東青梅起点で入間市豊岡で投了)

2022年11月12日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
08:02
距離
26.8km
登り
391m
下り
477m
歩くペース
標準
1.11.2
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:49
休憩
1:13
合計
8:02
7:09
42
7:51
8:26
15
8:56
8:56
9
9:05
9:08
110
10:58
10:58
19
11:17
11:19
6
11:25
11:26
9
11:35
11:42
25
12:15
12:15
14
12:29
12:29
14
12:43
12:55
40
13:35
13:35
40
14:15
14:26
44
15:10
15:10
1
15:11
ゴール地点
天候 くもり時々晴れ
https://tenki.jp/past/2022/11/12/satellite/japan-near/
過去天気図(気象庁) 2022年11月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車
往路:新宿駅am600発〜立川駅am632着、am637発〜東青梅駅🚉am707着

帰路:入間市駅311pm発ちちぶ30号 改札で先行してたお兄さんがホームで券売機に向かって駆けていったので、倣いました。ラビュー^^
https://www.seiburailway.jp/railways/laview/pdf/pamphlet_201902.pdf
〜池袋駅343pm着
コース状況/
危険箇所等
●東青梅駅〜塩船観音〜金子小学校
駅北口のwcに寄って、東進してすぐ左のFamMaで軽食を調達します。

青梅市霞丘陵マップ https://www.omekanko.gr.jp/wph8gq9w/wp-content/themes/omekanko/images/pdf/ome_map_ja_03.pdf
の青線を辿って、 ̄船観音 http://shiofunekannonji.or.jp/rekishi.html
http://shiofunekannonji.or.jp/assets/map_b.jpg
に参拝します(写真1〜3を参照。)山門に戻って、神明社前の分岐を左折して桃色の山根通り(基本、歩車分離ですが、歩道が斜めって、歩きづらい。。)を東進します。

木野下BS先を右折して、五反田橋で霞川を渡って、青線を東進します。この辺りの霞川の両岸は、田圃が広がってたのかもしれませんが、今は、田圃は僅かです(写真4、5を参照。)農作業の車くらいしか通らず、のんびり歩けます。突き当りを右折して、信号を直進して、藤橋城跡でしばし妄想します(笑。)

霞川沿いをのんびり東進します。一部、車道を歩きますが、基本、自動車の入ってこない河岸の遊歩道(写真6を参照)を歩きます。県道63号出会いで青梅市から入間市木蓮寺に入って、霞川左岸を離れて県道を東進すると、すぐに右手にFamiMaがあるので、排水したり、給水したり。FamiMa脇の細道を南に向かうと、霞川左岸の遊歩道に復帰します。JR八高線を潜って、暫く進んで、西三ツ木で金子中学校と金子小学校(写真7を参照)が向き合う交差点を左折します

●金子小学校〜金子神社〜八幡神社
ふれあい茶ん歩道コース5 https://www.city.iruma.saitama.jp/material/files/group/22/5tyabatake.pdf
の赤線を辿ります。トラスト保全第6号の森 https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/141465/trust2022_06.pdf
は、手を入れ過ぎずに、ほどよく整備されてます(写真8を参照、ありがたやっ。)フツーの山道(赤土で滑ったり、沢床みたくごろごろ礫路面を歩いたり)です

金子神社に畏み畏み参拝したら、道を踏み外してw、鎌倉街道推定路(写真9〜15を参照)を探索します。ま、「自分の問題」なので、神社以北のgpxは、無視してください(楽しいことは一つもありません。他人には全く勧めません。)なお、金子神社の北の登山路脇の高みに四等三角点があります。わかる人がわかれば、いいからねっ、て感じのテープを辿って、ちょと登るだけ

金子神社方面に戻って、金子神社東の分岐に佇む道標「←八幡神社」に従って左折して、簡易林道みたいな路面を歩きます。林相は、トラスト保全第6号に劣るかも

●八幡神社〜桜山展望台〜入間市駅
神社から石段をとんとん下って、鳥居で舗装路に降り立ったら、左に向かいます。神妙に車道を渡って、ちょと登った先の変則四差路だか五差路を左に入って、ちょと登ると、「桜山展望台→」の大きな案内が出てるので、右の急坂(舗装路です)をひいひい登ります。ふれあい茶ん歩道でいうと、この辺りで、コース5からコース4 https://www.city.iruma.saitama.jp/material/files/group/22/4kazikyuryou.pdf
へ移る、というわけです。道標に表記された番号は、入間市加治丘陵マップ https://www.city.iruma.saitama.jp/soshiki/toshikekakuka/shizen_koen/7/658.html
に示されてます。神levelの地図です、入間市、えらいっ^^

桜山展望台で360度の景色(写真16、17を参照)をほう、と眺めたら、元自転車道(南路)をとっとこ仏子駅方面に下ります。武蔵野音大脇で車道に飛び出したら、ちょと下って、BS脇を右に切り返すように登って、コース4からコース1 https://www.city.iruma.saitama.jp/material/files/group/22/1satoyama.pdf
へ移ります。序盤、フツーの住宅地を何だかな、と抜けて、八津池(写真19を参照)に寄ってから、豊岡へ向かいます。道標的には、「高倉寺→」方面に向かって、フツーの山道を歩いたり、車道脇を歩いたり。国道468号を渡って、右へ。やがて、左に切り返す分岐に進入して、畑を貫く砂利道(写真20を参照)を歩きます。

高倉寺に参拝して、民家を抜けて、国道16号を神妙に渡り(横断歩道ありません)、豊高橋で霞川を渡って、しばし右岸を歩いた後、河岸を離れて、アイポットに向かいます。入間市豊岡1の増田園 http://masudaen-honten.co.jp/coupon.html
で、かみさんのみやげに狭山茶を買って^^、入間市駅🚉で投了します
おはよーございます、塩船にて、衆生を救う観音様に登拝します。観音の頭上だけ青空とは、さすがであります
18
おはよーございます、塩船にて、衆生を救う観音様に登拝します。観音の頭上だけ青空とは、さすがであります
展望は、どよーん、右から馬頭刈尾根が下りてきます。左は、臼杵山辺りで、その右にチョーゼツ薄い富嶽がちょこっと覗いてます
5
展望は、どよーん、右から馬頭刈尾根が下りてきます。左は、臼杵山辺りで、その右にチョーゼツ薄い富嶽がちょこっと覗いてます
護摩堂の前庭の葭簀に菊花、七五三参りの衆生を出迎える態勢か
22
護摩堂の前庭の葭簀に菊花、七五三参りの衆生を出迎える態勢か
塩船観音から下って、霞川に沿って広がる「今寺天皇塚水田」をのんびり東進します。振り返ると、大岳山一家が勢揃い
7
塩船観音から下って、霞川に沿って広がる「今寺天皇塚水田」をのんびり東進します。振り返ると、大岳山一家が勢揃い
左のこんもりが藤橋城跡、後北条配下平山氏の館跡だそうな
12
左のこんもりが藤橋城跡、後北条配下平山氏の館跡だそうな
霞川左岸をゆるゆる歩きます。川面には、着いたばかりらしき鴨の家族がお寛ぎの様子。
この先で青梅市から入間市に進入します
5
霞川左岸をゆるゆる歩きます。川面には、着いたばかりらしき鴨の家族がお寛ぎの様子。
この先で青梅市から入間市に進入します
加治丘陵の南麓に、「ザ・小学校」という佇まいの入間市立金子小、思わず撮影します http://www.city.iruma.saitama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/290/koka.pdf
8
加治丘陵の南麓に、「ザ・小学校」という佇まいの入間市立金子小、思わず撮影します http://www.city.iruma.saitama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/290/koka.pdf
金子小を左折して、突き当りから緑のトラスト保全6号地の森に進入します。上溝桜など落葉樹の黄葉が進んでます
15
金子小を左折して、突き当りから緑のトラスト保全6号地の森に進入します。上溝桜など落葉樹の黄葉が進んでます
せっかくなので、標高150m圏の尾根で鎌倉街道を探索します。
ちょと雰囲気出てきたかも
6
せっかくなので、標高150m圏の尾根で鎌倉街道を探索します。
ちょと雰囲気出てきたかも
やがて、尾根をわざわざ掘削した道が現れます、これは、当たりかも
7
やがて、尾根をわざわざ掘削した道が現れます、これは、当たりかも
うーむ、二輪が掘削しまくってる気もしなくもないwけど、これまで訪ねた鎌倉街道推定路に遜色ないかも
5
うーむ、二輪が掘削しまくってる気もしなくもないwけど、これまで訪ねた鎌倉街道推定路に遜色ないかも
ここが一番、古道らしい気が。洗掘でも二輪でもなさそう
6
ここが一番、古道らしい気が。洗掘でも二輪でもなさそう
で、唐突に、駿河台大学の崖に行き当たって、the end、です
8
で、唐突に、駿河台大学の崖に行き当たって、the end、です
ひと月前なら蜘蛛の巣だらけになってるところですが、今は、快適です^^
4
ひと月前なら蜘蛛の巣だらけになってるところですが、今は、快適です^^
左に分かれて沢に下りていく道があります、が、すでに気が済んだので、来た道を戻ります
5
左に分かれて沢に下りていく道があります、が、すでに気が済んだので、来た道を戻ります
warpして(笑)、桜山展望台です。金子の茶畑の奥は、狭山丘陵です
15
warpして(笑)、桜山展望台です。金子の茶畑の奥は、狭山丘陵です
こちらは、土地勘薄い方角、案内写真によると、中央が飯能駅周辺で、その左のこんもりが多峯主山だそうな。その左奥に丸山、その右の頂が関八州見晴台で、さらに右のもこもこが越上山の模様
18
こちらは、土地勘薄い方角、案内写真によると、中央が飯能駅周辺で、その左のこんもりが多峯主山だそうな。その左奥に丸山、その右の頂が関八州見晴台で、さらに右のもこもこが越上山の模様
東進して、武蔵野音大に降り立ちました。結局、大勢の人の目に触れる木々が一番きれいに紅葉するって気が^^
43
東進して、武蔵野音大に降り立ちました。結局、大勢の人の目に触れる木々が一番きれいに紅葉するって気が^^
武蔵国分寺に瓦を供給した窯跡のひとつ、八津池に寄って、ひと休み
21
武蔵国分寺に瓦を供給した窯跡のひとつ、八津池に寄って、ひと休み
加治丘陵を眺めながら、茶畑脇を豊岡に向かいます。こちらを「代表写真」にします、お疲れさまでしたっ
23
加治丘陵を眺めながら、茶畑脇を豊岡に向かいます。こちらを「代表写真」にします、お疲れさまでしたっ

装備

個人装備
長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 行動食 GPS 筆記用具 日焼け止め 携帯 ナイフ カメラ

感想

どーせ、たいした山行するわけじゃなし、それなら、みやげ優先で歩くとこ決めるか、っていう最近の流れ(笑)で、狭山茶調達目的の山行(?)を企画して、即実行した次第。増田園は、8月15日以来の再訪で、しばし寛ぎました^^

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:428人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら