また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 505689 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺〜剣山縦走

日程 2014年09月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道192号線から見ノ越までの国道438号線は問題なく通行できます。

☆四国地方整備局 道路情報提供システム
 http://www.skr.mlit.go.jp/road/info/
☆徳島県道路通行規制情報 Google Maps API 版
 http://www2.road.pref.tokushima.jp/gmap/#mapmark
☆バス亭マップ
 http://bustei.publicmap.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
1時間24分
合計
10時間5分
S名頃登山口03:2905:39三嶺ヒュッテ05:5206:03三嶺06:0906:50カヤハゲ06:5307:29白髪避難小屋07:53平和丸09:02高ノ瀬09:0509:43丸石避難小屋10:03丸石10:0611:05次郎笈11:1511:57剣山12:3712:57リフト西島駅12:5913:26見ノ越登山口13:3013:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
名頃〜三嶺間の登山道は来る度にコースが少しずつ変わってます。
この区間の登山道は崩壊が進んでいるように思います。

三嶺〜剣山縦走路は倒木が多数有ります。
コースを塞いでいるところは迂回して通行。
その他周辺情報☆四国温泉88箇所巡り
 http://onsen88.info/
☆四国この食堂この一品88箇所巡り
 http://shokudo88.info/index.cgi
☆四国堰堤ダム88箇所巡り
 http://dam88.info/
☆四国の駅と車窓88箇所巡り
 http://eki88.info/
☆四国酒蔵88箇所巡り
 http://sake88.info/
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

三嶺ヒュッテで朝食を済ませた後に三嶺山頂へ。
三嶺ヒュッテに宿泊者は無しでした。
カメラ忘れた…ので、今日はスマホで撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテで朝食を済ませた後に三嶺山頂へ。
三嶺ヒュッテに宿泊者は無しでした。
カメラ忘れた…ので、今日はスマホで撮影。
3
明け方に雨が降るかな?と思ってましたが、降らずに良かったのですが…
ガスがあたり一面にたちこめており、周辺の眺望はありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方に雨が降るかな?と思ってましたが、降らずに良かったのですが…
ガスがあたり一面にたちこめており、周辺の眺望はありませんでした。
1
三嶺からの激下り途中にある岩場に立ち寄ってパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺からの激下り途中にある岩場に立ち寄ってパチリ
5
周りの眺望は望めないですが、今日は涼しくて気持ちの良い縦走です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの眺望は望めないですが、今日は涼しくて気持ちの良い縦走です。
3
白神避難小屋に宿泊者無し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白神避難小屋に宿泊者無し
2
天気が良ければ眺望良好の縦走路なんですが…
ガスで周りが全く見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良ければ眺望良好の縦走路なんですが…
ガスで周りが全く見えず
時折、ガスの切れ間に景色が良くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、ガスの切れ間に景色が良くなる
2
丸石では羽蟻の大群が体中に群がってくるので、逃げるように丸石を後にする。
丸石方向を振り返ってパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸石では羽蟻の大群が体中に群がってくるので、逃げるように丸石を後にする。
丸石方向を振り返ってパチリ。
1
丸石から次郎笈への笹原の縦走路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸石から次郎笈への笹原の縦走路
3
Kさん
ヒ・ザ・ガ・コ・ワ・レ・タです。
でも、流石アスリートです。
諦めずに次郎笈、剣山にも登り切りました。
見ていたこちらが感動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kさん
ヒ・ザ・ガ・コ・ワ・レ・タです。
でも、流石アスリートです。
諦めずに次郎笈、剣山にも登り切りました。
見ていたこちらが感動。
6
次郎笈へ到着!
ここまで誰にも会わずでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈へ到着!
ここまで誰にも会わずでした。
2
次郎笈からの剣山。
ガスで見えず…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈からの剣山。
ガスで見えず…
1
ガスが少し切れての眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが少し切れての眺望
4
本日最後の登り。剣山に到着!
頑張りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の登り。剣山に到着!
頑張りました。
3
雨雲が近づいて来ているのを確認。
急いで下山!
見ノ越登山口間際で雨が降り出したが、すぐに止んでよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨雲が近づいて来ているのを確認。
急いで下山!
見ノ越登山口間際で雨が降り出したが、すぐに止んでよかった。
1
見ノ越駐車場にデポした自転車で名頃へ移動。
この時だけ晴れ間が覗いて、自転車でのダウンヒルが楽しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ノ越駐車場にデポした自転車で名頃へ移動。
この時だけ晴れ間が覗いて、自転車でのダウンヒルが楽しかった。
5
着いた時は1台も車が停まって無かったですが、帰って来ると3台の車が駐車してました。
名頃登山口の休憩所は終始カギがかかって中で休憩する事ができませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた時は1台も車が停まって無かったですが、帰って来ると3台の車が駐車してました。
名頃登山口の休憩所は終始カギがかかって中で休憩する事ができませんでした。
3
自転車積み込んで撤収準備完了。
お疲れさまでした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車積み込んで撤収準備完了。
お疲れさまでした!
7

感想/記録

今回はスポーツ少年団に携わっていた時にお世話になったKさんをお誘いして剣山系縦走にチャレンジ。
Kさんは石鎚山、大峯山等に登った事はあるそうですが、剣山には登った事が無いのと20kmを越える縦走は初めての経験との事で楽しみにされてました。

天候が不安定な状況でしたが回復傾向にあるので決行することにして、Kさんの職場へと仕事終わりにお迎えに行き、まずは見ノ越駐車場へ向けてドライブ。
見ノ越駐車場に自転車をデポしてから名頃登山口駐車場へと着いたのが2時頃。
車は1台も停まっておらず…
天候が不安定なんで誰も来てないのか??
と、考えながら休憩所で少し休もうと思ったらカギがかかってる…
仕方なく車中で少し仮眠Zzz …

1時間程仮眠をしてから、3時半頃から三嶺へ向かって登頂開始です。
辺りは霧によって視界が悪くヘッデンで照らしても5m程先しか見えないためマーキングを辿りながら登るのに若干時間を要しましたが、話をしながらの登山なので時間の流れも早く感じ、気が付けば三嶺ヒュッテへの分岐まで来ました。
この日は丁度良い塩梅の涼しさで、汗ビショという事も無く快適!
周り一面のガスさえ無ければ最高になるんですが…

三嶺ヒュッテに立ち寄り朝食をすませたあと頂上へ。
(三嶺ヒュッテに宿泊者いませんでした。たくさん置いてあった銀ロールマットは処分したようで無くなってました。)
頂上では見事までの眺望ゼロ!
感動を味わえそうにないので、すぐにカヤハゲ方面へと移動。
前日の雨で濡れた岩場を滑らないように慎重に降りて行き、グイグイと最初の2つのピークを越えて白髪避難小屋まで到着。
ここも宿泊者もおらず、今日は次郎笈までは誰にも会わないだろうなとの予感は的中しました。

この頃からKさんが足の状態を気にするようになって来たので、ちょっとマズイかな?と思いつつも、何とか行けそうなので丸石分岐で奥祖谷かずら橋へのエスケープはせずに分岐を越えて剣山方面へと進む。
Kさんはバリバリのアスリート系なので、体力的に何の問題も無いと思ってましたが、やはり膝には来たようで…
「ヒ・ザ・ガ・コ・ワ・レ・タ」んですね。

丸石に着くころには登るペースが落ちてきましたが、流石アスリート系と言うのか、私とは根性が違うようで無理をしてるようにも見えますが、我慢して登ってます。
何とか丸石へと到着すると、そこには羽蟻の大群がいてビックリ。
体中に纏わりついて来るので逃げるようにすぐに次郎笈へと移動。
次郎笈への登り口分岐で登るかどうか確認したら、行く!との事なので、
じゃあ頑張って行きましょう。
無理をせずにKさんのペースで登って来て下さいという事で…
いいペースで登って来ているので安心して、一足早く次郎笈へと到着。
ここでようやく人間と遭遇。
トレランのグループ、若者のハイキンググループ、熟年の夫婦等、色んな方々が登山を楽しんでます。
でも、次郎笈からの眺望は三嶺方面はさっぱりダメで、自分達が歩いてきた縦走路を見て感動!なんてことも出来ず終いで少し残念。

そして、いよいよ最後の登り、剣山へと登るといつもよりも少ないですが、大勢の方がおり賑わってました。
ここでジャスト12時。名頃から8時間30分かけて歩いて来ました。
Kさんの膝痛も辛そうですが、根性で登り切った姿に感動をしつつも…腹が減った(笑)
という事で食事をしていると雨雲が近づいてきたというお知らせが入ったので、確認すると確かに雨雲が来てる!急いで下山開始。
剣神社に着くころにパラパラと雨が降り出しましたが本降りとはならず、自転車に乗って名頃へと行き出すと晴天に!
自転車でのダウンヒルが今日一番楽しかった…
やり切った感も手伝って、気持ち良く名頃へと到着。
着替えて帰る頃には縦走中には全く見えなかった三嶺がクッキリと見えており…
そういうもんだよね〜〜〜
って事で、今回は景色は堪能できませんでしたが涼しい中での縦走は体力の消耗もいつも程は無くて快適なトレイルでした。
Kさんは筋肉痛になるでしょうが、すぐに治まるでしょう。
また、ご一緒に行きましょう。
お疲れさまでした。

(追伸)
Kさんがマスターをしている高松市内のバー「遊心庵(ゆうしんあん)」です。
良かったらどうぞです。
http://www.e-komachi.com/web/gourmet/detail.asp?tnid=20535
訪問者数:1103人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/28
投稿数: 98
2014/9/8 21:16
 レコ楽しく拝見させていただいてます!
 この夏も精力的に山行きをされていましたね!レコを楽しく読ませていただいております。今夏はあいにくの天候で、お疲れさまでした。まあ、霧もまたよしですが、せっかくの絶景が・・・。
 8月13日の三嶺からのキレンギョウマを見る縦走レコでは、写真が際だって、とても美しかったです。shichi7さんの次の日、私は8月14日に天候のご機嫌を伺いつつ、キレンギョウマを見がてら剣山・一ノ森を周回。終始、霧の中でした。また、8月30日の保井野からの石鎚山ピストンレコは、大いに参考になりました。(ここで語る話題ではないですが、スミマセン!ついでに・・・)
 また、shichi7さんと7月6日にオオヤマレンゲで偶然お会いして以降、何とか三分割して、剣山〜三嶺までの縦走の下見を完了しました。残念ながらコースの半分は終始霧の中(笑)。この雨で、とうとう、今夏中の日帰り縦走はかないませんでした。
 本日9月8日(月)、すばらしい天候で美しい月。shichi7さんのことだから、もしかしてナイトハイクをしに剣山へ、そして明け方帰宅とか??なんて、勝手な想像しています(失礼、まさかね。)
 今後共に、楽しいレコを楽しみにしています。お気をつけて!
登録日: 2012/6/4
投稿数: 745
2014/9/9 6:37
 Re: レコ楽しく拝見させていただいてます!
minaohahaさん
コメありがとうございます。

昨夜の中秋の名月は素晴らしかったですね。

月の月齢から言うと、十三夜月(じゅうさんやつき)というそうですが、
満月の二日前の月で、満月の次に美しい月とされているらしいです。
昨夜はナイトハイクではなく近所をランニングでした。
月夜に照らされた阿讃山脈の稜線がクッキリと見え、歩いたら気持ち
いいだろうな〜と月に見惚れながらのランニングなんで…
歩いたり、走ったりですが
剣山系の稜線を歩いたら、今の季節なら涼しくて気持ちいいでしょうね。
想像すると行ってみたくなります。

大した文才も無く、ただ思いつくままを書いているので後から読み返して、
自分でも意味が分かりにくい表現もありますが、読んで頂き少しでも参考に
していただくことがあれば幸いです。

三嶺〜剣山の縦走には是非チャレンジしてみて下さい。
minaohahaさんのレコも楽しみにしております。
登録日: 2014/5/28
投稿数: 126
2014/9/9 21:18
 膝が・・・って(^ ^;
こんばんわ
天気は 残念な曇り空だったんですね。
えぇっと・・・
shichi7さん、なんか新規同行者さんを潰す会の会長さん みたいですね(笑
こんな所要時間で縦走されたら堪りませんよ(^ ^;
ワタシも剣ナイトハイク時の次郎笈でバテバテにされましたよ(笑

膝・・・
ワタシは日曜の153mの山で、何故か翌日太ももの裏が張ってしまいました。
ワタシの行った山は意外と侮れないのかもしれません(笑 ソンナワケハナイ(^ ^;
登録日: 2012/6/4
投稿数: 745
2014/9/10 20:56
 Re: 膝が・・・って(^ ^;
take-yさん
コメありがとうございます。

今日も一日お疲れ様でした。

今回ご一緒頂いたKさんは、かなりMな方なのでこれしきの事ではヘコタレません。
ナイトハイクにも行くかも?と言ってたので参加人数は増えるかもしれません。

また、ナイトハイクには新たに別のKさんが初参加します。
山奥に住んでいる方なのに夜の山を歩いてみたいらしく、夜の山をガッツリ!
と、歩いてみたいそうです。
これも楽しみです。
どうなるんでしょうか

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ