また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506133 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳 早月尾根 頂上で天気待ち2時間半

日程 2014年09月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇 地面ドロドロ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口前の駐車場は一杯だったため少し下にある駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
2時間35分
合計
9時間20分
S馬場島05:4508:00早月小屋08:1009:30カニのハサミ09:50剱岳12:1515:05馬場島G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登り4時間5分 下り2時間50分 頂上で2時間25分
GPSで記録したがファイルが壊れていて確認できず
写真等で時間を確認したので大雑把
軌跡は他の方のをお借りしました
コース状況/
危険箇所等
前日の前は土はドロドロだったが岩が濡れて滑りやすいということはなかった
岩や石が結構鋭利なのでこけると怪我しやすい
気を付ければ特に危険な個所はないが鎖ゾーンは高所恐怖症の人は怖いかも
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口から少し下がった駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から少し下がった駐車場
小さい池 もうすぐ山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい池 もうすぐ山荘
早月小屋から上は急登ばかり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋から上は急登ばかり
1200mくらいから200mごとに看板があるが位置は正確じゃない?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mくらいから200mごとに看板があるが位置は正確じゃない?
芸術的な感じの石を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術的な感じの石を登る
1
周りの山々がカッコイイけど雲で…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの山々がカッコイイけど雲で…
2800m前後で鎖増える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2800m前後で鎖増える
1
わかりにくいけど足場がちょっと空中箇所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくいけど足場がちょっと空中箇所
2
帰りに撮った写真
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに撮った写真
人だらけ。景色は真っ白で何も見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人だらけ。景色は真っ白で何も見えず
4
ここから2時間ほど待って撮った写真 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから2時間ほど待って撮った写真 
3
雲の切れ間でみんなテンションアップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間でみんなテンションアップ
4
奥の方に立山方面が少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の方に立山方面が少し
1
下りのほうが大変
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りのほうが大変
1
下のほうにあった木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のほうにあった木
2

感想/記録
by yuu3

距離の割に標高差が高いとは思っていましたがとんでもない急登でした
北アルプス3大急登の燕岳合戦尾根とは比較にならないほど急登
早月小屋から上は手を使わないと登れない箇所が数えきれないほどあります

鎖も頑丈で整備も万全でく高所恐怖の僕でも怖さはあまり感じず
有名な場所で整備が行き届いて誰でも登れる中では怖い方程度
周りの人も思ったより怖くなく拍子抜けしたという人がちらほら
ただ足場の間が数十センチ空中になる箇所が2箇所あるので怖い人は怖いかも
鎖等片側通行がいくつかあるので何度か待ちがありました
ヘルメットはこのルートでは未装備の人のほうがたぶん多かったです

景色は曇でずっと真っ白、初めての剱がこれでは悲しいので
午後から晴れという予報を信じて頂上で結果2時間半の天気待ち
止まると寒いので着込んで防寒
ちなみに出発時シャツ 2600mウインドブレーカー着 頂上で雨具着
真上だけ晴れており太陽が眩しく日焼け、空気は寒いという戦いでした
耳を傾けながらひたすら寝て騒がしくなれば起きるの繰り返して2時間半
2度ほど少し雲の切れ間ができ海と立山のほうがちょこっと見れました
初め恐らく100人近く(適当)いた頂上も12時過ぎると3分の1ほどに
雲の切れ間瞬間大人数でみんなテンションが上がって楽しかったです
さすがに3時間はないと諦めて下山
急下?は踏み外すと落ちるので急登より神経使いました

1ヶ月半ぶりの本格登山で運動不足がたたって体力の減少が凄まじく堪えました
次の日から筋肉痛で歩くたびに激痛が
登る時は登るだけ下る時は下るだけでアップダウンがなくその点では楽でした
ここ周辺の岩は独特の尖った物が多く景色がカッコイイので
いつかまた運動不足じゃない時に挑戦したいかなと思います
下っている時はしんどいし2度と来るかと思っていても
次の日にはまた行きたいと思うのでいつも不思議です

水2L カルピス500ml 粉飴100gにプロテイン等 おにぎり1合の消費
訪問者数:826人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 テン ヘルメット 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ