また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507580 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽駒ヶ岳 晴天に恵まれて気分爽快!

日程 2014年09月06日(土) [日帰り]
メンバー
 MC-HERO(CL)
, その他メンバー4人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
自宅➡東名掛川IC➡駒ヶ根IC➡菅の台バスセンター駐車場(500円)
菅の台バスセンターからは路線バスでしのび平。しのび平からロープウェイで千畳敷へ(往復3900円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
1時間15分
合計
6時間20分
S千畳敷駅10:1511:05乗越浄土11:1512:00中岳12:0512:25木曽駒ヶ岳13:0514:40馬の背14:4514:40濃ヶ池14:4515:50乗越浄土16:0016:30千畳敷駅16:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報登山後は飯島町の「お宿陣屋」に宿泊
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 フリース 長袖Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 タオル ストック カメラ
備考 思ったより気温が高く風もなかった為、もう少し装備を減らしてもよかった。ザックが重く肩に負担が掛かってしまった。「備えあれば…」も状況に応じて判断したい。

感想/記録

木曽駒ヶ岳は晴天に恵まれ最高の景色を堪能できました。
ロープウェイにてしらび平から千畳敷へ。初めて登る山ということもあり、メンバー5人の気持ちが高まる。
意気揚々と登山開始!出発前はかなり寒いと思い防寒着を携行したものの、風もなく長袖Tシャツ1枚でも汗ばむくらいの気温。キツい勾配を登り切り乗越浄土に到着。ここから千畳敷方面を振り返るとそこには絶景が。
中岳で小休止し山頂までもうひと頑張り。そしてついに2956mの木曽駒ヶ岳の登頂に成功(^o^)v
記念写真をメンバーと共に撮った後は山頂からの景色を見ながら昼食。普段なら何てことないコンビニのおにぎりが妙に美味い。お隣のパーティの方がカップラーメン食べてたのを見て次回は挑戦しようかと思う。
さて、体力も回復したところで少し迷いつつも帰りは足を延ばして計画通りに濃ヶ池を巡るコースへ。
馬の背を移動する途中、休憩中の団体のパーティの方々にお会いし、ツアーのガイドさんと思われる方からこの後の行程を尋ねられる。「この時間から山小屋泊まりだと既に満室だと思いますよ」。本日中に下山することを告げると、親切なお言葉で送り出していただき出発。
馬の背を気持ちよく抜けて分岐点から濃ヶ池へ到着。
と、ここで時計を確認。ん?案外時間が掛かってる…。
ロープウェイの時間が気になり始める。
出発しようとしたところに千畳敷から来たというトレイルランの方が2名来たので行程時間を尋ねたところ状況が一変。「急がないとロープウェイ最終に間に合わないかもしれないじゃん…」
嫌が上にもペースを上げていくが、ここからが何ともキツかった(>_<)
アップダウンあり、沢超えあり。梯子をよじ登る箇所まで出てきてこれにはびっくり。予想していなかったコースの厳しさに息を切らしながら宝剣山荘を目指す。
濃ヶ池から宝剣山荘までの道程はほんとに遠く感じた。
それでも気力で何とか登り切り、山荘付近で小休止した後は千畳敷までの下りを一気に進み、16:30に千畳敷駅に到着。
間に合った〜。
濃ヶ池からの登りで登山病になりかけたメンバーが1人いたものの全員が無事に下山。
達成感と充実感を胸に宿泊先へ向かった。
思っていたより大変なコースだったが、結果的には最高の登山でした!
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

乗越 馬の背 ロープウェイ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ