また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509530 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

御岳山〜大岳山〜鋸山

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候・晴れ時々曇り
・風穏やか
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
○往路
 ・青梅線/御嶽駅(9:52 着)
 ・徒歩/御嶽駅(10:03 発) - 滝本駅(10:45 着) ※路線バス混雑のため
 ・ケーブルカー/滝本駅(10:14 発)〜御岳山駅(11:22 着) ※臨時便
○復路
 ・青梅線/奥多摩駅(19:26 発)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間58分
休憩
14分
合計
7時間12分
S御岳山駅11:3711:44御岳ビジターセンター11:4512:13御岳山12:19長尾平分岐12:2012:42七代の滝12:4513:07天狗岩13:17ロックガーデン13:1813:48綾広の滝13:5014:37鍋割山分岐14:3815:19大岳山15:2115:57トバノ中岩16:10中ノ中岩(三ノタワ)16:1116:15オキノ中岩16:1616:40鋸山16:4116:49天地山分岐18:49奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○トータルタイム:約6時間20分 (休憩含まず) ※標準コースタイム:5時間15分

※鋸山の後は愛宕山を経由する予定でしたがタイム遅延に付き断念
コース状況/
危険箇所等
(1) 道の状況(御嶽駅〜滝本駅)
 一般道です(アスファルト)。

(2) 道の状況(御岳山駅〜御岳山)
 一般道です(アスファルト)。
 特に危険な箇所は無く、山装備無しでも歩けます。

(3) 道の状況(御岳山山頂〜ロックガーデン〜芥場峠)
 沢沿いの登山道です。
 特に危険な箇所は無いですが、沢沿いにつき道が濡れており
 滑り易くなっているので、靴だけはしっかりしたものを履いたほうがいいです。
  ※革靴やサンダルで歩き辛そうにしている方が沢山いました。

(4) 道の状況(芥場峠〜大岳山〜鋸山〜登計峠) ※登計は「とけ」と読むようです
 尾根伝いの登山道です。
 尾根道なのですが概ね樹木に囲まれていてあまり展望はありません。
 「鋸尾根」という名前だけあり、小さなピークがいくつもあります。
 鋸山と登計峠の間に1箇所鎖場がありますが、迂回可能です。
 特に危険な箇所は無いですが、一応山道ですので相応の装備で。
  ※ロックガーデンまでの気軽な乗りで(軽装で)歩くのはお薦めしません。

(5) 道の状況(登計峠〜登計集落〜奥多摩駅)
 一般道です(アスファルト)。
その他周辺情報(1) トイレ
 御岳山からロックガーデンまでは、要所要所にトイレがあります。
  ※但し、ロックガーデンのトイレは電灯が壊れていて(真っ暗です)
   トイレットペーパーも無く(これは山では普通ですが)、
   汚れているため女性にはあまりお薦めできません。
 ロックガーデン以降は奥多摩駅までトイレがありません。 
  ※途中からナイトハイクだったため見つけられなかった可能性はあります。

(2) 登山ポスト
 御嶽駅の改札を出た構内にあります。

(3) 飲食店
 御嶽駅、滝本駅(ケーブルカー)、御岳山頂上、奥多摩駅のそれぞれの付近に、
 飲食店があります。

(4) 温泉施設
 ・もえぎの湯(奥多摩駅徒歩10分)
   ※営業時間(終了時間)は季節によって異なります。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 御岳山の売店を当てにし過ぎて、行動食が不足気味でした。
今後は「大は小を兼ねる」で、何処へ行くにも多めに持って行こうと思います。

写真

ケーブルカーに乗って御岳山駅に到着。
2014年09月14日 11:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカーに乗って御岳山駅に到着。
まずは恒例の岩魚で腹ごしらえ。頭まで残さず食べられます。
2014年09月14日 11:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは恒例の岩魚で腹ごしらえ。頭まで残さず食べられます。
1
歩き出すとすぐ左側(南東方向)に日の出山が望めます。
2014年09月14日 11:41撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出すとすぐ左側(南東方向)に日の出山が望めます。
途中人懐っこい白猫に遭遇。
2014年09月14日 11:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中人懐っこい白猫に遭遇。
2
玉こんにゃく(100円)で更に補充。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉こんにゃく(100円)で更に補充。
2
御岳山山頂直下の商店街にて。観光客で溢れ返っています。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山山頂直下の商店街にて。観光客で溢れ返っています。
とても山の上とは思えない光景です。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても山の上とは思えない光景です。
レンゲショウマが辛うじてまだ咲いていました。ピントが奥に当たってしまって残念。。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンゲショウマが辛うじてまだ咲いていました。ピントが奥に当たってしまって残念。。
1
御岳山を後にしロックガーデンへと向かいます。ここでも凄い渋滞です。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山を後にしロックガーデンへと向かいます。ここでも凄い渋滞です。
嫁は良い表情です(笑)。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫁は良い表情です(笑)。
「七代の滝」に到着しました。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「七代の滝」に到着しました。
1
ここも人で賑わっています。
2014年09月14日 12:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも人で賑わっています。
階段。渋滞。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段。渋滞。
鎖場(「天狗岩」)。渋滞。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場(「天狗岩」)。渋滞。
「天狗岩」の天狗その 
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「天狗岩」の天狗その 
「天狗岩」の天狗その◆
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「天狗岩」の天狗その◆
再び御岳沢に出ました。ここから「綾広の滝」まで、気持ちの良い沢沿いの道が続きます。
2014年09月14日 13:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び御岳沢に出ました。ここから「綾広の滝」まで、気持ちの良い沢沿いの道が続きます。
苔生した岩と沢がとても良い雰囲気です♪
2014年09月14日 13:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した岩と沢がとても良い雰囲気です♪
1
このとき嫁の頭の中では「赤いスイートピー」が流れていたようです。なぜ(笑)。。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このとき嫁の頭の中では「赤いスイートピー」が流れていたようです。なぜ(笑)。。
「綾広の滝」にて。滝壺ではしゃぐ子供たちがフレームから外れた一瞬を狙って撮るのが大変でした(笑)。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「綾広の滝」にて。滝壺ではしゃぐ子供たちがフレームから外れた一瞬を狙って撮るのが大変でした(笑)。
1
この滝とそれに覆い被さるように迫り出した岩の雰囲気を撮りたかったのでしょうか。我ながら下手糞な写真です(涙)。
2014年09月14日 13:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝とそれに覆い被さるように迫り出した岩の雰囲気を撮りたかったのでしょうか。我ながら下手糞な写真です(涙)。
ロックガーデンを後にし大岳山に向かう途中のトラバース。大分人は減りましたが、それでも時折渋滞します。
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンを後にし大岳山に向かう途中のトラバース。大分人は減りましたが、それでも時折渋滞します。
そして遂に心霊写真!?が撮れてしまいました。奥の登山者の左足が。。。きっとデジカメのバグに違いない!
2014年09月14日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして遂に心霊写真!?が撮れてしまいました。奥の登山者の左足が。。。きっとデジカメのバグに違いない!
2
予定より2時間も遅れて大岳山に到着!混雑を全く計算に入れていなかった痛恨のミスです。
2014年09月14日 15:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定より2時間も遅れて大岳山に到着!混雑を全く計算に入れていなかった痛恨のミスです。
既に展望を楽しむ余裕もありません(涙)。
2014年09月14日 15:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に展望を楽しむ余裕もありません(涙)。
長い尾根の下り。高度を下げるよりも早く日が暮れていきます。
2014年09月14日 17:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い尾根の下り。高度を下げるよりも早く日が暮れていきます。
時は既に薄暮。鋸尾根のピークの一つに建つ天聖神社(小さな祠と二体の石像があります)に到着。これより程なく日没し、人生初のナイトハイクに突入します。
2014年09月14日 17:52撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時は既に薄暮。鋸尾根のピークの一つに建つ天聖神社(小さな祠と二体の石像があります)に到着。これより程なく日没し、人生初のナイトハイクに突入します。
1
撮影機材:

感想/記録

御岳山には何度か訪れたことがあるものの、ロックガーデンには
足を運んだことがありませんでした。これに二百名山・大岳山のオプションを追加すれば、
充実の山歩きが楽しめるだろう、というのが今回の山行プランでした。

ところが、そこには大きな「誤算」があり、(後半は)苦しい山行となってしまいました。

「誤算」とは、他でもない混雑による大渋滞のことです。

 ・御嶽駅発の「ケーブル下」行きのバスが混雑により乗れずケーブルまで歩くことに
 ・「ケーブル下」に到着しホッとしたのも束の間ケーブル待ちに(これは想定内だが)
 ・ロックガーデンは渋滞の連続

連休中日の晴天に恵まれ、混まないはずがなかったのです。
コースが限られている分客足が要所に集中する御岳山は、
同じく人気の高い高尾山以上に混雑しているように感じました。

2時間後れで大岳山に着いた時には既に日が傾きかけており、
山頂からの展望を楽しむ余裕すら無くなっておりました。

迫る日没に焦りを覚え、楽しい一時を過ごすはずだった
嫁を急き立てて不快な思いをさせてしまいました。本当に反省です。。。

日没後の山は漆黒の闇と静寂に包まれ、ヘッドライトの光だけが頼りです。
最近の鋸尾根は奥多摩の山域の中でも特に熊の目撃情報が多いので、
嫁と二人で歌を歌いながら下山しました。

私が「リンゴの森の子猫たち」(「スプーンおばさん」のエンディング)を歌い、
嫁が「おお牧場はみどり」を歌いました(笑)。

登計(とけ)集落の灯りに人の気配を感じ取り、ようやく心と体が軽くなりました。
(嫁は集落に入ってからも暫く歌い続けてました、笑)

余裕を持った計画が如何に大事かを痛感させられた山行となりました。
訪問者数:451人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ