また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 512550 全員に公開 ハイキング 大雪山

石狩岳 シュナイダーコース

情報量の目安: A
-拍手
日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
 Gyo
, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

看板は数多く設置されている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板は数多く設置されている
1
名前がわからないキノコがほとんど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前がわからないキノコがほとんど
1
渡渉地点、転んだ(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉地点、転んだ(^_^;)
1
登り始めは山頂方面が見えていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めは山頂方面が見えていた
1
カエデ科の黄色のトンネル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデ科の黄色のトンネル
7
ナナカマドの赤も色着いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤も色着いている
1
カエデの実、2枚の羽がついている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデの実、2枚の羽がついている
1
ガスが晴れて目指すピーク方面が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて目指すピーク方面が見えてきた
トムラウシ山ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ山ピーク
2
ニペソツ山ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニペソツ山ピーク
7
うっすらと見えたトムラウシ山と沼の原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと見えたトムラウシ山と沼の原
石狩の肩からの斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩の肩からの斜面
10

感想/記録
by Gyo

3連休は東大雪の山に登ってきた。
東大雪の山は、位置的になかなか行く事ができず、今まで登ったのはニペソツ山とユニ石狩岳だった。
今回は、ぬかびらキャンプ場に2泊する事にして、石狩岳とウペペサンケ山の登る事にした。
ほかのキャンパーはほとんど山登りの人たちのようだ。

朝起きると、どんよりと曇り空だったが、登山口に付く頃には日も射してた。
登山口の駐車場には8台くらい止まっていた。
縦走装備を準備している人達もいて、音更山から十国峠と縦走するようだ。

準備して歩き始めるが、最初は沢沿いの緩やかな道を進み、花が無いので今回はキノコの写真を撮りながら歩こうと思った。
しばらくすると徒渉地点に着いた。
徒渉箇所は倒木があって、その廻りには渡れそうな場所が無く、足もとの石は結構滑るので無理は出来ない。
結局、倒木にまたがりながら、渡る事にしたのだが、その前で滑って痛恨の尻餅を着いてしまいお尻がずぶぬれになってしまった・・・。
気を取り直して、さらに進むと、開削25周年の看板があり、ここから有名な急登が始まる。
急登ではおしりが冷たくて、ほどよいクールダウンになるなんて強がりも言ってみるが、そのうち冷たさも忘れて岩場や木の根が覆いかぶさる道を登り続けていた。

急登も飽きてきた頃、森林限界をすぎハイマツ帯になって、石狩の肩と呼ばれる分岐に出た。
ガスで、あいにく感動の景色はない。
せっかく登ってきたので、たとえ頂上が真っ白だとしても、とりあえず行くことにする。
クロマメノキとウラシマツツジのまっかな絨毯がきれいだった。

頂上へ向けて登っていると、男女2名が降りてきた。
どこか出会ったことが有るような、無いような・・・と思いながら「山頂は晴れてますか?」と聞いてしまった。
男性の方があっさり「晴れてますよ」と言ってくれたのだが、僕はその言葉を期待していなかった。
やはりガスでダメなんだと確信したかったのだが、予想に反した答だった。
それなら聞かないで、ドラマチックに晴れるのを見たかった・・・なんて贅沢なことを考えていた。
そうすると、間もなくガスが晴れてピーク方面が見えてきた!!
それはそれで、やはり嬉しいものだ。

約4時間で石狩岳ピークに着いた。
石狩岳のピークは標識の有る北峰(1,966m)と標識のない南峰(1,967m)がある。
ピークからは、雲海の上にちょっとだけ頭を出す山々が見えた。
これだけ、チラッとしか見えない感じは今までなかったので、なかなかじれったい気がする。

南峰のピークでは、若いガイドさん1名と年配の6名くらいのパーティーが縦走装備で北峰に向けて歩き始めていた、その後二ペの耳の方へ稜線を歩いて行った。
僕らも休憩せずに、北峰に向けて出発した。
稜線の片側に、雲が沸き立って幻想的な稜線になっていた。
そんな稜線を歩いていると、賑やかに飛びなから何かを食べているホシガラスを発見。
近づいても、餌を食べるのに夢中なのかなかなか逃げないので、何枚か写真を撮った。

北峰では、シュナイダーコースを登ってきた単独の男性と、石狩沢を詰めてきた単独の男性が休憩していた。
相変わらず、雲は高い位置にかかっていたが、時折薄くなり沼の原の大沼が見えたり、ニペの耳のほうが見えたりしていた。
僕達もそこで、昼ごはんにして、しばらく休憩して下山を開始した。

相変わらず、晴れたり曇ったりだったが、石狩の肩に差し掛かると、北の斜面が見えていたいた。
稜線にお別れして、急坂を一気に下ったので、あっという間に登山口に到着した。

うわさ通りの急登のシュナイダーコース、潔く高度を稼げるので個人的には好きなコースだ。
もう少し、視界があると良かったのと、花の時期にも登りたい山でした。
次回は縦走かな??

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:754人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ