また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5286565 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

大丹生岳 桔梗ヶ原 白骨温泉より

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道入口の広場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:13
距離
18.4 km
登り
1,435 m
下り
1,422 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間43分
休憩
30分
合計
9時間13分
Sスタート地点05:4307:19二俣07:2012:25大丹生岳12:4713:38二俣14:09林道復帰14:1614:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新雪30〜50cm。2000〜2400mが一番ラッセルきつかったです。
その他周辺情報泡の湯は日帰り入浴13:30までで入れず。
下山後の風呂は奈川のウッディもっく 410円
過去天気図(気象庁) 2023年03月の天気図

写真

林道入口にて
結構降ったねー
板のチョイス間違えたねー
2023年03月19日 05:42撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
林道入口にて
結構降ったねー
板のチョイス間違えたねー
林道はモナカラッセルで地味に辛い。
金山岩が見えてきた
2023年03月19日 06:36撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
林道はモナカラッセルで地味に辛い。
金山岩が見えてきた
ヨモギ沢
昨年はここから向かった
今年は沢芯が埋まっていない
2023年03月19日 06:45撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
ヨモギ沢
昨年はここから向かった
今年は沢芯が埋まっていない
林道から沢へ下る
2023年03月19日 07:04撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
林道から沢へ下る
右岸を進む
2023年03月19日 07:06撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
右岸を進む
左ゴウド沢、右が池ノ沢の二俣
2:3で池ノ沢が水量多い
2023年03月19日 07:19撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
左ゴウド沢、右が池ノ沢の二俣
2:3で池ノ沢が水量多い
1
いい天気だ
あと2時間早出するべきだった
2023年03月19日 07:37撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
いい天気だ
あと2時間早出するべきだった
1
大丹生岳山頂は見えてない
桔梗ヶ原の肩か
手前のが2564m三角点
2023年03月19日 07:38撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
大丹生岳山頂は見えてない
桔梗ヶ原の肩か
手前のが2564m三角点
ズーム
帰りは一番左の沢筋から降りてきた
2023年03月19日 07:55撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
ズーム
帰りは一番左の沢筋から降りてきた
スノーブリッジを渡る
2023年03月19日 08:01撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
スノーブリッジを渡る
上部の二俣
昨年は奥の沢から降りてきた
2023年03月19日 08:15撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
上部の二俣
昨年は奥の沢から降りてきた
この一降りがなければ、この箇所はきびしかったかも
2023年03月19日 08:17撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
この一降りがなければ、この箇所はきびしかったかも
日当たりよく重ラッセルがしんどい
2023年03月19日 08:24撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
日当たりよく重ラッセルがしんどい
2005の尾根で向かおうかと思ったが、あそこが微妙そうにみえたのでやめる
(上から眺めたら、北から巻けば行けそうに見えた)
2023年03月19日 08:27撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
2005の尾根で向かおうかと思ったが、あそこが微妙そうにみえたのでやめる
(上から眺めたら、北から巻けば行けそうに見えた)
日差しを避け、左の樹林帯から向かう
2023年03月19日 08:39撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
日差しを避け、左の樹林帯から向かう
日差しが避けれてよい
上部はまあまあ急になる
2023年03月19日 08:56撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
日差しが避けれてよい
上部はまあまあ急になる
まあまあ急斜面で樹林帯だけど雪崩れてた
2023年03月19日 09:30撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
まあまあ急斜面で樹林帯だけど雪崩れてた
湯川を見下ろす
2023年03月19日 10:21撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
湯川を見下ろす
相当降った模様でラッセルしんどい
2023年03月19日 10:42撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
相当降った模様でラッセルしんどい
奥のは四ッ岳
大丹生岳はみえない
2023年03月19日 10:57撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
奥のは四ッ岳
大丹生岳はみえない
向こうに高天ヶ原と剣ヶ峰
2023年03月19日 11:00撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
向こうに高天ヶ原と剣ヶ峰
シールがぴろぴろしてた
ダクトテープでしのぐ
2023年03月19日 11:08撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
シールがぴろぴろしてた
ダクトテープでしのぐ
2400過ぎでラッセルが軽減する
2023年03月19日 11:10撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
2400過ぎでラッセルが軽減する
金山岩と十石山の向こうに穂高
2023年03月19日 11:16撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
金山岩と十石山の向こうに穂高
桔梗ヶ原は広い
2023年03月19日 11:52撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
桔梗ヶ原は広い
1
左から大黒岳、富士見岳、剣ヶ峰、魔王岳、恵比寿岳
2023年03月19日 12:08撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
左から大黒岳、富士見岳、剣ヶ峰、魔王岳、恵比寿岳
1
中央が大丹生岳山頂
雪面はずっと柔らかく、硬いとこが全くない
2023年03月19日 12:09撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
中央が大丹生岳山頂
雪面はずっと柔らかく、硬いとこが全くない
1
車道出てた
2023年03月19日 12:12撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
車道出てた
白山
2023年03月19日 12:20撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
白山
スキー場があるので山が特定できる
船山と位山はよくわかる。奥のはダイナか
左側のは鈴蘭高原?
2023年03月19日 12:22撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
スキー場があるので山が特定できる
船山と位山はよくわかる。奥のはダイナか
左側のは鈴蘭高原?
とうちゃく
正面の烏帽子がいいね!
2023年03月19日 12:28撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
とうちゃく
正面の烏帽子がいいね!
2
四ッ南面がきれい
2023年03月19日 12:29撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
四ッ南面がきれい
2
乗鞍はデカイな〜
2023年03月19日 12:30撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
乗鞍はデカイな〜
かなり積もったので池ノ沢はやめておこう
またの機会に
2023年03月19日 12:47撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
かなり積もったので池ノ沢はやめておこう
またの機会に
帰りましょう
2023年03月19日 12:46撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
帰りましょう
また来るよ〜
2023年03月19日 12:51撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
また来るよ〜
この沢筋から帰ってみようか
2023年03月19日 13:01撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
この沢筋から帰ってみようか
さいこ〜
2023年03月19日 13:02撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
さいこ〜
滝はなさそうだ
2023年03月19日 13:08撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
滝はなさそうだ
やや北向きのためか、柔らかくてよかった
2023年03月19日 13:09撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
やや北向きのためか、柔らかくてよかった
正面を降りてきました
2023年03月19日 13:11撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
正面を降りてきました
1
向こうには滝がある
2023年03月19日 13:11撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
向こうには滝がある
脚ぷるぷる
2023年03月19日 13:13撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
脚ぷるぷる
2
わりと軽さがあってよかった
2023年03月19日 13:13撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
わりと軽さがあってよかった
うっかりパウダー
2023年03月19日 13:15撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
うっかりパウダー
トレースに合流
激おも
2023年03月19日 13:18撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
トレースに合流
激おも
やっぱり今年は雪少な目だな
2023年03月19日 13:34撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
やっぱり今年は雪少な目だな
シール貼って林道へ
奇跡的に粘着力復活してた
2023年03月19日 13:58撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
シール貼って林道へ
奇跡的に粘着力復活してた
こんな感じなので走らない
2023年03月19日 14:17撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
こんな感じなので走らない
基本北向きなので、涼しくてよい
2023年03月19日 14:25撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
基本北向きなので、涼しくてよい
ようやくゲートみえた
2023年03月19日 14:53撮影 by TG-870 OLYMPUS CORPORATION
ようやくゲートみえた

感想/記録
by maco

昨年から乗鞍23峰を登って滑ろうということをささやかな目標というか楽しみにしているので、もう一座踏みに行ってみる。
昨年の大黒岳が思いのほかよかったので、湯川経由で大丹生岳を目指してみる。

前日降雪あるのは分かっていたが、早起きできず(3時半には起きたが)遅い出発となる。ファットがいいだろうとは思ったが、もう春板にワックス塗ってシール貼って準備していたので、めんどくさくてそのまま春板のセミファットの短い板で行く。
やはりシーズン終盤で気持ちが入ってないのは良くないなぁと林道のモナカラッセルをしながら思った。

まだ三月なので林道や斜面の雪は多いが、沢沿いは少ない感じがした。四月に入れば沢伝いは無理だったろうなと思う
2000mを過ぎるとラッセルがきつくなり始める。このあたり50僂曚匹論僂發辰燭里。
そこそこ急な斜面の膝ラッセルとなり、短め(164cm)の板ではトップが出なくて苦戦した
樹林帯の中なのに急斜面なので、あちこちで雪崩れてた。雪崩れた斜面も硬いわけではないので、ラッセル回避で雪崩れた斜面を選んで登った。
2450で傾斜が緩みようやく落ち着く。
桔梗ヶ原はとても広い。硬いとこが全くなく柔らかくて気楽に歩ける。乗鞍なのに珍しいなと思ったが、今日が特別なのだろうと思う。
そして山頂到着。23峰もう一座ゲットし山頂コレクションが増えてよい

滑走は池ノ沢に入ってみたいと思っていたが、新雪多くてやめておく。
桔梗ヶ原をまったり流してゴウド沢へ北向きの斜面を落とす。
なかなか良かったが、下部に来るとやはり重い。
あと2時間早出してれば、かなり良かったんじゃないのかなと悔しがる。

あとは沢伝いに滑ってから、シールを貼り林道へ少し登って復帰。
林道を手漕ぎを交えて、帰ってきました。

今回、やはり板のチョイスがよくなかった、この板でそこそこのラッセルしたこともあったので大丈夫と思っていたが、思いのほか深かった、そして3月のラッセルは重くて辛い。板の幅よりも長さが足りない。トップの出ないラッセルは苦行でした。
そして、降雪直後の晴天の日なのに、出発時間も遅く、反省点の多い山行でした。



お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:136人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ