また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 537852 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 関東

百名山99座目・平が岳。

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年09月18日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち小雨、のち晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、
札幌〜小樽〜フエリー〜新潟〜登山口。
前夜、鷹ノ巣登山口の駐車場で車中泊。

小出ICからR352を奥只見湖経由で鷹ノ巣登山口までは、複雑に入り組む狭いダム湖畔路を走るので、交通事故には要注意。
下山後は鷹ノ巣から小出に引き返すのを避けて桧枝岐に向かったが、こちらも往路ほどではないが注意が必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間48分
休憩
26分
合計
12時間14分
S鷹ノ巣登山口03:5105:58下台倉山05:5906:49台倉山06:5009:07池ノ岳09:0910:07平ヶ岳キャンプ指定地10:26玉子石10:2910:53池ノ岳12:50台倉山12:5113:40下台倉山13:5816:05鷹ノ巣登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行距離23km・所要時間12時間・歩数46,000歩。
コース状況/
危険箇所等
鷹ノ巣登山ルートは往復22km超のアップダウンが多いロングコースなので、時間的な余裕を十分見ておく必要がある。
コース前半の痩せ尾根は要注意だが慎重に歩けば問題なく、それ以外の部分に危険個所は特に無い。
その他周辺情報下山後の温泉は桧枝岐の「ひうちの湯」(500円、シャンプー等付)
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

R352の鷹ノ巣の登山口入口。駐車場とトイレがある。
2014年09月17日 14:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R352の鷹ノ巣の登山口入口。駐車場とトイレがある。
登山口への林道入り口。
2014年09月17日 14:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口への林道入り口。
入口から先の林道。登山当日は早朝暗い中の出発なので、前日に林道と登山口を下見。
2014年09月17日 14:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口から先の林道。登山当日は早朝暗い中の出発なので、前日に林道と登山口を下見。
林道の中ほどで流れを渡る。
2014年09月17日 15:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の中ほどで流れを渡る。
駐車場から約15分、林道の突き当りが登山口。「山頂まで11km」の表示がある。
2014年09月17日 15:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から約15分、林道の突き当りが登山口。「山頂まで11km」の表示がある。
登山口から樹林の中に入り、
2014年09月17日 15:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から樹林の中に入り、
すぐに急登になる。濡れたら滑りそうな感じ。ここまで下見してから駐車場で車中泊。
2014年09月17日 15:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに急登になる。濡れたら滑りそうな感じ。ここまで下見してから駐車場で車中泊。
当日、午前3:50、ヘッドランプを点けてスタート。
2014年09月18日 04:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当日、午前3:50、ヘッドランプを点けてスタート。
痩せ尾根はまだ暗闇の中なので、慎重に登る。
2014年09月18日 04:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根はまだ暗闇の中なので、慎重に登る。
痩せ尾根を通過し、5時半頃には夜が明けて景色が見え始めた。
2014年09月18日 05:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を通過し、5時半頃には夜が明けて景色が見え始めた。
少々ガス気味だが、晴れ予報に期待しながら登る。
2014年09月18日 05:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々ガス気味だが、晴れ予報に期待しながら登る。
約2時間で下台倉山。と言っても山頂の雰囲気は無く、ただの登山道の通過地点、といった感じ。
2014年09月18日 05:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約2時間で下台倉山。と言っても山頂の雰囲気は無く、ただの登山道の通過地点、といった感じ。
依然としてガスが流れて、
2014年09月18日 05:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
依然としてガスが流れて、
木道も出てきたが小雨がぱらつき始めた。
2014年09月18日 06:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道も出てきたが小雨がぱらつき始めた。
小雨がやみそうもないので雨具上下を着用。どうやら予報は外れたようだ。
2014年09月18日 06:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨がやみそうもないので雨具上下を着用。どうやら予報は外れたようだ。
この季節、花はほとんどなく、この程度。
2014年09月18日 06:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この季節、花はほとんどなく、この程度。
約3時間で台倉清水。テントが一張あり、間もなく持ち主の70代半ばの単独男性が下ってきた。昨日から登ってきたようで、雨でがっかりした様子だった。
2014年09月18日 07:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約3時間で台倉清水。テントが一張あり、間もなく持ち主の70代半ばの単独男性が下ってきた。昨日から登ってきたようで、雨でがっかりした様子だった。
雨で濡れた木道はスリップし易いので要注意。
2014年09月18日 07:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で濡れた木道はスリップし易いので要注意。
約4時間で白沢清水。
2014年09月18日 07:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約4時間で白沢清水。
清水の様子。この水を飲む気持ちにはならない。
2014年09月18日 07:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水の様子。この水を飲む気持ちにはならない。
薄いガスの中だが、草紅葉が綺麗だ。
2014年09月18日 08:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄いガスの中だが、草紅葉が綺麗だ。
スタートから約5時間、山頂手前の湿原入口「姫池」に出た。
2014年09月18日 09:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから約5時間、山頂手前の湿原入口「姫池」に出た。
生憎のガスと小雨だが、静かな佇まいの高層湿原は、なかなか良い雰囲気だった。
2014年09月18日 09:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生憎のガスと小雨だが、静かな佇まいの高層湿原は、なかなか良い雰囲気だった。
木道を進み、
2014年09月18日 09:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を進み、
「卵石」は帰路に立ち寄ることにして、まずは山頂に向かう。
2014年09月18日 09:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「卵石」は帰路に立ち寄ることにして、まずは山頂に向かう。
山頂への木道登り。
2014年09月18日 09:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への木道登り。
この先が山頂。この辺りで裏(プリンス)ルートから来たらしい登山者数人とスライド。
2014年09月18日 09:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が山頂。この辺りで裏(プリンス)ルートから来たらしい登山者数人とスライド。
9時35分、スタートから約5時間半、平が岳山頂着。山頂貸切だったが間もなく隣で車中泊していた郡山の単独同年代男性が着いたのでシャッター交換。
2014年09月18日 09:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時35分、スタートから約5時間半、平が岳山頂着。山頂貸切だったが間もなく隣で車中泊していた郡山の単独同年代男性が着いたのでシャッター交換。
3
山頂は木立に囲まれて景色もなく、小雨で休む気持ちにもならないのですぐに卵石に向かう。
2014年09月18日 09:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は木立に囲まれて景色もなく、小雨で休む気持ちにもならないのですぐに卵石に向かう。
間もなく小雨がやんで、
2014年09月18日 09:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく小雨がやんで、
青空が見え始めて、
2014年09月18日 09:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が見え始めて、
景色を眺めることが出来たのはラッキーだった。
2014年09月18日 09:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色を眺めることが出来たのはラッキーだった。
卵石への木道は古くて一部壊れている場所もある。
2014年09月18日 10:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
卵石への木道は古くて一部壊れている場所もある。
標示では分岐から卵石まで1kmとあるが結構遠く感じて、表示が少ないこともあって方向違いかな、と思う感じもあった。
2014年09月18日 10:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標示では分岐から卵石まで1kmとあるが結構遠く感じて、表示が少ないこともあって方向違いかな、と思う感じもあった。
この表示はあったが、特に立ち入り禁止のロープ等もないので、
2014年09月18日 10:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示はあったが、特に立ち入り禁止のロープ等もないので、
近寄ってしまった。卵石の前方下にも綺麗な草紅葉が広がっていて、青空の下ならもっと綺麗だろう。
2014年09月18日 10:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近寄ってしまった。卵石の前方下にも綺麗な草紅葉が広がっていて、青空の下ならもっと綺麗だろう。
1
卵石はこんな様子。
2014年09月18日 10:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
卵石はこんな様子。
石の周りを一回りして引き返す。
2014年09月18日 10:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の周りを一回りして引き返す。
この天気でも、裏ルート利用者も含めて10人程度の登山者とスライドした。
2014年09月18日 10:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この天気でも、裏ルート利用者も含めて10人程度の登山者とスライドした。
11時前に姫池に戻り、結局、山頂休憩なしで下山開始。また小雨が落ちてきた。
2014年09月18日 10:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時前に姫池に戻り、結局、山頂休憩なしで下山開始。また小雨が落ちてきた。
雨で濡れているので、木道も、
2014年09月18日 10:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で濡れているので、木道も、
登山道も滑り易くなっている。その上長時間の登りの後なので、慎重に下る。
2014年09月18日 10:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道も滑り易くなっている。その上長時間の登りの後なので、慎重に下る。
雨で気温が低いので暑さによる疲れは無く、登る前に心配したほどの疲労感は無い。
2014年09月18日 11:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で気温が低いので暑さによる疲れは無く、登る前に心配したほどの疲労感は無い。
濡れた木道。
2014年09月18日 11:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れた木道。
登りでデポした水を回収。
2014年09月18日 11:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでデポした水を回収。
台倉清水に戻って、
2014年09月18日 12:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台倉清水に戻って、
間もなく雨が止んで青空が広がってきた。
2014年09月18日 12:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく雨が止んで青空が広がってきた。
ここは晴れても、山頂方向は相変わらず雲の中。
2014年09月18日 12:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは晴れても、山頂方向は相変わらず雲の中。
すっかり晴れて陽射しは強いが、濡れた体はなかなか暖まらない。
2014年09月18日 13:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり晴れて陽射しは強いが、濡れた体はなかなか暖まらない。
下台倉山まで戻ってきたが、まだ先は長い。
2014年09月18日 13:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下台倉山まで戻ってきたが、まだ先は長い。
ここからも長いアップダウンの尾根筋下りが続く。
2014年09月18日 13:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも長いアップダウンの尾根筋下りが続く。
登りで見えなかった景色を楽しみながら、しかし足元に注意しながら下り続ける。
2014年09月18日 14:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで見えなかった景色を楽しみながら、しかし足元に注意しながら下り続ける。
右手に燧ケ岳(ズーム)を眺めながら下る。
2014年09月18日 14:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に燧ケ岳(ズーム)を眺めながら下る。
痩せ尾根下り。
2014年09月18日 14:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根下り。
下方に長い痩せ尾根下りルートを眺めながら、
2014年09月18日 14:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方に長い痩せ尾根下りルートを眺めながら、
所どころこんな場所もあってスリップしないよう注意。
2014年09月18日 14:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所どころこんな場所もあってスリップしないよう注意。
延々、という感じで続く尾根下り。
2014年09月18日 14:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々、という感じで続く尾根下り。
登山道は概ね歩き易いが、こんな状態の所も。
2014年09月18日 14:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は概ね歩き易いが、こんな状態の所も。
やはり青空の景色は気持ち良い。
2014年09月18日 14:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり青空の景色は気持ち良い。
15時50分、急坂を下ってどうやら登山口に帰り着き、ほっとした。
2014年09月18日 15:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時50分、急坂を下ってどうやら登山口に帰り着き、ほっとした。
あとはほぼ平坦な林道を戻り、
2014年09月18日 15:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはほぼ平坦な林道を戻り、
川を渡って、
2014年09月18日 15:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡って、
駐車場へ。
2014年09月18日 16:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場へ。
歩行12時間、無事帰着。ほとんど休憩なしで歩き通して当然疲れたが、予想ほどではなかった。
2014年09月18日 16:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩行12時間、無事帰着。ほとんど休憩なしで歩き通して当然疲れたが、予想ほどではなかった。
1

感想/記録

今年の道外山行の主目的の「平が岳」は、3年前に、事前情報の収集が甘くて奥只見湖まで行ってからR352が大雨被害で通行止めになっていることが判り、断念した山。
今回は、ヤマレコなどで種々の情報をしっかり確認して向かい、新潟上陸の翌日に登ることが出来た。
天気は予報が外れて小雨になったが、引き返すほどの雨ではなく、無事登ることが出来た。
これで百名山99座目。
あと一つ、という状態は、案外気分の良いものだ。

お金を使ってコースを短縮する裏ルート(いわゆるプリンスルート)があることも知っていたが、やはりこの山には長時間の正規ルートで登りたかったので、それなりのトレーニングを重ねて準備し、その成果で想定ほどの疲れも感じずに往復できたことも、大きな達成感を得た理由と思う。

下山後の、桧枝岐の温泉と小さなレストランの夕食は格別だった。

【今回の道外山行日程】
9/16(火)札幌〜小樽。フエリー乗船(船中泊)。
9/17(水)新潟上陸〜(小出IC・奥只見湖経由)〜平が岳鷹ノ巣登山口(車中泊)。
9/18(木)「平が岳」登山。下山後は桧枝岐で入浴・夕食・車中泊。
9/19(金)会津若松観光と移動(高速道磐梯SA車中泊)。
9/20(土)猪苗代湖、喜多方観光(道の駅喜多方車中泊)。
9/21(日)米沢観光と移動(高速道越後川口SA駅車中泊)。
9/22(月)移動(水上温泉道の駅車中泊)。
9/23(火)「谷川岳」登山。(水上温泉道の駅車中泊)。
9/24(水)洗濯(コインランドリー)と移動(南魚沼温泉宿泊)。
9/25(木)〜26(金)台風避難停滞(南魚沼温泉宿泊)。
9/27(土)移動(平標山登山口車中泊)。
9/28(日)「平標山〜仙ノ倉山」登山。(南魚沼温泉宿泊)。
9/29(月)洗濯と移動(新潟道の駅車中泊)。
9/30(火)新潟からフエリー乗船(船中泊)。
10/1(水)小樽上陸。札幌帰宅。

計15泊16日(船中2泊、車中9泊、宿4泊)。総走行距離1,281km。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:436人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/29
投稿数: 4049
2014/10/29 11:15
残るは飯豊山ですね ^^v
今回は、平が岳か飯豊山か、ひょっとしたら両方で100名山達成かな?と思っていました
umetomosanさんの99座で、自分の登った山を調べてみたら30座ちょいでした
やっぱり100名山を登ると言う事は凄い事ですね
残る飯豊山には、是非連れて行って欲しいものです
登録日: 2009/12/17
投稿数: 1124
2014/10/30 16:39
Re: 残るは飯豊山ですね ^^v
<100名山を登ると言う事は凄い事ですね>
私の場合は、運良く?2度の東京勤務があったので、ラッキーでした。
その頃に何気なく数えてみたら半分ほど登っていることに気づいたのがきっかけでしたが、それから20年近くかかってます
もしも JIJIさんがその気になったら、たぶん、数年で登ってしまうでしょうね
最後の飯豊山には、街おばさんも厚かましく同行を希望すると思うので、当然超スローペースになって、とてもじゃないけどJIJIさんは付き合いきれないでしょうね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ