また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 538968 全員に公開 沢登り丹沢

神ノ川水系 ミクボ沢(三窪沢)左俣

日程 2014年10月29日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候ピーカン!(紅葉秋日和)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川林道(ヒユッテ奥、孫右衛門沢手前ゲートの手前)
・トイレ、登山届は神ノ川ヒユッテで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

神ノ川林道/風巻尾根吊り橋入口上流部路肩11:20−
11:45ミクボ沢出合−
12:38標高640m二俣12:56−
左俣−
13:23標高700m二俣−
14:20風巻尾根上標高860m14:43−
15:03駐車地
コース状況/
危険箇所等
■ミクボ沢左俣

 ミクボ沢は字の通り、右俣、本流、左俣と短い3本の沢(というかルンゼ)で
 構成されている。
 時間がなかったので、今回は一番容易な左俣をよじ登った。
 遡行グレード:2級下(右俣、本流は2級以上あります)

/瀬寮醂啼擦郎Gからゲートの位置が、従来の神ノ川ヒユッテ前から
 その奥の孫右衛門沢出合近くへ変わった。
 ゲート近くは「駐車禁止」ゾーンがあるので、その手前の広くなった路肩等に
 数台停められる。
 神ノ川各沢に行くには多少便利になったけど・・・。

 ミクボ沢および小洞沢に入るには、ゲートの先の孫右衛門隧道、小洞隧道を
 越えて林道が東向きから南西向きにグッと右折するところの岬状尾根(カーブ
 ミラーあり)の右から河原に向かうこの小尾根の明瞭な踏み跡を追う。
 下りたところにちょうど対岸に小洞沢が出合っている。

 ミクボ沢は下流に見える堰堤のさらに下で右岸から出合っている。
 まず小洞沢出合に向かって神ノ川を徒渉し、下流の小洞堰堤は右岸側から
 巻き下りる。
 手摺り等はなく、堰堤落ち口からやや斜め下に見える木に向かいトラバース
 しなければならず、ちょっと悪い。
 木から少し戻るように斜めに下って、再び神ノ川を徒渉。
 ミクボ沢へは三度徒渉しなければならない。
 水量多めのときは大変だろうね。

▲潺ボ沢はしょぼい水量で出合う。ガレを少し入ると、早速倒木が沢を覆う。
 その先にY字状3×7m。これは容易に越せる。
 続いて左から急なガレ状の枝沢が入り、本流には2段7m(5+1.5)滝。
 こいつは難しそうなので、左のガレ状枝沢(脆い!)を15mほど登り、
 7m滝落ち口方向にトラバースして高巻いた。
 その上は2条の流れの小滝になっている。

1Δら3段20mありそうなルンゼ棚と、もう一本右からルンゼを迎えると
 左右から崩落したのであろう倒木群が谷を埋め尽くしている。
 これは潜るのはちょっと大変なので、一歩一歩木に乗りながら突破。
 以前遡行した際はこんな倒木は記憶にないから最近のものかなぁ。
 その先には右側が2段の2条8m滝が出てくる。
 右側の壁から上がり、流芯右側を登るが、この箇所の2〜3歩はスタンスが
 細かかった。(卦蕁棔
 正面にはこの沢の二俣ともいえる標高640mだ。水量比2:1。

けλ鵑20m滝で直登はまぁ無理であろう。
 ほとんどの記録では20m滝の左側の急峻なルンゼをステミング多用で攀じり
 壁に突き当たったら8mほど落ち口方向にトラバースするが悪いようだ。

 左俣は2条7×10m滝で合わさっている。
 流芯登ってみたが見た目より少々細かかった。(卦蕁棔

 間髪入れずに3段2条8×12m。
 右から取付き、中段途中で左に渡って登った。(卦蕁

い泙燭泙薪殘攘押L姪櫃覆里捻Υ澆ら巻く。
 倒木の上流には7×20m一条のナメとなり、その最後は8m滝。
 この8m滝の中間部で右壁から20m滝で落ち込んでいるのが実は本流のよう。
 ただ本流の20m滝は結構バランシーでむずい。
 左俣8m滝は左隅を登って落ち口へバンドをトラバース(卦蕁砲靴同曚擦襪
 右の本流は、8m滝の上から被った壁を20m滝方向にトラバースして上部へ
 登らなければならない。(被った岩途中に残置ハーケンが今でもある)
 以前取付いたことだけはあるが、途中まで行って止めた。
 他に高巻きは絶壁ゴルジュが続き見当たらないしね、これを突破しなければ
 いけないのだ。

イ気8m滝を越えてから左俣を進むと、ナメと棚がしばらく続く。
 2段5×8m、流芯黒ナメ状8×20m(ともに途中右から湧き水あり)、
 流芯黒ナメ状3段10×20m、2段4×6mで水涸れ。
 さらに7×12m、幅広3×5m、幅広5×8mと涸れ棚が続く。
 この辺で今まで高く聳えていた右壁もようやく低くなってくる。

 三角小ルーフのある壁の左側を攀じり、左手の小尾根状に斜上していくと
 白く古いビニールテープが出てきて、標高860m風巻尾根(東海自然歩道)に
 飛び出して遡行終了。

 あとは一般登山道を20〜30分も下れば神ノ川に架かる立派な吊り橋を渡って
 林道へ。
 車を新しく設置したゲート近くに置いた場合は左へ行けば指呼の間。

■kamog丹沢限定沢登り記録集
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
■沢登り、読図、クライミング講習
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2014年10月の天気図 [pdf]

写真

神ノ川林道は孫右衛門沢出合近くまでゲートが伸びています。
東海自然歩道吊り橋の少し上流に駐車。
2014年10月29日 11:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神ノ川林道は孫右衛門沢出合近くまでゲートが伸びています。
東海自然歩道吊り橋の少し上流に駐車。
今年新しく移動したゲート
2014年10月29日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年新しく移動したゲート
今日遡行するミクボ沢(中央の凹み)と奥に小洞沢
2014年10月29日 11:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日遡行するミクボ沢(中央の凹み)と奥に小洞沢
振返れば大室山(大群山)
2014年10月29日 11:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返れば大室山(大群山)
カーブミラーのある岬状尾根の右から踏み跡を追います
2014年10月29日 11:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブミラーのある岬状尾根の右から踏み跡を追います
明瞭は踏み跡は神ノ川河原へ導いてくれます
2014年10月29日 11:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭は踏み跡は神ノ川河原へ導いてくれます
ちょうど小洞沢出合に出ました
この沢は昨年遡行済み(大滝悪かったなぁ)
2014年10月29日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど小洞沢出合に出ました
この沢は昨年遡行済み(大滝悪かったなぁ)
下流の堰堤右岸へ
2014年10月29日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流の堰堤右岸へ
下りるのはちょっと気を付けたいトラバース&下降
2014年10月29日 11:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りるのはちょっと気を付けたいトラバース&下降
ここを下りました
2014年10月29日 11:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下りました
堰堤は2mくらいなので暖かい時期なら真ん中下りてもいいかな
2014年10月29日 11:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は2mくらいなので暖かい時期なら真ん中下りてもいいかな
ミクボ沢出合
8年ぶりですわ
2014年10月29日 11:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミクボ沢出合
8年ぶりですわ
特に右壁は立っています
2014年10月29日 11:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に右壁は立っています
Y字3×7mは容易
2014年10月29日 11:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Y字3×7mは容易
左手にガレルンゼが合わさり本流は2段6m滝
直登は厳しいので・・・
2014年10月29日 11:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手にガレルンゼが合わさり本流は2段6m滝
直登は厳しいので・・・
左手の脆い急なガレを15m登って落ち口へトラバースします
2014年10月29日 11:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の脆い急なガレを15m登って落ち口へトラバースします
ガレ登って
2014年10月29日 11:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ登って
落ち口へトラバース
2014年10月29日 11:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口へトラバース
6m滝落ち口
2014年10月29日 12:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6m滝落ち口
うわ!崩落した倒木すごい
2014年10月29日 12:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわ!崩落した倒木すごい
倒木群の奥に2条8m滝が見えるけど
2014年10月29日 12:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木群の奥に2条8m滝が見えるけど
いちいち潜れないので木に乗って越します
2014年10月29日 12:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちいち潜れないので木に乗って越します
2条8m滝
右から登りますが、上段1,2歩が細かいね
2014年10月29日 12:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条8m滝
右から登りますが、上段1,2歩が細かいね
奥に二俣見えてきた
2014年10月29日 12:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に二俣見えてきた
右俣に架かる20m滝とその左に登路の悪いルンゼ
2014年10月29日 12:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣に架かる20m滝とその左に登路の悪いルンゼ
左俣に架かる2条7×10m滝
2014年10月29日 12:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣に架かる2条7×10m滝
秋の日に映える二俣
2014年10月29日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の日に映える二俣
右俣のルンゼ
また今度来るねぇ
2014年10月29日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣のルンゼ
また今度来るねぇ
左俣へ
流芯登ったけど少し細かい
2014年10月29日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣へ
流芯登ったけど少し細かい
7×20mナメ
下の倒木が面倒なので右岸を少し巻き登りました
2014年10月29日 13:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7×20mナメ
下の倒木が面倒なので右岸を少し巻き登りました
ナメの突き当りに架かる左俣8m滝
その真ん中に20m滝で落ち込んでいるのが実はミクボ沢本流です
2014年10月29日 13:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメの突き当りに架かる左俣8m滝
その真ん中に20m滝で落ち込んでいるのが実はミクボ沢本流です
これが二俣とは思えないよなぁ
2014年10月29日 13:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが二俣とは思えないよなぁ
本流へのルートは20m滝の上側のこの被った壁をトラバースする。
8年前も取付いたけどかなり要バランスー・・・で今日はもちろんパス。
2014年10月29日 13:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流へのルートは20m滝の上側のこの被った壁をトラバースする。
8年前も取付いたけどかなり要バランスー・・・で今日はもちろんパス。
下流を振り返る
2014年10月29日 13:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流を振り返る
相変わらず右側は立った壁が上流まで続く
2014年10月29日 13:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず右側は立った壁が上流まで続く
あとはそれほどではない棚状が続く
2014年10月29日 13:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはそれほどではない棚状が続く
もう沢もだいぶん浅くなってきた
2014年10月29日 13:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう沢もだいぶん浅くなってきた
中央に小さな三角ルーフがある壁
左を通過
2014年10月29日 14:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に小さな三角ルーフがある壁
左を通過
最後の詰め状
2014年10月29日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰め状
えっちらこっちら
2014年10月29日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっちらこっちら
やや西方向へ
2014年10月29日 14:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや西方向へ
風巻尾根(東海自然歩道)に到着
遡行図取り直しながらゆったり登っても2時間半くらいで超楽
2014年10月29日 14:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風巻尾根(東海自然歩道)に到着
遡行図取り直しながらゆったり登っても2時間半くらいで超楽
1
風巻尾根を下りる
2014年10月29日 14:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風巻尾根を下りる
あれ?階段新しくなったな
2014年10月29日 14:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?階段新しくなったな
吊り橋渡る
2014年10月29日 14:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋渡る
この辺もそろそろ紅葉見ごろ
2014年10月29日 14:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺もそろそろ紅葉見ごろ

感想/記録
by kamog

8年ぶりにミクボ沢左俣へ行ってきた。
遡行図の取り直しが目的。
本当は右俣へ行きたかったし、それなりの装備も準備してきたのだが
ロイヤルズ戦ちょっと見出してしまい出発遅れ。
ま、いいさ。
訪問者数:681人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ