また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 557128 全員に公開 沢登り丹沢

セドノ沢左俣(上流部のみ)

日程 2014年12月05日(金) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候快晴冬晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
戸沢12:20−
13:20セドノ沢左俣−
13:36標高1070m書策新道横断点13:56−
14:35表尾根/新大日西部コル14:55−
新大日−
15:20政次郎尾根分岐点−
政次郎尾根下降−
16:00戸沢
その他周辺情報■戸沢にある秦野警察臨時派出所前の登山届ポストは
 2015年3月までで撤去され、戸川林道滝沢園近くに移設予定

■丹沢限定沢登り記録
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
過去天気図(気象庁) 2014年12月の天気図 [pdf]

写真

戸沢
昼前まで秦野警察臨時派出所閉所式に参列していたため今日は午後出勤(笑)
2014年12月05日 12:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢
昼前まで秦野警察臨時派出所閉所式に参列していたため今日は午後出勤(笑)
1
上流部のみ再踏査目的なので下流部はカットします
2014年12月05日 13:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流部のみ再踏査目的なので下流部はカットします
セドノ沢左俣支流の黒龍ノ滝
2014年12月05日 13:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢左俣支流の黒龍ノ滝
緑も散って空が明るいね
2014年12月05日 13:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑も散って空が明るいね
1
この辺、ガスになると本流を見過ごし支流に入ることもある迷う箇所ですが、今日は明瞭
2014年12月05日 13:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺、ガスになると本流を見過ごし支流に入ることもある迷う箇所ですが、今日は明瞭
最高の沢日和ですわ
2014年12月05日 13:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の沢日和ですわ
2
お、出ましたな
2014年12月05日 14:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、出ましたな
2
標高1120mにある8m滝というか、今日は涸棚
2014年12月05日 14:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1120mにある8m滝というか、今日は涸棚
2
卦蕕曚匹離ライミングです
2014年12月05日 14:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
卦蕕曚匹離ライミングです
1
落ち口にあった倒木枝がちょっと邪魔だった
2014年12月05日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口にあった倒木枝がちょっと邪魔だった
右が鼻状カンテの緩やかな棚
2014年12月05日 14:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が鼻状カンテの緩やかな棚
1
もうちょい
2014年12月05日 14:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょい
この柵管理票のところで
2014年12月05日 14:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この柵管理票のところで
表尾根に出ました
2014年12月05日 14:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根に出ました
景色いいです
2014年12月05日 14:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色いいです
1
空に向かって
2014年12月05日 14:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に向かって
1
振返れば寿岳
2014年12月05日 14:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返れば寿岳
1
初冬はこのブルーがたまらん
2014年12月05日 15:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初冬はこのブルーがたまらん
1
書策小屋跡地
2014年12月05日 15:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋跡地
1
遥かに横浜のビル群が見える
2014年12月05日 15:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥かに横浜のビル群が見える
振返って左が塔ノ岳
2014年12月05日 15:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振返って左が塔ノ岳
政次郎ノ頭
今日は時間も限られているので素直にここから下ります
2014年12月05日 15:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎ノ頭
今日は時間も限られているので素直にここから下ります
1
表尾根/行者岳
2014年12月05日 15:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根/行者岳
2
政次郎尾根は土留めの階段
2014年12月05日 15:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根は土留めの階段
1
概ね右側が広葉樹、左側が植林で構成されている
2014年12月05日 15:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
概ね右側が広葉樹、左側が植林で構成されている
臨時派出所が見えてきました
2014年12月05日 15:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臨時派出所が見えてきました
登山届ポスト移転のお知らせ
有事の際、ここまで計画書を回収するのが種々大変なためです
2014年12月05日 15:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届ポスト移転のお知らせ
有事の際、ここまで計画書を回収するのが種々大変なためです
2015年3月(順調ならば2月末)まで主に水無川右岸の植林で伐採作業が行われております。
モミソ沢に行く際は要注意!
2014年12月05日 16:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015年3月(順調ならば2月末)まで主に水無川右岸の植林で伐採作業が行われております。
モミソ沢に行く際は要注意!
3
この赤エリアです
2014年12月05日 16:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この赤エリアです
1
夕陽に染まる三ノ塔尾根
2014年12月05日 16:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽に染まる三ノ塔尾根
1

感想/記録
by kamog

今日は秦野警察署臨時派出所の閉所式に遭対協救助隊として参列。
昼前に終わったが、半日潰すのももったいないので
近くのセドノ沢左俣上流部のみ踏査することにした。
遭難事故の多い書策新道(現在主にその理由で入らないようにしている)の
崩壊箇所確認も含め、セドノ沢左俣横断点から遡行。
時期柄、水量は夏の半分くらいなので
足はまったく濡らすこともなく遡ることができた。
遡行図を再度取り直しながらゆっくりながらも沢にいた時間は一時間程度。
夕暮れになると植林帯の政次郎尾根はわかりにくくなるのでさっさと下山。
それにしても冬晴れのブルースカイはこの時期ならではだねぇ。
訪問者数:645人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コル 倒木 モミ 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ