ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6066153
全員に公開
ハイキング
赤目・倶留尊高原

榛原→曽爾高原→ 倶留尊山→赤目口②

2023年10月17日(火) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
11:50
距離
24.2km
登り
1,274m
下り
1,571m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
10:47
休憩
1:02
合計
11:49
3:40
20
スタート地点
4:00
4:00
19
4:19
4:20
23
4:42
4:43
83
6:06
6:06
17
6:23
6:28
10
6:38
6:51
0
6:51
6:51
31
7:22
7:33
48
8:21
8:43
23
9:05
9:05
152
11:37
11:42
72
12:54
12:54
22
13:15
13:18
8
13:26
13:26
5
13:31
13:32
4
13:36
13:36
4
13:40
13:42
4
13:46
13:46
9
13:55
13:55
5
14:00
14:02
7
14:09
14:09
4
14:13
14:13
5
14:28
14:29
62
15:31
ゴール地点
天候 晴れ時々曇り
過去天気図(気象庁) 2023年10月の天気図
アクセス
コース状況/
危険箇所等
アスファルト7
山道3
星きれい!
2023年10月17日 03:37撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 3:37
星きれい!
山へエントリー
お願いしまーす(とはいえコンクリ
2023年10月17日 03:47撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 3:47
山へエントリー
お願いしまーす(とはいえコンクリ
謎生物!
丸太がドーン
入っちゃダメと言っている
2023年10月17日 03:51撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 3:51
丸太がドーン
入っちゃダメと言っている
闇から見つめる目
シカ
2023年10月17日 04:26撮影 by  iPhone 11, Apple
1
10/17 4:26
闇から見つめる目
シカ
亀山?
2023年10月17日 04:34撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 4:34
亀山?
陽が出たら絶景なのだろう
2023年10月17日 04:47撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 4:47
陽が出たら絶景なのだろう
まだまだ
2023年10月17日 05:14撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 5:14
まだまだ
ソーセージ
赤ライトのほうが暗闇楽しめていい、っていう発見
2023年10月17日 05:16撮影 by  iPhone 11, Apple
1
10/17 5:16
ソーセージ
赤ライトのほうが暗闇楽しめていい、っていう発見
まだまだ(このあたりから太陽を「推しメン」と呼び始める)
2023年10月17日 05:33撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 5:33
まだまだ(このあたりから太陽を「推しメン」と呼び始める)
西側は雲海
2023年10月17日 05:39撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 5:39
西側は雲海
推しメンキターーー!
2023年10月17日 06:00撮影 by  iPhone 11, Apple
2
10/17 6:00
推しメンキターーー!
あれに登る?の?
2023年10月17日 06:49撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 6:49
あれに登る?の?
倶留尊山でもシカだらけ
2023年10月17日 07:29撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 7:29
倶留尊山でもシカだらけ
堂々の景観なし
GPS的には確かにこの③という看板から下りるところがあるはず
しかしよくわからない
斜面はなだらかだし木の密度も少ないので、試しに下りてみた
2023年10月17日 07:48撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 7:48
GPS的には確かにこの③という看板から下りるところがあるはず
しかしよくわからない
斜面はなだらかだし木の密度も少ないので、試しに下りてみた
要はこのモノレールのレールに沿えばよいということか
2023年10月17日 07:51撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 7:51
要はこのモノレールのレールに沿えばよいということか
すぐアスファルト出れた!
2023年10月17日 07:59撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 7:59
すぐアスファルト出れた!
ここで1時間くらい寝てた
ここで1時間くらい寝てた
見事なスズメバチの巣
30mは離れているが、巣の周りをブンブンやつらが飛んでるの見える
2023年10月17日 08:44撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 8:44
見事なスズメバチの巣
30mは離れているが、巣の周りをブンブンやつらが飛んでるの見える
カワセミおった!
エメラルドグリーンの弾丸!
2023年10月17日 11:28撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 11:28
カワセミおった!
エメラルドグリーンの弾丸!
この階段を上がる
わかりにくい
2023年10月17日 11:40撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 11:40
この階段を上がる
わかりにくい
この水は、、、
スギの味がする笑
2023年10月17日 12:30撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 12:30
この水は、、、
スギの味がする笑
はろにちわ
2023年10月17日 14:14撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 14:14
はろにちわ
これほしい!
2023年10月17日 14:19撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 14:19
これほしい!
おつかれ山
2023年10月17日 15:31撮影 by  iPhone 11, Apple
10/17 15:31
おつかれ山
真のゴール

感想

2時半起床
わりとサッと起きれた
体も痛いとこない
のんびり撤収
3時半歩き出す
真っ暗暗

今回の山行必須ミッションは、倶留尊山付近の東に景観のあるところで朝日を愛でながら朝メシを食う、なので、まだメシは食っていない

ただし、日の出予想時刻6時ジャスト、
倶留尊山へのCP3時間、
3時半スタートだと倶留尊山には日の出間に合わない
どこか尾根伝いでココという場所を探さなくてはいけない


テクテクのんびり歩いてく
最短距離だと、入っちゃダメ、的なところがあったので少し遠回り
とはいえ車道なので歩きやすい

森をヘッデンで照らすと、たまにこちらを見ている目が光る
ていうかシカだらけ

謎生物発見
これはまだ調べてない
リスには大きい
サルにはシッポがでかい
モモンガやムササビはもう少し小柄な印象
タヌキは木に登らんやろ
レッサーパンダかメガネザル?

曽爾高原は分岐めちゃ多い
ヤマレコしっかり見る

亀山到着
尾根付近、東方向はずっと高い木が生えており、景観が広がらない
しかしココというとこが5時に見つかった
少し早いがもうここにする

東に景観、西が平原
つまり吹きっさらし
寒い

まずはとっととソーセージを茹でて食べてしまう
その煮汁でシーフードヌードルを作りだす

ここで気づいた
持ってるクッカー2個のうち小さいほうを持ってきたが、これ登山用のカップじゃないカップヌードル、サイズカツカツやな
食えんわけではないが
あかんわこれ
次からよほどでないかぎり大きいほうを持ち歩こう

ラーメン投入するが、まあまあ寒いし風もあるので、弱火で煮ながら3分〜5分

だいぶ明るくなってきた
ついにヘッデンいらなくなった
日の出より先にラーメンが出来た
美しい朝焼け見ながら食い出すが、推しメン(太陽)は出ない
前述の都合でラーメンは濃口だが、塩味が五体に染みる染み入る染み込みまくる

食べ終わっても推しメン出ず
予定時刻あと5分
ストレッチ等しながら待つ
寒い、いや寒くない

推しメン出た
タバコ吸いたくなった

出発
太陽のありがたみを感じながらアップダウンをやっつける
アニミズム、太陽信仰の根源を感じる
夏場は暑すぎてウザいが、冬のポカポカは極楽
夜の闇に怯えながら朝を待ち、日の出に感謝する
などなど

原始人が古代人に変遷していくさま(生物種としてでなく文明や意識として)とは、自然への感謝と畏怖の発生があり、それを思い巡らせることが思考の発達のきっかけだったのでは、とか仮説を作る
それくらい陽の感謝は心に直結していた
とか思ってるとちょっとひとりで笑った


急勾配をのぼり倶留尊山
景観なし
シカ4頭くらいが間近でお出迎え
サンキューやで

ここから少し戻って下山のT字路のはずなんだが、行き道で分岐確認できず
まあヤマレコと勘でむりやり解決
詳しくは写真のコメント

わりとあっさりアスファルトに出れた
急な下りを膝大切にしながら下る
途中大の字になって休憩するも、スズメバチがうっとおしくて立ち去る

立派なスズメバチの巣を見て畏怖を思う(日の出の感動を引きずってる

林業の人たちが犬を連れてた
退屈だったようでめちゃ懐いてきた
よーしよし、よーしよしとガシガシなでてたら急に、ブルブルッと体振った
そしたら抜け毛がドーンっと大量に舞った
ちょっとーっ!って叫んだ
おもしろかった

人里に帰還
長い下りで足疲れた
ていうか全体的に疲れた
トイレも自販機もあるので休憩
道で寝た
どうやら1時間くらい寝てた

バス待ち風のおばちゃま2人と目の前の家のおばちゃま計3人に声をかけられる
大変やねーと
えらくにこやかでフランクだった
コーヒー買って歩き出す

ここからはほぼラストスパート
頭もスッキリした
ザクザク歩く
そしたら一台車が停まった
さっきのおばちゃま2人だ
男性の車に乗っている
歩くの早いねーと言われる
いやいやそんな別に、と返したら、
ところでこういうの興味ないー?
と紙を渡された
エホバの証人だった
いやいや大丈夫ですー!
少し粘られたがお断りしてると車発進して立ち去った

ポール持ってガシガシ歩いてて、一泊装備で、こちとらしかもさっきまで山の上で原始人のアニミズムの発生に思いを馳せていた
なに〜〜?エホバだと〜〜?
キリストの弟子になんざ興味ないわっ!
そもそもエホバは神の名だろ
神の名を軽々しく口にするなっ!
ていうかわしはキリストどころか神を目指しとるわ!ボゲッ!
と、とても気が悪くなった
ソロ登山してる人と新興宗教の食べ合わせは最悪だということを身をもって知った
エホバの証人さんありがとう笑

川沿いの道を歩く
渓流がキレイ
アユでもいるだろうか
と思ったらエメラルドグリーンの弾丸が走った
カワセミ
カワセミ見れるのってなんだか嬉しい

落合というとこで分岐
少し道まちがえた
わかりにくい!
写真参照
ひょっとしたらまちがえたほうに行ってもどうにか合流できるかもしれないんだが要検証

落合から峠まで、
それと赤目の滝付近、
地図で見るよりジグザグしてる
パッと見のムードよりボリュームある
僕のGPSの軌跡はほんと道そのままってくらい地図で見るよりジグザグ

ラストスパートなのでガシガシ登るしガシガシ下りる
赤目の滝付近は観光客たち追い抜いてゴリゴリでクリア
滝なんて見てない(少し見た

オオサンショウウオ館みたいなのがあった
げげっ!川もっと見るんだった!
野生のオオサンショウウオに出会うの夢なのに!

ということでもう一度来なくてはいけなくなった

駅までのロードをゴリゴリ歩く
なかなかちゃんとペース出た

ゴール
駅前売店なし
ビールは鶴橋までおあずけ残念
電車も15分で来る
着替えてピッタリ

しかし僕にはまだミッションがあって
大阪の家帰って、風呂入って、職場に検便提出(採取済)して、ATM行って、買い物して、立ち飲み屋行って、サッカー日本代表戦を見る
ここまでが登山計画笑

すべて達成
おめでとう
天才
優勝
チョベリグ
大統領

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:147人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら