また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 641428 全員に公開 山滑走 増毛・樺戸

群別岳(増田の沢ルート)山スキーで往復

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年04月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間17分
休憩
1時間33分
合計
9時間50分
Sスタート地点05:2407:18林道終点09:00増田の沢09:1510:21P1079mと南峰のコル10:4011:38群別岳11:4712:14P1079mと南峰のコル12:26増田の沢12:52熊の平(609ポコ)13:4214:08林道終点15:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
国道から約3キロで除雪終了点。
そこから頂上まで雪は繋がっており、板を脱いで歩くことはありませんでした。
危険個所はありません。
地図上のゴール地点がスタート地点とずれている理由は、単にハンディGPSが最後の5分程電池切れして記録されなかったからです。
その他周辺情報前夜も下山後も浜益温泉センターで汗を流しました。
コンビニは近くの国道沿いにセイコーマート1軒のみ。
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

写真

国道から浜益斎場入口に向かう群別川林道に入り、約3km走った所で除雪終了点。10台以上停められるスペースがあります。
2015年04月25日 05:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道から浜益斎場入口に向かう群別川林道に入り、約3km走った所で除雪終了点。10台以上停められるスペースがあります。
1
スタート地点から駐車スペース方向を振り返った写真。
2015年04月25日 05:22撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点から駐車スペース方向を振り返った写真。
雪が繋がっているので始めから板を履いてスタート。
2015年04月25日 05:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が繋がっているので始めから板を履いてスタート。
しばらく群別川左岸に沿った林道を行きます。ほとんど平です。先行する女性のツボ足の跡を見ると、5cm程潜るようで結構疲れると思います。
2015年04月25日 05:44撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく群別川左岸に沿った林道を行きます。ほとんど平です。先行する女性のツボ足の跡を見ると、5cm程潜るようで結構疲れると思います。
通行止めゲートがありました。雪が解けるとここまで車で入れます。除雪終了点から約1.3km歩いています。
2015年04月25日 05:49撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めゲートがありました。雪が解けるとここまで車で入れます。除雪終了点から約1.3km歩いています。
ここの1ヶ所だけ林道上の雪が切れていて左側から回り道しました。
2015年04月25日 06:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの1ヶ所だけ林道上の雪が切れていて左側から回り道しました。
群青橋が見えて来ました。
2015年04月25日 06:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群青橋が見えて来ました。
橋を渡っても未だ平らな林道は続きますが、徐々に登ってはいます。
2015年04月25日 06:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡っても未だ平らな林道は続きますが、徐々に登ってはいます。
地図上の林道終点まで来ました。スタート地点から約5.6km歩いています。
2015年04月25日 07:18撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図上の林道終点まで来ました。スタート地点から約5.6km歩いています。
林道終点から左に曲がってV字状の沢沿いにトラバースして奥に進みます。ここで今朝4時半にスタートした女性に追いつきました。この奥でV字沢を対岸に渡ります。この時は沢は完全に雪に埋もれていました。
2015年04月25日 07:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から左に曲がってV字状の沢沿いにトラバースして奥に進みます。ここで今朝4時半にスタートした女性に追いつきました。この奥でV字沢を対岸に渡ります。この時は沢は完全に雪に埋もれていました。
V字沢を渡って山の斜面に取り付くと要所要所にピンクテープがあって熊の平へのルートを導いてくれます。
2015年04月25日 08:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字沢を渡って山の斜面に取り付くと要所要所にピンクテープがあって熊の平へのルートを導いてくれます。
熊の平を過ぎると小さなアップダウンがあって、やがて増田の沢に入って来ました。
2015年04月25日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の平を過ぎると小さなアップダウンがあって、やがて増田の沢に入って来ました。
増田の沢の対岸(左岸)の急斜面にスキーで斜登行したトレースや滑った跡があり、その急斜面を登ることにします。
2015年04月25日 08:59撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
増田の沢の対岸(左岸)の急斜面にスキーで斜登行したトレースや滑った跡があり、その急斜面を登ることにします。
増田の沢を渡る前に沢の下部を見たところです。ツボ足の女性が小さな黒い点となって見えています。
2015年04月25日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
増田の沢を渡る前に沢の下部を見たところです。ツボ足の女性が小さな黒い点となって見えています。
P1079mに向かって急斜面を登る途中から幌天狗方面が見えて来ました。
2015年04月25日 09:34撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1079mに向かって急斜面を登る途中から幌天狗方面が見えて来ました。
P1079mの左(西側)をトラバースするように登って行きます。
2015年04月25日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1079mの左(西側)をトラバースするように登って行きます。
P1079mは右手に通過しつつあり、前方には群別岳南峰の岩峰が見えて来ました。左側は結構急斜面となっています。雪はかなり腐っていてスキー板でもズボっと潜ります。
2015年04月25日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1079mは右手に通過しつつあり、前方には群別岳南峰の岩峰が見えて来ました。左側は結構急斜面となっています。雪はかなり腐っていてスキー板でもズボっと潜ります。
群別岳南峰とP1079mとのコルまで来ました。
2015年04月25日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳南峰とP1079mとのコルまで来ました。
群別岳南峰は東側の急斜面をトラバースしました。群別岳頂上が見えて来ました。もう少しで群別岳と南峰とのコルに出ます。
2015年04月25日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳南峰は東側の急斜面をトラバースしました。群別岳頂上が見えて来ました。もう少しで群別岳と南峰とのコルに出ます。
1
群別岳南峰のトラバースを終えて群別岳とのコルに出たところで南峰とトラバースしたトレースを振り返ります。
2015年04月25日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳南峰のトラバースを終えて群別岳とのコルに出たところで南峰とトラバースしたトレースを振り返ります。
1
コルにスキー板をデポして群別岳頂上に着きました。浜益岳方面を見た景色です。
2015年04月25日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルにスキー板をデポして群別岳頂上に着きました。浜益岳方面を見た景色です。
1
群別岳頂上から奥徳富岳方面を見た景色です。
2015年04月25日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳頂上から奥徳富岳方面を見た景色です。
1
群別岳頂上から暑寒別岳〜奥徳富岳方面のパノラマ写真です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳頂上から暑寒別岳〜奥徳富岳方面のパノラマ写真です。
群別岳頂上から南峰〜幌天狗方面のパノラマ写真です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳頂上から南峰〜幌天狗方面のパノラマ写真です。
群別岳からコル(スキーデポ地点)に下る途中で見た幌天狗。
2015年04月25日 11:51撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳からコル(スキーデポ地点)に下る途中で見た幌天狗。
群別岳からコル(スキーデポ地点)に下る途中で見た群別岳南峰とその左肩の先に黄金山が見えます。コルにはデポした荷物が黒い小さな点になって見えています。
2015年04月25日 11:51撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群別岳からコル(スキーデポ地点)に下る途中で見た群別岳南峰とその左肩の先に黄金山が見えます。コルにはデポした荷物が黒い小さな点になって見えています。
コル(スキーデポ地点)から少し滑って群別岳頂上を振り返ったところ。この後、南峰の東斜面を斜滑降して南峰肩に出ます。
2015年04月25日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コル(スキーデポ地点)から少し滑って群別岳頂上を振り返ったところ。この後、南峰の東斜面を斜滑降して南峰肩に出ます。
南峰肩からの大斜面を気持ち良く滑ってP1079mとのコルまで来て、幌天狗方面を見たところです。
2015年04月25日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰肩からの大斜面を気持ち良く滑ってP1079mとのコルまで来て、幌天狗方面を見たところです。
幌天狗とは反対側(東側)の奥徳富岳を見たところです。
2015年04月25日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌天狗とは反対側(東側)の奥徳富岳を見たところです。
南峰肩から滑ったシュプールを振り返ります。
2015年04月25日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰肩から滑ったシュプールを振り返ります。
1
熊の平(609ポコ付近)から増田の沢上部とその右上に聳える群別岳を振り返ります。
2015年04月25日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の平(609ポコ付近)から増田の沢上部とその右上に聳える群別岳を振り返ります。
少しズームアップして群別岳とP1079mを見上げた写真です。往きは雲がかかっていて見えなかったので、熊の平から全貌が見えて感激しました。
2015年04月25日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しズームアップして群別岳とP1079mを見上げた写真です。往きは雲がかかっていて見えなかったので、熊の平から全貌が見えて感激しました。
1
さらにズームアップ。中央の白い頂が群別岳、その右の黒い塊が南峰、その肩から自分のシュプールが見えて嬉しかったです。
2015年04月25日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにズームアップ。中央の白い頂が群別岳、その右の黒い塊が南峰、その肩から自分のシュプールが見えて嬉しかったです。
1
熊の平(609ポコ付近)にはHYMLメンバーの6人が到着して、テント2張と写真のイグルーを作っていました。
2015年04月25日 13:28撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の平(609ポコ付近)にはHYMLメンバーの6人が到着して、テント2張と写真のイグルーを作っていました。
1
熊の平で長居した後、再び下山開始してテント2張を振り返った写真です。
2015年04月25日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の平で長居した後、再び下山開始してテント2張を振り返った写真です。
1
林道脇で見かけたエゾリュウキンカ。2−3ヶ所で咲いていました。
2015年04月25日 15:00撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇で見かけたエゾリュウキンカ。2−3ヶ所で咲いていました。
駐車場に戻ると車が朝の2台から5台に増えていました。1台は奥徳富岳を日帰り往復している男性単独行(林道終点であいました)、もう2台はHYMLメンバーのものと思われます。
2015年04月25日 15:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ると車が朝の2台から5台に増えていました。1台は奥徳富岳を日帰り往復している男性単独行(林道終点であいました)、もう2台はHYMLメンバーのものと思われます。
下山後、浜益温泉センターに向かう途中で見えた景色で、左から幌天狗、群別岳、奥徳富岳(一番大きい)、黄金山が連なっています。
2015年04月25日 16:20撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、浜益温泉センターに向かう途中で見えた景色で、左から幌天狗、群別岳、奥徳富岳(一番大きい)、黄金山が連なっています。

感想/記録

自分は山スキーで往復しましたが、ツボ足との所要時間の差はかなりあるように感じました。私より1時間程早く出発した単独行の女性はツボ足で往復されていましたが、林道部分でも少し(5cm位)潜り、それが山に入ってからは結構潜ってラッセルが大変だったと思います。頂上から下山して南峰の肩まで滑った時にやっと南峰直下を歩かれていました。この時点で私より1時間半(所要時間で2時間半)の差があります。また、下山時に林道終点で奥徳富岳を長靴で往復された単独行の男性を追い抜きましたが、駐車地点で片付けしている45分の間、現れませんでした。山滑走はもちろんですが、山スキーでのシール歩行も状況により変わりますが、今回の場合はツボ足に比べかなり速いものと感じました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1194人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ