また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 659618 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

三森谷〜二本松林道〜大師道西の尾根〜再度山〜北の尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2015年06月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
帰り:神戸市バス25系統「再度公園」乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間19分
休憩
7分
合計
2時間26分
Sスタート地点13:2514:42猩々池14:4915:22再度山15:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三森谷核心部の崖は登ろうにも岩質がもろく厳しい。
左の壁を登るも、かなりの斜面。右の谷から巻くのが安全。
その他周辺情報神戸市バス25系統は整理券式なので注意。
中山手3丁目までは片道360円。
4月1日〜11月30までの土日祝のみの運行で
時間あたりの本数も少ない。※再度公園から立ちっぱなしだった。
過去天気図(気象庁) 2015年06月の天気図 [pdf]

写真

昨日に続き冴えない天気。近場で行こう。北野町西公園の奥、三森谷からスタート。
2015年06月14日 13:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日に続き冴えない天気。近場で行こう。北野町西公園の奥、三森谷からスタート。
2
初めの鋼製堰堤が見えるあたりからさっそく谷に下る。踏み跡は右上に続いていく。
2015年06月14日 13:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めの鋼製堰堤が見えるあたりからさっそく谷に下る。踏み跡は右上に続いていく。
堂徳山国有林 第1号鋼製堰堤(PNC工業)を右から越す。
2015年06月14日 13:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂徳山国有林 第1号鋼製堰堤(PNC工業)を右から越す。
1
土砂や落葉で埋まっている。埋まらなければいい感じのゴルジュだったかも。
2015年06月14日 13:36撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂や落葉で埋まっている。埋まらなければいい感じのゴルジュだったかも。
2
連続する石積みの谷止を越えていく。
2015年06月14日 13:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連続する石積みの谷止を越えていく。
足元に鳥らしきものの頭蓋骨が。いや、歯があるから違うか…。こわっ…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に鳥らしきものの頭蓋骨が。いや、歯があるから違うか…。こわっ…。
2
湿っていて思いの外滑る。注意して登っていく。奥に堰堤。
2015年06月14日 13:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿っていて思いの外滑る。注意して登っていく。奥に堰堤。
堂徳山国有林 コンクリート堰堤嵩上(PNC工業)。石積みの上にコンクリートで嵩上げしてある。右から越す。
2015年06月14日 13:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂徳山国有林 コンクリート堰堤嵩上(PNC工業)。石積みの上にコンクリートで嵩上げしてある。右から越す。
すぐまたコンクリート谷止。施工会社が違う。昭和興業。
2015年06月14日 13:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐまたコンクリート谷止。施工会社が違う。昭和興業。
荒れた様相となってくる。
2015年06月14日 13:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れた様相となってくる。
すぐまた谷止。PNC工業製に戻る。
2015年06月14日 13:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐまた谷止。PNC工業製に戻る。
しかし谷止工の多い谷。古い地図にTor Hotel Gap(トアホテル谷)とあるので急峻な谷だったのかな。
2015年06月14日 13:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし谷止工の多い谷。古い地図にTor Hotel Gap(トアホテル谷)とあるので急峻な谷だったのかな。
さらに石積みの奥にコンクリ谷止。右から越す。
2015年06月14日 13:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに石積みの奥にコンクリ谷止。右から越す。
進んでやや平坦なところで二俣。本流の右へ進むと…
2015年06月14日 13:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んでやや平坦なところで二俣。本流の右へ進むと…
壁のような滝。直登を試みるも、掴んだ岩が剥がれまくる。右に目をやると…
2015年06月14日 13:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁のような滝。直登を試みるも、掴んだ岩が剥がれまくる。右に目をやると…
2
それはそれで本流?の突き上げもしんどそう。
2015年06月14日 13:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それはそれで本流?の突き上げもしんどそう。
木の根がそこそこあるので滝左の壁を登ることにする。岩質も脆く、怪しい枝もあったりで危ない。
2015年06月14日 13:54撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根がそこそこあるので滝左の壁を登ることにする。岩質も脆く、怪しい枝もあったりで危ない。
2
テラス状の左斜面から見下ろす。結構な高度感。翻って登る。
2015年06月14日 14:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラス状の左斜面から見下ろす。結構な高度感。翻って登る。
1
倒木やらなんやらでやはり荒れたようす。
2015年06月14日 14:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木やらなんやらでやはり荒れたようす。
いよいよ谷も浅くなってくる。
2015年06月14日 14:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ谷も浅くなってくる。
不思議な感じの開けたところに辿り着いた。谷筋らしき左奥に進んでみる。適当に登っていくと…
2015年06月14日 14:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な感じの開けたところに辿り着いた。谷筋らしき左奥に進んでみる。適当に登っていくと…
1
再度ドライブウェイに飛び出した。カーブNo.25と26の中間地点。向かいに石碑。
2015年06月14日 14:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度ドライブウェイに飛び出した。カーブNo.25と26の中間地点。向かいに石碑。
2
浅間ヶ丘錨山記念碑道とある。
2015年06月14日 14:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間ヶ丘錨山記念碑道とある。
1
裏を見ると神戸区時代のものらしい。昭和何年と書いてあるのか今一わからない。戦前なのは間違いないけど。
2015年06月14日 14:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏を見ると神戸区時代のものらしい。昭和何年と書いてあるのか今一わからない。戦前なのは間違いないけど。
1
湊川神社苑。これもどうしてここにあるのか…。わからないことだらけなのでまた調べとこ。追記:湊川神社の飛び地であったらしい。
2015年06月14日 14:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湊川神社苑。これもどうしてここにあるのか…。わからないことだらけなのでまた調べとこ。追記:湊川神社の飛び地であったらしい。
1
左手車を追うように二本松林道へ進む。
2015年06月14日 14:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手車を追うように二本松林道へ進む。
アケボノスギの林。この季節もいい感じ。約4,000本あるらしい。
2015年06月14日 14:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノスギの林。この季節もいい感じ。約4,000本あるらしい。
1
林道脇のアジサイ1。
2015年06月14日 14:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇のアジサイ1。
林道脇のアジサイ2。
2015年06月14日 14:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇のアジサイ2。
3
フランスギクの群生。
2015年06月14日 14:36撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フランスギクの群生。
1
カエデのトンネル。いいなぁ二本松林道。四季の散歩によさ気。
2015年06月14日 14:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデのトンネル。いいなぁ二本松林道。四季の散歩によさ気。
1
大師道の階段が下に見えるあたりでウシガエルの合唱が聞こえる。
2015年06月14日 14:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大師道の階段が下に見えるあたりでウシガエルの合唱が聞こえる。
猩々池はウシガエルのサンクチュアリ。平泳ぎ中。
2015年06月14日 14:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猩々池はウシガエルのサンクチュアリ。平泳ぎ中。
3
猩々池から少し西へ進んで鉄塔が見えるところ。右から尾根に取り付く。
2015年06月14日 14:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猩々池から少し西へ進んで鉄塔が見えるところ。右から尾根に取り付く。
2
小階段を登って尾根に突入していく。
2015年06月14日 14:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小階段を登って尾根に突入していく。
1
なんやかんやでそれらしくなってきた。
2015年06月14日 14:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんやかんやでそれらしくなってきた。
1
多少迷いやすい箇所もあるけど、概ね北を目指せば問題ない。
2015年06月14日 14:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少迷いやすい箇所もあるけど、概ね北を目指せば問題ない。
進んでいくと、イノシシのジャグジー。短い間で3頭のデカいイノシシに出くわす。
2015年06月14日 15:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んでいくと、イノシシのジャグジー。短い間で3頭のデカいイノシシに出くわす。
特徴的な切り株で縦走路に合流。再度越交差点やや西。
2015年06月14日 15:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な切り株で縦走路に合流。再度越交差点やや西。
2
進んで修法ヶ原池手前から再度山山頂に登る。この登山口?なんとかならんかなぁ…。
2015年06月14日 15:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んで修法ヶ原池手前から再度山山頂に登る。この登山口?なんとかならんかなぁ…。
1
んで山頂。眺望がないのがこの山頂の良さだと思う。六甲植林発祥の地だから。未踏の北の尾根を下ってみる。
2015年06月14日 15:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んで山頂。眺望がないのがこの山頂の良さだと思う。六甲植林発祥の地だから。未踏の北の尾根を下ってみる。
1
下り始めはやや怪しい。尾根をはずさないようにするも、谷筋も浅いしで。
2015年06月14日 15:24撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めはやや怪しい。尾根をはずさないようにするも、谷筋も浅いしで。
1
右に目をやると尾根を外していた。
2015年06月14日 15:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に目をやると尾根を外していた。
1
トラバースして復帰。
2015年06月14日 15:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースして復帰。
1
右に目をやると防護ネットにくるまれたボンレスハムのような岩。
2015年06月14日 15:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に目をやると防護ネットにくるまれたボンレスハムのような岩。
2
この尾根筋、もう少し歩かれていてもいいような気がする。
2015年06月14日 15:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根筋、もう少し歩かれていてもいいような気がする。
1
ボンレスハム2。
2015年06月14日 15:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボンレスハム2。
1
下るとすぐにドライブウェイが見えてきた。
2015年06月14日 15:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るとすぐにドライブウェイが見えてきた。
1
なんとも中途半端なところに下り着く。修法ヶ原池へ。茶トラ白には会えるかな。
2015年06月14日 15:36撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも中途半端なところに下り着く。修法ヶ原池へ。茶トラ白には会えるかな。
1
修法ヶ原池の湖畔。天気が良ければ爽快だろうに。
2015年06月14日 15:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修法ヶ原池の湖畔。天気が良ければ爽快だろうに。
2
湖畔の西に「六甲植林発祥の地」碑。
2015年06月14日 15:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔の西に「六甲植林発祥の地」碑。
2
その横に石碑が2つあるんだけど、右側のこれ。レリーフでわかりにくい。なぜレリーフにしちゃったのか。
2015年06月14日 15:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その横に石碑が2つあるんだけど、右側のこれ。レリーフでわかりにくい。なぜレリーフにしちゃったのか。
1
湖畔北東の小径。デートや散歩によさ気。茶トラ白に会う目的は果たせず…。
2015年06月14日 15:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔北東の小径。デートや散歩によさ気。茶トラ白に会う目的は果たせず…。
2
バス停方面へ進む。今日の目的のうちの1つ。
2015年06月14日 15:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停方面へ進む。今日の目的のうちの1つ。
2
再度公園から25系統に乗ること。古いダイヤが重なっていた。22年6月から本数が増えたもよう。
2015年06月14日 15:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度公園から25系統に乗ること。古いダイヤが重なっていた。22年6月から本数が増えたもよう。
2
バス停について5分くらいで25系統がきた。我ながら無駄のないタイミング。
2015年06月14日 15:54撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停について5分くらいで25系統がきた。我ながら無駄のないタイミング。
2

感想/記録

三森谷はこれで2回目。前回は谷から上を通ったけど、
今回は谷底を歩く。堰堤、谷止がたくさん。
核心部は崖。岩質も脆く難儀する。

再度山山頂から北の尾根はメインとなっていても
おかしくないと思うけど、歩かれないのはなぜだろう…。
茶トラ白には会えなかった。

道中の石碑はわからないことばかり。
調べるにも、手がかりはあるのだろうか。

150615追記:湊川神社苑の石碑は
湊川神社に問い合わせたところによると
「二本松」バス停の場所にかつて湊川神社の飛び地があったらしい。
しかしなぜあそこに飛び地があったのか、その後は?などなど、
前後のいきさつは不明。
今度暇な時、裏面の漢文をじっくり読みに行こうと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:846人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/25
投稿数: 839
2015/6/14 21:06
 やるね!
とうとう三森谷、詰めちゃいましたね〜。
アノ恐ろしい崖をやっつけましたか。
掴むとすぐに剥離するような地質だったでしょ。

飽くなき挑戦、流石ですね!
登録日: 2014/8/27
投稿数: 112
2015/6/14 21:46
 三森谷の崖
こんばんは!

あの滝というか崖、エゲツナイですね…。
行けるんちゃうかと3歩くらい登ってみたものの
剥がれまくって諦めました。
左の壁もかなりのエグさで苦労しましたが。

一ケ谷もそうですけど、水無滝には
近いうちに行ってみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ