また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 677034 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 大雪山

大雪山、十勝岳連峰縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2015年07月11日(土) ~ 2015年07月13日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
13:00札幌駅を高速バスで旭川へ
15:05旭川駅到着
15:30旭岳行き出発
17:00旭岳ロープウェイ乗り場到着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
0分
合計
5時間10分
S旭岳登山口17:1018:10姿見の池19:10大雪山20:00間宮岳20:40北海岳21:40白雲分岐22:20白雲岳避難小屋
2日目
山行
11時間50分
休憩
10分
合計
12時間0分
白雲岳避難小屋03:3005:30忠別岳05:4006:40五色岳10:10南沼キャンプ指定地15:30双子池
3日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
双子池03:0004:30オプタテシケ山09:00吹上温泉白銀荘09:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水2リットル アクエリアス500ml2本 バランスパワー4箱とブラックサンダー3個 煎餅1袋 1980円の1人用テントとマット

写真

撮影機材:

感想/記録

7月11日(土)午後1時発旭川駅高速バスで旭川へ。そこから旭岳行き午後3時30分発のバスの乗り換え午後5時旭岳ロープウェイ乗り場に到着。まずは旭岳頂上に向け登山開始。約2時間で旭岳頂上到着。裏旭キャンプ指定地付近で日没ヘッドライトを使い北海岳へ。ここまでは予想時間通りに進めたが北海岳分岐から途中の雪渓で道迷いのため30分ほど彷徨ったがGPSをたよりに何とか正規ルートに復帰。
午後10時20分に白雲岳避難小屋キャンプ指定地に予定より1時間遅い到着。すぐにテントを設営し爆睡。歩行距離14キロ

7月12日(日)午前2時30分に起きて出発準備。午前3時30分キャンプ地出発。日の出前だったが寒さを全く感じない位の気温で快調に高根ヶ原を小走り。午前5時30分忠別岳頂上到着。10分ほどで朝食を済ませ五色岳へ向けて出発。
一昨年は五色岳への登山道は木が覆い被さって苦戦をしたがきれいに切られていて通りやすく1時間で五色岳頂上に到着。ここまではほぼ疲れも無く順調だったが気温がぐんぐん上昇。トムラウシのロックガーデンでかなり体力を奪われ何とか南沼キャンプ指定地へ。この時点では美瑛富士避難小屋まで行けると思ったが暑さで体力を奪われ水不足に陥り歩く速さが格段に下がり、しかも予想以上にアップダウンが続き疲労がピークに。結局オプタテシケ山の双子池キャンプ指定地で先に行くのを断念。脱水症状解消のため雪解け水を煮沸せずにがぶ飲みしました。そして誰もいないテン場で一晩過ごすことに。疲労が溜まっていたせいかまだ明るいうちに眠りにつき午前2時まで熟睡。歩行距離32.8キロ

7月13日(月)午前2時に雨の音で起きて出発準備。午前3時オプタテシケ山頂上を目指してほぼ直登の登山道を登り1時間半で頂上到着。疲労がかなり溜まっているのと午前10時までには吹上温泉につきたかったので美瑛富士から富良野岳までの各山登頂は断念してそのまま下山し午前9時に吹上温泉到着。歩行距離13.3キロ

総括:兎に角疲れました。目標としていた旭岳〜富良野岳踏破はできませんでしたがケガ無く無事に戻れたので良かったです。機会があればまたチャレンジしたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1485人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ