ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6873247
全員に公開
ハイキング
奥武蔵

棒ノ嶺・棒八の頭

2024年06月01日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
03:01
距離
7.3km
登り
887m
下り
901m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
2:34
休憩
0:27
合計
3:01
8:35
4
スタート地点
8:39
8:39
34
9:13
9:21
12
9:33
9:42
4
9:46
9:49
21
10:10
10:10
12
10:22
10:29
25
10:54
10:54
38
11:32
11:32
4
11:36
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
登山口近くの駐車場は満車。次に近い駐車場に停めました。
※トイレなし。
その他周辺情報 【日帰り温泉】さわらびの湯
https://sawarabino-yu.jp/
橋の上から名栗湖を望む。
2024年06月01日 08:39撮影 by  OPPO Reno10 Pro 5G, OPPO
6
6/1 8:39
橋の上から名栗湖を望む。
歩きやすい。
2024年06月01日 08:45撮影 by  HDR-CX590V, SONY
7
6/1 8:45
歩きやすい。
御神木?後ろに祠がありました。
2024年06月01日 08:47撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 8:47
御神木?後ろに祠がありました。
良い感じの登山道。
2024年06月01日 08:53撮影 by  HDR-CX590V, SONY
7
6/1 8:53
良い感じの登山道。
眼下に滝があるけど近づけない。
2024年06月01日 08:56撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 8:56
眼下に滝があるけど近づけない。
盆栽岩(仮称)
2024年06月01日 08:59撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 8:59
盆栽岩(仮称)
あそこにも滝があるけど近づけない。
2024年06月01日 09:00撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 9:00
あそこにも滝があるけど近づけない。
藤懸の滝です。帰宅後調べて判明。
2024年06月01日 09:02撮影 by  HDR-CX590V, SONY
9
6/1 9:02
藤懸の滝です。帰宅後調べて判明。
グリーンシャワーです。
2024年06月01日 09:04撮影 by  HDR-CX590V, SONY
5
6/1 9:04
グリーンシャワーです。
ゴルジュ帯
2024年06月01日 09:07撮影 by  HDR-CX590V, SONY
7
6/1 9:07
ゴルジュ帯
天狗の滝? 良く分からない。
2024年06月01日 09:09撮影 by  HDR-CX590V, SONY
8
6/1 9:09
天狗の滝? 良く分からない。
しばし渋滞待ちっす。
2024年06月01日 09:13撮影 by  HDR-CX590V, SONY
5
6/1 9:13
しばし渋滞待ちっす。
白孔雀の滝かな。
2024年06月01日 09:17撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 9:17
白孔雀の滝かな。
白孔雀の滝。頭は蛇ですね。
2024年06月01日 09:18撮影 by  HDR-CX590V, SONY
5
6/1 9:18
白孔雀の滝。頭は蛇ですね。
ここなら白孔雀が飛んでいるように見えますね。というか顔は火の鳥みたい。
2024年06月01日 09:20撮影 by  HDR-CX590V, SONY
8
6/1 9:20
ここなら白孔雀が飛んでいるように見えますね。というか顔は火の鳥みたい。
岩茸石までの横移動。ここに登ってくるまでがしんどかった。
2024年06月01日 09:41撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 9:41
岩茸石までの横移動。ここに登ってくるまでがしんどかった。
岩茸石
2024年06月01日 09:46撮影 by  HDR-CX590V, SONY
5
6/1 9:46
岩茸石
せっかくなので岩茸石に登る。
2024年06月01日 09:46撮影 by  HDR-CX590V, SONY
5
6/1 9:46
せっかくなので岩茸石に登る。
風が心地良くなってきた。
2024年06月01日 09:55撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 9:55
風が心地良くなってきた。
コアジサイ群生
2024年06月01日 09:59撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 9:59
コアジサイ群生
階段きつい。
2024年06月01日 10:05撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 10:05
階段きつい。
ゴンジリ峠は漢字だったのか。
2024年06月01日 10:08撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 10:08
ゴンジリ峠は漢字だったのか。
右は植生保護地帯。
2024年06月01日 10:14撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 10:14
右は植生保護地帯。
着いた~。何か大分変ったな。
2024年06月01日 10:21撮影 by  HDR-CX590V, SONY
7
6/1 10:21
着いた~。何か大分変ったな。
棒ノ嶺。木がデカくなって眺望がなくなっています。13年の歳月がなせる業。
2024年06月01日 10:23撮影 by  OPPO Reno10 Pro 5G, OPPO
9
6/1 10:23
棒ノ嶺。木がデカくなって眺望がなくなっています。13年の歳月がなせる業。
帰路はヤマレコアプリの踏み跡を辿ります。
2024年06月01日 10:27撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 10:27
帰路はヤマレコアプリの踏み跡を辿ります。
何の案内標識もなし。事前情報もなし、しかも圏外。地味にびびりが入っています。
2024年06月01日 10:29撮影 by  HDR-CX590V, SONY
5
6/1 10:29
何の案内標識もなし。事前情報もなし、しかも圏外。地味にびびりが入っています。
ネット出合い。
2024年06月01日 10:40撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 10:40
ネット出合い。
ネット沿いに下ります。
2024年06月01日 10:43撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 10:43
ネット沿いに下ります。
一服
2024年06月01日 10:47撮影 by  HDR-CX590V, SONY
8
6/1 10:47
一服
林道に出ました。ここから白谷沢コースの東屋跡に行けますね。
2024年06月01日 10:48撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 10:48
林道に出ました。ここから白谷沢コースの東屋跡に行けますね。
でもネット沿いを直進します。
2024年06月01日 10:49撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 10:49
でもネット沿いを直進します。
ケルン?
2024年06月01日 10:55撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 10:55
ケルン?
棒八の頭でした。登山ルートみたいなので一安心。
2024年06月01日 10:55撮影 by  HDR-CX590V, SONY
6
6/1 10:55
棒八の頭でした。登山ルートみたいなので一安心。
後は余裕でサクサク下ります。
2024年06月01日 10:56撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 10:56
後は余裕でサクサク下ります。
最後の下り口はいつのも薮?
2024年06月01日 11:24撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 11:24
最後の下り口はいつのも薮?
薮はなく階段はあります。
2024年06月01日 11:24撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 11:24
薮はなく階段はあります。
きわどい下りですね。
2024年06月01日 11:25撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 11:25
きわどい下りですね。
なるほど、そう来たか。
2024年06月01日 11:26撮影 by  HDR-CX590V, SONY
3
6/1 11:26
なるほど、そう来たか。
ここが下り口でした。
2024年06月01日 11:27撮影 by  OPPO Reno10 Pro 5G, OPPO
4
6/1 11:27
ここが下り口でした。
あっちの駐車場も満車かな。
2024年06月01日 11:28撮影 by  HDR-CX590V, SONY
4
6/1 11:28
あっちの駐車場も満車かな。

感想

天気も良さそうだし、どこ行こうかな。
棒ノ嶺が目についた。そういえば過去に行ったのはヤマレコを始める前だなぁ。
偉くきつかった記憶がある(帰宅後調べたら2011.5.22)。当時は仙岳尾根を使ったからきつかったのかなと思い、白谷沢コースをチョイス。
どうも足が動かず身体が重い、暑さのせいか、疲れのせいかわからないがペースが上がらない。そもそもこっちも斜度がきつい。岩茸石ピストンに変えようかと思ったくらい。棒ノ嶺について、当初ピストンを予定していたけど、ヤマレコアプリでもう一本左に尾根筋の道がある。恐る恐る足を踏み入れましたが、誰とも会わないので渋滞もなく、足場も良く、サクサク下りてこられました。もちろん藪もなし。帰宅後に先人のレコを探してみましたが、棒八の頭を通るこのルートは良く使われているルートみたいです。行き止まりの藪とかあるんじゃね?とかびくびくして損した。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:126人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 奥秩父 [日帰り]
名栗湖から棒ノ嶺
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス
技術レベル
2/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら