また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 698960 全員に公開 沢登り丹沢

地獄棚沢

日程 2015年08月15日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道ゲート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■中川川水系 地獄棚沢

 中川川の支流、大滝沢のさらに支流で、いきなり落差50mの地獄棚で
 始まる丹沢では難しい沢。
 この棚の右壁ブッシュ内の高巻きは悪い木登りとザレ、一部岩壁登りと
 時間も結構食う。
 地獄棚を終わった後も、なかなかの連瀑となっており面白い。
 やや荒れてはいるがナメ床も上流部まで続く。
 遡行グレード:2級上

.▲廛蹇璽舛和臑豢兇ら大滝沢林道を入り東海自然歩道を歩く。
 マスキ嵐沢との二俣から本流の大滝沢へ。
 カーブ後に出てくる堰堤は右隅の残置トラロープを伝ってトラバースして越える。
 標高640mで左から沖箱根沢F1−15mが見える。この上にも5m、20m滝
 が連瀑になっているが下からだと見えません。
 見学したら本流に戻り標高670mで西南西から北西に向きを変えると2×5m小滝
 そしてきれいなナメ、幅広2×5mを越えると標高680mで圧巻の地獄棚50mが
 姿を現す。

 地獄棚沢に入る前に大滝沢の雨棚(あまんたな)を見に行くことにした。
 地獄棚沢を分けると2段4×7m、くの字状1.5mと越え、次の5mは流芯右側を
 卦蕁櫃播个襦D絞形岩の2条1.5m小滝を越えると左から逆層気味の多段70m
 滝。こちらの滝の落差の方が本流の雨棚より高い。
 すぐに地獄棚とはまた別の威厳を持つトイ状50m雨棚が右手壁から落ちている。
 この滝が大滝沢本流(鬼石沢)のF1として数えられている。
 堪能したら地獄棚へ戻る。

地獄棚50mの直登は超ドシャワーの一部ハング壁エイドクライミングになる
 であろう。古の残置も欠落しているか錆びているかわからないが、一見して無理。
 地獄棚を20m登れば右テラスがあるが、結構ヌメリがあったので、大滝沢側の
 2段4×7m滝の上からテラスに向かい林内を左上するルート取りとした。
 木をつないで浮石に注意しながらテラスへ。一応ロープを出した。(卦蕁檗
 
 テラスは左手にリングボルト等、右手端の上の木に古スリング、それをつなぐ
 ように残置ロープが付けられていた。
 右端の木の裏から回り込んでスタート。回り込んでからはほぼ直上する。
 やはり所々木に古い残置スリングが巻かれている。
 急な木登りだが、時々ホールドにしたい木がランナウトしたり、浮石もあり
 気が抜けない。ブッシュがザックに引っ掛かったりで疲れる。
 ロープが屈曲するのでなるべくショートピッチで切りたいのだが、安定した
 ビレイポイントがなく、ロープをどんどん出し当たり前だが次第に重たくなって
 くる。
 途中、何となく踏まれている跡は左にトラバース気味に行っているのだが
 細い倒木が邪魔をして面倒臭そう。おそらくこれは滝の落ち口へ向かっていくの
 であろう。
 仕方なく直上すると木の乗った2mほどの指が入るが思いっきり引けば落ちそうな
 縦クラックの垂壁が出てくる。左ひざが現在不調なので軸足にしたりハイステップ
 したりするのが辛いが、足を替え手を替え何とか登る。
 弱点を視認しながらやや左上していくと、ようやく傾斜も緩み太い木をビレイ
 ポイントとした。滝の落ち口より15m以上上の位置だ。時間喰った。疲れた。

 後続をダイレクトビレイで上げ、慎重に沢側に斜下降気味にトラバースして
 念のためにしっかりした木で10mラペルして沢に戻った。
 落ち口方向に下りると一歩失敗すれば70mダイブしてしまうので
 当然ながら少しでも上流部で下降ポイントを探すのが常道である。
 地獄棚落ち口の20mほど上流だった。
 
四角く切ったような小さなトイ、2段1.5×3m、2.5×4m小滝を越えると
 標高730mで左からトイ状8×12m滝で合わさる支流。水量比1:5。
 ここから790m二俣までなかなか面白い連瀑帯となる。
 最初の2条5×8mは右隅を卦蕁檗⊆,10mは右から取付き流芯をシャワーで
 直登する。(卦蕁砲泙,海梁瑤暴薺藜坩焚爾来るとは思わないが、慣れない
 不安を抱かせるメンバーには当然ロープを出した方がよい。
 シャワーを嫌って左側を登るとヌメリがあり難儀する。
 次の4×7mは教蕁棔続けざまに出てくる10mは右の乾いた壁を一旦右テラス
 に出るようにジグザグと登る。(卦蕁棔
 2条3×7m(教蕁棔法4m(右の乾いた壁で卦蕁檗砲魃曚┐襪函
 4段2条20×35m滝が現れた。
 ここはほぼ見た印象に近い難易度で、右側の流芯沿いが卦蕁櫃燃據
 左側の流芯〜最上段左壁ルートは卦蕕箸い辰燭箸海蹇

い海両し上で標高790m二俣となる。右俣は3段2条3×10mナメ滝、
 左俣は幅広3条2×4mで水量比は3:2。
 右俣は大滝峠上方面、左俣は屏風岩山方面。今日は左俣へ進む。
 なかなかきれいなナメが続いて前半と打って変わり癒し系となった。
 
 標高815m二俣状は水量比1:2で支流の右沢の方が多い。
 右沢は2段6×12m滝となっているので行きたい欲望も生まれるが
 初見の沢なので我慢して左沢へ進んだ。
 まだナメ床は続き沢は南南西向きとなる。
 2m平岩を過ぎると水量はショボい南南東向きのルンゼ状小沢が2本棚になって
 合わさっているちょっと見、三俣状。
 地形図ではちょっと判断しづらい835m辺りと思う。
 水量の多い本流には3段8m滝で流芯右から登り中央を越える。(卦蕁檗

 標高850m二俣状の右沢はナメ床の涸れ沢で、本流の左沢を進むと幅広3×5mの
 右斜めから流れる小滝、逆くの字状2×5m小滝を越えていく。

 少しで沢中左岩から面白いものを見つけた。
 岩の小さな穴から空中に放物線を描くよう発射された湧き水だ。
 公園の噴水を飲むように口を近づけすするとやはり冷たくておいしかった。

ド弦870mは変形三俣でそれぞれ水量比は1:2だが、もうこの辺までくると
 さすがに水量は細い。
 一番右に進むと、荒れ気味ながらまだナメ床は続いている。
 標高900m二俣は左へ進めば屏風岩山にダイレクトだが、何やら倒木が沢を
 埋めているので右に進む。
 1m小滝を越えれば水も涸れ、標高925m二俣状。
 左は急なルンゼなので一旦右に入りやや急な枝尾根を詰めて屏風岩山の300mほど
 北側1015m辺りで登山道に出た。
 10分ほど南下し山名標識のある屏風岩山1051mに登る。

Σ嫉海楼貳姪仍各擦覆蛄風岩山へは行かず、登山道を北上して大滝峠上から
 ステタロウ沢沿いの東海自然歩道を大滝橋まで下る。
 今日は(今日も)屏風岩山から東側に伸びる森林作業径路がうっすら付いた
 非一般登山道尾根を下降した。
 ただこの尾根は要読図で750mより下は笹薮もある。
 開放的な650mから尾根も太ってくるばかりか、急なザレとなるので
 地図を読める力と急ザレをステップ下降できる力が必要。
 なおこの尾根は笹子沢右俣、悪沢や箱根屋沢の下降でよく使われる。

■丹沢限定沢登り記録集(All by kamog)
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

過去天気図(気象庁) 2015年08月の天気図 [pdf]

写真

地獄棚のルート模索中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚のルート模索中
1
雨棚手前の右岸にあった滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨棚手前の右岸にあった滝
1
地獄棚の滝口(高巻きの通常ルート?懸垂なしで降りれそうだが、失敗すると滝下へ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚の滝口(高巻きの通常ルート?懸垂なしで降りれそうだが、失敗すると滝下へ)
1
雨棚:登る方がいるそうです・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨棚:登る方がいるそうです・・・
Syun写真
左部ルートにハーケン残置2本ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Syun写真
左部ルートにハーケン残置2本ありました。
このメモがあの遡行図になるのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このメモがあの遡行図になるのかな?
ホースつなげたら、湧き水のシャワーガできそう♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホースつなげたら、湧き水のシャワーガできそう♪
匂いも味もしめじ。ステーキとして食べても良いものか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
匂いも味もしめじ。ステーキとして食べても良いものか・・・
1
★ここからkamog版
大滝沢林道を出発〜
2015年08月15日 06:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★ここからkamog版
大滝沢林道を出発〜
マスキ嵐沢との二俣から大滝沢へ入る
2015年08月15日 07:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢との二俣から大滝沢へ入る
堰堤は右隅から
2015年08月15日 07:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は右隅から
二人は沖箱根沢を見に行く(下見?)
2015年08月15日 07:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二人は沖箱根沢を見に行く(下見?)
ドーンと今日登る(巻く?)地獄棚50m
2015年08月15日 07:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーンと今日登る(巻く?)地獄棚50m
水流部分はヌメっている
2015年08月15日 07:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流部分はヌメっている
大滝沢本流の小滝
2015年08月15日 07:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢本流の小滝
地獄棚
右側の樹林内を登る
2015年08月15日 07:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚
右側の樹林内を登る
時間が早いので雨棚(あまんたな)を見に行こう
2015年08月15日 07:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が早いので雨棚(あまんたな)を見に行こう
途中の5m滝は流芯右を登る(掘檗
2015年08月15日 07:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の5m滝は流芯右を登る(掘檗
うほぉ〜こちらも見事「雨棚(あまんたな)」
大滝沢本流(鬼石沢)の実質F1に当たる
2015年08月15日 07:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うほぉ〜こちらも見事「雨棚(あまんたな)」
大滝沢本流(鬼石沢)の実質F1に当たる
1
oshinoちゃん、よく登ったねぇ
2015年08月15日 08:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
oshinoちゃん、よく登ったねぇ
雨棚手前の右岸には落差70mの滝
たしかに地形図見れば短い沢がある
2015年08月15日 08:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨棚手前の右岸には落差70mの滝
たしかに地形図見れば短い沢がある
さぁて戻りますか
2015年08月15日 08:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁて戻りますか
地獄棚をまずは中間のテラスに向けて登る
2015年08月15日 08:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚をまずは中間のテラスに向けて登る
1
テラスには古い残置ロープと支点がある
2015年08月15日 08:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスには古い残置ロープと支点がある
テラスの右端にある古い残置
ここでビレイしてもらい木の裏側を登る
2015年08月15日 08:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスの右端にある古い残置
ここでビレイしてもらい木の裏側を登る
ようやく斜度も緩みビレイポイント取れました〜
この間は悪〜い木登り、時折ランナウト、垂直岩壁登りなど疲れた
2015年08月15日 09:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく斜度も緩みビレイポイント取れました〜
この間は悪〜い木登り、時折ランナウト、垂直岩壁登りなど疲れた
1
セカンド登ってくる
ロープスケールで50m伸ばしたか
2015年08月15日 10:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セカンド登ってくる
ロープスケールで50m伸ばしたか
沢床までは高い
2015年08月15日 10:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢床までは高い
少し上流部に下ってからラペル10m
2015年08月15日 10:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上流部に下ってからラペル10m
ここは地獄棚の落ち口
2015年08月15日 10:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは地獄棚の落ち口
地獄棚落ち口の左岸側
2015年08月15日 10:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄棚落ち口の左岸側
上流はトイ状
2015年08月15日 10:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流はトイ状
流芯をシャワーで登る方がよい
左壁は難儀するよぉ
2015年08月15日 11:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流芯をシャワーで登る方がよい
左壁は難儀するよぉ
1
この10m滝は右の乾いた壁を登る(掘棔
2015年08月15日 11:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この10m滝は右の乾いた壁を登る(掘棔
1
右壁を登る
2015年08月15日 11:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右壁を登る
そして・・・
2015年08月15日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして・・・
4段2条20×35m滝
2015年08月15日 11:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4段2条20×35m滝
右側の流芯が楽
2015年08月15日 11:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の流芯が楽
地形図では判然としない三俣
2015年08月15日 12:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図では判然としない三俣
左からは10m棚になった枝沢
2015年08月15日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左からは10m棚になった枝沢
本流は3段8m
2015年08月15日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流は3段8m
噴水状の湧き水発見!
冷たくてうまいぞ
2015年08月15日 12:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴水状の湧き水発見!
冷たくてうまいぞ
870m変形三俣
2015年08月15日 12:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
870m変形三俣
右に進む
まだナメ続く
2015年08月15日 12:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に進む
まだナメ続く
900m二俣の左沢は倒木だ
2015年08月15日 12:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
900m二俣の左沢は倒木だ
右沢へ進む
2015年08月15日 12:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右沢へ進む
925m二俣状
2015年08月15日 13:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
925m二俣状
右沢へ一旦入り写真の小尾根を詰める
2015年08月15日 13:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右沢へ一旦入り写真の小尾根を詰める
1
登山道に出た
2015年08月15日 13:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に出た
屏風岩山山頂
2015年08月15日 13:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩山山頂
東峰から南南東へ
2015年08月15日 14:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰から南南東へ
700m辺りの笹藪
2015年08月15日 14:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
700m辺りの笹藪
650m開放的な小ピーク
2015年08月15日 15:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
650m開放的な小ピーク
ここから読図を慎重に行い急なザレを下降
2015年08月15日 15:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから読図を慎重に行い急なザレを下降
1

感想/記録
by kamog

予定していた連休中の講習会(谷川/赤谷川本谷)を悪天のため中止にしてしまった
ので、同行予定だったカモ2名と地獄棚沢へ行ってきた。
噂通り地獄棚の巻きルートは悪いねぇ。
訪問者数:1119人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ